デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
2款 東京府瓦斯局
■綱文

第12巻 p.518(DK120062k) ページ画像

明治14年9月27日(1881年)

栄一多忙ノ故ヲ以テ毎月二日ノ定式出勤日ヲ定メテ総務ヲ閲シ、且平日ノ庶務ハ幹事ニ分任致度旨府知事松田道之ニ願出デ許サル。


■資料

瓦斯局書類 明治十四年会計課(DK120062k-0001)
第12巻 p.518 ページ画像

瓦斯局書類 明治十四年会計課(東京府文庫所蔵)
明治十四年十月十三日出 三等属 岡田信英(印)
    (松田)                  会計課(印)
 知事     書記官(印)   (印)   (印)
                              (印)
瓦斯局長多忙之故ヲ以テ幹事江事務ヲ分任シ且定式出勤日ヲ相定メ度旨、別紙之通上申之趣無余儀次第ト存候間御聴許相成可然哉、御指令案左ニ相伺候也
    按
 書面之趣聞届候事
                   (東京府庁回議用用紙)
(別紙)
    本局事務幹事江分任及定式出勤日ヲ定メ置
    申度儀ニ付上申
私儀是迄瓦斯局長奉命仕居候処多忙之身ニ付日々出勤ハ仕兼候故時々見廻リ細大之事務点撿仕候得共、自然脱漏重複之弊不生モ難保候ニ付向後毎月両度之定式見廻リ日相立、其節総而撿閲指示可致事ニ相定メ自余平日之庶務ハ別紙ニ条記仕候通リ幹事江分任致シ置候様仕度奉存候、此段御允許可被下候也
  明治十四年九月廿七日
            瓦斯局長 渋沢栄一 東京瓦斯局長之印章
    東京府知事 松田道之殿
                    (東京瓦斯局用紙)

(別紙)
    幹事江可分任件
一局中工理二事部ノ諸務ヲ成規ニ拠リテ調理スル事
一局中定例アル収入金及仕払金額ヲ規程ニ拠リテ出納シ及其簿記ヲ査閲スル事
一成規定例アル府庁及他向江ノ往復ノ事
一局中模様替並修繕費及諸器械買上代金拾円已下ノ金額ヲ以支払ヲ為ス事
一日当ヲ以テ一時物書ヲ雇入レ又ハ諸職工ヲ進退スルコト
                    (東京瓦斯局用紙)