デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
15節 造船・船渠業
3款 横浜船渠株式会社
■綱文

第12巻 p.32-41(DK120003k)

明治26年12月16日(1893年)

是ヨリ先、明治二十三年ノ恐慌以来明治二十六年ニ至ルマデ経済界ハ不況ニ沈滞セリ。従テ当会社ノ株式払込ニ支障ヲ来シ、明治二十五年三月二十一日内海神奈川県知事ニ船渠築造並ニ海面埋立起工延期ヲ願出デタリ。然ルニ又船渠ノ設計ニ変更ノ必要ヲ生ジ、且ツ工師エツチ・スペンサー・パーマー病死シタルニ因リ、同二十六年三月二十一日右起工延期ノ再願ヲ為セリ。是日発起人臨時総会ヲ日本郵船株式会社横浜支店ニ開キ、資本金ヲ五十万円ニ減額シ、定款ノ改正・役員ノ選挙其他数項ヲ議決セリ。栄一之ニ関与ス。尋イデ同三十二年五月一日工事漸ク竣功ヲ遂ゲ、第一・第二船渠開渠式ヲ挙ゲタリ。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第12巻 p.32-33
(DK120003k-0001)
青淵先生六十年史 (再版) 第二巻・第六三―六四頁 〔明治三三年六月〕
第12巻 p.33-34
(DK120003k-0002)
横浜船渠株式会社創立関係書類
第12巻 p.34
(DK120003k-0003)
中外商業新報 第三三〇七号〔明治二六年三月一六日〕 横浜船渠会社創立委員会
第12巻 p.34
(DK120003k-0004)
東京経済雑誌 第二七巻第六六九号・第五〇一頁〔明治二六年四月八日〕 横浜船渠会社工事延期の許可
第12巻 p.34-38
(DK120003k-0005)
(横浜船渠株式会社)第壱回報告 自明治廿六年十二月至同廿七年十二月
第12巻 p.38
(DK120003k-0006)
(横浜船渠株式会社)第三回報告 自明治廿八年七月至同年十二月
第12巻 p.38-39
(DK120003k-0007)
(横浜船渠株式会社)第四回報告 自明治廿九年一月至同年六月
第12巻 p.39
(DK120003k-0008)
(横浜船渠株式会社)第五回報告 自明治廿九年七月至同年十二月
第12巻 p.39
(DK120003k-0009)
(横浜船渠株式会社)第六回報告 自明三十年一月至同年六月
第12巻 p.40
(DK120003k-0010)
中外商業新報 第四五四七号〔明治三〇年四月一六日〕 横浜船渠会社の資本金増加
第12巻 p.40
(DK120003k-0011)
(横浜船渠株式会社)第十回報告 自明治三十二年一月至同年六月
第12巻 p.40-41
(DK120003k-0012)
東京経済雑誌 第三九巻第九七七号・第九二九―九三〇頁〔明治三二年五月六日〕 横浜船渠会社の開業式
第12巻 p.41
(DK120003k-0013)
〔参考〕横浜市史稿 産業篇・第五五〇―五五二頁〔昭和七年一一月〕