デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

4章 民部大蔵両省仕官時代
■綱文

第3巻 p.206-207(DK030069k)

明治四年辛未七月二十七日(1871年)

是ヨリ先明治二年十一月五日民部省租税司ノ立案ニ基キ府県及ビ預所有ル各藩ヲシテ助郷役ヲ課スル郷村ノ六尺給米・蔵前入用・伝馬宿入用ノ三課ヲ免除スル予図ヲ以テ毎村ノ事情調査ノ上稟申ス可キヲ命ジタリシガ、是日大蔵省租税司ノ立案ニ基キ前々入用ノ課税法ヲ更正シ、伝馬宿入用・六尺給米ノニ税ヲ廃除ス可キヲ太政官ニ稟議シ、太政官裁可宣達ス。栄一租税正トシテ之ニ与ル。


■資料リスト