デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
25節 取引所
1款 東京株式取引所
■綱文

第13巻 p.580-582(DK130056k) ページ画像

明治21年3月9日(1888年)

是日、栄一等東京取引所創立委員数名、創立仮事務所ニ会シ、予テ当局ヨリ下附セラレタル取引所規約標準ニツイテ上申スベキ意見書草案ヲ討議ス。

本決議ニ基キ同月十二日、起草委員会ニテ字句修正ノ上、二十一日農商務大臣黒田清隆ニ手交ス。


■資料

時事新報 第一八五五号〔明治二一年三月七日〕 ○東京取引所創立委員会(DK130056k-0001)
第13巻 p.580-581 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

中外物価新報 第一七七九号〔明治二一年三月八日〕 ○東京取引所委員会(DK130056k-0002)
第13巻 p.581 ページ画像

中外物価新報 第一七七九号〔明治二一年三月八日〕
○東京取引所委員会 東京取引所創立委員諸氏へ《(は)》明九日午後五時より銀行集会所内の創立仮事務所へ参集し、兼て起草委員の手にて取調たる規約標準に対し其筋へ呈せんとする意見書の草案に就て討議さるゝ筈なる由


中外物価新報 第一七八一号〔明治二一年三月一〇日〕 ○取引所創立委員会(DK130056k-0003)
第13巻 p.581 ページ画像

中外物価新報 第一七八一号〔明治二一年三月一〇日〕
○取引所創立委員会 兼て記載したる通り昨日午後五時より銀行集会所に於て東京取引所創立委員渋沢・中野・小川・町野其他の諸氏が集会して、規約標準に対し其筋へ差出さんとする意見書の草案に就て討議せしが、其要領を聞くに、会員に制限を定め及会員にも仲買人の如く他人よりの依頼に応じて商品の売買を為さしめ、且其売買したる商品に就てハ相当の手数料を得せしむる事、商品の見本売買法を名柄売買に改むる事、商品の売買取引法を改むる事、転売買戻を許す事等其の他数項にして、又別に一篇の上申書草案をも提出せしが、其趣意ハ元来商品の取引上に就てハ土地の情況に依りて大に其趣を異にするものなれば、其規約書の如きハ宜しく之を各地取引所創立委員に任じ、其土地の情況に適したる規約を編纂せしめ、主務大臣の認可を経て施行することと為したく、之に反して主務省より一定の規約標準を示し何れの国何れの土地に於ても同一の規約を遵奉せしめんとするハ、恰も一履を造りて万脚に応ぜしめんとすると一般到底行ハるべからざるハ論を俟たず、又事務規程の如きも予め之を上下二款に分ち、例へば市場立会時限の変更及商品売買証拠金額の増減等ハ之を下款とし、上款ハ主務大臣の認可を経て執行し、下款は役員限決行して後上申する等の類なりと云へり、然るに孰れも皆重大の事項なるを以て議事も殊の外後れ到底本紙印刷時限の間に合ざりし故遺憾ながら決議の模様ハ次号に委しく記載すべし、読者請ふ幸に諒せられんことを


中外物価新報 第一七八二号〔明治二一年三月一一日〕 ○取引所創立委員会の決議(DK130056k-0004)
第13巻 p.581 ページ画像

中外物価新報 第一七八二号〔明治二一年三月一一日〕
○取引所創立委員会の決議 東京取引所創立委員諸氏が一昨夜集会を開き規約標準に対し其筋へ差出さんとする書面の草案に就て協議を遂けし由ハ前号の紙上へ記載せしが、右決議の模様を聞くに其主意ハ総て原案(昨日の中外物価新報を参観すべし)の通りに可決せしが字句の上に少しく穏当ならざる廉あるに付、明十二日午後三時より再び起草委員丈けが打寄りて文章を成るべく円滑に認め直し、出来の上ハ早速其筋へ差出す都合なりと、又黒田農商務大臣の御用都合を伺ひ両渋沢・河野・小川等重立たる諸氏が同大臣へ面謁を請ひ、尚ほ取引所創立に関する実情を親しく陳弁して何分の詮議を仰ぐ筈なりと云ふ
 - 第13巻 p.582 -ページ画像 


中外物価新報 第一七八四号〔明治二一年三月一四日〕 ○取引所起草委員会(DK130056k-0005)
第13巻 p.582 ページ画像

中外物価新報 第一七八四号〔明治二一年三月一四日〕
○取引所起草委員会 兼て報道せし通り東京取引所創立委員中の起草委員渋沢喜作・中野武営・小川為次郎・町野五八の四氏ハ一昨日午後三時より銀行集会所へ参集し、去る九日の総会議にて議決したる意見書・上申書等の字句に修正を加へしが、同八時過頃迄に全く修正済となりしに付早速昨日書記をして浄書せしめたれば一同の調印が済み次第農商務大臣へ差出す筈なりと聞く


東京経済雑誌 第一七巻第四一〇号・第三四八頁〔明治二一年三月一七日〕 ○東京取引所起草委員会の決議(DK130056k-0006)
第13巻 p.582 ページ画像

東京経済雑誌 第一七巻第四一〇号・第三四八頁〔明治二一年三月一七日〕
    ○東京取引所起草委員会の決議
東京取引所創立委員中の起草委員渋沢喜作・中野武営・小川為二郎・町野五八の諸氏は銀行集会所内の仮事務所に於て会議を開き規程標準に対する意見書二通に付きて協議をなし、書面の字句に修正を加へ其の清書の出来次第其の筋へ捧呈し、且つ創立委員中重立ちたる者二三名をして主務大臣に面謁の上親しく意見書の主意を具申せしむることに決して散会せり


中外物価新報 第一七九〇号〔明治二一年三月二二日〕 ○意見書の捧呈(DK130056k-0007)
第13巻 p.582 ページ画像

中外物価新報 第一七九〇号〔明治二一年三月二二日〕
○意見書の捧呈 東京取引所創立委員諸氏が去九日の集会に於て決議したる規約標準に対する意見書ハ、昨日を以て農商務大臣へ捧呈したる由


中外物価新報 第一七九九号〔明治二一年四月一日〕 ○株式仲買人建議書を呈出す(DK130056k-0008)
第13巻 p.582 ページ画像

中外物価新報 第一七九九号〔明治二一年四月一日〕
○株式仲買人建議書を呈出す 東京株式取引所の仲買人諸氏が去月廿五日の集会に於て決議せし同取引所組織改良に関する建議書及び請求書・説明書等ハ昨日愈々河野頭取へ宛て差出したるに付き、同所にてハ近々臨時株主総集会を開きて此事を協議する筈なる由


東京経済雑誌 第一七巻第四一三号・第四五一頁〔明治二一年四月七日〕 ○新取引所創立の端始めて成る(DK130056k-0009)
第13巻 p.582 ページ画像

東京経済雑誌 第一七巻第四一三号・第四五一頁〔明治二一年四月七日〕
    ○新取引所創立の端始めて成る
新取引所創立の事に関しては東京を始め各地に於ても政府の御主意を遵奉し従前の株式組織を改め会員組織と為さんとまで決定し、政府に請願の運ひに至りしが、此際政府に於て規約標準と云へるものを下附せられ、此標準に従ひて取引其他一切の事を行ふべき旨を達せられ、其標準中実際遵奉する能はざるものありしより創立の運に至らざりき其重なる点は凡て商品の取引は見本を以てすべしとの一条是なり、是に付き東京を始め各地の請願人も昨年来農商務省に出て種々事情を陳述する所ありしよしなりしか、此程愈よ米の取引に限り銘柄にて売買することを許され其他にも色々緩裕を得る所ありて、愈よ請願人等は創立を為すの運に至れりと云へり、記者は兼てより論弁せし如く此の如き取引法には政府の全く干渉せざらんことを希望するものなり、今ま其一部の寛典を得たるを聞く、豈に賀せざるを得んや