【社会公共事業】
一般教育A〔教育〕

2019年3月29日作成

渋沢栄一は、三島中洲創立の二松学舎の支援団体である(財)二松義会で、顧問、会長などを務め、(財)二松学舎では舎長になりました。また大隈重信が創立した早稲田大学では、基金管理委員長ほか種々の役割を担いました。埼玉県出身学生の親睦組織として設立された埼玉学友会、および彼らを支援する埼玉学生誘掖会では、会頭として活動を支えました。

変遷図

演芸・美術へ

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
経国文社 1877〜1877
二松学舎 1877〜1919
二松義会 1903〜1909
(財)二松義会 1909〜1919 顧問、会長、評議員、理事
(財)二松学舎 1919〜1951 舎長、理事
(学)二松学舎 1951〜
東京専門学校 1882〜1902
早稲田大学 1902〜1951 基金管理委員長、維持員、校規改訂調査委員会長、終身維持員、故大隈侯爵記念事業後援会会長、校規改正審議委員長
(学)早稲田大学 1951〜
埼玉学友会 1888〜? 会頭
埼玉学生誘掖会 1902〜1911 会頭
(財)埼玉学生誘掖会 1911〜2012 会頭
埼玉学生誘掖会舎友会 1914〜 会合出席、演説、肖像画寄贈
(公財)埼玉学生誘掖会 2012〜