デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

2章 交通
2節 鉄道
25款 其他ノ鉄道 8. 神戸電気鉄道株式会社
■綱文

第9巻 p.370-374(DK090041k) ページ画像

明治39年11月17日(1906年)

是ヨリ先、神戸市ニ電気鉄道ヲ敷設センカ為メ出願スルモノ数派アリテ栄一及ビ安田善次郎等モ之ニ加ハリ、競争激烈トナリシガ、先願ノ池田貫兵衛等ノ神戸電気鉄道株式会社ニ合併シテ再出願ヲ為シ、是日其免許ヲ得タリ。


■資料

竜門雑誌 第二二三号・第四二頁〔明治三九年一二月二五日〕 ○神戸電気鉄道株式会社株式募集(DK090041k-0001)
第9巻 p.370 ページ画像

竜門雑誌 第二二三号・第四二頁〔明治三九年一二月二五日〕
○神戸電気鉄道株式会社株式募集 神戸市内を循環する電気鉄道を布設し、且つ一般運輸の業務を営み、猶電気供給其他之に関聯して必要且有益なる業務を営む目的を以て設立せられたる同社(資本金六百万円)に於ては、本月十五日より二十日迄の期間を以て株式の募集を発表せられたるが、其発起人は青淵先生・安田善次郎・大倉喜八郎・近藤廉平・加藤正義・田中市太郎・伊藤長次郎・村野山人・山本亀太郎氏外六十名にして、総株式十二万株の内十一万株は発起人に於て引受け、一万株を一般より募集せりと云ふ


東京経済雑誌 第五三巻第一三四一号・第一〇三五頁〔明治三九年六月一六日〕 ○神戸市に於ける市街電気鉄道問題(DK090041k-0002)
第9巻 p.370-371 ページ画像

東京経済雑誌 第五三巻第一三四一号・第一〇三五頁〔明治三九年六月一六日〕
    ○神戸市に於ける市街電気鉄道問題
神戸築港問題に次で、神戸市民が其成行如何に注意しつゝあるは、市街電気鉄道問題なり、抑も我神戸市は貿易の発達と共に驚くべき勢を以て膨張し、今や人口三十万の大都会となりたるに拘らず、交通機関の整備全く欠如せる為め、市民の不利不便言ふべからざるものあり、此時に際し、電気鉄道を敷設して以て其交通に資せんか、市民の利便大なるは勿論、経営者は優に相当の利益を収め得べきを以て、神戸市の実業家は先年其敷設を出願したるが、市会は其筋の諮問に対して、市の交通上支障ありとの答申を為したるにより、内務省は何等の指令を与へずして数年を経過したり、然るに一昨年に至り、阪神電気鉄道は神戸市内線延長の有利なるを認め、其筋に出願したるより、忽ち神戸市の一大問題となり、市参事会は市会と相協同して電鉄調査委員会を組織したり、当時大阪にては市営電鉄拡張の計画を立つるあり、市
 - 第9巻 p.371 -ページ画像 
営論は市民の興論《(与)》となり、調査委員会も亦市の直営に附すべく一決して、市営案を作成するに至りたるが、其後或向の運動に依りて方針全く一変し、私立会社の経営に一任して、市は唯相当報償に甘んずることゝなりたれば、安田善次郎氏が自己の勢力圏内に在る人士を網罹《(羅)》して、資本金六百万円の会社を組織し、昨年末其筋に出願したるを始め各方面より四派の出願を見るに至れり、是に於て各派の運動極めて激烈、一時混戦の躰なりしが、其問斡旋《(間)》する者あり、安田派外二派は遂に合同することゝなりて、今は小曾弥嘉一郎氏等一派と相対立するの姿なるが、合同派の勢力極めて強大なると同時に他方小曾弥派の勢力亦悔るべからざるものあり、初めは一時安田派(今は合同派)に対して許可の内意を伝へたる服部知事の如きも、大に躊躇しつゝあり、形勢斯の如くなれば、内務省の意嚮何れにあるにせよ、容易に其許可を見るに至らざるべく、斯くては市民の迷惑大なるを以て、神戸実業協会は決然起つて其解決に努むることとなりたるも、其成行未だ測るべからず、要するに市内交通機関の欠如は、市民の最も痛苦とする所なれば、内務省が種々の情実に拘泥せずして、速かに解決せられたしとは市民一般の希望也


神戸市電気事業買収顛末 第五―一一頁〔大正七年三月〕(DK090041k-0003)
第9巻 p.371-372 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

電気事業五十年史 第四二四―四二五頁〔大正一一年一〇月〕(DK090041k-0004)
第9巻 p.372-373 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

神戸市史 本編各説 第二八七頁〔大正一三年六月二〇日〕(DK090041k-0005)
第9巻 p.373-374 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。