デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

2章 交通
2節 鉄道
14款 岩越鉄道株式会社
■綱文

第9巻 p.138-142(DK090014k) ページ画像

明治33年6月11日(1900年)

是ヨリ先、社費ノ使途、若松以西ノ線路ナドニツキ当会社内ニ紛議アリシガ、是日株主総会ニ於テ栄一社長ニ代リテ議事ヲ主宰、他ノ取締役全部改選サレシモ栄一ノミ再選重任ス。


■資料

渋沢栄一 日記 ○明治三十二年(DK090014k-0001)
第9巻 p.138-139 ページ画像

渋沢栄一 日記
 ○明治三十二年
一月二十一日 晴 大風
○上略 午後三時錦輝館ニ抵リ、岩越鉄道会社株主総会ニ列ス、物議多クシテ議了ニ至ラサルモ○中略帰宅○下略
一月廿二日 晴
朝、佐治幸平・八田喜多来リテ、岩越鉄道会社ノコトヲ話ス○下略
一月廿三日
○上略 午後銀行ニ抵リテ、若松郡長松本時正・佐治幸平ニ面話ス、岩越鉄道ノコトニ関スル談話ナリ○下略
二月三日 晴
○上略 午前十一時岩越鉄道会社ノ重役会ニ列シ、二橋・日下・山本・佐治数氏ト同会社総会ノ時ニ関スル要件ヲ協議ス○下略
二月四日 晴
 - 第9巻 p.139 -ページ画像 
○上略 辻新次氏ニ面会シ、岩越鉄道株主総会ノコトヲ談話ス○下略
二月六日 曇
午後二時銀行ニ抵リ○中略二橋元長・小山健三氏等来話ス○下略
二月九日 晴 烈風
○上略 午前十一時岩越鉄道会社重役会ニ列ス、頃日来一紛議トナリタル同会社報告書中費途ノ件ニ付、調査委員ヨリ申越サレタル協議書ニ対スル回答案ヲ決定ス
二月二十日
午前○中略 岩越鉄道ノコトニ関シ、二橋・山本・佐治ノ諸氏来ル○下略
二月廿一日 晴
午前岩越鉄道ノコトニ関シテ唐橋左源次氏来ル、同件ニ関シテ二橋元長・日下義雄二氏ニ書状ヲ送リテ、欠席ヲ申遣ス○下略
二月廿四日 雨
○上略 午後四時精養軒ニ抵リ、二橋元長氏催ス処ノ岩越鉄道会社株主中ノ人々来会スル宴会ニ列ス、夜九時深川ニ帰宿ス○下略
三月三日 晴
○上略 午後二時過岩越鉄道会社重役会ニ列シ、要件数項ヲ決議ス○下略
三月四日 雨
○上略 午後二時銀行ニ抵リ、事務ヲ視ル、岡田良平・日下義雄ニ書状ヲ発ス○下略
二月六日《(三)》 曇
朝○中略 日下義雄・佐治幸平二氏来ル、岩越鉄道会社ノコトヲ話ス○下略
五月十二日 雨
○上略 午前十一時岩越鉄道会社重役会ニ列シテ事務ヲ協議ス○下略
六月十六日
午前十時上野岩越鉄道会社重役会ニ出席ス○下略
七月二十一日 雨
午後○中略 青年会館ニ開キタル岩越鉄道会社ノ株主総会ニ出席ス○下略
九月十五日 晴
○上略 午後一時岩越鉄道株式会社重役会ニ列ス○下略
十月廿五日 晴
朝○中略 唐橋左源次来リ、岩越線路ノ図面ヲ送付ス○下略
十月廿六日 晴
○上略 十一時鉄道作業局ニ抵リ、松本局長ニ面会シ、昨日唐橋左源次ヨリ受取リタル岩越線路絵図面及計算書ヲ交付ス○下略
十月廿八日 曇
午前○中略 二橋元長氏ニ面会シテ、岩越鉄道線路ニ関シ、過日松本氏ニ照会セシ顛末ヲ談話ス○下略
十一月廿四日 晴
午前十時岩越鉄道会社重役会ニ列ス○下略

渋沢栄一 日記 ○明治三三年(DK090014k-0002)
第9巻 p.139-141 ページ画像

○明治三三年
一月十九日 晴
○上略 午前十時岩越鉄道会社重役会ニ列ス○下略
一月二十六日 曇 風強ク寒威凛烈タリ
 - 第9巻 p.140 -ページ画像 
午後一時青年会館ニ抵リ、岩越鉄道株式会社株主総会ニ列ス、社長欠席スルヲ以テ、当日ノ議長ト為リ議事ヲ整理ス、午後二時開会、株主中種々ノ質問アリ、若松尾登間線路変更ニ付テハ殊ニ紛議アリタレトモ、議長ノ説明ニヨリテ稍了解セラレタリ、議事ハ悉ク原案ニ可決シ、四時閉会ス○下略
四月五日 晴
○上略 五時浜町常盤屋ニ於テ開ク処ノ岩越鉄道株主相談会ニ列ス、曾我有島・久米・阿部泰蔵・瓜生震等ノ諸氏来会ス○下略
四月廿日 晴
○上略 下谷ナル岩越鉄道会社ニ抵リ重役会ニ列ス、二橋・日下・佐治・山本及監査役諸氏来会ス、会社将来ノ事業興廃ニ関スル要件ヲ熟議ス各位ノ意見統一スルヲ得サルヲ以テ更ニ後会ヲ約シテ散会ス○下略
四月七日《(五)》 晴
○上略 午後岩越鉄道会社重役会ニ列ス○下略
四月九日《(五)》 晴
○上略 午後岩越鉄道会社ノコトニ関シ、日本鉄道会社ニ抵ル、二橋・三島ノ諸氏同行ス○下略
五月十八日 曇
○上略 午後岩越鉄道会社ニ抵ル○下略
五月二十一日 晴
○上略 午後会議所ニ出席セシモ、此日ハ岩越鉄道会社株主総会ノコトアルヲ以テ、聯合会ノ委員会ヲ井上委員長ニ托シテ継続セシメ、岩越鉄道会社ノ総会ニ列ス○下略
五月二十四日 雨
午前○中略 岩越鉄道会社重役会ニ列ス○下略
五月三十一日 曇
○上略 岸清一氏来ル、岩越鉄道線路ノコトニ関スル唐橋左源次来書ノ法律意見ヲ諮問ス○下略
六月二日 晴
○上略 夜十時兜町ニ帰宿ス、二橋元長氏来ル、岩越鉄道ノコトニ付テ談話スル所アリ
六月三日 晴
午前○中略 白峯駿馬・清水宜輝ノ諸氏来話ス、清水氏ハ岩越鉄道ノコトニ関スル株主集会ノ協議ヲ報告セラルヽ為ナリ○下略
六月八日 晴
○上略 十時松本作業局長ヲ其局ニ訪ヒ、京釜鉄道ノコト及岩越鉄道ノコトヲ談話ス○下略
六月十一日 雨
○上略 午後一時岩越鉄道会社株主総会ニ出席ス、開会ニ当リ二橋氏欠席スルニヨリ、議長席ニ在テ議事ヲ整理ス、取締役改撰ニ関シテ種々ノ議論アリシモ、終ニ投票ノ結果三島・久野・瓜生・中村・前田・有島及余ノ七名当選ス○下略
六月十五日 曇
○上略 午前十時岩越鉄道会社ニ抵リ、改選重役就任ノコト、及社長互選
 - 第9巻 p.141 -ページ画像 
ノコトヲ協議ス、三島弥太郎氏ヲ以テ社長ニ推スト云フニ一決ス○下略
七月六日 曇又雨
○上略 十時岩越鉄道会社ノ重役会ニ列シ、要件数項ヲ議決○下略
七月十三日 曇
○上略 午後三時岩越鉄道会社重役会ニ列ス、畢テ五時帰宅ス○下略
七月二十日 曇
○上略 午後三時岩越鉄道会社ニ抵リ、重役会ヲ開ク、夜深川宅ニ帰宿ス
七月二十一日 曇
午前松本荘一郎氏ヲ官舎ニ訪ヒ、岩越鉄道会社線路問題ニ付テノ報告書ニ関スル意見ヲ諮詢ス○下略
七月廿三日 曇
○上略 瓜生震氏来リ岩越鉄道会社ノコトヲ談ス○下略
七月廿四日 晴
○上略 午前日本鉄道会社ニ抵リ、曾我社長・久米良作氏ニ面会シテ、岩越鉄道会社ノコトヲ依頼ス、前田青莎氏モ来会ス○下略
七月廿五日 晴
○上略 松本荘一郎氏ヲ官舎ニ訪ヒ、岩越鉄道会社ノコトニ関シ謝詞ヲ述ヘ、贈品ヲ交付ス○下略
七月廿七日 曇
○上略 午後一時青年会館ニ於テ岩越鉄道会社株主総会ヲ開ク○下略
八月十四日 晴
○上略 前田青莎氏来ル、岩越鉄道会社ノコトヲ談ス○下略
八月十六日 晴
○上略 前田青莎氏来ル、岩越鉄道会社ノコトヲ談ス
八月二十日 曇
午前八時青年会館ニ抵リ、岩越鉄道会社株主臨時総会ヲ開ク、会スル者極テ少数ナリシヲ以テ、例ノ如ク喧噪タラス、議案ハ総テ原案ヲ可決ス、畢テ重役会ヲ開キ当務ヲ議了ス、十一時兜町ニ帰宅ス○下略
八月三十一日 晴
午前○中略 岩越鉄道前田氏ニ面話ス○下略
九月十四日 晴
午前十時岩越鉄道会社重役会ニ列ス○下略
九月廿九日 曇
午前○中略 岩越鉄道前田氏○中略来話ス○下略
十月十九日 曇
午前○中略 十一時岩越鉄道会社ノ重役会ニ列シ○下略


文書類纂 農工商明治卅三年(DK090014k-0003)
第9巻 p.141-142 ページ画像

文書類纂 農工商明治卅三年 (東京府庁所蔵)
当社取締役一同辞任ニ付、去ル十一日株主臨時総会ニ於テ撰挙候処左記ノ通リ当撰上任候、此段御届仕候也
         専務取締役社長 (新任) 三島弥太郎
           取締役   (重任) 渋沢栄一
           同     (新任) 中村清蔵
           同      同   久野昌一
 - 第9巻 p.142 -ページ画像 
           同      同   前田青莎
           同      同   瓜生震
           同      同   有島武
  明治卅三年六月十五日 岩越鉄道株式会社
    東京府御中


日本鉄道史 中篇・第六二一頁〔大正一〇年八月〕(DK090014k-0004)
第9巻 p.142 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。