デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
28節 貿易
7款 蚕種紙買入所
■綱文

第14巻 p.508-513(DK140060k) ページ画像

明治7年10月7日(1874年)

是ヨリ先、全国ノ蚕種横浜ニ殺到シ、価格暴落、形勢重大ナルモノアリ。即チ古河市兵衛・原善三
 - 第14巻 p.509 -ページ画像 
郎・小野善三郎・上原四郎左衛門・金子平兵衛・鈴木保兵衛等発起、横浜売込問屋、諸国蚕種製造方総代及ビ荷主商人等ト集議、是日、勧業頭河瀬秀治ニ出願シテ、翌々九日ヨリ蚕種紙買入所ヲ弁天通四丁目横町元伊豆蔵店ニ設ケ、買入蚕種紙ハ上物ヲ外国輸出ニ向ケ、他ハ焼棄スル計画ヲ立テ以テ蚕種貿易ノ挽回ニ努ム。

コノ事タル栄一ノ先見企画スル処ニシテ、主トシテ渋沢喜作・原善三郎・勧業頭河瀬秀治等ノ協力ニヨルモノナルガ、外交関係ヲ顧慮セルカ、陽ニハ専ラ商估ノ事トシ、両渋沢モ亦陰ニ事ニ従ヘリ。


■資料

渋沢子爵家所蔵文書 【蚕種貿易挽回方法】(DK140060k-0001)
第14巻 p.509-510 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(渋沢喜作)書翰 渋沢栄一宛(明治七年)一〇月八日(DK140060k-0002)
第14巻 p.510 ページ画像

(渋沢喜作)書翰 渋沢栄一宛(明治七年)一〇月八日
                     (渋沢子爵家所蔵)
拝啓過刻御相談申上候通明日より発起六人之者と申談買入方順序折角相談中ニ有之候、買入場所も別記之処ニ於て取扱申候積ニ候間、右之思召ニて明日日々報知局と江掲載相成候様御取計奉祈候
偖当湊ノ景況已ニ昨日来三分方も価格上進いたし、我先ニと商館より荷物ヲ持出シ、已ニ昨日迄売値段取宛候分ハ今日之拝見百分之四五位ノ外ペケ品ニナシ彼是ノ景況直ニ隔年之形状ヲナシ、先此ノ勢ニて両三日も施行焼捨候て一段ノ骨折之功も相顕れ候様必ス成行可申、実ニ一日も大奮発種所持人は申ニ不及発起人之外当湊各問屋始外国人も人々数々之臆案推考より百端ノ馳行思ヲナシ実ニ意外之上景況此事ニ候、右は不取敢右御報知申上候也
  十月八日
                       喜作拝
    青淵老閣
       玉几下
  尚々新聞尊稿二冊相添候也、当方ハ直ニ今夕之内其局江差遣シ申候 已上
    横浜弁天通四丁目横町
      元伊豆蔵店        (「神奈川県管下」用紙)


(河瀬秀治)書翰 渋沢栄一・同喜作宛(明治七年)一〇月九日(DK140060k-0003)
第14巻 p.510 ページ画像

(河瀬秀治)書翰 渋沢栄一・同喜作宛(明治七年)一〇月九日
                    (渋沢子爵家所蔵)
尊翰拝誦仕候、扨昨日来ハ尚又蚕種之義ニ付重々御配意被成下於小生千万拝謝之至、然ル処何分不往届之場合も有之頻ニ御手数ニ渉リ実ニ恐縮仕候、扨御申越之条々且施行方法書及ヒ新聞案とも正ニ落掌拝読仕候処、小生之素論も有之聊異案も無之候得共猶両卿之御勘弁如何可有之哉、最早今晩ハ深更ニも相成候間明朝より其向江可出御決裁之諸局可相成丈早々御報知仕候様精々相運ヒ可申、不取敢御請迄 草々頓首
  十月九日
    午前一字
                      河瀬秀治
    渋沢
      両公坐下
          拝酬


(岸田銀次)書翰 渋沢栄一宛(明治七年)一〇月九日(DK140060k-0004)
第14巻 p.510-511 ページ画像

(岸田銀次)書翰  渋沢栄一宛(明治七年)一〇月九日
                   (渋沢子爵家所蔵)
拝読蚕種紙之義ニ付而は小子も心配仕居候義ニ付、今日早速梓行可仕トは奉存候得共、惣而報告之類は編輯之掛りも別ニ致シ有之義ニ而
 - 第14巻 p.511 -ページ画像 
小生一存之自由之権ニも参り兼候、後刻社中之者出勤揃候上篤ト評議仕候而可相成は今日より出板可仕奉存候、乍併余り長文ニ而困入り可申ト相考申候、梓価之義は小生存不申何レニ致候而も後刻社より早速御返事可申上候、但シ五日之間長文之報告ニ而紙ノ片面ヲ塞ギ候事多分社議不穏ト奉存候間、此段も猶小生拝晤可申上哉共奉存候
誠ニ久々拝顔不仕小生もトウトウ新聞屋ノ傭人ト相成申候御憐察可被下候、小生折々拝趨仕度ト存候ヘ共何分齷齪未ダ其暇ヲ得不申、此後は何レ折々拝晤万々御咄し承度奉存候
 猶後刻自是御返事可申上候ヘ共早々如此御坐候 頓首
  十月九日
                      岸田銀次
    渋沢栄一様
  ○明治七年十月、蚕卵紙焼却ニ関スル広告ヲ「東京日々新聞」及ビ「郵便報知新聞」ニ掲載セリ。前掲書翰ハ東京日々新聞ニソノ広告ヲ依頼セルニ対スル岸田吟香ノ返書ナリ。東京日々新聞ハ十月十二日第八二二号ヨリ数次ニ亘リ附録報告トシテ同文ヲ出セリ。


郵便報知新聞 第四七八号 〔明治七年一〇月一〇日〕 【御国蚕種ハ貿易上最良…】(DK140060k-0005)
第14巻 p.511-513 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(河瀬秀治)書翰 渋沢栄一宛カ(明治七年)一〇月一一日(DK140060k-0006)
第14巻 p.513 ページ画像

(河瀬秀治)書翰 渋沢栄一宛カ(明治七年)一〇月一一日
                    (渋沢子爵家所蔵)
尊翰奉拝誦候、然者御出港後厚御配意被下、蚕種一条近々人情ニ響き候景況遂一御報知被成下承知仕候《(逐)》、委細伊藤卿江も可申上、不取敢御請迄 草々頓首
  十月十一日
                     河瀬秀治