【社会公共事業】
キリスト教〔道徳・宗教〕

2019年3月29日作成

1907年に救世軍のW.ブース大将が来日した際、渋沢栄一は歓迎会発起人となり歓待しました。1920年に世界日曜学校大会が東京で開催されましたが、栄一は準備段階から大会後援会副会長として支援しました。また東京基督教青年会館が関東大震災で被災した際、栄一は同会館復興建築資金募集後援会の相談役となっています。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
救世軍 1895〜 大将歓迎会発起人、病院建設発起人、寄付
東京基督教青年会 1880〜1903
(財)東京基督教青年会 1903〜1943
東京基督教青年会館復興建築資金募集後援会 1926〜1930? 相談役
東京基督教青年会 1943〜1961
東京キリスト教青年会 1961〜1970
(財)東京キリスト教青年会 1970〜2011
(公財)東京YMCA 2011〜
World Sunday School Association(世界日曜学校協会[1]) 1889〜1907
World's Sunday School Association(世界日曜学校協会[2]) 1907〜1947
世界日曜学校大会後援会 1913〜1920? 副会長
World Council of Christian Education and Sunday School Association 1947〜1972
World Council of Churches 1948〜