デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.13

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

2章 幕府仕官時代
■綱文

第1巻 p.558-569(DK010045k)

慶応三年丁卯九月二十七日(1867年)

是ヨリ先、九月十二日白耳義国ヲ発シテ巴里ニ帰着シ、居ルコト八日、同月二十日徳川昭武ニ随ヒ巴里ヲ発シテ伊太利ニ向フ。同月二十四日国都フロレンスニ着シ、翌日ヨリ国王ノ別宮・議事堂・石細工所等ヲ観ルニ陪ス。是日昭武フロレンスニ於テ国王ヴイクトル・エマヌエル第二世ニ謁ス。国王昭武以下ニ勲章ヲ贈ルコト差アリ、栄一モ亦五等勲章ヲ贈ラル。尋イデ十月朔ミラン・同月五日ピサ等ヲ遊覧スルニ陪ス。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第1巻 p.558-562
(DK010045k-0001)
航西日記 巻之五・第二七―三七丁 〔明治六年〕
第1巻 p.562-567
(DK010045k-0002)
渋沢栄一 御用日記
第1巻 p.567
(DK010045k-0003)
渋沢栄一 書翰 赤松大三郎宛 (慶応三年)九月一四日
第1巻 p.567-568
(DK010045k-0004)
(日比野清作) 各国江公使御巡行御留守中日記
第1巻 p.568
(DK010045k-0005)
高松凌雲翁経歴談 第三七―三八頁 〔明治四五年四月〕
第1巻 p.568-569
(DK010045k-0006)
(山高信離手稿) 航梯日乗