デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.13

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

2章 幕府仕官時代
■綱文

第1巻 p.569-579(DK010046k)

慶応三年丁卯十月八日(1867年)

徳川昭武伊太利リボルノ港ヨリ英国軍艦ニ搭ジテ仏国ニ向フ。十一日マルタ島ニ着シ、居ルコト数日砲台・船渠・製鉄所等ヲ見ルニ陪ス。尋イデ十六日マルタ島ヲ発シ、二十二日マルセーユニ上陸シテ翌日巴里ニ帰着ス。此行艦マルタ島ヲ発スルヤ、機関破損シテ進退ノ自由ヲ失フ。艦長因リテ進止ヲ昭武ニ候ス。昭武栄一ノ言ニ由リテ之ヲ艦長ニ一任ス。艦長乃チ進航スルニ決シ、辛ウジテ帆走シ、マルセーユニ到着スルヲ得タリ。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第1巻 p.569-572
(DK010046k-0001)
航西日記 巻之六・第一―九丁 〔明治六年〕
第1巻 p.572-577
(DK010046k-0002)
渋沢栄一 御用日記
第1巻 p.577-578
(DK010046k-0003)
昔夢会筆記 中巻・第四三―四六丁 〔大正四年四月〕
第1巻 p.578
(DK010046k-0004)
市河晴子筆記
第1巻 p.578-579
(DK010046k-0005)
高松凌雲翁経歴談 第四〇―四一頁〔明治四五年四月〕