【実業・経済】
毛織物業A〔商工業:繊維〕

2019年3月29日作成

日清戦争後に輸入モスリン(薄地ウール)の国内需要が急増し、国産品で対応するため1896年東京モスリン紡織が設立、渋沢栄一は株主となりました。栄一は1913年官営千住製絨所の払下げ運動をしましたが、成功しませんでした。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
[官営]千住製絨所 1879〜1940 意見
東京モスリン紡織(株) 1896〜1936 株主
帝国紡織(株) 1907〜 ? 発起人、創立委員長
大和毛織(株) 1922〜
大東紡織(株) 1936〜1944
陸軍製絨廠 1940〜1949
大東工業(株) 1944〜1947
大東紡織(株) 1947〜