デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.13

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

2章 幕府仕官時代
■綱文

第1巻 p.612-696(DK010049k)

明治元年戊辰一月(1868年)

幕府亘解ノ報相踵イデ到リ、衆皆愕然タリ。尋イデ三月二十一日附朝廷ノ帰朝命令到ル。栄一予メ期スル所アリ。外国奉行栗本安芸守ト謀リ、昭武ノ滞仏留学継続・幕府留学生帰朝ノ件ヲ決シ、其ノ資金ノ調達ニ任ズ。然レドモ七月帰朝ニ決シ、栄一等其準備ヲ為ス。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第1巻 p.612-615
(DK010049k-0001)
雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之三・第三一―三七丁 〔明治二〇年〕
第1巻 p.615-656
(DK010049k-0002)
渋沢栄一 巴里御在館日記
第1巻 p.656-657
(DK010049k-0003)
渋沢栄一 日記 自慶応四年六月十四日至明治元年十一月二日
第1巻 p.657-660
(DK010049k-0004)
昔夢会筆記 中巻・第四七―五四頁〔大正四年四月〕
第1巻 p.660
(DK010049k-0005)
徳川慶喜公伝 (渋沢栄一著) 三 第三八九―三九〇頁 「大正七年一月」
第1巻 p.660-661
(DK010049k-0006)
竜門雑誌 第二六五号 第一一―一二頁 〔明治四三年六月〕 ◎本邦公債制度の起原(青淵先生)
第1巻 p.661-663
(DK010049k-0007)
明治憲政経済史論 第四―一〇頁 〔大正八年四月〕 維新以後ニ於ケル経済界ノ発達 第一節 緒言
第1巻 p.663-664
(DK010049k-0008)
市河晴子筆記
第1巻 p.664-665
(DK010049k-0009)
市河晴子筆記
第1巻 p.665-667
(DK010049k-0010)
竜門雑誌 第一七六号・第三四―三七頁 〔明治三六年一月〕 ○三十余年前青淵先生仏国在留中の事実
第1巻 p.667-668
(DK010049k-0011)
渋沢栄一 書翰 千代子夫人宛 (慶応四年)二月一七日
第1巻 p.668-669
(DK010049k-0012)
渋沢栄一 書翰 千代子夫人宛 (慶応四年)三月三〇日
第1巻 p.669-670
(DK010049k-0013)
渋沢栄一 書翰 渋沢喜作宛 (慶応四年)四月二七日
第1巻 p.670-671
(DK010049k-0014)
渋沢栄一 書翰 赤松大三郎宛 (慶応四年)正月廿三日
第1巻 p.671
(DK010049k-0015)
渋沢栄一 書翰 別紙 荷蘭商社ヨリ山高石見守宛書簡訳書「千八百六十八年二月八日」
第1巻 p.671-672
(DK010049k-0016)
渋沢栄一 書翰 赤松大三郎宛 (明治元年)二月七日
第1巻 p.672-673
(DK010049k-0017)
渋沢栄一 書翰 赤松大三郎宛 (明治元年)二月一〇
第1巻 p.673-674
(DK010049k-0018)
渋沢栄一 書翰 赤松大三郎宛 (明治元年)四月一三日
第1巻 p.674-676
(DK010049k-0019)
徳川昭武滞欧記録 第一・第五〇六―五一六頁〔昭和七年二月〕
第1巻 p.676
(DK010049k-0020)
徳川昭武滞欧記録 第一・第四九六―四九八頁
第1巻 p.676-677
(DK010049k-0021)
徳川昭武滞欧記録 第一・第四九五―五〇九頁 〔昭和七年二月〕
第1巻 p.677-679
(DK010049k-0022)
徳川昭武滞欧記録 第一・第五〇一―五〇六頁
第1巻 p.679-681
(DK010049k-0023)
川勝家文書 第一一三―一一九頁 〔昭和五年五月〕 三八 在仏栗本貞次郎・渋沢篤太夫連名書翰〔栗本安芸守等宛〕 明治元年閏四月廿七日
第1巻 p.681
(DK010049k-0024)
川勝家文書 第一二一―一二三頁 〔昭和五年五月〕 四一 在仏栗本貞次郎書翰〔川勝近江守宛〕明治元年五月廿六日
第1巻 p.682
(DK010049k-0025)
川勝家文書 第一二三―一二六頁〔昭和五年五月〕 四二 在仏栗本貞次郎・渋沢篤太夫連名書翰〔栗本安芸守等宛〕 明治元年五月廿七日
第1巻 p.682-683
(DK010049k-0026)
はゝその落葉 (穂積歌子著) 巻之一・第一一―一二丁
第1巻 p.684
(DK010049k-0027)
渋沢市郎右衛門 書翰 渋沢栄一宛 (慶応三年)一二月二日
第1巻 p.684-685
(DK010049k-0028)
渋沢市郎右衛門 書翰 渋沢栄一宛 (慶応四年)二月一六日
第1巻 p.686
(DK010049k-0029)
渋沢市郎右衛門 書翰 渋沢栄一宛 (慶応四年)四月一一日
第1巻 p.686-687
(DK010049k-0030)
渋沢えい 書翰 渋沢栄一宛 (慶応三年)月日不詳
第1巻 p.687-689
(DK010049k-0031)
尾高惇忠 書翰 渋沢栄一宛(慶応三年)一一月二日
第1巻 p.689-691
(DK010049k-0032)
(尾高惇忠) 書翰 渋沢栄一宛 (慶応四年)四月九日
第1巻 p.691-692
(DK010049k-0033)
(渋沢成一郎) 書翰 渋沢栄一宛 (慶応三年)六月一日
第1巻 p.692-694
(DK010049k-0034)
(渋沢成一郎) 書翰 渋沢栄一宛 (慶応四年)三月八日
第1巻 p.694
(DK010049k-0035)
(渋沢平九郎) 書翰 渋沢栄一宛 (慶応三年)一一月二日
第1巻 p.695
(DK010049k-0036)
(渋沢平九郎) 書翰 渋沢栄一宛 (慶応四年)一月一〇日
第1巻 p.695-696
(DK010049k-0037)
(渋沢平九郎) 書翰 渋沢栄一宛 (慶応四年)三月八日
第1巻 p.696
(DK010049k-0038)
(須永於兎之輔) 書翰 渋沢栄一宛 (慶応三年)一一月二日