デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
2款 東京府瓦斯局
■綱文

第12巻 p.448-449(DK120056k) ページ画像

明治12年8月8日(1879年)

是日、本局ノ職制ヲ定ム。栄一局長トナル。


■資料

瓦斯局書類綴込 明治十二年自一月至十二月 会計課(DK120056k-0001)
第12巻 p.448-449 ページ画像

瓦斯局書類綴込  明治十二年自一月至十二月 会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十二年七月廿五日出    二等属 伊藤正信(印)
(楠本)             (印)庶務課
(印)    知事 (印)書記官
                 (印)会計課
瓦斯局事務章程御達按左ニ相伺候也
 尚以局内事務分掌等之義は、別紙草按付箋之通リ相改可伺出様取計可然ト存候、此段添テ相伺候也
 (欄外記事)[局長ヘ主任ヨリ直達
                     (東京府庁回議用)

                        瓦斯局
其局事務長已下改称及ヒ本庁江稟議シテ後処分スヘキ件々左ノ通リ相立@候条、此旨相達候事
 但局内事務分掌等ノ細目取調ノ上可伺出事
  年 月 日                長官
一局長   一員
 局内一切之事務ヲ管理ス
一幹事   一員
一副幹事  一員
 局長ヲ輔ケ諸般之事務ヲ弁理ス、局長不在ノトキハ代理ノ任ヲ受ク
一製造掛定員ナシ 月給金六十円已下 局長ノ指揮ヲ受ケ瓦斯製造ニ関スル事ヲ掌ル
一事務懸定員ナシ 月給三拾円已下 局長ノ指揮ヲ受ケ庶務ヲ分掌ス
    本庁ニ稟議シテ後処分スヘキ件々
一局内ノ経費ヲ予算シ一歳之常額ヲ定ムル事
一瓦斯増築之事
一瓦斯線路ヲ変更シ又は布列管理替之事
一営繕並其他定額外ニ渉ル費用之事
一月給金拾円已上之者雇入之事
一臨時賞与並慰労金ヲ給スル事
一瓦斯ノ売価ヲ高低スル事
一家内江瓦斯引用之事
 但費用金百円已内ニシテ、一ケ年已内ニ消却シ得ヘキモノハ此限ニアラス
前条ニ記載セサル件々は、先例ニ依リ難ク特別之処分ヲ要スルモノヲ
 - 第12巻 p.449 -ページ画像 
除クノ外、便宜処分シテ後開申スルヲ得ベシ
                       (東京府)
  ○右瓦斯局職制ヲ定メタル月日詳カナラズ。上掲資料ニハ局長ヘノ送達日ハ八月八日トアリ、後掲資料「青淵先生六十年史」ハ七月ト記ス。依テ仮ニ八月八日ヲ職制ヲ定メタル日ト見做ス。


青淵先生六十年史 (再版) 第二巻・第七五頁 〔明治三三年六月〕(DK120056k-0002)
第12巻 p.449 ページ画像

青淵先生六十年史(再版)  第二巻・第七五頁〔明治三三年六月〕
 ○第二十八章 瓦斯業
    第二節 東京瓦斯局
○上略
同年○明治一二年七月瓦斯局ノ職制ヲ定ム、今其職制ヲ按スルニ、同局ニハ局長一員幹事副幹事各一員ヲ置キ、局長ハ局内一切ノ事務ヲ管理シ、正副幹事ハ局長ヲ補ケ諸般ノ事務ヲ弁理シ、局長不在ノ時ハ之レカ代理ヲナスモノトス、又同年九月副長西村勝三ノ嘱托ヲ解ク
○下略