デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
2款 東京府瓦斯局
■綱文

第12巻 p.548-552(DK120069k) ページ画像

明治16年7月7日(1883年)

瓦斯ノ需要漸次増加ノ趨勢ニアリ、仍テ設備ノ拡張ヲ局長代理藤本精一ヨリ東京府知事芳川顕正ニ上申シ、是日許サル。尋イデ翌年ニ至リ多少該工事ノ模様替ヲナセリ。栄一局長トシテ之ニ与ル。


■資料

瓦斯局書類 明治十六年会計課(DK120069k-0001)
第12巻 p.548-549 ページ画像

瓦斯局書類 明治十六年会計課 (東京府文庫所蔵)
(朱書)
第二九〇号
本局近来ノ景況ノ大概ヲ具申仕候ニ、瓦斯引用月々多ク去十五年十一月ニ至リ既ニ弐百七万余ノ立方ヲ製出スルニ至レリ、然ルニ其竈タル従来ノ分二区九門(レトルトノ数三拾五)是ヲ以テ壱ケ月《(欠字カ)》
 但シ下焚火度ヲ強クシ詰替ノ時間ヲ短縮シ石炭ノ分量ヲ増シ器械使用ノ度ヲ計ラス
斯ノコトクニシテ猶弐百弐拾万立方ヨリ越サルノ竈ナリ、然ルニ此弐百万余ヲ製出セントスレハ小破ニモ修理ヲ加フル暇ナク、且レトルト中炭素ヲシテ多ク結晶セシメ為ニ装坩石炭ヲ減量スルノ患アルカ故ニ火度ヲ強クシ竈ヲ毀傷スルコト多ク、終ニ保存ノ期ヲ誤ル等常ニ工務ノ困難ナル所以、又損益上ヨリ云モ冗費許多ト云サルベカラス、若シ天災地変ニヨリ一二ノ障害ヲ被ルアレハ随テ佗ノ衆門ニ及ホシ、終ニ悉ク製造ノ具ヲ絶シムルニ至ルモ計ルヘカラズ、今ニシテ早ク此予備ヲ設ケスンハ佗日如何共ナスベカラス
扨現設ノ二区九門ノ竈ヲ以テ製造ノ適度ヲ計レハ壱ケ月瓦斯ノ産出百七拾万ヲ越ヘヘカラズ(概略)若シ是ニ越ンハ必ス過度ノ製造ト云スンハ非ス、然ルニ此度ニ反シ十一月ニ至リテハ既ニ已ニ四拾万ヲ超過セリ、豈危難ニ非スト云ンヤ、斯ク危難ニ従事スルハ他ナシ近時各家ノ引用月々多ク成ヘク其需メニ応セントスルカ故ニ又困難ヲ来ス所以ナリ、今ヤ此不時災害ヲ予備ヲナシ随テ需求ニ応セントスルニハ新ニ竈
 - 第12巻 p.549 -ページ画像 
ヲ増設スルノ外得策無之、且是ヲ築造セントニハ合セテ其竈室ヲモ設ケスンハアルヘカラサルハ実ニ不得止事ニ御座候
前項竈ヲ新築スレハ随テ冷縮器及摩刷器モ又変更セスンハ非ス、旧来用ヒ来リタル所ノ冷縮器及摩刷器ハ其連接五インチノ管ニシテ常ニ狭小ニ苦シム所、故ニ現今タリトモ冬季ノ中製造日々許多ナレハ数日ノ中ニナフタリンヲ凝結シ、輸送ノ道ヲ阻滞ス、カヽレハ不得止岐管ニヨリ輸送スルカ故ニ清濁分解ノ道ナク終ニ光力ヲシテ充分ナラシメス(此他数多ノ障害アリ)仮令当時ノ製造部ニ超過セストモ猶此器ハ不充分ナル器ニ候所、今前条ノ竈ヲ要シ瓦斯製造高ヲ増トセハ如何ンゾ此器ノ克ク適スル所ナラン、故ニ今般五インチ管ヲ八インチニ改造セントス
右ノ次第ナルカ故ニ将来ノ良図ヲ計リ新竈ヲ増設シ器械ヲ変更センコトヲ請願ス、然シテ前条ニ開陳仕候コトク、旧二区ノ竈ヲ以テ器械適度ノ瓦斯百七拾万ヲ製造スルトシ、新設ノ分ハ計画スル所四門(レトルト弐拾四)壱ケ月弐百万ヲ製造シ得ヘキ竈ヲ以テ百三拾万ヲ製造スルトセハ新旧合セテ三百万ノ製出トナラン
 但シ溜器大ノ方四万五千立方小ノ方壱万五千合六万昼夜拾万立方ヲ容ルヽノ見込、壱ケ月合三百万立方ナリ
売却高此最高三百万ニ達セハ本局事業ノ極度トナシ、以テ基礎ヲ定メンコトヲ欲ス
前件ノコトクナレハ器械諸具ノ完全ヲ得、業務ノ安全ナル、次テ冗費ヲ省クカ故ニ自ラ利益ヲ増加スル必然ニ御坐候
扨此工事落成ヲマテ現時ノ景況ヲ以テ後来ヲ推測スルニ、需用ノ多キ速ニ百万立方尺ヲ売却スルニ至ルヘシト雖モ、然レトモ先其最低度ヲトリ五拾万立方トスルモ壱ケ年ノ収入壱万八千円ナリ、内百分ノ三拾二ヲ利益トシ、此高金五千七百六拾円ノ純益アリ、此費額金弐万四千円ニ対シ年弐割四分余ノ利子ニ相当ス、然ル上ハ此工事ハ本局将来ノ得失ヲ計リ目的ヲ定メ及営業モ昌盛ニシテ大ニ得ル所アルヘシト思考仕候ニ付、別紙工事調書並ニ費用予算書相添此段上申仕候也
  明治十六年三月廿八日
           瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長 藤本精一
    東京府知事 芳川顕正殿
                     (東京瓦斯局)
   ○明治十二年十二月十五日竣功セル増設瓦斯発生窯ノ生産能力ハ名目的ニハ二百七十万立方尺ナルモ実質的ニハ二百五十万ニモ及バザルガ如シ。
   ○右上申ハ副長ヨリ差出セルガ、局長代理トナスベキトコロナリ。


瓦斯局書類 明治十六年会計課(DK120069k-0002)
第12巻 p.549-550 ページ画像

瓦斯局書類 明治十六年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十六年七月 日受月七日出 七等属 服部敏(印)
  (芳川)
  (印)   会計課(印)(印)(印)
 知事      書記官
                       調査掛(印) (印)(印)
瓦斯局製造竈其他新設並ニ改造費支出方予算別紙之通御達有之候ニ付テハ、其趣左案之通該局ヘ御達相成可然哉、此段相伺候也
    案
                     瓦斯局
其局瓦斯製造竈其他新設改造費予算別紙之通相定候条、此旨相達候
 - 第12巻 p.550 -ページ画像 

 但工事仕様帳及費用書共詳細取調更ニ経伺ノ上着手候儀ト可相心得事
  年 月 日○七月十日達         長官
(別紙御達書ノ通リ)
                     (東京府庁回議用)

(朱書)
第三拾九号
                        会計課
瓦斯製造竈其他新設並ニ改造費予算支出方別紙之通相定候条此旨相達候事
  明治十六年七月七日
            東京府知事 芳川顕正 東京府知事 芳川顕正
                        (東京府)

一金弐万四千九百弐拾六円九拾銭三厘 瓦斯製造竈其他新設並改造費
    此訳
  金八千九百円 十六年度支出額
  金壱万六千弐拾六円九拾銭三厘 十七年度支出額
                        (東京府)


瓦斯局書類 明治十七年会計課(DK120069k-0003)
第12巻 p.550-551 ページ画像

瓦斯局書類 明治十七年会計課 (東京府文庫所蔵)
(朱書)
第一〇三九号
    竈其他新設改造費之儀上申
瓦斯製造竈其他新設改造費本年七月十日御達ニ基キ尚研究熟議之上多少之模様替致度、然ルニ右御達之予算高金弐万四千九百弐拾六円九拾銭三厘(内海外ヨリ買入品代価洋銀九千弐百八拾壱弗弐拾三銭洋銀壱弗金壱円四拾銭見積此金壱万弐千九百九拾三円七拾弐銭壱厘、本邦ニ於テ買入品代価金壱万千四百九拾三円拾八銭弐厘)ニ御坐候処、今般模様替予算金弐万四千九百七円三拾壱銭(内海外ヨリ買入品代価洋銀壱万三千五百四拾四弗零零五洋銀壱弗金壱円弐拾銭見積此金壱万六千弐百五拾弐円八拾銭六厘、本邦ニ於テ買入品代価金八千六百五拾四円五拾銭四厘)ニ相成前後対照仕候得ハ事業之模様替ニ依リ増費ヲ要シ候共洋銀交換金ニ差違ヲ生シ候ニ付、予算総計高以内ニ有之候条別紙模様替仕様内訳書○略ス之通御許可相成度此段相伺候也
  明治十六年十二月廿四日
        瓦斯局長渋沢栄一代理
           瓦斯局副長 藤本精一 東京瓦斯局副長之印
    東京府知事 芳川顕正殿

瓦斯製造竈其他新設改造費流用及工業変換之義ニ付御照会之趣了承、即チ昨廿八日常置委員会ヘ諮問ニ付シ候処原案ニ決候、此段及御回答候也
  明治十七年二月廿九日
                   調査掛 東京府調査掛
    会計課
       御中
 - 第12巻 p.551 -ページ画像 
諮問区第七十五号
    瓦斯製造竈其他新設改造費流用及工業変換諮問案
瓦斯製造竈其他新設並改造費金弐万四千九百弐拾六円九拾銭三厘支出方ハ客年区部臨時会ニ於テ議決セシ処、爾来当工業ノ適否ヲ研究シ、熟々将来ヲ慮ルニ当初ノ所見ヲ変更シ多少工事ノ模様替ヲナセハ大ニ便益トナルヘキモノアリ、玆ニ其要領ヲ挙レハ竈及冷縮器ハ近時発明ノ者ニ換ヘ排送器ヲ新購シ、其他ノ雑費ヲ増スト雖モ竈室ノ小屋組鍛鉄製ノ積ナリシヲ木製トシ、其建坪及竈前敷石ノ坪数ヲ減シ烟突モ稍小ナル者ヲ築造スル等ニテ費用ヲ省減スル見込ナリ、今ヤ其概算ヲ立ルニ前般ノ予算ニ比スレハ外国品ヲ要スルコト一層多キカ故ニ貿易銀ニ交換スヘキ金三千弐百五拾九円八銭五厘ヲ増加スルモ内地購求品等ニ於テ金三千弐百七拾八円六拾七銭八厘ヲ減シ、彼是流用スレハ差引金拾九円五拾九銭三厘ノ減額トナリ、尤モ前般予算ノ際ニハ貿易銀ノ相場ヲ金壱円四拾銭ニ積リシモ方々銀貨低落ニヨリ之ヲ金壱円弐拾銭ニ見積タルニ由リ、今般ノ概算ハ貿易銀ヲ増加スルモ通貨ヲ以テ算出スルトキハ前後ノ相場違ヒニヨリ却テ前述ノ減額ヲ生スルナリ、因テ費用中ヲ流用シ以テ其工業ヲ変更セントス

  (朱書)
  十七年二月廿八日常置委員会ニ於テ原案可決

    御達予算並模様替予算増減調
(朱書)
御達予算
(朱書)
一金弐万四千九百弐拾六円九拾銭三厘  総額
模様替予算
一金弐万四千九百七円三拾壱銭     総額
  差引金拾九円五拾九銭三厘  減
       内
 (以下三行朱書)
  貿易銀九千弐百八拾壱円弐拾弐銭九厘 外国購求品
   此金壱万弐千九百九拾三円七拾弐銭壱厘
     但貿易銀壱円ニ付金壱円四拾銭見積
  貿易銀壱万三千五百四拾四円五厘 外国購求品
   此金壱万六千弐百五拾弐円八拾銭六厘
     但貿易銀壱円ニ付金壱円弐拾銭見積
  差引金三千弐百五拾九円八銭五厘 増
  (朱書)
   金壱万千九百三拾三円拾八銭弐厘 内地購求品其外
   金八千六百五拾四円五拾銭四厘 同上
  差引金三千弐百七拾八円六拾七銭八厘 減


瓦斯局書類 明治十七年会計課(DK120069k-0004)
第12巻 p.551-552 ページ画像

瓦斯局書類 明治十七年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十七年二月 日受二月廿九日出 七等属 服部敏(印)

  (印)
 知事       書記官       (印)会計課(印)
瓦斯製造竈其他新設改造費流用及工業変換之義区部常置委員会ニ於テ可決候ニ付テハ、局長代理伺之趣御許可相成可然哉、御指令案共相伺
 - 第12巻 p.552 -ページ画像 
候也
    案
 書面伺之趣聞届候事
  年 月 日 長官
   ○該工事着手及ビ落成ノ記録瓦斯局書類中ニ存セズ。