デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.12.19

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

4章 民部大蔵両省仕官時代
■綱文

第3巻 p.181-183(DK030060k) ページ画像

明治四年辛未六月二十日(1871年)

東京府平民に編入セラレンコトヲ弁官ニ願出デ允許セラル。


■資料

東京府平民籍編入願(DK030060k-0001)
第3巻 p.181-182 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

青淵先生伝初稿 第七章一・第六一頁〔大正八―一二年〕(DK030060k-0002)
第3巻 p.183 ページ画像

青淵先生伝初稿 第七章一・第六一頁〔大正八―一二年〕
四年四月戸籍法の制定あるや、六月上書して、籍を東京に移し且平民籍に編入せられんことを請ひて許さる、静岡藩士たりし先生は、これより東京府平民となれり。後ち静岡藩にては金二百両を先生に贈りて出仕中の功労に報いたり。
   ○明治四年一月二十一日ノ条ヲ参照スベシ。