【社会公共事業】
女子教育〔教育〕

2019年3月29日作成

渋沢栄一は伊藤博文の勧めに従い、1886年の女子教育奨励会設立に参加し、評議員となりました。1888年に奨励会によって東京女学館が開校すると、栄一は会計監督、館長、理事長を務めました。一方、大隈重信の紹介で栄一は、のちに日本女子大学校の創立者となる成瀬仁蔵と会見し、同校の設立、発展にも寄与しました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
女子教育奨励会 1886〜1930 評議員、評議員長
東京女学館 1888〜1930 会計監督、館長
(財)東京女学館 1930〜1951 理事長
(学)東京女学館 1951〜
日本女子大学校 1896〜1905 創立委員、会計監督、建築委員、教務委員
(財)日本女子大学校 1905〜1951 評議員、校長
(学)日本女子大学 1951〜