デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
3款 東京瓦斯株式会社
■綱文

第12巻 p.707-708(DK120095k) ページ画像

明治40年7月19日(1907年)

是日栄一、東京商業会議所ニ開キタル当会社株主総会ニ出席シ、議長トナリテ議事ヲ主宰ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK120095k-0001)
第12巻 p.707 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年
七月十九日 雨 冷               起床六時三十分
○上略 正午東京商業会議所ニ抵リ瓦斯会社重役会ヲ開ク○中略午後一時瓦斯会社株主総会ヲ開キ○下略


(東京瓦斯株式会社)事業報告書 第四五回 明治四一年一月(DK120095k-0002)
第12巻 p.707 ページ画像

(東京瓦斯株式会社)事業報告書  第四五回 明治四一年一月
一定時総会 七月十九日第四十四回株主定時総会ヲ東京商業会議所ニ於テ開会ス、出席株主(委任状共)六百七十八人此株数十二万千五百六十七株ニシテ、取締役ヨリ提出ノ明治四十年上半期間ニ於ケル事業報告書・財産目録・貸借対照表・損益計算書ヲ承認シ、次テ利益分配案ヲ議決セリ
一臨時総会 同日定時総会閉会後引続キ株主臨時総会ヲ開キ左記第一号議案定款改正ノ件ヲ議決シ、第二号議案増加株式処分ニ付委員選挙ノ件ハ原案ニ決シ委員トシテ臼井義胤・仲万兵衛・伊藤定七・苗村又右衛門・久米伊予太郎ノ五氏ヲ会長ヨリ指名セリ
  第一号
   定款改正ノ件
    会社定款第三十四条中「其百分ノ五ヲ賞与金ニ」トアルヲ「其百分ノ二以内ヲ役員賞与金及ヒ交際費ニ」ト改ム
  第二号
   増加株式処分ニ付委員選挙ノ件


竜門雑誌 第二三一号・第三五頁〔明治四〇年八月二五日〕 東京瓦斯株式会社株主総会(DK120095k-0003)
第12巻 p.707-708 ページ画像

竜門雑誌  第二三一号・第三五頁〔明治四〇年八月二五日〕
○東京瓦斯株式会社株主総会 東京瓦斯株式会社にては七月十九日東京商業会議所に於て定時株主総会を開き、青淵先生は取締役会長として議長席に着き、専務取締役高松豊吉氏より本年上半季事業の状況に関する報告を為し、猶東京府勧業博覧会に於て行幸の砌瓦斯応用製造菓子を御嘉納あらせられし旨報告あり、夫より貸借対照表及損益計算書を提出して承認を得、利益金分配計算書は原案の通り可決して定時総会を終り、引続き臨時総会を開きて賞与金分配の件、即ち従来賞与
 - 第12巻 p.708 -ページ画像 
金は利益金百分の五を以て之に充て、毎半季役員及社員に分配したる制を改め今後賞与金は役員に止め、交際費と合して百分の二以内に止め、社員賞与金は毎季利益の程度を斟酌して営業費中より相当の額を支給することゝ為すの件を可決し、又新株割当剰余処分に関する委員は議長より臼井胤・仲万兵衛・伊藤定七・苗村又右衛門・久米伊予太郎五氏を指名し、右にて会議を終り閉会せり