デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第6巻 p.85-87(DK060022k) ページ画像

明治18年5月27日(1885年)

中山道鉄道公債証書ノ利息受取方ヲ起業公債ニ準ジ請合状ヲ以テ請求シ得ラルル様日本銀行ニ稟請シタルトコロ、同年十一月十四日附ヲ以テ証書持参シ難キ者ニ限リ請合状ヲ以テ支払フベキ旨ノ回答ニ接ス。


■資料

集会録事 従明治十五年第一月(DK060022k-0001)
第6巻 p.85-86 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○第五十三回定式集会録事
明治十八年五月十五日、月番第二拾八国立銀行支店及安田銀行盟主トナリ、第五十三回ノ定式集会ヲ新大橋万千楼ニ於テ開設シ、議竣テ晩餐ヲ了シ、午後八時下一同退会セリ、詳録左ノ如シ
    委員
    会員 第一国立銀行 佐々木勇之助 ○外一九名氏名略
    但三井・三十三・百十九・十三・九十五・百七・百十二・六・十・八十九・九十三ノ拾壱行ハ参会セス
今会委員一同欠席ノ処前会ヨリ引続候件モ有之ニ付、山中譲三ヲ以テ左ノ条件ヲ協議報道セシム
一中山道鉄道公債証書利金受取方ニ付、前会ノ衆議ニ拠リ十二年発行起業公債証書条例ヲ参照シテ調査セシ処、起業公債利金受取方手続書ニ準シ請合状ヲ以テ利金ノ請求ヲ為シ得ラルヽノ便法ヲ望ミ候外良按無之ニ付、其旨趣ヲ日本銀行ヘ稟請スヘキ事ト為シ、其書按ヲ朗読セシニ衆皆原按ノ旨趣ニ同意セリ
 - 第6巻 p.86 -ページ画像 
○中略
右二ケ条共委員廻議ニ付シ、日本銀行ヘ稟議ノ上各国立銀行ヘ通告スヘキ事ニ決ス


銀行通信録 第一号・第一八―二〇頁〔明治一八年一二月三〇日〕 鉄道公債利息請取方ニ付日本銀行ヘ照会(DK060022k-0002)
第6巻 p.86-87 ページ画像

銀行通信録 第一号・第一八―二〇頁〔明治一八年一二月三〇日〕
    ○鉄道公債利息請取方ニ付日本銀行ヘ照会
 明治十八年五月中、銀行集会所定式集会ノ決議ニ基キ鉄道公債利息請取方ニ付、日本銀行ヘ稟請シタルコトアリシガ、其往復書面ノ全文ハ左ノ如シ
  (日本銀行ヘ稟請書)
中山道鉄道公債証書毎季利息金請取方之義ハ条例第十条ニ拠リ、其本証書ヲ貴行本支店又ハ代理店ニ持参致シ、利札ヲ断截可致事ニシテ、若シ所持人ノ都合ヲ以テ他ヘ抵当ニ差入候分ハ貴行御制定約諾証書ノ手続ニ拠リ、代理店ニ於テ利札ヲ切取貴行ニ報告シ利金ヲ請求可致筈ノ処、此約諾書ハ将来ノ責任有之候故、或ハ之ヲ厭フノ念慮相生シ申候ニ付、此公債証書ヲ抵当ニ使用致候者ハ利金ノ受取方ニ於テ頗ル不便ヲ生シ、竟ニハ無記名ノ効力ヲ十分維持致兼候場合ニモ可立至ト奉存候間、篤ト其便法ヲ協議致候処、明治十二年御発行起業公債証書之儀ハ其預主ニ於テ利札ヲ断截シ、受合状ヲ付シ利金ヲ請求可致様、第一国立銀行・三井銀行ノ両店ニ於テ手続書ヲ設ケ、大蔵省ヘ相伺候処右手続書之通御許可相成候ニ付、前書中山道鉄道公債証書利息之儀モ此例ニ準シ受合状ヲ以テ利金請求可相成様御改定被成下度奉存候、依之御参考ノ為メ起業公債証書元利払手続書相添、此段御稟請申上候也
  明治十八年五月廿七日 銀行集会所委員連名
    日本銀行総裁 吉原重俊殿
  (日本銀行ヨリ回答書)
中山道鉄道公債証書毎季利息金払渡順序ノ義ニ付去ル五月二十七日附ヲ以テ実際ノ事情縷々御申越之趣致承知候、右ニ就テハ予テ本行ニ於テモ憂慮罷在、既ニ客年中大蔵卿ヘ請願致候得共御許可無之ニ付、再応事情開申致候処、証書所持人ノ都合ヲ以テ他ヘ抵当ニ差入置、本証書持参難致向ニ限リ抵当預主ニテ利札断截受合状ト共ニ本人受取持参スレハ利子払渡候儀ニ御許可ヲ受ケ候間、自今該手続ヲ以テ取扱可申尤官衙ヘ保証抵当品トシテ差出有之分ハ、預ケ主其官衙ヘ罷出切取ノ上証明書下付ヲ受ケ共ニ持参スレハ、利子下渡可申候条、右御承知相成度、依テ受合状書式相添、御答旁此段申進候也
  明治十八年十一月十四日
              日本銀行文書局長 飯田巽
    委員宛
  (受合状書式)
何ノ誰所有ノ何公債証書何百円ハ取引ノ抵当トシテ拙者方ヘ正ニ預リ置候ニ付、当季ノ利金受取ノ為メ拙者立会ノ上利札何枚此金額何十円切取候処相違無之候也
               何町何丁目
  年 月 日                何ノ誰印
 - 第6巻 p.87 -ページ画像 
    〔取扱店ノ名前〕
           御中


集会録事 従明治十五年第一月(DK060022k-0003)
第6巻 p.87 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○第五十九回定式集会録事
明治十八年十一月十六日、月番第五国立銀行及第百十三国立銀行支店盟主トナリ、同盟第五十九回ノ定式集会ヲ開設ス、詳録左ノ如シ
   委員 第一国立銀行頭取 渋沢栄一 ○外四名氏名略
   会員 第三国立銀行 石川庄次郎 ○外二三名氏名略
    但第六銀行ハ参会セス
十一月十六日、第五十九回ノ定式集会ニ於テ委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ今般同盟第六十三国立銀行東京支店都合ヲ以テ除名相成度旨申出ニ付、其請ヒニ任セタル旨ヲ報道セリ
又中山道鉄道公債証書利子請取方、起業公債証書ノ例ニ準シ、請合状ヲ以テ下渡相成候様致度段、本年五月中日本銀行総裁ヘ稟請及ヒ置候処、去十四日同行文書局長ヨリ、本証書持参難致向ニ限リ請合状ヲ以テ払渡可申段、大蔵卿閣下ヨリ許可セラレタル旨回答アリシ事ヲ報道シ、其回答書ヲ朗読セシメ、且此書面ヲ速カニ全国同業者ヘ報道スヘキ事ニ議決セリ