デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第6巻 p.78-79(DK060018k) ページ画像

明治17年8月15日(1884年)

是ヨリ先、大蔵卿ヨリ銅貨流通ノ景況取調申報スベキヲ命ゼラル。是日右取調ノ出来セル旨ヲ告ゲ、原案ヲ衆ニ諮リシニ異議ナキヲ以テ上申ノコトニ決ス。


■資料

集会録事 従明治十五年第一月(DK060018k-0001)
第6巻 p.78-79 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○臨時集会録事
明治十七年五月十七日、午後一時ヨリ日本橋区万町柏木亭ニ於テ同盟銀行臨時集会ヲ開設シ、談論商議之上九時下退会セリ、詳録左ノ如シ
   委員 第一国立銀行頭取 渋沢栄一 ○外六名氏名略
   会員 第七十四国立銀行 茂木惣兵衛 ○二一名氏名略
    但シ丸家銀行・第六国立銀行支店・第八十九国立銀行支店ノ三行ハ事故アリテ参会セス
右列席之上委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ先般大蔵卿閣下ヨリ銅貨流通ノ景況取調申報スヘキ旨御諮問アリタルコトヲ告ケ、其要旨ヲ演述シ、且ツ此際大蔵省ニテ取調ラレタル造幣局創立以来本年三月迄ノ新銅貨鋳造高及旧銅貨存在高ノ取調書ヲ示シ、而シテ此流通ノ景況ヲ答申スヘキニ付テハ、大坂・九州両同盟銀行、其他全国要地ノ同業者ニ照会シ、普ク全般ノ実況ヲ聞知シ以テ之ヲ申報セント欲スル旨ヲ陳ヘ、一同異議ナクシテ之ニ決ス
 附本条取調ニ付六月五日附書面ヲ以テ大坂九州両同盟銀行其他全国要地ノ同業者ニ照会セリ
    ○第四十四回定式会録事
明治十七年七月十五日、月番第二十国立銀行及第十支店盟主トナリ、同盟第四十四回ノ定式集会ヲ日本橋区万町柏木ニ於テ開設シ、談竣テ晩餐ヲ了シ、八時下退会ス、詳録左ノ如シ
     委員 第一銀行頭取 渋沢栄一 ○外一九名氏名略
    但三井・第三・正金・第七十四・第廿七・第三十三・川崎・第九十五・第百三十二・第十四・丸家ノ十一行ハ参会セス
右列席ノ上委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ本年上半季当集会所庶務ノ要領、及金銀ノ出納ヲ報道セリ
一次ニ府下同盟各国立銀行ヨリ月次東京商工会ヘ送致スヘキ報告表ノ差出シ方遷延ヨリ取扱上差支不尠候ニ付、爾後翌月八日迄ニ集会所ヘ送付相成度旨ヲ告ケ一同承諾セリ
一又東京商工会ニ於テ毎月編纂セシ商況報告ハ、集会所ヘ申請ノ上同盟中ヘ壱部ツヽ配付スヘキ事ニ決定ス
一又全国銅貨流通ノ景況各地ヨリ追々回答有之ニ付、委員ニ於テ之レカ意見ヲ取調、大蔵卿閣下ヘ復申ノ手続ヲ為スヘキ事ヲ協議セシニ
 - 第6巻 p.79 -ページ画像 
一同之レヲ委員ニ托スヘキ旨ヲ承諾セリ
     已上
    ○第四十五回定式集会録事
明治十七年八月十五日、月番第百十九・第六十三支店ノ二行盟主トナリ、同盟第四十五回ノ定式集会ヲ万町柏木亭ニ開キ左ノ事項ヲ談論シ議竣テ晩餐ヲ了シ、八時下一同退会ス
 但当日ハ倉庫会社ヨリ手形取引所同盟銀行ヘ其取引上ノ儀依頼ノ廉有之、同社ヨリ頭取小島信民・支配人梅浦精一出席セリ
    会員
 第一国立銀行以下一同列席
右列席ノ上委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ銅貨流通ノ景況取調出来セシ旨ヲ告ケ、大蔵卿閣下ヘノ復申書按ヲ出シ之ヲ朗読シテ衆員ノ意見ヲ問フニ一同原按ノ通異議無之ニ付、同卿閣下江進達スヘキ事ニ決定セリ
右ニ付商工会ヘ其復申書按ヲ添江之ヲ通報スヘキ事ト為セリ
    ○第四十六回定式集会録事
明治十七年九月廿五日、月番第六拾銀行・第百七銀行二行盟主トナリ第四拾六回ノ定式集会ヲ日本橋区万町柏木亭ニ於テ開設シ、議竣テ晩餐ヲ了シ午後八時下一同退会セリ、詳録左ノ如シ
     委員 第一国立銀行 渋沢栄一 ○外二一名氏名略
 不参九行
 合計三拾壱行
  不参各行ハ三井・七十四・三十三・安田・丸家・百三十弐・第四第六・第十九
右列席之上委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ先般全国銅貨流通ノ景況大蔵卿閣下ヘ復申書ヲ以テ商工会ヘ報道ニ及ヒタルニ、同会ニ於テモ当集会所意見ニ同意シタレトモ其小節目ニ於テ聊カ異見モ有之候ニ付同会ヨリモ更ニ大蔵卿閣下ヘ建議相成候旨、回答有之タル事ヲ報告ス