【実業・経済】
銀行:第一・勧業・興銀〔金融〕

2019年3月29日作成

渋沢栄一は近代的銀行制度創設の準備を進め、1873年第一国立銀行を設立しました。栄一はまた1897年には不動産を担保に長期資金を供給する日本勧業銀行を、1902年には動産担保の貸付を行う日本興業銀行の設立に関わりました。

変遷図

銀行:帝国商業より銀行:三井Aへ銀行:三井Aより対外事業:朝鮮半島Aへ銀行:東京貯蓄Aヘ銀行:東北Bへ銀行:北陸Bへ

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
第一国立銀行 1873〜1896 総監役、頭取
第二十国立銀行 1877〜1897 創立指導、援助
(株)第一銀行 1896〜1943 頭取、相談役
(株)二十銀行 1897〜1912 相談役
(株)日本勧業銀行 1897〜1971 設立委員、株主
(株)日本興業銀行 1902〜2002 設立委員、株主、監査役
(株)三井銀行 1909〜1943
(株)帝国銀行 1943〜1948
(株)帝国銀行 1948〜1953
(株)第一銀行 1948〜1971
(株)富士銀行 1948〜2002
(株)第一勧業銀行 1971〜2002
(株)みずほ統合準備銀行 2002?〜2002
(株)みずほ銀行 2002〜2013
(株)みずほコーポレート銀行 2002〜2013
(株)みずほ銀行 2013〜