デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

4章 民部大蔵両省仕官時代
■綱文

第3巻 p.326-327(DK030106k) ページ画像

明治五年壬申三月二十九日(1872年)

造幣寮・戸籍寮・土木寮・出納寮・紙幣寮・検査寮・記録寮・正算寮・諸務寮・負債掛ノ事務担任ヲ命ゼラル。


■資料

法規分類大全 第一編 官職門十 官制 大蔵省一 第一二〇―一二一頁(DK030106k-0001)
第3巻 p.326-327 ページ画像

法規分類大全 第一編 官職門十 官制 大蔵省一 第一二〇―一二一頁
 大蔵省達 五年三月二十九日各寮司課
別紙為心得相達候也
 租税寮  統計寮  駅逓寮
 勧農寮  判理局
  右                   上野従五位
 造幣寮  戸籍寮  土木寮
 出納寮  紙幣寮  検査寮
 記録寮  正算寮  諸務寮
 負債掛
  右                   渋沢従五位
分課ノ事務ハ都テ其主任ニテ之ヲ調査シ、尋常ノ事務ハ大輔ノ検印ナクシテ判定可致事
従来ノ定例ヲ更正シ、又ハ新タニ規則ヲ設立シ、及緊要ノ事件ハ其主任ニテ調査ノ後大輔ノ検印ヲ以テ判定可致事
 但便宜両課之主任互ニ協議シテ後大輔ノ判定ヲ乞フコトモ可有之事分課ノ事務ハ一時ノ病気引ニテモ自宅ニ於テ調査可致事
大輔出席ナキトキ其主任ニテ判定シカタキ件ハ、互ニ協議ノ上之ヲ決判ス、若シ至重ノ事ニテ決シカタキモノハ、書面ヲ以テ之ヲ大輔ニ稟議シ、又ハ其出席ヲ可相待事
公達書ハ都テ大輔ノ名印ヲ以テストイヘトモ、尋常ノ布告達書ノ類ハ便宜両人ノ代理名印ヲ以テ之ヲ布達可致事
職務進退ハ其主任ニテ大輔ノ検印ヲ乞テ之ヲ決判ス可シ、尤モ判任以下ノ分ハ其時ノ都合ニヨツテ、大輔ノ名印ナキモ之ヲ決判可致事
両課ノ事務交渉ノコトアルノ類ハ可成丈ケ双方ノ協議ニテ之ヲ判定可
 - 第3巻 p.327 -ページ画像 
致事
分課ノ一員他方出張、又ハ殊ニ其掌管ノ事務アリテ出席セサル等ノ事アレハ便宜他課ノ一員ニテ之ヲ兼務調理可致事