デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
2節 手形
2款 東京手形交換所
■綱文

第7巻 p.357-358(DK070047k) ページ画像

明治30年6月5日(1897年)

是日、交換所組合銀行集会ニ於テ、自今毎週当交換所組合銀行ノ常業週報ヲ発行スルニ決ス。栄一此議ニ与ル。


■資料

会議録 第一号 従明治廿四年二月至同卅五年十二月(DK070047k-0001)
第7巻 p.357-358 ページ画像

会議録 第一号 従明治廿四年二月至同卅五年十二月 (東京手形交換所所蔵)
    ○東京交換所第二十四回定式集会録事
明治三十年六月五日午後四時ヨリ、東京交換所組合銀行第二十四回定式集会ヲ、花月楼ニ開キ、来会シタルモノ二十五名ナリ、是日客員トシテ日本銀行理事山本達雄氏、同営業局長鶴原定吉氏、並豊川良平氏ノ誘引者トシテ三菱銀行部大阪支店支配人江口定条氏来会セリ、当日協議ヲ経テ決定シタル事項左ノ如シ
○中略
一自今当交換所組合銀行週報ヲ作リ、之ヲ各自ニ配付シテ参考ニ資スルモノハ如何トノ説ハ、皆同意ヲ表シ、差向
 一定期預金
 一当坐預金
 一貸付金
 一当坐貸越金
 一割引手形
 一金銀有高
   但有高中ニハ預ケ金ヲモ算入スルコト
 ノ六項目ト定メ、自今組合各銀行ハ毎土曜日ノ勘定締切高ヲ記入シテ、其月曜日ニハ必ス交換所ヘ持参スヘシ、交換所ニ於テハ直ニ之
 - 第7巻 p.358 -ページ画像 
ヲ印刷シテ、其火曜日ニ必ス組合銀行ヘ報告スヘキ事
○中略
以上三問題ニ付協議スル処アリシカ、皆之ヲ希望シ、左ノ通決議セリ
一第一項、交換所組合銀行週報ハ来ル十二日(土曜日)ヨリ之ヲ始メ自今毎土曜日ニ各行ヨリ交換所ヘ報告シ、交換所ハ之ヲ取纏メ印刷ノ上、毎火曜日ニ組合銀行ヘ報告スヘキ事
○中略
右議了リ晩餐ノ後十時退散セリ、当日出席員左ノ如シ
            第一      渋沢栄一君
            同       佐々木勇之助君
            十五      福住英勇君
            同       久野昌一君
            同       清水宜輝君
            第二十     佐々木慎思郎君
            第二十七    安藤三男君
            第百      池田謙三君
            三菱      豊川良平君
            同       三村君平君
            三井      波多野承五郎君
            安田      若菜福朗君
            同       太田善弥君
            鴻池      蘆田順三郎君
            第三十二    山中隣之助君
            帝国商業    伊東祐之君
            同       橋本正彰君
            川崎      安藤浩君
            東海      吉田幸作君
            第四十一    奥田卯三郎君
            第七十八    松尾謹次君
            第百十三    鈴木重恒君
            交換所     山中譲三君
      外ニ客員
            日本      山本達雄君
            同       鶴原定吉君
            三菱大阪支店  江口定条君
  ○明治三九年四月第四回各地交換所聯合会ニ於テ毎月代理交換所ヲモ網羅シタル月報ヲ発行スヘキ事ニ決セリ。