デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
2款 東京府瓦斯局
■綱文

第12巻 p.530-533(DK120064k) ページ画像

明治14年12月8日(1881年)

曩ニ改定セシ本局事務章程ニ依リ、各家引用瓦斯供給枝管埋布ハ其都度府庁ヘ伺ヲ立テ、允裁ヲ経
 - 第12巻 p.531 -ページ画像 
テ然ル後其工事ニ着手セシタメ、徒ニ日数ヲ経過シ引用家ノ需求ニ即応シ難ク、尚漸ク引用家増加スルノ趨勢ニ際シテ障礙タルヲ以テ其不便ヲ除クベク、是日栄一局長トシテ該枝管埋布入費毎月三百円下附ノ件、及ビ事業上臨時ノ費途至急ヲ要スル場合ニ於テ百円以内ノ小工事ハ区部常置委員会ニ付セズ適宜処置シ得ベキ件ヲ府知事松田道之ニ伺出ヅ。右前件ハ許サレズ後件ノミ五十円以内ノ小工事ニ限リ認許サル。又同年十月二十二日本局職員分担辞令書局長ヨリ相渡度旨伺出デ許サル。


■資料

瓦斯局書類 明治十四年会計課(DK120064k-0001)
第12巻 p.531 ページ画像

瓦斯局書類 明治十四年会計課(東京府文庫所蔵)
明治十四年十二月六日出        御用掛 服部敏(印)
     (松田)
 知事  書記官(印)(印)  (印)会計課(印)(印)
瓦斯局事業上臨時之費途至急ヲ要スル場合ニ於テ金高百円以内ノ小工業ハ区部常置委員会ニ付セス適宜之ヲ実施セント欲スル議按過日相伺候ニ、金額ヲ陳セス事業上ニ就テ限界ヲ立ヘキ旨御下命ニ付再評ニ及候処、事業上ニ於テハ全ク実際ノ景況ヲ具述スル迄ニテ限界判然難相立、到底金員ノ多少ニ由テ区分スル外ニ考按モ無之ニ付、区部常置委員会ヘ左之通御下付相成可然哉、此段再相伺候也
    按
瓦斯局経常外ニ要スル須用ノ臨時費十三年度ニアリテハ当座預ケ金之内ヲ以テ家内瓦斯取付費瓦斯局持之分一ト廉金千五百円限リ繰替、其他臨時費ハ一ト廉金千円限リ適宜支弁スヘキノ議決ヲ以テ実施シ来リシ処、十四年度区部会ニ於テハ其額ヲ予定セス共有金収支差引残金三万四千八百六拾四円四拾銭七厘之金額当座預ケトナシ臨時費ニ供スヘキ積リト議決セリ、然ル処街灯線路接近ノ家内ヘ瓦斯ヲ引用セント欲スル者往々之アリ、而シテ街灯線路ヨリ家内ヘ取付ル工費ハ都テ瓦斯局ノ負担スル処ニシテ、之ニ係ル費用亦多数ヲ要セス、然ルニ其時々常置委員会ノ議決ヲ経ルノ後ニ非レハ着手スルヲ得サルトキハ、該工事アル毎ニ或ハ時期ヲ失シ事業上不都合少ナカラサルヲ以テ其費額ヲ予定スルヲ緊要トス、因テ右ノ如キ小工業ニ就キ一ト廉金百円以下ノ臨時費ハ其都度当座預金ノ内ヲ以テ適宜之ヲ支弁セントス
                    (東京府庁回議用用紙)
(別紙)
十二月十九日常置委員会ニ付ス、議決大意左ノ如シ
  至急ヲ要スル場合ハ理事者ニ於テ臨機ノ処置ヲナスコトニナリ本案ハ廃棄ニ属ス
                       (東京府用紙)


瓦斯局書類 明治十四年会計課(DK120064k-0002)
第12巻 p.531-532 ページ画像

瓦斯局書類 明治十四年会計課 (東京府文庫所蔵)
    瓦斯枝管入費之義ニ付伺
今般事務章程御改正相成候ニ付テハ各家引用瓦斯枝管埋布之義其都度経伺可仕之処、元来引用申出ノ者十ノ八九ハ家屋建築粗落成ノ際ニ取
 - 第12巻 p.532 -ページ画像 
附雑作破壊ノ冗費ヲ省キ候為メ各至急ヲ欲シ候間、其時々経伺仕候テハ徒ラニ引用家ヲシテ日数ヲ経過セシメ遂ニ其望ミニ応シ難キ不便ヲ与ヘ候而已ナラス、近頃漸ク引用家増加ノ際右不便ニ相成候得ハ自然引用相減可申ハ勿論ノ義ト存候、依右枝管費凡見込ヲ以テ取調候処平均壱戸金弐拾五円積リ一ケ月平均拾弐戸ト見込金三百円宛御下附ヲ仰キ、壱戸金百円以下ニシテ一ケ年以内瓦斯売代益ヲ以テ消却可相成見込ノ分ニ限リ、適宜供給取計落成ノ都度精算相立上申可仕候間右御載可被成下度此段相伺候《(裁)》、至急奉仰御指揮候也
  明治十四年十二月八日 瓦斯局長 渋沢栄一 東京瓦斯局長之印章
    東京府知事 松田道之殿
                 (東京瓦斯局用紙)


瓦斯局書類 明治十四年会計課(DK120064k-0003)
第12巻 p.532 ページ画像

瓦斯局書類 明治十四年会計課(東京府文庫所蔵)
明治十四年十二月廿二日出       御用掛 服部敏(印)
     (松田)
 知事  書記官(印)(印)  (印)会計課(印)
瓦斯枝管埋布費用之件ニ付、瓦斯局長ヨリ別紙○上掲之通伺出相成勘弁候処、実際之情況止ヲ得サル事ニハ候得共、其都度常置委員会ヘ御諮問無之候テハ御許可難相成事件ト被存候間、先ツ一ト通リニ左案ノ如ク御指令相成可然哉、尚去ル十九日該会ヘ御諮問則百円以内之工業適宜処弁之件ト同事件ニテ、其節之会議ニ於テモ其情態ハ一々了察セル事ニ付別段寛大之御処分相成可然哉ニ相考候、因テ右真情ヲ瓦斯局長迄会計課長ヨリ通知致置可申哉、草案併セテ相伺候也
    瓦斯局長伺出書面ヘ御指令按
 書面伺之趣瓦斯枝管埋布入費一ケ月凡積金三百円下付之儀ハ認許難相成、枝管埋布方之儀ハ都テ金額之多少ニ不拘経伺之上着手可致事
    会計課長ヨリ瓦斯局長ヘ通知按
各家引用瓦斯枝管埋布之義至急ヲ要スル場合ニ於テ其都度伺出許可之上工事ニ取懸リ候テハ、徒ラニ時日ヲ費し引用家之望ニ応シ難ク毎々不便利ニ付、一ケ月凡積金三百円下ケ渡方並一廉金百円以下之工事適宜御処分相成度段御伺出之処、右ハ曩ニ区部会ニ於テ決議之趣モ有之一々常置委員会ヘ付セサルヲ得サル儀ニ付、御伺書ニ対シテハ云々之御指令相成候、乍併右ニテハ実際之工業ニ就キ差支不少被存候間、事実至急ヲ要スルモノニシテ経伺之手続難相成分ニ限リ、一廉凡金五拾円迄ニシテ十ケ月以内ニ其費用ヲ償却之見込アル小工事ハ、御稟申ト着手ト之手続前後相成候共止ムヲ得サル事ニ有之候条、其旨御含置可然御取扱相成度、命ニ依リ此段及御通知候也
                   (東京府庁回議用用紙)


瓦斯局書類 明治十四年会計課(DK120064k-0004)
第12巻 p.532-533 ページ画像

瓦斯局書類 明治十四年会計課      (東京府文庫所蔵)
    本局職員各掛御辞令之儀ニ付伺
是迄本局職員各掛分担之儀夫々御辞令相成来候処、右分担之儀は局長限リ申付逐而御届申上候而可然様思考仕候条爾後右様取扱申度、就而は是迄既ニ御辞令相成候分ト雖トモ今般更ニ局長より辞令書相渡申度此段御伺申候也
 - 第12巻 p.533 -ページ画像 
 追而月給金拾円已上ノ職工雇入ルヽニ際シ伺ノ上允可相成候ハヽ右辞令書は本条同様局長権内ニテ相渡申度候事
  明治十四年十月廿二日 瓦斯局長 渋沢栄一東京瓦斯局長之印章
    東京府知事 松田道之殿
(朱筆)
「伺之趣認許候事
  明治十四年十二月十三日 東京府知事 松田道之」
                   (東京瓦斯局用紙)
 明治十四年十二月九日出          会計課
                     職務掛
瓦斯局職員分担辞令書之儀別紙之通伺出之候処該局之如キ工場ニ於テハ事業之都合ニヨリ各掛屡転遷或ハ兼務為致候儀モ有之、其都度経伺候テハ自然時日ヲ費シ工業之淹滞不少趣、且ハ辞令書付与之儀該局長之権内ニ属スルモ支障無之事件ト相考候間、伺之通御允許相成可然哉左ニ御指令案相伺候也
    按
 伺之趣認許候事