デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

1編 在郷及ビ仕官時代

2部 亡命及ビ仕官時代

4章 民部大蔵両省仕官時代
■綱文

第3巻 p.654-658(DK030144k)

明治六年癸酉一月十二日(1873年)

一月十二日
是ヨリ先、五年九月十八日工部少輔山尾庸三関西鉄道会社ノ資金ヲ工部省ニテ借上ゲ、京阪間ノ鉄道ヲ建築センコトヲ正院ニ建議シテ、許可セラル。栄一之ヲ以テ大蔵省ノ権限ヲ冒シ、会計ノ事務ヲ紊スモノト為シ、正院ニ抗議ス。是日正院ヨリ自今鉄道ノ建設ハ民間会社ニ一任シ、其会社設立取扱方ヲ大蔵省ニ委任スベキコトヲ発令ス。尋イデ同年十二月二十八日大蔵省ノ稟申ニ因リ関西鉄道会社遂ニ解散セシメラル。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第3巻 p.654-655
(DK030144k-0001)
工部省記録 第一巻
第3巻 p.655
(DK030144k-0002)
渋沢子爵家所蔵文書
第3巻 p.655-656
(DK030144k-0003)
青淵先生伝初稿 第七章五・第五〇―五二頁〔大正八―一二年〕
第3巻 p.656
(DK030144k-0004)
工部省記録 第三巻
第3巻 p.656-657
(DK030144k-0005)
大隈侯爵家所蔵文書 【拝稟、昨日参殿奉願置候…】
第3巻 p.657
(DK030144k-0006)
〔参考〕鉄道寮事務簿 第十一巻
第3巻 p.657-658
(DK030144k-0007)
〔参考〕工部省沿革報告(明治前期 財政経済史料集成 第一七巻・第一五二頁〔昭和六年九月〕)