【実業・経済】
電気C〔商工業:電力〕

2019年3月29日作成

名古屋の有力な実業家奥田正香や上遠野富之助らは木曽川の水力を利用して発電し名古屋市内外に供給することを計画、協同して1906年名古屋電力を創立し、渋沢栄一らを相談役に迎えました。

変遷図

瓦斯Bより電気Dへ電気Dへ電気Dへ電気Dへ電気Dへ

※図に記載している名称や変遷等は、予告なく修正・変更および他の図へ移転する場合があります。

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
名古屋電灯(株) 1887〜1921
関西水力電気(株) 1905〜1921
名古屋電力(株) 1906〜1910 相談役
九州電灯鉄道(株) 1912〜1922
関西電気(株) 1921〜1922
東邦電力(株) 1922〜1942
日本発送電(株) 1939〜1951
中部配電(株) 1942〜1951
関西配電(株) 1942〜1951
四国配電(株) 1942〜1951
九州配電(株) 1942〜1951