デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
4節 保険
1款 東京海上保険株式会社
■綱文

第7巻 p.557(DK070072k) ページ画像

明治11年3月18日(1878年)

是ヨリ先、麝香間出伺ノ華族二十六名同盟シテ東京鉄道組合ヲ結ビ、京浜間官設鉄道払下ノ允許ヲ得テ政府ト修約シ、家禄ヲ以テ七ケ年賦ニテ其払下代価三百十万円ヲ上納セントセシガ、金禄公債証書発行条例公布及第十五国立銀行設立等ニ因リ同盟華族中担保金額支出ニ差支ヲ生ジタル者アリテ、第三季上納ヲ了シタル後竟ニ払下ヲ中止スルノ已ム無キニ至リ、政府ニ鉄道払下条約取消ヲ願出デ其聴許ヲ得タリ。

仍テ是日東京鉄道組合第四十回会議ヲ開キ、解散ヲ決スルト共ニ将来ノ目的ニ付審議ス。該組合総理代人タル栄一転ジテ海上保険業ヲ創設スベキ事ヲ勧ム。衆議之ヲ容レ其準備調査ヲ栄一ニ委嘱ス。


■資料

--(DK070072k-0000)
第7巻 p.557 ページ画像