デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.12.19

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

3章 静岡藩仕官時代
■綱文

第2巻 p.184-199(DK020010k)

明治二年己巳九月一日(1869年)

常平倉ヲ開設シ、旧商法会所用達等ニ常平倉取扱方用達肝煎及ビ用達ヲ命ズ。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第2巻 p.184
(DK020010k-0001)
雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之四・第二六頁
第2巻 p.184
(DK020010k-0002)
御書付留奥向 明治二己巳年六月ヨリ一二月迄
第2巻 p.184-185
(DK020010k-0003)
諸書付留 一 明治二年己巳八月廿六日ヨリ九月八日迄
第2巻 p.185-186
(DK020010k-0004)
常平倉御取建一件留
第2巻 p.186-191
(DK020010k-0005)
常平倉御取建一件留
第2巻 p.191-192
(DK020010k-0006)
(商法会所)日記 明治二年己巳 従七月
第2巻 p.192-193
(DK020010k-0007)
(常平倉)日記 明治二巳年九月
第2巻 p.193-196
(DK020010k-0008)
青淵先生伝初稿 第六章・第六六―八五頁〔大正八―一二年〕
第2巻 p.196-199
(DK020010k-0009)
常平倉勘定帳 巳年九月より申年正月に至る