デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.12.19

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

4章 民部大蔵両省仕官時代
■綱文

第2巻 p.292-293(DK020018k) ページ画像

明治二年己巳十二月三日(1869年)

民部省北海道産物ヲ料理スル規則ヲ設定ス。栄一租税正トシテ之ニ与ル。


■資料

大蔵省沿革志 租税寮第二・第六八―七〇丁(明治前期 財政経済史料集成 第二巻・第二五二頁〔昭和七年六月〕)(DK020018k-0001)
第2巻 p.293 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

法令全書 第五〇七頁〔明治二年〕 第千百四十六 十二月十日(民部省)(DK020018k-0002)
第2巻 p.293 ページ画像

法令全書 第五〇七頁〔明治二年〕
第千百四十六 十二月十日(民部省)
北海道並伊豆国附島々産物入津ノ節ハ、送リ状ヲ以商社並其渡世ノ者ヨリ速ニ通商司ヘ相届可申、自然自儘ニ水揚等イタシ、抜荷其他不正ノ取計イタシ候者有之節ハ、取糺ノ上事宜ニ寄リ其荷物取上ケ可申候間、心得違無之様相守可申事