デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
2款 東京府瓦斯局
■綱文

第12巻 p.607-612(DK120075k) ページ画像

明治18年9月30日(1885年)

東京瓦斯局廃セラレタルニヨリ、是日栄一ヲ首メ小林桂・綾部平輔・斎藤熊四郎瓦斯局残務取扱ヲ申付ケラレ、十一月二十八日ニ至リ東京瓦斯局金銭受払調書ヲ東京府知事渡辺洪基ニ提出シタリ。

尋イデ十二月十四日残務取扱ヲ免ゼラル。


■資料

瓦斯局書類 敷地絵図 明治十八年会計課(DK120075k-0001)
第12巻 p.607-608 ページ画像

瓦斯局書類 敷地絵図 明治十八年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十八年 月 日受 九月三十日出 十等属
(印)知事   書記官      (印)職務課
    瓦斯局残務取扱申付ノ件
瓦斯局被廃候ニ付左之人名江残務取扱方被命可然哉御辞令案相伺候也
      案
                      渋沢栄一
                      小林桂
                      綾部平輔
                      斎藤熊四郎
 瓦斯局残務取扱申付候事
   ○残務取扱ノ任命ノ月日明白ナラザレドモ、明治十八年九月三十日瓦斯局員
 - 第12巻 p.608 -ページ画像 
廃サルルト同時ニ残務取扱ヲ命ゼラレタルモノト見ラル。


瓦斯局書類 明治十八年会計課(DK120075k-0002)
第12巻 p.608 ページ画像

瓦斯局書類 明治十八年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十八年 月 日受十月廿八日出 二等属 岡田信英(印)
 知事   書記官     会計課(印)
              職務課
    瓦斯局残務取扱之者之儀ニ付伺
元瓦斯局払受人江引渡迄之諸勘定決算調之儀過日来頻ニ及督促候処未タ不差出、尤精々為差急候積ニハ候得共追々数日ニ亘リ候而者費途ニ関係ヲ及ホシ候儀ニ有之、就而者本月限左之人銘悉皆残務取扱被相解候様致度、右被相解候共是迄取扱タル者ニ於テ其決算勘定可相立者当然之儀ニ而、故ラニ残務取扱之名義無之□《(トモカ)》於今日ハ敢而差支無之ト存候間、此段相伺候也
 追而辞令書案之儀者例ニ依リ職務課ニ於テ取扱可然ト存候
                    残務取扱人銘
                      渋沢栄一
                      小林桂
                      綾部平輔
                      斎藤熊四郎
                      (東京府庁回議用)


瓦斯局書類 明治十八年会計課(DK120075k-0003)
第12巻 p.608 ページ画像

瓦斯局書類 明治十八年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十八年 月 日受 十一月五日出 二等属 岡田信英(印)
(洪基)   (印)     (印)
(印)知事   書記官      会計課
元瓦斯局残務取調之儀ニ付、過日来残務取扱主任江屡督促候得共未タ結了不相成甚差支候間、元局長渋沢栄一江左之親展書ヲ以テ御照会相成候様致度、此段相伺候也
      按
 元瓦斯局長 渋沢栄一殿     東京府大書記官
           親展
元瓦斯局決算之儀ニ付過日来追々主任江及督促候得共未タ差出無之整理上差支候間、至急御取調残務完結之儀御上申相成候致度御照会候也
                     (東京府庁回議用)


瓦斯局書類 払下ゲ 明治十八年会計課(DK120075k-0004)
第12巻 p.608-610 ページ画像

瓦斯局書類 払下ゲ 明治十八年会計課 (東京府文庫所蔵)
明治十八年十月一日東京瓦斯局御払下相成候ニ付、該局残事務夫々取調追々処分相済候間、別紙瓦斯局受払勘定書相添完結候段上申仕候也
                瓦斯局残務取扱
  明治十八年十一月廿八日
                  渋沢栄一
    東京府知事渡辺洪基殿

    東京瓦斯局金銭受払調書
 東京瓦斯局創立ヨリ明治十八年九月三十日まて受払勘定書
一金六拾六万八千弐百三拾四円六拾九銭六厘 府庁ヨリ受取高
 - 第12巻 p.609 -ページ画像 
一金四拾万三千七百拾壱円四拾五銭壱厘 府庁上納高
一金弐拾六万四千五百弐拾三円弐拾四銭五厘 差引残高
    此訳
  金三拾壱万千七百三拾弐円五銭四厘 財産
    地所家屋製造場点火諸器器具物品等起業資本ニ属スル分
  (朱書)
  金五万九千九百六拾七円六拾五銭五厘 利益
     (朱書)
      内訳
   金四万七千四百五拾七円六拾七銭六厘
     創立ヨリ明治十二年六月迄営業損失
   (朱書)
   金九万五千六百三拾四円弐拾八銭八厘
    (朱書)
     明治十二年七月ヨリ同十八年六月迄営業利益
   金三百四拾壱円九拾四銭六厘
    明治十八年七月ヨリ同九月迄営業利益金弐千九百八拾九円拾
    九銭七厘(収入金壱万百円六拾四銭七厘経費金六千七百七拾九円三拾壱銭八厘)(賞与金三百三拾弐円拾三銭弐厘)
    之分収入金之内金三千三百三拾壱円拾四銭三厘ハ払受人より
    府庁ヘ直納ニ付差引残
   (朱書)
   金壱万弐千百三拾弐円九拾八銭九厘
    (朱書)
     創立ヨリ明治十七年六月迄家内引用瓦斯器取付費利益
   金千七百四拾八円八拾六銭壱厘       石炭
     明治十八年九月三十日倉庫貯蓄石炭弐百七拾六噸九弐六六八六代
   金壱万千九円九拾八銭五厘   家内引用瓦斯器械取付資金
    明治十八年七月一日元受高金壱万弐千百三拾弐円九拾八銭九厘之内金千百弐拾三円四厘納済残
右之通ニ候也
  明治十八年十一月

    明治十八年十月一日東京瓦斯局払下財産調書
一金三拾七万三千四百九拾九円七拾八銭九厘
    内訳
  金三拾壱万千七百三拾弐円五銭四厘    財産
    起業資本ニ属スル払下高金弐拾四万円之分
  金五千八拾壱円六拾弐銭六厘       府庁即納金
      内
   金弐千八百六拾三円拾四銭三厘     十八年度瓦斯代
    明治十八年度瓦斯代金収入之内修繕用物品繰替買入之分
   金九拾円               同
   金弐百拾円              十八年度コークス代
   金百六拾八円             同タール代
   金千七百五拾円四拾八銭三厘      十月一日残石炭代
  金四万弐千五百八拾壱円五拾四銭七厘   貸金
      内
   金五千六百弐拾弐円四拾九銭九厘   各家瓦斯代未納
   金三万六千九百五拾九円四銭八厘   明治七年十二月ヨリ同十年二月迄街灯点火料滞貸
 - 第12巻 p.610 -ページ画像 
  金壱万四千百四円五拾六銭弐厘     家内引用瓦斯器械
      内
   金壱万百七拾九円弐銭五厘       物品
    払下高金八千円之分
   金三千九百弐拾五円五拾三銭七厘    家内取付費貸金
右之通ニ候也
  明治十八年十一月


瓦斯局書類 敷地絵図 明治十八年会計課(DK120075k-0005)
第12巻 p.610 ページ画像

瓦斯局書類 敷地絵図 明治十八年会計課 (東京府文庫所蔵)
瓦斯局売渡事務完結候ニ付不日委員可被相解儀ト存候、就テハ該件ニ係ル貸下金未納金今後取立方等之儀常務ニ属シ候間、別紙手続書ニ拠リ主任ニ於テ徴収方取扱可然ト存候也
  明治十八年十二月十一日
                    瓦斯局売渡事務委員
  今後返納金調書 払下手続書 附属ス
                         (東京府)


瓦斯局書類 明治十八年会計課(DK120075k-0006)
第12巻 p.610 ページ画像

瓦斯局書類 明治十八年会計課 (東京府文庫所蔵)
瓦斯代未納金及家内取付費未納金一時打切納之儀諮問案大意別紙之通及御回送候間、例ニ依リ区部常置委員会江御諮問之儀可然御取計有之度、此段及御照会候也
  十八年十一月十九日         会計課 東京府会計課
    調査課御中
                        (東京府)
諮問区第
  瓦斯代並家内取付費未納金一時打切納諮問按大意
一金五千六百弐拾弐円四拾九銭九厘 瓦斯代未納金
  右金額ニ対シ金三千七百弐拾弐円弐拾九銭五厘ヲ以テ払受人ヨリ此際一時打切上納セシメントス
一金三千九百弐拾五円五拾三銭七厘 家内取付費未納金
  右金額ニ対シ金三百八拾八円七拾五銭八厘ヲ以テ払受人ヨリ此際一時上納セシメントス
説明
 本案両項ノ金額ハ十八年九月三十日調ニシテ瓦斯局引渡以後払受人ニ於テ取集メ上納シ、瓦斯代未納金ノ内三ケ月以上延滞ノ分、家内引用取付費貸金ハ其取集メ金高ニ応シ一割ノ手数料ヲ下附スヘキ積ナリシモ、此度払受人ニ於テ前書ノ金額ヲ以テ引受ケ一時打切上納センコトヲ出願セリ、依テ之ヲ許可セントス


瓦斯局書類 明治十八年会計課(DK120075k-0007)
第12巻 p.610-612 ページ画像

瓦斯局書類 明治十八年会計課       (東京府文庫所蔵)
拝啓仕候、陳者瓦斯代並家内取付費未納金額御払下け願書者過日御説諭ニ而御聞届難相成旨ヲ以願書御下戻シ相成候処、其已前御内議とし而伝承罷在候義と者相異リ居候御指命ニ付畢竟願書不都合之廉有之為ニ御採用不相成義と奉存候、就而者此上如何取計候て御払下け御採用
 - 第12巻 p.611 -ページ画像 
ニも相成可申筋ニ有之候哉、更ニ御内意御示し被成下候様奉希上候、依而玆ニ願書相添御依頼旁御伺奉申上候也
            東京瓦期会社《(斯)》
                創立委員代 笹瀬元明
   東京府庁
    会計御課
    岡田信英殿
                     (東京瓦斯会社)

    瓦斯代並家内取付費未納金額御払下願書
旧局ヨリ御引継之瓦斯代未納売掛金五千六百弐拾弐円四拾九銭九厘、並ニ家内瓦斯器取付費未納金三千九百弐拾五円五拾三銭七厘也、合金九千五百四拾八円三銭六厘者悉皆弊社ニ於テ取集メ、瓦斯代者三ケ月前後ヲ区別シ即チ七月以前延滞之分取立候節ハ其金高ニ対シ手数料トシテ其百分之拾御下付可相成筈ニ候処、右瓦斯代三ケ月以内之分トモモ《(衍)》精々手配ハ可致勿論ニ候得共悉皆取立相済可申哉否者難計、加之目下悉皆取立出来可致モノト仮定致置候トモ其決算之期限者予定難致場合ニ御座候、就而ハ此際右三ケ月内外ニ拘ラス瓦斯代ヘ対シ金三千七百弐拾弐円弐拾九銭五厘、並家内取付費江対シ金三百八拾八円七拾五銭八厘、即合金四千百拾壱円五銭三厘ヲ以テ右延滞未納之金額悉皆弊社ヘ御払渡被成下度、自然御聞届被成下候も速ニ御払下ケ代金上納仕右ヨリ差起候損失者不申及故障等一切弊社ニ於テ負担可仕候、依之此段奉願上候也
             東京瓦斯会社
                創立委員代
  明治十八年十一月十八日
                   笹瀬元明印
    東京府知事渡辺洪基殿
                       (東京府)

御書面拝見陳者瓦斯代並家内取付費未納金額御払下之儀ニ付過日及御面談候節其事由申陳候心得之処、意味相尽サヽルヨリ御尋之趣了承、右出願セラレシ引受金額ハ格別ナル減シ方ニテ即チ瓦斯代ノ方ハ三ケ月以上延滞之分悉皆損失ニ帰スル計算ニ有之、又家内取付費ノ方ハ殆ント十分ノ一ニ相当リ旁以共有金ニ対スレハ多分ノ損失ト相成候ニ付寧ロ払下ケヲ止メ瓦斯局払下手続書第八条之通リ履行候方可然トノ詮議相成候儀ニ有之候、右御承知有之度此段及回答候也
                東京府会計課
  十八年十一月廿五日
                     岡田信英
    笹瀬元明殿
 追而御差越之願書壱通及御返却候也

貴書ヲ以瓦斯代並家内取付費未納金額御払下け御許容難相成御主意御通知被成下難有奉拝承候、実者過日願出候金額より者御払下け代価増加致候而者甚タ困却致候ヘ共、折角是迄出願も致候義ニ付可相成者御払渡被成下候様希望仕候、就両者既に願出候金額より尚何程位の金員
 - 第12巻 p.612 -ページ画像 
増加致し候へ者御払下け御許容可相成義ニ候哉、御内意御洩し被成下候様奉願候、呉々毎々御手数ヲ煩し恐縮奉存候ヘ共、前件尚御高配奉希候 草々頓首
             東京瓦斯会社
                  笹瀬元明
  東京府会計課
    岡田信英殿             (東京瓦斯会社)



〔参考〕青淵先生公私履歴台帳(DK120075k-0008)
第12巻 p.612 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳           (渋沢子爵家所蔵)
    任免叙授
○上略
同○明治十八年十二月十四日 瓦斯局残務取扱差免候事 同○東京府
○下略
   ○瓦斯局自創立至十六年度収支精算額調書(△印ハ減)

      年度          歳入          歳出          増減
    自七年十二月至九年五月   二二八四・〇七九   二六一九五・六〇四  △二三九一一・五二五
    自九年六月至十年十二月  一五八四一・五六六   三二〇一一・四六七  △一六一六九・九〇一
    自十一年一月至同年六月   九九三一・八五一   一〇七五五・八五五    △八二四・〇〇四
    自十一年七月至十二年六月 二四九八八・五六九   二〇六七三・九六八    四三一四・六〇一
    十二年度         三四一九八・九九三   二三七二〇・九九九   一〇四七七・九九四
    十三年度         三八四一八・三五〇   三一三七一・五五八    七〇四六・七九二
    十四年度         四八四九六・七九二   四五一八五・八〇六    三三一〇・九八六
    十五年度         五八五七一・八九二   四二四五四・四六七   一六一一七・四二五
    十六年度         六六三七七・〇七七   三八八七二・九〇四   二七五〇四・一七三
        締高      二九九一〇九・一六九  二七一二四二・六二八   二七八六六・五四一