デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

2章 交通
2節 鉄道
1款 東京鉄道組合
■綱文

第8巻 p.497-503(DK080038k) ページ画像

明治9年11月10日(1876年)

華族ノ金禄公債証書ヲ集合シ以テ銀行設立及鉄道建設ヲ為サントセル華族会館ノ挙アルヲ以テ、是日栄一第二十八回臨時会議ニ於テ曩ニ附議セル禄券運用三策ハ到底行ハレザルニ因リ廃案ト為シ、旧ニ復シテ此組合ノ維持ノ方策ヲ謀ルカ或ハ寧ロ同会館ニ合同併資スルカ択ブベシト説ク。衆議之ヲ採リテ合同論ニ決シ、同月十二日伊達宗城・池田慶徳ハ華族督部長岩倉具視ヲ訪ヒテ其旨ヲ具陳セリ。


■資料

鉄道回章留(DK080038k-0001)
第8巻 p.497 ページ画像

鉄道回章留(渋沢子爵家所蔵)
    ○
乾第廿五号輪札ヲ以啓申、第廿七回臨時御集会ニ於テ御決議之末池田慶徳公伊達宗城公ニ向ヒ組合禄券之義ニ付御受願書案ハ已ニ過日輪議ヲ以御回達仕置候処本日池田公伊達公ヨリ御談論之儀も有之、又小生之愚案モ陳述仕度候ニ付来ル十日臨時御会議可相開候間、例之通午後一時ニ御開議之積ヲ以無御遅滞御出席可被下候、輸札刻付ヲ以御順達周尾ヨリ御返却可被下候也
  九年十一月七日午後七時五分
                     渋沢栄一
    御名宛略之


鉄道組合会議要件録 第三巻(DK080038k-0002)
第8巻 p.497-501 ページ画像

鉄道組合会議要件録 第三巻(株式会社第一銀行所蔵)
    第廿八回臨時会議 明治九年十一月十日於第一国立銀行閣内開之
                 出席人名
                     大村純熙代理
                      山川前耀
                     榊原政敬代理
                      加藤直栗
                     松平慶永松平茂昭代理
                      武田正規
                     毛利元敏代理
                      三吉慎蔵
                     久松勝成久松定謨代理
                      河東坤
 - 第8巻 p.498 -ページ画像 
                     伊達宗徳代理
                      井関盛艮
                     池田章政代理
                      水原久雄
                     山内豊範代理
                      山田東作
                     徳川慶勝代理
                      井上喬
                     毛利元徳毛利元忠代理
                      柏村信
                     池田輝知代理
                      勝部静男
                     松平頼聡代理
                      三宅十郎
                      池田慶徳
                      伊達宗城
                      九条道孝
                      亀井玆監
                     前田利同代理
                      浅野長雄
                     前田利嗣代理
                      北川亥之作
                     井伊直憲井伊直安代理
                      金田師行
                      池田茂政
                     蜂須賀茂韶代理
                      林厚徳
                      池田徳潤
                 総理代人 渋沢栄一

    第一節
右一同着席ノ上総理代人演説シテ曰ク、本日ノ臨時会議ハ第廿三回ヨリノ特別会議ヲ設ケ禄券運用ノ方案ヲ委托セラルヽニ因テ乃チ其三策ヲ設ケテ之ヲ呈シ、各位都テ其案ヲ嘉納シ、殊ニ其第一法ヲ以テ適当ナル者ト為シ一同焉ニ共同セリ、然ルニ此際会館ニ衆華族ノ禄券運用ノ方策アルヲ以テ第廿七回会議ニ於テ此同盟ノ禄券ハ特ニ之ヲ用テ既准鉄道ノ資本ニ充テ、其余資ヲ以テ会館ノ方策ニモ従事スヘキコトヲ会館ニ向テ申陳スヘシ、但毛利元徳ハ彼此両策ニ従事シ、前田利同・九条道孝ハ其担保金額ハ禄券外ニ於テ維持スルヲ以テ此申牒ニ連署スヘカラサルコトヲ議定セリ、而シテ其申牒案ヲ作リ、輪議ニ致シ各位ノ承允及ヒ批箋ヲ経テ已ニ本日還到セリ、是特別会議ノ第廿三回ヨリ第廿七回ニ至ル事歴ナリ
以此テ本日ハ第廿七回ノ議定スル所ニ従フトスレハ則其輪議ノ異同ヲ判定シ以テ結局スヘキニ在リト雖トモ、更ニ栄一ノ鄙見アリ請フ試ニ之ヲ言ハン、夫会館ノ方策ナル者ハ蓋岩倉公ノ衷意ニ出ツルカ、又衆華族ノ輿論ニ成ルカ之ヲ蠡測スヘカラスト雖トモ、其禄券保有ノ意見ヲ掬シテ之ヲ論セハ詢ニ至当ノ方案ト謂フヘシ、而シテ栄一カ設クル所ノ三策ハ偏ニ理財ニ就テ画成スル所、喙ヲ損益ノ地ニ容ルヘカラサル者、以是テ会館ノ挙ハ各位ノ為メニ敢テ欲セサル所ト雖トモ、若シ地ヲ換ヘテ之ヲ論シ、会館ノ方策ハ極メテ完全ナル者トセハ、此組合ノ欲スル所ハ即チ会館ニ妨ケヲ為ス者ト謂ハサルヲ得ス、且此組合ノ現情ニ因レハ已ニ一名背キ二名離レ、其実会館ニ暗制セラレ大ニ方向ヲ失フ所アルカ如シ、已ニ如此ナレハ其申陳ノ如キモ畢竟無益ノ結果ヲ見ルヘシ、果シテ然リトセハ今日宜シク事ノ虧屈ヲ忍ヒ、其三策ヲ
 - 第8巻 p.499 -ページ画像 
将テ廃案ニ付シ更ニ第廿三回ニ復シ従前組合ノ体面ヲ再起スヘシ、是栄一カ鄙見以テ第一議案ト為ス所ナリ、請フ各位付議アランコトヲ
池田徳潤ハ第一議ヲ起シ、今回ノ輪議ニ因テ各家ノ批箋スル有ル者ヲ領承センコトヲ求ム
総理代人ハ第一議ヲ取リ、乃チ該案ニ就テ其付箋アル者ヲ上読シ、又其意義ヲ演明セリ
伊達宗城ハ第二議ヲ起シテ曰ク、総理代人ハ向キニ衆議ニ依テ三策ヲ案シ、更ニ又利害ヲ諄説ス、今日ノ現情実ニ然リ、是慨歎ニ堪ヘサル所ナリト雖トモ、到底其説ノ趣旨ニ帰セサルヲ得ス、因テ其三策ヲ将テ廃案ニ付シ、更ニ後図ヲ熟議スヘシ
総理代人ハ各位大半第二議ニ同スルアルヲ認メ、因テ第二議ヲ将テ更ニ議案ト為ス、衆皆之ニ同ス
    第二節
総理代人ハ又意見ヲ述テ曰、已ニ廃案ノ議ニ決シ、第廿三回ノ本位ニ復スルニ当リ、各位若シ軽忽ニ此組合ノ存亡ヲ決セントスルモ猶秩叙ヲ以テ理セサルヲ得ス、曩日担保金額ノ安危ヲ区分スル者アリ、其事ヤ首トシテ政府ノ条約ニ関シ、又銀行ノ約束総理代人ノ委任等皆焉ニ関ス、因テ今日此組合ヲ解キ、更ニ企ル所アレハ先ツ此一段ヲ整理スヘシ、是秩叙ノ第一ナル者ナリ、今日ノ現情ヲ以テ更ニ各位カ担保金額ノ如何ヲ区分セサルヘカラス、何トナレハ已ニ会館ノ挙ニ際シ、各家ノ計算ニ変スル所ノ者アルヘシ、因ニ更ニ籌算ヲ要ス、而シテ幾許カ其担保スル所ヲ存セサル者アルヘカラス、此ニ於テ其金額ヲ更定スヘシ、是秩叙ノ第二ナル者ナリ、其担保金額ノ不足スル所ヲ以テ更ニ同盟ヲ募集スルカ、或ハ政府条約中ノ三策ヲ撰テ之ニ従フカヲ判定スヘシ、是其秩叙ノ消極ナル者ナリ、然リト雖トモ更ニ権宜ノ方策ヲ求ルトキハ其秩叙ニ依ラス別ニ転行スヘキ一線路ノナキニアラス、請フ試ニ之ヲ述ン、仄カニ聞ク蓋会館ハ我横浜間ノ鉄鉄道ニ艶シ、其方案タル一大銀行ヲ創起シ、禄券ヲ運用シ、以テ鉄道ノ挙ニ従事スヘキニ在リ、以此テ岩倉公ハ此同盟ニ説着スルニ我鉄道ノ事業ヲ以テ会館ノ挙ニ合併スヘキコトヲ以テスト云、各位若シ其挙ヲ得策トナサハ更ニ其商議ヲ尽シ、以テ之ニ合併スヘシ、然ラサレハ復タ前説ノ順序ニ就クヘキノミ、是転換ノ一案固ヨリ各位ニ慫慂スル者ニアラス、各位若シ之ヲ以テ会議規則ニ外ルヽ者トセハ、固ニ然リ、而シテ廃案ノ如キモ亦行フヘカラサル者ニ居ル、因テ謂ラク今日ノ挙措ハ到底権宜ニ処セサルヲ得ス、各位以テ如何トナス
池田慶徳第一議ヲ起シテ曰、各位多クハ政府条約中ノ三策ニ就テ其官私共有ノ項ヲ望マンカ、然ルニ此組合ノ挙タル本ヨリ家禄ニ依テ図ル所、此際第二季ノ上納ヲ難ンスル者アルヘカラス、且岩倉公ノ言アリ明年ノ冬ニ至リ横浜間ノ鉄道ヲ買収スヘシ、是会館ノ目途ニ在リト、然則此組合ニ於テハ第二季ハ論ナク第三季ノ上納ヲモ或ハ之ヲ了シ、而シテ会館ノ挙ニ共同スル者ハ如何、若シ此ノ如キコトヲ得レハ同盟ノ名望ヲ墜サヽルノミナラス、縦ヒ此組合ハ解体スルモ政府ノ条約ハ依然存立スヘシ、次ニ池田徳潤ハ自他ノ挙ニ就テ営業上ノ損益ヲ論シ林厚徳ハ此組合今日ノ艱歩ヲ政府ニ上申センコトヲ論シ、勝部静男ハ
 - 第8巻 p.500 -ページ画像 
他日会館ノ挙ニ共同セントスルモ其経画ノ未タ以テ我信用スルニ足ラサレハ、先ツ第二季ノ上納ヲ了シ、而後岩倉公ノ定見アル所ヲ審カニシ、以テ第三季ニ及フヘキコトヲ論シ、伊達宗城ハ敢テ三季ノコトヲ論スヘカラスシテ到底此組合ハ維持スヘキ者ニ置カンコトヲ論シ、各其意ヲ述ルト雖トモ到底第一議ニ協同シ山内豊範ノ如キハ第二季上納金額ハ之ヲ銀行ヨリ借用スルトモ亦以テ上納ヲ了センコトヲ望メリ
於玆テ総理代人ハ更ニ各位ニ公告シテ曰、已ニ決議ノ如クナレハ第二季ノ上納ニ於テハ同盟皆成規ニ依テ違フ者ナシ、而シテ此組合ノ事業ハ畢竟会館ノ挙ニ合同スヘキ者ナルヘシ
    第三節
総理代人ハ各位ニ向ヒ已ニ第二節ノ議定ヲ得レハ此組合将来ノ目的ハ更ニ事務ノ権限ヲ改メ、以テ某事ハ肝煎ノ任タリ、其件ハ総理代人ノ職掌タル者ヲ定ムヘキヲ問フ、因テ将来ノコトハ一切之ヲ総理代人ニ委托スヘキ答議アリト雖トモ、又総理代人ハ其委托ハ辞スルニアラサルモ、其□□スル所ニ於テ或ハ専任スヘカラサル者アルヲ以テ、願ハクハ将来転換ニ臨ミ、其公申ノ件ハ之ヲ肝煎ノ任トナシ、其余ノ事務ハ総理代人担保センコトヲ回要スルヲ以テ各位其意ヲ承允セリ
右会議畢テ一同退場ス、時ニ午後六時三十分
   ○上文中「政府条約中ノ三策」トハ鉄道払下条款第十ニ条ニ挙グルモノ、明治九年八月五日条ヲ見ヨ。

     第廿九回定式会議 明治九年十一月十八日於第一銀行閣内開之
                 出席人名
                     松平慶永松平茂昭代理
                      武田正規
                      池田徳潤
                     伊達宗城伊達宗徳代理
                      西園寺公成
                     毛利元敏代理
                      三吉慎蔵
                     徳川慶勝代理
                      井上喬
                     池田輝知代理
                      勝部静男
                     九条道孝代理
                      藤井祐澄
                      毛利元徳
                     亀井玆監代理
                      清水格亮
                      池田慶徳
                      池田茂政
                     池田章政代理
                      池田茂政
                     蜂須賀茂韶代理
                      林厚徳
                欠席    久松勝成
                同     久松定謨
                同     井伊直憲
                同     井伊直安
                同     前田利嗣
                同     前田利同
 - 第8巻 p.501 -ページ画像 
                     毛利元忠代理
                同     柏村信
                同     大村純熙
                同     榊原政敬
                同     松平頼聡
                同     山内豊範
                同総理代人 渋沢栄一

    第一節
右各位着席之上、肝煎池田慶徳衆ニ告テ曰ク、本日ハ会頭渋沢栄一要務嵩沸其臨席ヲ得サルヲ以テ自家其代理ニ当リ本日ノ議事ヲ調理スヘシ、便チ問フ
蜂須賀茂韶代理小室信夫ハ此組合創業自来茂韶ノ委任ヲ承ケ拮据勠力殆ント玆ニ二歳、且曩ニ籤決ニ従ヒ任ニ肝煎ニ在リ、豈計ン此際同子ハ其代理ヲ辞スルニ因テ同家ハ輙チ之ヲ允シ、更ニ林厚徳ヲ以テ代任ニ命シ、之ヲ同家々扶伊吹直亮ナル者ヨリ通報アリ、因テ補員ノ挙ハ肝煎権限ニ依ツテ撰擢スヘキカ、或ハ其林厚徳ヲ用テ直ニ襲務ニ就カシムヘキカ、輿論ニ従ヒ之ヲ定メント欲ス
池田徳潤ハ第一議ヲ起シ、肝煎権限ヲ度外ニ措キ直チニ林氏ヲ以テ補員ト為ンコトヲ答フ、而シテ衆皆本議ニ同スルヲ以テ、輙チ林厚徳ヲシテ肝煎ノ職ニ就カシムルコトニ決シ、同氏亦敢テ辞セス、乃答辞ヲ為シテ曰ク、某苟クモ衆望ニ当ル則肝煎ノ任ヲ領受スヘシ、因テ自今相倶ニ此偉業ヲ拡伸シ、其規模ヲ整脩センコトニ尽力スヘシ、言畢テ肝煎ノ座位ニ転列ス
    第二節
慶徳又曰ク、去ル十二日伊達宗城ト同ク岩倉公ニ趨候シ、第廿八回会議ニ於テ決定スル所ノ禄券運用方法三策ノ法案ヲ廃捐シ、明年禄券ノ賜与ヲ得、以テ彼会館轍道ノ方策ニ併資シ、挙テ共ニ鴻業ヲ履行スヘキ目的ヲ復陳シ、同公之ヲ肯領セリ、各位亦其情ヲ領セヨ
右会議終テ一同退楼ス、時午後四時下



〔参考〕岩倉公実記 (岩倉公旧蹟保存会発行)下巻・第四七七―四八〇頁〔昭和二年七月〕(DK080038k-0003)
第8巻 p.501-502 ページ画像

岩倉公実記 (岩倉公旧蹟保存会発行)下巻・第四七七―四八〇頁〔昭和二年七月〕
初メ九年丙子八月五日、太政官ハ金禄公債証書条例ヲ頒布シテ曰ク、華士族及平民家禄賞典禄給与ノ制ヲ更メ金禄ト為シ、数箇年ノ額ヲ積算シ一時ニ給与ス、之ニ授与スルニ公債証書ヲ以テス、其元金ハ五箇年間据置キ、六箇年ヨリ後ハ毎年抽籤法ヲ用ヰテ之ヲ償還シ、三十箇年ヲ限リ完了ス、其元金ヲ償還セサルノ間ハ毎年利子ヲ給与ス、明年ヲ以テ施行ノ期ト為ス、其二十六日ニ至リ官内卿徳大寺実則内旨ヲ奉シ具視ニ諭シテ曰ク、今回禄制改革セラルヽヲ以テ華族前途産業ノ目的ヲ定メ家政ヲ整理セシムルコトニ注意スヘシ、蓋シ具視ノ此諭命ヲ承クルハ華族局督部長ノ職ヲ帯フルヲ以テノ故ナリ、九月二日ヨリ十三日ニ至ルノ間具視衆華族ヲ招集シテ宮内卿ノ諭命ヲ伝ヘ、且商議スルニ協同会社ヲ輿シ、以テ各家保持ノ計ヲ立テンコトヲ以テス、是ニ於テ衆華族各自所有ノ金禄公債証書ヲ集合シテ基本金ト為シ、以テ一大銀行ヲ設立セントノ論アリ、十一月具視外債償却鉄道築造銀行設立
 - 第8巻 p.502 -ページ画像 
ノ議ヲ衆華族ニ示シ、以テ之ヲ諮ル、其文ニ曰ク
 今般家禄賞典禄改正ノ儀被仰出候、就而者追々厚キ勅諭之旨モ有之仍テ同族協心戮力シ、以テ報国保家ノ道ヲ尽シ叡旨ノ万一ニ奉答セントス、抑同族一般所領ノ禄券之ヲ合計スル金額三千万円余アリ、巨多ト謂ハサルヘケンヤ、今政府賜典ノ法ヲ定メ、五ケ年据置六ケ年目ヨリ之ヲ抽籤シ漸次同族ニ収領セシム、厚待ト謂ハサルヘケンヤ、然レトモ各家之ヲ領シ、一タヒ其運用ヲ誤ルトキハ従前廩給ヲ仰クノ時ノ比ニアラス、家計崩壊遂ニ救フヘカラサルニ至ル、上朝恩ヲ報スル能ハサルノミナラス、下各家祖先ノ祀ヲ絶ツ、然則何ヲ以テ報国保家ノ実効ヲ挙ケンヤ、因テ案スルニ上朝廷ノ用ヲ裨補シ下人民ノ便ヲ図リ随テ自家永続ノ策ヲ定ムヘシ、夫レ政府外国ノ負債ニ於ケルヤ素ヨリ償却ノ法確然タラン、然レトモ其額少シトセス利子亦廉トセス、故ニ同族中更ニ所有ノ金ヲ以テ右償却ノ為メ幾分ノ利付ニテ政府ヘ御借上願立ツヘシ、然ルトキハ政府ヘ対シ聊カ義務ヲ尽スニ当リ一ツハ元金ヲ消耗スルニ至ラス、且幾分ノ利子ヲ収得シ両全ノ策ニアラスヤ、且又国益ヲ謀ルハ鉄道ヨリ大ナルハ莫シ已ニ明治六年中蜂須賀茂韶ノ発意ヲ以テ徳川慶勝以下数名ヨリ鉄道築造之儀別紙一号ノ通建言有之、惟フニ方今我国富強ノ基則チ運輸ノ便ヲ開クヨリ先ナルハ莫シ、而テ同族保家ノ計亦鉄道ヲ以テ不動産トナスヨリ優レルハナシ、夫レ鉄道ノ用タルヤ独物産ノ繁殖ヲ増スノミナラス、千鈞ノ重モ一毛ノ軽キカ如ク万里ノ遠キモ比隣ノ近キカ如シ、政府ノ命令朝ニ発シ夕ニ辺陲ニ達ス、警戒東ニ起レハ西ヨリ救応ス、未開ノ民ヲ以テ文明ノ域ニ進ミ不毛ノ地ヲ以テ膏腴ノ域ニ変ス、貨幣ノ流通物価ノ平均皆其効ニヨラサルハナシ、是欧米各国ノ富強ヲ致ス所以ナリ、仍テ蜂須賀氏ノ前議ヲ拡メ金禄公債証書抽籤ノ金額ヲ資本トシ鉄道築造ニ従事セハ以テ全国ノ鉄路ヲ布クニ足ル、然レトモ禄券抽籤ノ法ニヨレハ三十年ノ久キヲ経ルニ非ラサレハ外国負債鉄路建築其全資ヲ得ルニ由ナシ、是時機ヲ失フノミナラス終ニ保家資本ヲ有スル能ハサルニ至ラン、於是今般政府ニ乞ヒ特別ヲ以テ来明治十年御下渡可相成禄券本年仮券ヲ以テ御下渡ヲ願ヒ新ニ銀行ヲ設立シ、則チ公債証書利子五朱六朱七朱三種ノ割合ニ応シ銀行紙幣ニ交換セハ大凡一千八百万円ニ至ルヘシ、内千五百万円ヲ大蔵省ニ納付シ、外国負債鉄路建築等ノ用ニ充テ、築造工事ハ工部省ニ依托シ、残リ三百万円ハ別紙第三号記載之通処分シ、来明治十年ヨリ著手セント欲ス、政府之ヲ特許セハ抽籤所得ノ金円年年之ヲ大蔵省ニ上納シ、二十五年ノ後ニ至レハ則チ紙幣交換全ク尽ク、而テ所築ノ鉄路即チ同族ノ所有ニ帰ス、於是始テ外ハ外債ノ患ヲ除キ、内ハ富強ノ基ヲ開キ、自家永遠ノ恒産ヲ得ルニ至ルヘシ、依テ別紙第二号ノ通外債鉄道等ノ目的ヲ以テ銀行設立ノ儀政府ヘ内願致スヘク、右三件方法及諸家各自計算書ノ如キハ第三号第四号第五号ノ通ニ候、此儀御同意ニ候ハヽ、併テ政府ヘ可差出因テ御協議ニ及候也○別紙略


〔参考〕鉄道回章留(DK080038k-0004)
第8巻 p.502-503 ページ画像

鉄道回章留             (渋沢子爵家所蔵)
 - 第8巻 p.503 -ページ画像 
    ○
乾第廿六号輪札ヲ以啓申、蜂須賀茂韶公御代理小室信夫儀代理辞退致し、更ニ林厚徳ニ代理被申付候旨御同家々扶伊吹直亮ヨリ通達有之候小室信夫ハ御組合肝煎ニ付此段御報知仕候、右ニ付肝煎補欠之義ハ追而御衆評ヲ可伺候得共、先ツ此段御領承可被下候、輪札早々御順達周尾ヨリ御返却可被下候也
  明治九年十一月十一日         渋沢栄一
          午後四時
  御名宛略
     ○
乾第廿七号輪札ヲ以啓申仕候、寒冷之時下各位滋御清穆奉恭賀候、陳者去ル十日廿八回臨時会議及ヒ去ル十八日廿九回定式会議要件録編製ニ付併供御回覧候、各位御領承之上例規之通御順廻周尾ヨリ御返却可被下候也
  九年十一月廿二日           渋沢栄一
          午後三時
二伸、去ル十八日無御通知御欠席各位江申上候前会ニ於テ已ニ臨時会議ヲ廃シ、更ニ第廿三回ニ復シ従前之体面ヲ再起スヘキコトニ御決定故別段本日御会議御通知ハ不仕、尤私義も本日要務他出無拠欠席仕候得共、多数之御欠席ニ而臨席各位御不満之趣も御座候条、已来定式会日ニハ無御失念必御賁臨被下度得芳意候也
 伊達宗城様 承候  松平頼聡様
 前田利嗣様     毛利元敏様
 井伊直憲様     前田利同様 承候
 榊原政敬様     九条道孝様
 此方様
     ○
乾第廿七号輪札啓上仕候《(八カ)》、然者来ル十八日ハ定式御会議之筈ニ候得共差向要件無之候間御休会之積御心得可被下候、但本月は第二季御上納金御振込之儀先般廿八回御会議ニ於テ従前之通リ御取計之積御決定ニ付、銀行ニ於テハ御約束之通リ相心得居候間、兼而御振込無之各位ハ成規ノ如く御振込可被下候、輪札早々御順達周尾ヨリ御返却可被下候
  九年十二月十六日                 渋沢栄一