【社会公共事業】
学術〔学術及び其他の文化事業〕

2019年3月29日作成

渋沢栄一は名誉会員であった(社)帝国発明協会でエジソン翁第75回誕辰記念事業など様々な事業に関わりました。国際的ながん研究の機運に応じて発足した癌研究会では副総裁として、思想家や知識人によって結成された帰一協会では発起人、幹事として活動を支えました。また高峰譲吉らの提唱で設立された理化学研究所には当初から関わり、その設立と発展に寄与しました。

変遷図

化学工業Cへ解散

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
工業所有権保護協会 1904〜1906
(社)工業所有権保護協会 1906〜1910 名誉会員
(社)帝国発明協会 1910〜1947 名誉会員
(社)発明協会 1947〜2012
(公社)発明協会 2012〜
(一社)発明推進協会 2012〜
癌研究会 1908〜1914 副総裁
(社)癌研究会 1914〜1933 副総裁
(財)癌研究会 1933〜2011
(公財)がん研究会 2011〜
帰一協会 1912〜1942 発起人、幹事
国民科学研究所 1913〜1913 賛成
化学研究所 1913〜1914 規程及び予算調査委員
理化学研究所 1915〜1917 設立委員、発起人、創立委員長
(財)理化学研究所 1917〜1948 設立委員、発起人、創立委員長、評議員、副総裁、理事
(株)科学研究所[第1次] 1948〜1952
山之内科薬販売(株) 1950〜1951
科研薬販売(株) 1951〜1956
(株)科学研究所[第2次] 1952〜1956
科研化学(株) 1952〜1982
(株)科学研究所[第3次] 1956〜1958
科研薬化工(株) 1956〜1982
(特)理化学研究所 1958〜2003
科研製薬(株) 1982〜
(独)理化学研究所 2003〜2015
(国研)理化学研究所 2015〜