デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第6巻 p.171-172(DK060053k) ページ画像

明治22年5月15日(1889年)

是ヨリ先、東京府庁賦税課ヨリ従来電信為替受取人ニ印紙ヲ貼用セシメタルモ、今後ハ銀行相互間ニ授受スルモノ以外ニハ不要ナルニヨリ其旨各銀行ヘ通知スベシトノ勧告アリ。是日右ニ附キ協議シ営業ニ非ザルヲ確認シウル受取人ニ限リ印紙ヲ貼用セシメザルコトトナセリ。


■資料

会議録事 自明治二十年一月至明治二十三年十二月(DK060053k-0001)
第6巻 p.171-172 ページ画像

会議録事 自明治二十年一月至明治二十三年十二月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○第九十四回定式集会録事
明治二十二年五月十五日、同盟第九十四回ノ定式集会ヲ開キ、来会スルモノ二十七名ナリ、委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ銀行紙幣合
 - 第6巻 p.172 -ページ画像 
同消却積立金ニ対スル公債証書価格ノ件、其外数件ノ議案ヲ提出シ衆議決定スルコト左ノ如シ
○中略
一本月十三日、東京府庁賦税課ヨリ従来各銀行ニ於テ電信為替金受取人ニ対シ、多クハ印紙ヲ貼用セシメタリト聞キシカ、自今銀行相互間ニ授受スルモノヽ外ハ一切印紙ヲ貼用スルニ及ハサルニ付、其旨各銀行ヘ通知アランコトヲ要スルトノ勧告アリシカ、独銀行相互間ノ取引ヲ以テ営業ト云フ可カラス、仮令ハ日本郵船会社ノ如キ三井物産会社ノ如キ、其外諸会社諸商店ノ如キ其銀行ニ向テ電信為替ヲ要シ各銀行其取組ヲ為スハ皆常業ニアラザルハナシ、然ルヲ此等ハ銀行相互間ニアラストシテ印税ノ貼用ヲ為サヽル時ハ則同規則ニ対シ違犯タルヲ免カレサルヲ以テ、必シモ銀行相互ノ取組ニ限ルモノト定ムルヲ得ス、故ニ我同盟銀行ハ今後其受取人ニシテ営業ニアラサルヲ確認スヘキモノニ限リ印紙貼用セス、其他ハ従前ノ如ク処理スベキコトニ協議セリ
一現在ノ湯呑所続物置ヲ摸様替宿直所取設ノ事ハ一同承諾ニ付、月番銀行ヘ打合セノ上着手スヘキ事ニ決セリ
    委員  第一銀行    渋沢栄一 ○外一名氏名略
    会員  第二銀行    小林茂右衛門 ○外二一名氏名略
    月番  川崎銀行    富岡
        第四銀行    本間金也