デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

2章 交通
2節 鉄道
1款 東京鉄道組合
■綱文

第8巻 p.503-513(DK080039k)

明治10年3月26日(1877年)

前議ニ依リ華族督部長岩倉具視ニ同組合ヲ華族銀行ニ併合ノ事ヲ諮ルニ可否スル所ナシ。然後具視ノ考案アリ、即チ禄券全額ヲ以テ華族銀行ニ加入シ、同行創立ノ上ハ鉄道払下年賦金ヲ一時ニ上納シ以テ衆華族ノ共有ト為スベキ内命アリタリ。仍テ是日第三十一回臨時会議ヲ開キ該考案ヲ審議ニ付ス。栄一夫レノ組合ニ不利ナル所以ヲ説キ、反案トシテ同行ヨリ毎季上納金ヲ借入レ以テ完納後衆華族ノ共有ト為スヲ得策ト為ス。次会ニ於テ衆議之ヲ可トシ、且同行トノ交渉ヲ栄一及肝煎林厚徳ニ委ス。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第8巻 p.504-505
(DK080039k-0001)
鉄道組合会議要件録 第三巻
第8巻 p.505
(DK080039k-0002)
鉄道回章留
第8巻 p.505-510
(DK080039k-0003)
鉄道組合会議要件録 第三巻
第8巻 p.510-511
(DK080039k-0004)
〔参考〕華族会館誌附録 第四巻 華族共立第十五国立銀行
第8巻 p.511-513
(DK080039k-0005)
〔参考〕岩倉公実記 (岩倉公旧蹟保存会発行) 下巻・第五〇二―五一一頁〔昭和二年七月〕