デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
17節 汽車・自動車製造業
2款 汽車製造株式会社[汽車製造合資会社]
■綱文

第12巻 p.144-146(DK120022k) ページ画像

明治42年6月6日(1909年)

是年栄一、古稀ニ渉ルヲ以テ第一銀行他少数ノ関係ヲ除キ、諸事業ヨリノ引退ヲ決意シ、是日当会社監査役ヲ辞ス。


■資料

竜門雑誌 第二五三号・第四七―四九頁〔明治四二年六月二五日〕 青淵先生の各種関係事業引退(DK120022k-0001)
第12巻 p.145 ページ画像

竜門雑誌  第二五三号・第四七―四九頁〔明治四二年六月二五日〕
    青淵先生の各種関係事業引退
我青淵先生○中略本月六日○中略同日附を以て左記の如き辞任書及書状を発送せられたり
    辞任書
拙者儀頽齢に及び事務節約致度と存候間、貴社「何々役」辞任仕候、此段申上候也
  明治四十二年六月六日
                      渋沢栄一
    書状
拝啓、時下向暑の候益々御清泰奉賀候、陳は小生儀追々老年に及び候に付ては関係事務を減省致度と存し、今回愈々第一銀行及東京貯蓄銀行を除くの外一切の職任を辞退致候事に取極候に付、別紙辞任書差出候間事情御了察の上可然御取計被下度候、尤も右様役名は相辞し候へ共、向後とて従来の御交誼上必要に臨み御相談に与り候事は敢て辞する処に無之候間其辺御承知置被下度候、此段申添候 敬具
  明治四十二年六月六日          渋沢栄一
辞任せられたる各種事業の名称及職任左の如し
○中略
  汽車製造合資会社同上○監査役
○下略


青淵先生公私履歴台帳(DK120022k-0002)
第12巻 p.145 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳           (渋沢子爵家所蔵)
  民間略歴(明治二十五年以後)
○上略
  備考
 現在従事セル諸会社ノ業務其他公私団躰等ニ対スル職任ハ左ノ如シ
    諸会社銀行等
○中略
一大坂滊車製造合資会社監査役  (朱書)四十二年六月六日辞任
   (朱書)
   (卅四年夏大阪ノ二字ヲ削ル)
○中略
 以上明治三十三年五月十日調
  ○会社側ノ記録ニ
    自明治三十二年六月 監査役ニ御就任
    至同 四十二年八月 御辞任
   トアルハ、会社側ガ八月十八日ノ臨時総会ニ於テ正式ニ栄一ノ辞任ヲ承認シタル日附ヲ以テ辞任ト見ルガ為メナラン。


(汽車製造合資会社)営業報告書 第二〇回明治四三年一月(DK120022k-0003)
第12巻 p.145-146 ページ画像

(汽車製造合資会社)営業報告書  第二〇回明治四三年一月
  第弐拾回営業報告(自明治四二年一月至同年十二月)
    総会
同年○明治四二年 八月十八日東京帝国ホテルニ於テ臨時総会ヲ開キ、左ノ事項ヲ決議セリ
 - 第12巻 p.146 -ページ画像 
○中略
 第六 監査役渋沢栄一辞任ニ付之ヲ承認シ、後任者トシテ田島信夫氏ヲ推選スル事


汽車製造株式会社報告書(DK120022k-0004)
第12巻 p.146 ページ画像

汽車製造株式会社報告書           (雨夜譚会所蔵)
    感謝状
渋沢男爵閣下、回顧スレバ明治弐拾九年当会社創立ノ挙アルヤ、閣下初メヨリ国家ノ先途深ク斯業発達ノ必要ヲ期セラレ、自ラ奮テ社員糾合ノ任ニ当リ、遂ニ之ヲ世間稀レニ見ルノ組織ヲ以テ成立セシメ、爾後十数年間或ハ業務担当社員トシテ或ハ監査役トシテ、曩ニハ平岡工場ノ合併ニ、邇クハ同業者ノ合同ニ終始一貫常ニ会社ノ難局ニ当リ、能ク莽ヲ開キ難ヲ排シ以テ会社ヲシテ今日アラシメタル、一ニ閣下ガ偉大ノ声望ト無比ノ黽勉トヲ以テ周到ノ規画ヲ立テラレタルニ由ラズンバアラズ、今ヤ閣下ノ監査役ヲ退任セラルヽ真ニ止ムヲ得ザル可シト雖モ、当会社ノ将来ヲ思ヘバ恰モ暗夜灯火ヲ失フニ異ナラズ、而モ会社ノ前途尚ホ遼遠、閣下幸ニ一挙手一投足ノ労ヲ吝マザランコトヲ願フヤ切ナリ、玆ニ当会社社員ハ全員一致ヲ以テ閣下ノ功績ニ対シ聊カ謝意ヲ表センガ為メ、別紙目録ノ通リ贈呈スルコトヲ決議ス、薄贐素ヨリ微意ヲ尽スニ足ラズト雖モ、閣下ノ宏量幸ニ之ヲ諒セラルヽヲ得バ会社ノ光栄何物カ是ニ加ヘン、謹ンデ謝意ヲ表シ、併セテ閣下ノ万福ヲ祈ル
  明治四十二年八月十八日
           汽車製造合資会社
            業務担当社員社長 井上勝
   男爵 渋沢栄一 殿
  ○右感謝状ハ昭和三年八月十四日渋沢事務所宛ノ会社報告書中ニアリ、但シ感謝状文中ノ別紙目録ノ何タルカハ徴スベキモノナシ。


実業之世界 第六巻第七号 〔明治四二年七月一日〕 余が今回辞任したる六十会社の運命観(男爵渋沢栄一)(DK120022k-0005)
第12巻 p.146 ページ画像

実業之世界  第六巻第七号 〔明治四二年七月一日〕
  余が今回辞任したる六十会社の運命観 (男爵 渋沢栄一)
    ◎汽車製造合資会社
          (明治二十九年九月設立払込資本七十四万九千四百円配当年一割二分渋沢男は当会社の監査役)
社長は井上勝子であるが副社長の平岡熙と云ふ人が実際の経営に当つて居る。是は元来大阪の井上の工場と東京本所の平岡の工場とを合併して会社にしたもので、特に事業は堅固安穏とは云へないが、平岡が経営して居る以上別に心配な事はない。