デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
9節 麦酒醸造業
3款 大日本麦酒株式会社
■綱文

第11巻 p.408-409(DK110058k) ページ画像

明治42年6月6日(1909年)

是年栄一、古稀ニ渉ルヲ以テ第一銀行他少数ノ関係ヲ除キ諸事業ヨリノ引退ヲ決意シ、是日当会社取締役ヲ辞任ス。


■資料

竜門雑誌 第二五三号・第四七―四八頁〔明治四二年六月二五日〕 青淵先生の各種関係事業引退(DK110058k-0001)
第11巻 p.408 ページ画像

竜門雑誌 第二五三号・第四七―四八頁〔明治四二年六月二五日〕
    青淵先生の各種関係事業引退
我青淵先生○中略本月六日従来関係の深かりし左の諸会社の諸氏を兜町の事務所に招き、其旨○辞任を発表して懇ろに趣意の在る所を説明せられ、尋で同日附を以て左記の如き辞任書及書状を発送せられたり
○中略
  大日本麦酒株式会社
     常務取締役   植村澄三郎君
○中略
    辞任書
拙者儀頽齢に及び事務節約致度と存候間貴社「何何役」辞任仕候此段申上候也
  明治四十二年六月六日          渋沢栄一
    書状
拝啓、時下向暑の候益々御清泰奉賀候、陳は小生儀追々老年に及ひ候に付ては関係事務を減省致度と存し、今回愈々第一銀行及東京貯蓄銀行を除くの外一切の職任を辞退致候事に取極候に付、別紙辞任書差出候間事情御了察の上可然御取計被下度候、尤も右様役名は相辞し候へ共、向後とて従来の御交誼上必要に臨み御相談に与り候事は敢て辞する処に無之候間、其辺御承知置被下度候、此段申添候 敬具
  明治四十二年六月六日          渋沢栄一
辞任せられたる各種事業の名称及び職任は左の如し
○中略
  大日本麦酒株式会社取締役
○下略


渋沢栄一 日記 明治四二年(DK110058k-0002)
第11巻 p.408 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四二年
六月六日 雨 冷
○上略午前十時兜町事務所ニ抵リ、諸関係会社ノ業務担当者ヲ会シテ、都テ其職務辞退ノコトヲ懇話ス、来会中種々《(者脱カ)》ノ論説アリシモ、切ニ之ヲ慰諭シ、一同ト共ニ午飧シ、後更ニ談話ヲ継続セシモ、一同ハ尚各会社将来ノコトヲ懸念シテ止マサリキ○下略


(大日本麦酒株式会社)報告書 第七回〔明治四二年七月〕(DK110058k-0003)
第11巻 p.408 ページ画像

(大日本麦酒株式会社)報告書 第七回〔明治四二年七月〕
六月拾壱日 取締役男爵渋沢栄一辞任ニ付、之レカ変更登記ヲ了シ、大阪支店ハ六月拾四日、札幌支店ハ六月拾七日何レモ登記手続ヲ了セリ
 - 第11巻 p.409 -ページ画像 

(大日本麦酒株式会社)報告書 第七回〔明治四二年七月〕(DK110058k-0004)
第11巻 p.409 ページ画像

(大日本麦酒株式会社)報告書 第七回〔明治四二年七月〕
壱月弐拾八日 午後壱時本社ニ於テ第六回株主定時総会ヲ招集シ、明治四拾壱年下半期間ノ営業報告ヲ為シ、財産目録・貸借対照表・損益計算書ノ承認ヲ得、利益金ノ分配案ヲ決議ス、前項決議後取締役七名、監査役参名、満期ニ付改選ノ結果、取締役ニ馬越恭平・植村澄三郎・男爵渋沢栄一・三浦泰輔・大橋新太郎・宅徳平(以上重任)桂二郎(新任)、監査役ニ大倉喜八郎・土居通夫・筧元忠(以上重任)当選シ、何レモ就任セリ、尚ホ総会終了後取締役会ヲ開キ、互選ノ結果、社長ニ馬越恭平・常務取締役ニ植村澄三郎就任セリ


(大日本麦酒株式会社)報告書 第八回〔明治四三年一月〕(DK110058k-0005)
第11巻 p.409 ページ画像

(大日本麦酒株式会社)報告書 第八回〔明治四三年一月〕
七月弐拾八日 午後壱時本社ニ於テ第七回株主定時総会ヲ招集シ、明治四拾弐年上半期間ノ営業報告ヲ為シ、財産目録・貸借対照表・損益計算ノ承認ヲ得、利益金ノ分配案ヲ決議ス
右定時総会終了後、引続キ臨時総会ヲ開キ、左ノ通リ決議ス
一、定款変更ノ件(一、役員補欠選挙ニ関スルコト、二、社長及常務取締役ノ人員ニ関スルコト)
ニ、取締役渋沢栄一君及監査役筧元忠君辞任セルモ、今回補欠選挙ヲナサヽルコト
三、前記両君在職中ノ功労ニ報フル為メ、金員若クハ物品贈呈ノ件
 但贈呈ノ金額若クハ物品ハ議長ノ指名シタル株主参名及取締役ト協議決定スルコト
 尚ホ右三項ノ決議ニ基キ、議長ハ株主中ヨリ田村英二君・宇津木信夫君・国分勘兵衛君ノ三氏ヲ指名シ、七月参拾壱日前記参氏及取締役会合協議ノ結果、金弐千五百円ヲ渋沢栄一君ヘ、金壱千円ヲ筧元忠君ヘ、何レモ感謝状ヲ添ヘ贈呈セリ


実業之世界 第六巻・第七号〔明治四二年七月〕 余が今回辞任したる六十会社の運命観(男爵渋沢栄一)(DK110058k-0006)
第11巻 p.409 ページ画像

実業之世界 第六巻・第七号〔明治四二年七月〕
  余が今回辞任したる六十会社の運命観(男爵渋沢栄一)
○上略
    ○大日本麦酒株式会社
            (明治三十九年三月設立払込資本七百二十万円配当年一割五分渋沢男は当社の取締役)
日糖の破綻、京浜電気の浮評などに亜いで、兎角の批難もあつたやうであるが、一部の人が云ふやうな基礎の薄弱な会社ではない。社長馬越恭平は社交に長けて居ると共に頗る算数に明るい人で此の種の会社には好適の人物である。又常務取締役植村澄三郎は頭脳明晰で、遣口の着実な好事務家であるから、此の人が長く馬越を助けてやつて行くと云ふ事であれば其の前途には聊かの心配もない事と思ふ。