デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第6巻 p.556-563(DK060153k) ページ画像

明治36年4月23日(1903年)

大阪中之島公会堂ニ於テ大阪銀行集会所主催ノ全国銀行大会開カル。栄一出席シ一場ノ演説ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三六年(DK060153k-0001)
第6巻 p.556 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治三六年
四月廿三日
午飧後中ノ島集会堂ニ抵リ、全国銀行大会ニ列ス、来会者凡ソ七百人余、大隈伯ト余ト鶴原市長、添田寿一氏等ノ演説アリ、五時頃会ヲ散シテ更ニ大坂ホテルニ於テ立食ノ饗応アリ、夜八時帰宿ス


銀行通信録 第三五巻第二一〇号・第六〇八頁〔明治三六年四月一五日〕 全国銀行大会(DK060153k-0002)
第6巻 p.556-557 ページ画像

銀行通信録 第三五巻第二一〇号・第六〇八頁〔明治三六年四月一五日〕
 - 第6巻 p.557 -ページ画像 
    ○全国銀行大会
大阪銀行者間には博覧会の開会を機とし、全国銀行大会を同市に開会せんとするの議ありしが、其議漸く熟し三月三十日大阪銀行集会所組合銀行臨時総会に於て本月二十三日(木曜日)午後一時より大阪「ホテル」に於て開会し、当日は伊藤侯・井上伯・松方伯・大隈伯・渡辺子・曾禰大蔵大臣・阪谷大蔵総務長官・田尻会計検査院長・松尾理財局長・長森大蔵省官房長・美濃部銀行課長・渋沢男・岩崎男・三井男、日本・日本勧業・日本興業・台湾及北海道拓殖五銀行正副総裁又は正副頭取を招待することに決し、右大会準備は銀行集会所委員十行の外更に近江、加島、大阪貯蓄(以上本店)第三、十八、二十三、第百四十七、帝国商業、起業、土佐(以上支店)の十行を加へ、総計二十行を委員として之を附託することゝなり、本月一日右委員は更に常務委員として田辺貞吉(住友)野元驍(浪速)平賀敏(三井支店)町田忠治(山口)松本誠直(百三十)五氏を選挙し爾来夫々準備中なり


中外商業新報 第六三八一号〔明治三六年四月二六日〕 全国銀行大会(一) 大阪に於て 永田生(DK060153k-0003)
第6巻 p.557-559 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

中外商業新報 ○第六三八二号〔明治三六年四月二八日〕 全国銀行大会(二) 大阪に於て 永田生(DK060153k-0004)
第6巻 p.559-562 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

中外商業新報 ○第六三八三号〔明治三六年四月二九日〕 全国銀行大会(三) 大阪に於て 永田生(DK060153k-0005)
第6巻 p.562-563 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。