デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
28節 貿易
9款 蚕卵紙輸出問題
■綱文

第14巻 p.608-627(DK140067k) ページ画像

明治9年11月1日(1876年)

是日栄一、益田孝・原善三郎ト共ニ蚕種抵当貸付所ヲ設ケ、蚕卵紙輸出ノ統制ヲ図ル。尋イデ下村善太郎・梅原親固ヲ伊太利ニ派遣シテ、抵当流品ヲ売却セシム。


■資料

青淵先生六十年史 第一巻・第八二一―八二二頁 〔明治三三年二月〕(DK140067k-0001)
第14巻 p.608 ページ画像

青淵先生六十年史 第一巻・第八二一―八二二頁〔明治三三年二月〕
 ○第十六章 開港場貿易習慣改良
    第二節 蚕卵紙
○上略
明治九年政府カ蚕種ヲ買上直輸出ヲ試ミタルカ如キハ先生最モ関係アリ、其顛末ヲ案スルニ、明治九年欧洲養蚕不作ニテ蚕卵紙ノ価格騰貴シ、伊太利ミラン府ニ於テハ上等品一枚ニ付十二三法乃至十五六法ナルニ、横浜ニ於テハ伊太利商人安直ヲ唱ヘ、上等品一枚ニ付キ一弗五六十銭ニシテ、平均七八十銭ノ相場ナリ、青淵先生ハ益田孝・原善三郎ト謀リ、前年ノ如ク蚕種出荷ノ内ヲ廃棄ニ付セスシテ、価格回復ノ方法ヲ講シ、時ノ大蔵卿大隈重信ニ建議シ、国庫準備金ノ内ヨリ百万円ヲ目途トシテ借受、此内二十万円ハ洋銀他ハ紙幣ヲ以テ受取リ、之ヲ以テ蚕卵紙ヲ抵当トシテ資金ヲ荷主ニ貸付シタリ、之レカ為メ価格ハ頗ル回復シタルモ結局抵当流込二十八万八千七百十六枚ノ多キニ達シタリ
右抵当流込ノ内精選良種ノ分十六万八千四百八十四枚ハ内務省勧業寮ニテ引受、内地予備品トシテ養蚕業未熟ノ地方ニ配付シ、各府県庁ヲ経テ飼蚕者ヘ配貸シ、豊凶ニ応シ代価ヲ取立ツルコトヽシテ処分シ、残額十二万二百三十二枚ノ内十万枚ハ伊国ミラン府ヘ政府ヨリ輸出ヲ命シ、二万二百三十二枚ハ先生外二人ニテ引受同国ヘ輸出セリ、輸出請負人ハ下村善太郎・梅原親固両人ニシテ、彼地ニ渡航シ、翌年五月ノ季節マテニ五万千四十四枚ヲ売却シタルモ、六万九千百八十八枚ハ到底売残トナリ、廃棄スルノ止ムヲ得サルニ至レリ、之レカ為メ政府ハ紙幣七万八千百九十六円九十五銭ト洋銀二十万七千百四十四弗七十三セントヲ損失シ、先生外二人ハ二万弗二十七セントヲ損失セリ
○下略


法令全書 明治九年 内務省達 乙第二号(一月七日)府県(DK140067k-0002)
第14巻 p.608-609 ページ画像

法令全書 明治九年
内務省達 乙第二号(一月七日)         府県
蚕種之儀頻年販売失利之者モ不尠尚粗製之分モ有之哉ニ相聞、右ハ畢竟昨八年二月太政官第三拾弐号公布之旨趣未タ徹底不致、或ハ会議局之議事其適度ヲ不得等ヨリ来シ候義ニ可有之候条、右規則第二条・第三条之旨ヲ体認シ及第十三条ニ照準、各地方於テ一層精密ニ衆議相尽
 - 第14巻 p.609 -ページ画像 
置、本年二月中旬之期限ヲ不錯様一統集会、都テ条例規則之旨趣ニ依リ適当之評議ヲ遂ケ候様各組々ヘ懇切可申達、此旨相達候事


蚕種送致ノ各県ヘ申牒(DK140067k-0003)
第14巻 p.609-617 ページ画像

蚕種送致ノ各県ヘ申牒
本年御国蚕種貿易之景況ハ、幸欧洲養蚕業ノ凶歉ニ際シ、内地各製造人充分之勝算ヲ得、従前之損耗ヲモ相補ヒ可申ト先其幸福ヲ祝シ、尋テ其価格ノ騰上ヨリ、内地ノ良品悉ク輸出シテ、明年ノ原蚕種ニ或ハ欠乏ノ患有之哉ト杞憂ヲ抱キ居候処、十月下旬ニ至ル迄、横浜之商況寂然トシテ取引モ不相始ニ付、篤ト外商ノ情実ヲ探偵候ニ、其原因ハ見込価格之騰昂ニ過候ト、輸出員額ノ定限無之トニテ、買入着手仕兼候ニ相違ナキ趣ニ有之、之レニ反シテ内地商人ハ其売却気節ヲ誤ラン事ヲ恐レ、頻ニ売込ヲ競争スル有様ニ付、前ニ慶賀セシモ今ハ之ヲ愁悼スヘキ程ニテ実ニ傍観座視ニ堪兼候間、私共三人別紙(第壱号)申合相立、内務・大蔵両御省ヘモ卑見上陳ノ上、横浜出港ノ蚕種所持人及売込問屋ヘモ示談致候処(第弐号)一同速ニ承諾致候ニ付、十一月一日ヨリ蚕種抵当貸附所開設シ所持人ノ望ニ任セテ貸金ヲ取扱、其中売却之分ハ蚕種ヲ返付シテ貸金ヲ還消セシメ、十二月初旬迄日数凡三十五六日ニテ其出納計算及歩割預リ金ハ(第三号)計表之通ニ相成、而シテ本年蚕種輸出総計並売却高価格見積ハ(第四号)調書ノ如クニ候間、全体ノ売込直段ニ於テハ私共之見込ニ行届兼候得共詰リ㝡初ノ按算ト大同小異之了局ニテ、聊以御国之物産ヲ保護シ、全般ノ商況ヲ裨補仕候哉ニ奉存候、就テ貸附所ヘ抵当流レト相成候蚕種ハ(第五号)計表之通リニテ、其代価モ再評価ニヨリテ(第六号)直段書ノ如ク相成候間、此蚕種ハ素ヨリ内地ノ欠乏ヲ補ヒ候見込ニ付、(第七号)之通リ各御県ヘ分割仕、明年原蚕種之予備ニ充テ、其売却方法ハ(第八号)手続書ニヨリテ御県勧業御掛ヘ御依頼申上度義ニ御座候
右予備蚕種各御県ヘ売却方御依頼申上候ニハ、前以御照会申上、御許允ノ上ニテ、御県下ノ景況ヲモ御探知被下、更ニ御指揮有之候後逓送可仕筈ニ候得共、右ニテハ往復手数ニテ時日遷延致シ、終ニハ立春以後ニ至リ蚕種荷物ヲ運搬致シ候様相成、其損害モ難測ニ付、私共ノ臆測ヲ以テ各御県ノ有余不足ヲ按算シ分割進呈仕候間、何卒微衷御諒察ノ上、順序不次之御譴責無之、自然過剰候御県之分ハ御隣県ヘモ御照会被下、全般ニ普及候様御致意被下度、尤モ此蚕種逓送之儀ニ付テハ内務御省ヘモ願済ニ付、勘業御寮ヨリモ御照会被下候儀ニ有之、且全国蚕種会議局委員ヘモ協議致シ、同局ヨリ各地方組々頭取ヘモ書通致候筈ニ御座候間、是又御領掌被下度候
此予備蚕種ハ貿易場ニ於テ残余ト相成候ニ付、品種精良ニ無之トノ御懸念モ可有之哉ニ候得共、元来内地製造人ニ於テ輸出ニ供シ候蚕種ハ各其価格之騰上ヲ競ヒ候ヨリ、最以精撰致シ候儀ニテ、殊更此残余之分ハ(第五号)計表ニ詳記仕候如ク、上等地方ノ製品十中ノ七八ニ居リ、其上残余中ニ於テハ更ニ精密之調査ヲ遂ケ、或ハ粗悪ト見込候品ハ之ヲ除去致シ候儀ニテ、只外国人ニ売込不相成訳ハ、貸金ノ価格迄相進ミ不申ヨリ、幸ニ予備ト相成候次第ニシテ、其品種之精良タルハ私共明言仕候而已ナラス、本年出港ノ製造人モ詳知仕候間、何卒御了
 - 第14巻 p.610 -ページ画像 
解被下、不捌之粗品ト御誤認被下間敷候
元来此蚕種抵当貸金方法相設候ハ、私共三人之婆心ヨリ起念候儀ニテ職業外ノ事ニモ有之素ヨリ利益等ニ関係仕候訳ニ無之、唯々本年之蚕種貿易上之声価ヲ保持シ、且其幾分ノ精良品ヲ余シテ、明年之原蚕種欠乏ノ患害ヲ防申度トノ微意ニ候間、敢テ官府ニ御関渉ハ無之事ニテ其各御県下予備方法取扱候モ、亦私共ノ手ヲ以テ従事可仕筈ニ候者不俟論事ニ候得共、既ニ前陳ノ如ク利益ニ係リ不申候トモ是迄巨多之金額ヲ貸出シ、此残余蚕種之評価ニ於テモ㝡早幾分ノ損耗ヲ生候ニ付、此上各御県ヘ代人等派出致候様ニテハ、其経費モ不少訳ニ相成、竟ニ予備蚕種之価格ニモ相関候様可相成、而シテ此養蚕業之如キハ実ニ本邦無上之良産ニテ、是迄官府ニモ不容易御高配ニテ、保護之御法則モ数度御施行被下置候程之儀ニ付、此蒼海一滴ノ微衷モ却テ厚ク御嘉納被下、充分御高配被下候儀ト奉推量、敢テ潜踰ノ罪ヲモ不顧、唐突御頼願仕候儀ニ御座候、何卒御海容之上、其御掛リニ於テ早々御着手被下候様奉懇願候也
  明治十年一月              渋沢栄一
                      益田孝
                      原善三郎
    各県令参事殿
  追白本文之趣意ヲ以御県ヘ逓送仕候蚕種ハ、別記送状ニ詳記仕候ニ付御査収被下度、且附属書類ハ都テ目録之通リニ候間、是又御閲了被下度候也
   ○栄一自筆ノ本牒草案ヲ渋沢子爵家ニ蔵ス。

    目録
第壱号 蚕種貿易回護方法起念提要
第二号 蚕種捌方仕法書
第三号 蚕種並金銀出納勘定書
第四号 蚕種輸出入総計並売却直段見積書
第五号 内国用予備蚕種総計明細表甲乙丙三冊
第六号 流込蚕種再評価並損耗調書
第七号 内国用予備蚕種各御県エ分賦見込書
第八号 内国用予備蚕種売却手続書
    以上
第壱号
    蚕種貿易回護方法起念提要
日本蚕種ノ本年貿易場ヘ輸出スル総額ハ、概示百万枚ヨリ百弐十万枚ヲ超サルノ目的(原紙御下渡ノ数ハ百九拾万枚余ニシテ総製造高ハ凡百八拾五万枚ナルヘシ)ニシテ、殊ニ一般ノ豊作タレハ其品位ノ精良ナルハ疑ヒヲ容レサル所ナリ、之ニ反シテ伊・仏両国ノ養蚕ハ非常ノ凶歉タルモ亦確信スヘケレハ、市場売買ノ景況ハ日本人ニ充分ノ勝算アルヘシト、吾人共ニ曾テ之ヲ信憑セシニ豈計ラン即今ニ至リテモ更ニ売買ノ気勢ナクシテ、相共ニ白眼合ノ姿トナリタルハ、畢竟伊・仏商人ノ間ニ於テ堅固ナル契約ヲ結了シ、決シテ蚕種買入ヲ為サス、飽迄其価位ヲ低下セシメテ後之ヲ占買セント
 - 第14巻 p.611 -ページ画像 
ノ計策ニ出タルヤ明カナリ、是レ蓋シ伊・仏商人ノ胸臆ハ、モシ本年日本ノ蚕種ヲ競買セハ其価位騰上シテ更ニ際限スヘカラズ、シカズ勉テ其購買ヲ緩ニシ、先ツ日本人ヲ屈撓セシメ、其疲労ニ乗シテ容易ニ之カ買得センニハトノ方案ニシテ、彼レニ於テハ之ヲ得計ト称スヘキモ、今此最良ノ物産ヲ以テ斯マテ其術中ニ籠絡セラルヽハ実ニ慨歎ニ堪ヘサルナリ、然リ而シテ目下ノ景状実ニ此危頽ニ瀕シ、一旦其売買ヲ始ムルヤ、先ヲ争ヒ後ルヽヲ恐レテ敢テ全体ノ得失ヲ顧ミサルハ、常ニ日本商人ノ外商ニ軽侮セラルヽノ旧套タレハ、日ナラスシテ此極ニ至ランハ之ヲ懸鏡ノ見ト言フヘシ、要スルニ日本商人ノ財本ニ乏シキト、商業ニ拙キトニ坐スルト云ト雖トモ、本年ノ蚕種貿易ニ於テ其全勝ノ利ヲ保有シテ却テ蹉跌失敗セシムルハ、之ヲ通商ノ運為物産ノ保護上ヨリ論スルモ亦傍観スルニ忍ヒンヤ、是ニ於テ我儕ハ左ノ方法ヲ設立シ、之ヲ拯救回護セント欲ス、是レ実ニ我儕ノ婆心ニシテ、敢テ本分ノ義務タラスト云トモ、幸ニ此立案ヲ以テ蚕種貿易ヲ裨補スルアラハ、亦以テ国恩ノ万一ヲ報酬スルコトヲ得ヘシト爾云
                      渋沢栄一
明治九年十月廿七日             益田孝
                      原善三郎
第二号
    蚕種捌方仕法書
日本蚕種本年貿易上之価位ヲ保持シ、且内国原蚕種之予備ヲモ相立度ニ付、私共三名協力致、左之廉書之通リ方法建案致シ候、就而ハ蚕種商人又ハ製造人御勘考之上御同意有之度、尤モ此方法ハ総体之御協同ニ拠テ其効験相現レ候事ニ付、速ニ御決案相願候也
  方法廉書
    第一条
現今横浜港輸出之蚕種総額ハ凡百万枚ニシテ、其中拾五万枚ハ外国人ニ属スモノト見積リ、残リ八拾五万枚ハ所持之方ニヨリ総テ此方法ニ加入シ一ト場処ヘ御取纏メ被成、差向外国人ヘ競売ハ御見合可被成事
    第二条
右蚕種御取纏相成候ハヽ其種ニ対シ上中下三等ニ甲乙之区別ヲ立、都合六等ト仮ニ品定シ、上品壱弗半ヨリ下品五拾セント迄ニ価格相定、其品ニ応シ貸金可致、尤モ極々下品ニテ輸出ニモ相成兼候ト見込候蚕種ヘハ貸金御断可申事
 但此品定ハ私共ヨリ撰任之鑑定方ニテ内輪限リ取極メ候義ニ付、決テ売買上之優劣ニ関係無之筈ニ候間、其品位方ニ於テハ所持人ヨリ彼是苦情申出間敷事
    第三条
右貸金ハ無利足ニテ出金可致、尤モ蚕種売却方此之方法建案通リ行届不申節ハ、所持人ノ存寄ニテ貸金ヲ返却シ其種ヲ取戻シ候共、又ハ貸金限リニテ打切ニ致候共望次第タルヘキ事
 但此方法之見込通リ売却行届候ハヽ元金ニ対シ年七分ニ超サル利足ハ御差出可被成事
    第四条
 - 第14巻 p.612 -ページ画像 
貸金セシ蚕種ハ相応之場所ヘ引纏メ、其売却方ハ所持人之見込ニ任セ得意之売込問屋ヘ見本差置精々御売払可被成、尤モ其直段ハ貸金高三割以上ニ当ル処ヲ定度トシテ御取計可被成貸金壱枚ニ付壱弗ナレハ売払直段壱枚ニ付壱弗三拾セント之割合
 但問屋口銭等ハ荷主ト問屋トノ御相対ニ候事
    第五条
売払ニ臨ミ右三割以上第拾三条之凡見込直段ニ相当之買人有之候共、其売却ヲ見合候者ハ貸金ヲ返却シ、且第六条之歩割預ケ金ハ御差出可被成事
 但此歩割ハ其蚕種之売却之得ヘキ直段ヨリ割掛可申事
    第六条
第四条之手続ヲ以売却セシ蚕種代金受取候ハヽ先貸金ヲ返却シ、且売却残種ヘノ準備金並貸金利足手当トシテ売却代金之壱割五分ヲ御預ケ可被成、尤モ右歩割御預金ハ追テ決算ノ上無相違所持人ヘ割戻可申事
 但シ此条件ニハ組シ此貸金ヲ借用セサルモノハ其種売代金ノ五分即百分ノ五ヲ預リ可申事
    第七条
此方法ヲ以蚕種売却方第拾三条之見込通行届残余之蚕種弐拾万枚以内ニ候ハヽ、其種ハ都テ内国用予備ニ充、官府ヘ相願各県ヘ分配シ、明年之原蚕種ニ供シ候見込之事
    第八条
若又此見込ニ反シ売却方充分ニ無之、総額之過半相残リ候ハヽ更ニ見込相立、其幾分ハ前条ノ手続ニテ内国用ニ充、他之幾分ハ外国輸出ニ供シ可申事
    第九条
残余之蚕種ニテ内国予備ニ充候分ハ更ニ評価相立、其価格㝡前貸金高ヨリ相減シ候ハヽ其不足ハ第五・六条之歩割御預リ金ニテ相償可申、尤モ外国輸出ニ供シ候分、輸出後売買済之上貸金高ニ対シ損金有之候ハヽ前高歩割御預リ金ニテ相償可申ニ付、其上ニモ損毛有之候共元所持人ヘハ割掛申間敷事
 但輸出売買ニハ利益有之候ハヽ歩割御預リ金ハ其預ケ主ヘ割戻シ、利益金ハ利足諸入費引去リ元所持人ヘ割渡シ可申事
    第十条
此方法取引ニ付テハ蚕種会議局委員方並横浜売込問屋衆ニモ全国ノ御為筋ニ付、御協同ノ上充分之御助力可被下事
    第十一条
蚕種鑑定人及貸金受渡シ、返金歩割合取立方、其外取扱ノ為メ会議局委員並蚕種商人・売込問屋方ニテ凡拾五人私共ヨリ御依頼可申入ニ付精意御尽力可被下事
    第十二条
貸金渡方返金歩割金受取方等ノ出納ハ第一・第二国立銀行ニ於テ取扱可申事
 但出納計算之帳簿取扱及貸金高調方又ハ返金其外取立方並売買之摸様勘査等ハ、第十一条私共之委員ニテ役割相立取扱申事
    第十三条
 - 第14巻 p.613 -ページ画像 
此方法之有無ニテ本年蚕種貿易上ノ得失ハ左ノ計算ニ可相成ト臆測致候故、此方法ニ加入ノ蚕種所持人ハ甲之低価ナレハ売却御見合被成、乙ノ価挌《(格)》ニ至リ候ハヽ精々御売払被成候様致度事
  甲 目下之景況ニテ売却之分
輸出蚕種総額百万枚
 内拾五万枚ハ既ニ外国人ニ属セシモノト見テ算外トス
残額八拾五万枚
此収入代価百〇弐万弗
是ハ極上等壱枚ニ付弐弗半ヨリ上等壱弗半最下等四五拾セント迄ニ売揚、之ヲ平均壱枚ニ付金壱弗弐拾セントト見積リタル代価総額
  乙 此方法ヲ採用之分
輸出蚕種総額百万枚
 内拾五万枚ハ前同断
残額八拾五万枚
 内六拾五万枚ハ 外国人ヘ売却可相成見込
此収入代価百拾七万弗
是ハ極上等壱枚ニ付三弗半ヨリ上等三弗弐弗半最下等壱弗迄ニ売揚、之ヲ平均シテ壱枚ニ付壱弗八拾セントト見積リタル代価総額
    第十四条
右之計算ハ只座上之見込ニハ候得共決シテ空想トハ不存候ニ付、此見込之通リ行届候ハヽ詰リ此方法ニテ蚕種弐拾万枚ト金拾七万弗ハ全体ニ付テノ利益ト相成候筋ニ付、蚕種所持人並売込問屋衆モ篤ト此大体ニ御注目ニテ御尽力可被成事
    第十五条
第十三条之見込通リニ此売却方行届、残余蚕種弐拾万枚ニ超サル時ハ之ヲ内国用トシテ更ニ評価致、㝡前ノ貸金高ニ照シ不足相生シ候ハヽ歩割預リ金ニテ償却、勘定ハ左之通相成可申事
 譬ハ残余蚕種弐拾万枚
 此貸金高弐拾万弗 但壱枚ニ付平均壱弗ノ割
 此評価拾弐万弗 但壱枚ニ付平均六拾セントノ割
差引不足金八万弗
此処歩割預リ金拾四万八千五百弗有之候ニ付、之ヲ償却シテ金六万八千五百弗之残余ト成ル
 内
 凡金壱万弐千弗 元金百万弗弐ケ月ノ利足
 凡金三千弗 此方法取扱諸入費
 小以金壱万五千弗
又差引金五万三千五百弗ハ此歩割預ケ金主ヘ割戻シ可申分
右之通建案仕候ニ付、御加入被成度候ハヽ蚕種所持人ハ速ニ其所持種員数国柄等御認メノ上、可相成ハ最寄組合相立、本日ヨリ五日限リ左ノ雛形之通リ御記載被成、一旦御加入之上ハ違背無之為メノ御保証可被成、此段及御照会候也
  明治九年十月廿九日           渋沢栄一
                      益田孝
 - 第14巻 p.614 -ページ画像 
                      原善三郎
      全国蚕種所持人御中
本年蚕種売却方ニ付前書御建案之条件私共一同御同意仕、借用金モ致シ候ニ付テハ、向後都テ右条件ニ遵ヒ取扱可申候、万一相悖リ候事共有之候ハヽ私共所有ノ蚕種ハ委皆御引上ケ被成候共決テ違背申間敷候其証トシテ一同記名調印仕候也
                    蚕種所持人
  明治九年十月廿九日             連名印
前書之通相違無之ニ付私共保証候上ハ、聊カモ右条件ニ相悖リ候取扱ハ為致間敷候、為後証奥書調印仕候也
                    横浜売込問屋
  明治九年十月廿九日             連名印
   ○第三号欠ク。
第四号
    蚕種輸出入調
      横浜輸入ノ分
一百拾七万四千六百四拾七枚 明治九年八月三十日ヨリ十二月三日マテ
    内
   壱万三千百七拾枚 内国用引戻シノ分
   (太字ハ朱書、以下同ジ)
   弐万四千四百四拾弐枚 蚕種改所ヘ掛ラスシテ入港スト見做ス分
  差引
    〆百拾八万五千九百拾九枚
     海外輸出ノ分
一弐万九千枚         明治九年十月九日仏国テーブル号積
一壱万四千五百五拾枚     同十二月十二日亜国ヘルジツク号積
一弐万五千三百弐拾五枚    同十月二十三日仏国タナイス号積
一弐千枚           同十月三十日英国ボンベイ号積
一九万八千百枚        同十一月二日仏国メンサン号積
一拾三万六千七百弐拾七枚   同十一月十一日英国マラツカ号積
一七千四百〇壱枚       同十一月廿日仏国テーブル号積
一四拾八万四千六百三拾枚   同十一月廿五日亜国シチイヲフヘンキ号積
一六万三千五百三拾三枚    同十一月十五日亜国ケーリツク号積
一千弐百枚          同十一月英国ソンタ号積
一五百枚           同十二月四日仏国タナイス号積
一拾五万四千四百六拾九枚   同十二月廿五日亜国ヲシアンツク号積
  総計
  百〇壱万七千四百三拾五枚
    内
  壱万五千枚        下村善太郎十一月十一日積
  七万枚          右同人十一月廿五日積
  五万枚          梅原親固十一月廿五日積
  凡三万三千枚       日本商人輸出分
    〆拾六万八千枚
     輸出入差引残
 - 第14巻 p.615 -ページ画像 
      拾六万八千四百八拾四枚
一蚕種拾六万八千四百八拾四枚 蚕種貸附所正有分
     蚕種売却価格見積
一五万五千枚 蚕種壱枚ニ付平均二弗半売却ノ見積
一弐拾弐万七千枚 同平均二弗売却ノ見積
一三拾四万枚 同平均一弗半売却ノ見積
一弐拾七万枚 同平均壱弗売却ノ見積
一拾弐万五千枚 同平均八分売却ノ見積
  〆百〇壱万七千枚
  此代洋弗
  百四拾七万千五百弗也
   此平均蚕種壱枚ニ付
    壱弗四分四厘六九
 但此売込価格見積ハ実際売買ノ摸様ニヨリ更ニ之ヲ減却シテ按算仕候ニ付、之ニ騰上スルトモ低下ハ不仕見込ニ御座候
右之通御座候也
  明治九年十二月
第五号○略ス
第六号
   流込蚕種再評価並損耗調
一残余蚕種拾六万八千四百八拾四枚 但四百箱
   内訳
 甲拾壱万四千八百七拾枚 函数弐百七拾三函
   此評価蚕種壱枚ニ付壱円廿銭 此金拾三万七千八百四拾四円
 乙四万弐千九百〇壱枚 同百〇壱函
   同九拾銭 此金三万八千六百拾円〇九拾銭
 丙九千九百弐拾五枚 同弐拾四函
   同五拾銭 此金四千九百六拾弐円五拾銭
 丁七百八拾八枚 同弐函
  但此丁部ハ廃物トシテ各県ヘ逓送セサル見込ニ付詳細表ハ印刷セス
   同拾五銭 此金百拾八円弐拾銭
  再評価合計
   金拾八万千五百三拾五円六拾銭
   流込蚕種損耗勘定書
貸金還消残高
一残余蚕種拾六万八千四百八拾四枚
 此貸附金高
  金八万八千三百六拾三円拾七銭六厘
  洋銀拾三万七千百拾弐弗壱分壱厘六毛
   為金拾三万四千四百六拾八円拾三銭七厘 但十一月分洋銀相場平均五拾八匁八分四厘三毛
  右二口
   合金弐拾弐万弐千八百三拾壱円三拾壱銭三厘
   外ニ
 - 第14巻 p.616 -ページ画像 
  凡金三千円也           貸附所諸雑費
   但残蚕種各県ヘ之運送費用ハ此算外ニ御座候
  〆金弐拾弐万五千八百三拾壱円三拾壱銭三厘
 一金拾八万千五百三拾五円六拾銭    再評価合高
  但甲拾壱万四千八百七拾枚此評価壱枚ニ付壱円弐拾銭、乙四万弐千九百壱枚同九拾銭、丙九千九百弐拾五枚同五拾銭、丁七百八拾八枚同拾五銭ノ割
 一金三千四百五拾壱円弐拾八銭五厘   歩合預リ金
 一洋銀弐万弐千四百拾四弗弐分八厘八毛 同断
  為金弐万千九百八拾弐円〇六銭六厘 但十一月分洋銀相場平均五拾八匁八分四厘三毛
 合計
  弐拾万〇六千九百六拾八円九拾五銭壱厘
 差引
  金壱万八千八百六拾弐円三拾六銭弐厘 損耗
右之通御座候也
  明治九年十二月
第七号○略ス
第八号
  内国予備蚕種売却手続書
    第一条
予備蚕種ヲ逓送仕候御県ニ於テハ、速ニ其蚕種有高・国郡並組名及其価挌等《(格)》ヲ御詳記ノ上、県下一般ニ御公布被下、望人申出次第、其代価ヲ御領収之上、蚕種御下渡被下度候事
 但、此御公布ハ可成丈一般エ行届候様御取計被下、別而蚕種組合頭取等ヘ御示諭有之、且其申出日限ヲ御立被成候テ、御布達被下度事
    第二条
望人若シ蚕種売買渡世之者ニテ、一時多数壱口百枚以上ヲ買取リ、其代価モ即金ニ上納致シ候分ハ、原価ノ儘ニテ之ヲ御売渡相成、若シ亦半金即納半金ハ養蚕後上納之約束ニ候ハヽ、原価之三割高原価壱枚ニ付壱円ナレハ壱円三拾銭ノ割之見込ニテ、之ヲ御売却被下度事
    第三条
望人養蚕人ニテ少数之高ニ候ハヽ壱口ニ付拾枚以下代価即納ニテモ、原価之外壱割ヲ手数料トシテ御領収被下、若シ半金納ニ候ハヽ、原価ノ五割高ニテ之ヲ御売却被下度事
    第四条
若シ御県下之蚕種欠乏之患ナク、前条之望人モ稀少ニシテ、予備蚕種ノ幾分ハ不用ニ可相成ト御見込被成候ハヽ、御隣県ヲモ御照会之上御互ニ御融通被成、精々欠乏ノ地ノ所用ニ相充候様御取計被下度候事
 但、蚕種国柄等モ望人有之候節モ、御隣県ト交換法被成下度事
    第五条
御隣県ニモ欠乏無之シテ、若此予備蚕種不用ニ相成候御見込ニ候ハヽ更ニ相当ノ御見計ニテ、低価ニ相成候トモ売却方御心配被下度事
    第六条
御県之御都合ニヨリテ、可成ハ第一条御公布之上、直ニ身元慥成組合
 - 第14巻 p.617 -ページ画像 
頭取又ハ区戸長等ニテ組合為相立、此売却方取扱候様仕度、尤モ此組合ハ願クハ御県下ニテ弐組以上幾組ニ相立候トモ、多キ方最好ト奉存候事
    第七条
右組合ニ為引受候ニモ、其価格ハ第二条之額ニ従ヒ申度候得共、自然其示談ニヨリテ敢テ半金即納無之トモ、四分一又ハ三割即納位迄ハ御聞届被下、随テ養蚕後ノ上納方ハ可成手堅ク担保為致候様仕度候事
    第八条
第一条御公布ノ上、御県下ノ景況尚不足シテ、逓送外ノ望人モ有之候ハヽ、其段速ニ御通知被下度、又欠乏無之シテ不用ト可相成ト御見込之分モ速ニ御通知被下度、尤其御通知ニヨリテ、甲ノ御県ノ分ヲ乙ヘ御逓送相願候儀モ可有之ニ付、其場合ニ於テハ右逓送方モ御取扱被下度候事
    第九条
此取扱ニ付、御県ニ於テノ諸費類ハ御掛ノ月給其外書状便蚕種取扱人足賃ノ類可成御節減ノ上ニテ御度支相成、蚕種売却代価御領収之後ニテ、原価外幾分ヲ出候ハヽ相当御引去可被下、若シ原価迄ニ相成候歟、或ハ原価ヨリ減シ候ハヽ御補給被下度候事
 但、第七条ノ組合方法ニテ其仲間ニ手数料等御下渡相成候儀モ有之候ハヽ、其分ハ蚕種売却原価外ニ於テ制限相立領収セシムル様、相当ノ割合御調査被下度候事
    第十条
売却代価即納之分ハ、其時々為替又ハ御用金現送之幸便ニテ、第一国立銀行東京本店並各支店及三井銀行本支店ヘ御下付被下、其段御通知被下度、且養蚕後納之分モ遅クトモ九月限リニ御領収被下、同様御送付被下度事
    第十壱条
逓送仕候蚕種売却御取扱済之上ハ、勘定書ヲ御製シ被下、御付与被下度事
    第十二条
総テ御書通又ハ勘定書及送リ金等被成下候ハ、渋沢栄一ヘ御宛被下、東京海運橋兜町第一国立銀行本店ヘ御届被下度事
右者内国予備蚕種売却方奉願候ニ付、要領之廉々ハ此手続書ニテ奉申上候間、此他臨機之件モ御座候ハヽ、相当之御取計被成下、詰リ全国養蚕原種之欠乏ヲ防キ、自然地方之粗品等手当致シ候者ハ、御説諭之上此良品ニ交換セシメ、且私共出金之資本原額モ敢テ損耗ニ不至様御回護被下、充分之御手配相成候様奉願候也
  明治十年一月              渋沢栄一
                      益田孝
                      原善三郎


(原善三郎)書翰 渋沢栄一宛明治九年一〇月二七日(DK140067k-0004)
第14巻 p.617-618 ページ画像

(原善三郎)書翰 渋沢栄一宛明治九年一〇月二七日
                     (渋沢子爵家所蔵)
貴翰之趣奉拝承候、御考案之本書並建白附録共如貴□調印之上御返却
 - 第14巻 p.618 -ページ画像 
申上候、宜敷御取斗奉願上候、其他御申越廉々承知奉畏候
一当港売込屋製造人等評議之模様過刻梅原・山口之両人帰京致直様委細可申上筈ニ付、御聞取之上尚御差図被成下候様致度候也
  九年十月廿七日
                      原善三郎
    渋沢栄一様


(原善三郎)書翰 渋沢栄一宛(明治九年)一一月七日(DK140067k-0005)
第14巻 p.618 ページ画像

(原善三郎)書翰 渋沢栄一宛(明治九年)一一月七日
                     (渋沢子爵家所蔵)
○上略
一種紙買入之儀ニ就而、新潟県管下大惣代野本多吉殿参殿申立候儀も有之ニ付、御内意被仰聞候段一同承知仕候、此儀ハ過日中より生糸改会社ニ集り居候製造人、㝡早市中ニ残種廿万ニ不足候ニ付、買入直段三十銭より四十銭ニも買取呉候様再三再四申出候得共、未タ残数も難見留、且又当時市中ニ有合候品は、俗ニ云場脇与唱候品ニ而、外国人不好品多く、本場与唱候奥羽上武信州之品ハ残少く、此処ニ而直段買上ケ候共、相場之高下ヲ助け候見込は更ニ無之、今明日限九日出帆之後ハ、多分之買人有之間敷見込ニ付、彼是申出候とも、矢張先々之振合ヲ以買入可然与愚考仕候、製造人屯集之者存外不法之申分も有之候得共、夫是ニは不拘、先々之通買入可致与五名打合申候、此段内々上申仕候也
  十一月七日午後二時
                      原拝
    渋沢尊君


(原善三郎他四名)書翰 渋沢栄一宛(明治九年)一一月七日(DK140067k-0006)
第14巻 p.618-619 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰 大隈重信宛(明治九年)一一月九日(DK140067k-0007)
第14巻 p.619 ページ画像

渋沢栄一書翰 大隈重信宛(明治九年)一一月九日 (大隈侯爵家所蔵)
奉啓、昨日河瀬君ヘ御示諭之趣ハ、御同氏拝晤ニて詳悉仕候ニ付、此程中申上候買上之上伊国輸出之考案ハ、其損益を引負候慥成商人共有之候哉と、今日も出港種々申談仕候得共、何分空見之ものハ身元安心仕兼、手堅き人ハ充分之負担ハ相辞し候姿ニて困却仕候、さり迚抵当預り之方も景気思ふ様ニ参り兼候ハヽ、日々相増候而夫程之効験ハ不相見哉ニ被存候間、此決局ニ於て大ニ懸念仕候義ニ御坐候、就而明日拝謁篤と昨今之事情陳上仕度候間、何卒御逢被下度、尤も朝九時迄ニ尊邸ニ伺候、尊慮相伺候上、品ニ寄出港手配も仕度奉存候
今日も午後横浜行、漸十一時ニて帰京候次第、此程ハ本務よりハ此事務ニ苦心仕候次第ニ御坐候、殊ニ原ハ老父病死旁多く遁れ勝ニ相成、小生も大ニ困り入申候、何れ明日何分之御指揮可奉仰奉存候、右申上度 匆々頓首
  十一月九日夜
                       渋沢栄一
    大蔵卿閣下


渋沢栄一書翰 河瀬秀治宛(明治九年)一一月一一日(DK140067k-0008)
第14巻 p.619-620 ページ画像

渋沢栄一書翰 河瀬秀治宛(明治九年)一一月一一日
                     (大隈侯爵家所蔵)
拝啓然者蚕種買上方法之義、昨日尚又大蔵□□《(卿殿カ)》へ罷出、即今之事情逐一申上候処、此了局ニ付不得已次第ニ付、可成丈商人引受之手続ニいたし、拾五万枚位之見込ニて取斗可申との内許可有之候間、速く益田並同姓とも申談、両人横浜へ出張いたし、□《(色カ)》々申談之上、只今帰港面会仕候
 小生ハ昨日華族集会ニ付無拠出港不仕候
就而昨日以来之模様承合候処にてハ、御買入輸出之義、横浜商人ニて手堅きもの壱人、並前橋之三好屋善太郎、福島之ものニて壱人、都合三人ニて弐割之□□《(差金カ)》いたし、半高ハ損益共受持之筈取究候ニ付、□《(弥カ)》輸出之見込相決し、夫々手配仕候よしニ御坐候、就而ハ此金主と取扱人との約定書等明日取調可□《(相カ)》伺と存候、且此商法ハ実ニ不容易事件ニ付壱人ハ慥成人□《(壱カ)》人御遣し被下度、右ニ付勘考候ニ、中山譲治と申人ハ通弁も出来いたし、蚕種ハ伊国之摸様熟知之義ニ付、三五月間宮内省を御免被成、勧商局へ内々撰任、内輪ものニて表向ハ私共代人之訳ニて監督之為メ差出し申度、此段老閣御心配被下、内務・大蔵両卿にも御承知被下候様仕度、右等ニ付而ハ明日大蔵卿へ罷出、夫々申上候心得ニ候間御含被下、老閣より其段御申立可被下候
右引受候三人ハ実ニ大気込ニて買入ニ取掛り候得共、真実之商法と相成候而ハ□《(自カ)》ら相場も低下し、今日ハ上物弐枚壱弐分より弐枚以下と相成
 - 第14巻 p.620 -ページ画像 
候ニ付、中下之品ハ多数貸附ニ申出候勢ニ付、兼而其辺も心配いたし甚しき品ハ弐拾銭位都而一段預り方引下ケ候積ニ手配仕候義ニ御坐候右之段不取敢申上度 匆々頓首
  十一月十一日
                       渋沢栄一
    河瀬勧商局長様


渋沢栄一書翰 大隈重信宛(明治九年)一二月三日(DK140067k-0009)
第14巻 p.620 ページ画像

渋沢栄一書翰 大隈重信宛(明治九年)一二月三日 (大隈侯爵家所蔵)
拝稟、昨日出港篤と事情探偵候得共、引出し候蚕種ハ㝡早々寥々《(マヽ)》ニ御坐候、尤外商人ハ此場之残蚕種買取ニ着目仕候ニ付、先別紙伺書之通見込相立候、就而ハ明日御決定御指令奉願候
売却方ハ飽迄心配可仕候得共、外国人も全くスピクレーシヨンニ付、所詮壱弗以上ハ六ツケ敷と奉存候、品ニ寄平均八拾セント位ニ申出候哉と奉存候、弐百弐番と申商人ハ七分と申居候、九十番ハ聢とハ不申候得共八分位ニ相考候哉ニ被存候、平均九分ニ相成候ハヽ売却之方と奉存候、又内地用之分ハ兼而申上候方法ニ勧業寮御引受被下、尚区分を綿密ニいたし、各県配賦被下候ハヽ、敢而損とのミにも有之間敷、併弐拾万枚以上にてハ実ニ多ニ失し可申候、英国為替ハ四シルリンク三ペンス位尚高き方ニ御座候、洋銀ハ五十八匁三四分安き模様ニ御坐候
生糸ハ愈気配不宜、糸商人ハ頭痛千万ニ御坐候
右昨日之模様拝趨可申上之処、無拠用事ニて差支候付、乍失敬書中申上候 匆々頓首
  十二月三日
                       渋沢栄一
    大隈大蔵卿閣下
  尚々伺書ハ明日勧商局ヘ御下命、早々御指揮奉願候、尤も御差図ニより尚罷出、時況可申上と奉存候也
   ○横浜洋銀相場ヨリ推考スレバ、本書翰ノ日付十二月三日ハ明治九年ノ十二月三日ナルベシ。


渋沢栄一覚書 明治九年(DK140067k-0010)
第14巻 p.620 ページ画像

渋沢栄一覚書 明治九年 (渋沢子爵家所蔵)
一枚数ハ両人ニて拾壱万五千枚位と相成可申事
 但下村善太郎ハ六万五千枚位、梅原親固ハ五万枚を限り候事
一商人出立ハ本月廿五日米国船之積り、尤も荷物のミ積出し候而も差支無之段邦船問屋と引合済ニ相成候ハヽ来月之初旬ニ出立之心得ニ候事
一桑港及紐育領事ヘ之書翰ハ荷物輸出引合済之摸様ニより可相願事
一富田冬三氏ハ是非出張いたし呉候方可然候事
一中島領事ヘハ丁寧御書通被下度事
  但仏国領事ヘも同断之事
一川島忠之助ヘハ左之委任状並廉書
   ○「(キ)渋沢」ト印刷セル罫紙ヲ用フ。「左之委任状並廉書」マデニテ第一紙ヲ終ル。第二紙ハ散逸セルカ。栄一ノ自筆ナリ。
 - 第14巻 p.621 -ページ画像 


(鈴木利亨)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)一一月二五日(DK140067k-0011)
第14巻 p.621 ページ画像

(鈴木利亨)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)一一月二五日
                    (渋沢子爵家所蔵)
尊書拝見仕候、陳ハ蚕種買入調書並川島忠之助へ御渡相成候取扱廉書御上申書御差出相成候旨御紙面之趣拝承落手仕候、此段御答申上候
                          匆々敬具
  十一月廿五日夜                利亨
    渋沢様


(西園寺公成)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)三月一〇日(DK140067k-0012)
第14巻 p.621 ページ画像

(西園寺公成)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)三月一〇日
                    (渋沢子爵家所蔵)
渋沢閣下 西園寺拝
昨日申上候能成一条ハ虚説ニ相違無御坐候よし容易ナルコト申上恐入申候、今日も海軍省伊集院与申者面会仕候処、山鹿江ハ余程難義ニ御坐候得共他ハ差支之事無御坐旨申居候事ニ御坐候、只今伊太利ニ在留罷在申候桜田与申者より一封到来仕候間、要用之件左ニ書抜差上申候
  来書写
 河島中之介持参之蚕卵紙之事御申越之義ハ委細承知、右ハ外務卿並渋沢氏之電報モ有之に付、直様ヘニース港に而日本領事心得之者ヘモ通知「此人ハ決而私利ヲ貪リ中益ヲ心懸候者ニ無之衆望アル人物也」養蚕家に而他ノ手ヨリ種紙買入ノ為ヲ不為様為務申候、其他右種紙之為右館在勤副領事中嶋氏去ル十二月廿日未蘭地より出張、彼是尽力、追々望人も多相成候様申越、利益ハ無疑ト存候間御安心被成度、併し只遺憾ナルハ今少シ持渡之事ヲ早メニ報知ニ相成居候ハヽ尚利益モ多く相成候事与存し、何様今年ハ年始メニて後年之為極肝要之機に付、直売之利益アル証ヲ得させ、我商人之遂々多数渡欧《(逐)》セシメ仲間に而外人ニ利潤ヲ被貪不申様致度事与一同尽力罷在申候
一前文申述候蚕種紙ハ仏フハーブル港迄ハ無事ニ着、明日当リハ未蘭地着之筈之旨只今中嶋より申越候間、渋沢氏にも御安心被致候様御申被下度云々
右早筆御推覧被成下度奉存候
  三月十日
   ○中島ハ百官履歴(下巻・第一九四―一九六頁〔昭和三年二月〕)ニヨレバ名ヲ才吉、静岡県士族ニシテ明治五年租税寮ニ出仕、直ニ伊太利ニ差遣、主ニ同国ニ在勤、同十一年領事ニ昇進セリ。


(福田彦四郎)書翰 渋沢栄一宛明治九年五月二四日(DK140067k-0013)
第14巻 p.621-622 ページ画像

(福田彦四郎)書翰 渋沢栄一宛明治九年五月二四日(渋沢子爵家所蔵)
賤簡奉謹呈候、其後殆と御踈濶ニ罷過候以愈
御健勝被為在御座候御儀奉恐賀候、次ニ弊地一同無事消光罷在候間御尊意易思食被下度候、然ハ蚕之事本月五日掃立始七日掃終ル正百目程掃立、当時竹□ニ差掛り壱番蚕通りハ起揃、是まて之如都テ進方能無
 - 第14巻 p.622 -ページ画像 
事之様愚案仕候、籠数ハ四百籠斗りニ相成、当年ハ男女雇人も諸方より申込多分有之大ニ都合も宜敷、養方も行届可申と奉存候間、此段も申上候
普請も造作ニ至り何分埒明不申候得共、二階丈ケハ掃立ノ際出来仕候ニ付差支無御座候、本年掃立高ニてハ二階斗ニても十分ニ御座候、気候風抜ノ様子間取等も都て便利能至極洪大之蚕室ニ出来仕、日々見物人多分有之候
作事も余程堅牢にて、若し大嵐ニても心配ハ有之間敷と奉存候間、此段御休神被下度申進候、地勢も兼て申上候儀も御座候得共、西方ハ鬼怒の流ニ行通帆船、乾ノ方ハ日光山、北より東ハ三百余町ノ狭地平坦ニして、巽ノ方築波山《(マヽ)》、未申の方ニ当り富岳ヲ眼下ニ見て、実ニ屈強之地景ニ御座候間、悉皆落成仕候上ハ何卒一度御遊覧被成下度様仕度事ニ奉冀望候間、是又申上置候
本年蚕種製造申合之儀、当月二日湯島老兄陸行之節様子柄相伺候得共何れとも決議無之由、右ハ如何決評ニ相成申候様子ニ御座候哉、此段拝承仕度奉存候間、奉恐縮候得共小久保子江被仰聞、同人より通知相成候様奉拝願候
右者養蚕様子柄申上度如斯ニ御座候 恐々頓首々々謹言
  九年五月廿四日             福田彦四郎
                          九拝
    海運橋
     大兄閣下


(渋沢市郎)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)九月二八日(DK140067k-0014)
第14巻 p.622 ページ画像

(渋沢市郎)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)九月二八日 (渋沢子爵家所蔵)
拝啓仕候、秋冷ニ御座候処其御表
御満堂様愈御揃御精適被為渡候条恐悦至極御座候、次ニ当方一同無事ニ罷在候間乍憚御休神可被下候
陳者蚕種輸出之分者手斗幸五郎様一昨日壱枚金壱円ト少々ニ而御売払ニ相成候、昨日前之内二軒共壱枚壱円ニ而売払申候、横浜様子も御伺不申候得者武沢様御出ニ而承り、壱円宛ニ相成者売払ニ致ても宜敷様御咄しも有之ニ付、先売払ニ致候間御安心可被下候、新田之御内者横浜出ニ致ス積ニ御座候
お琴殿御病気者御全快被遊候事や御大切ニ可被成候、新田姉殿当節者御口数少しニ相成候、三十斗りおていも富岡より参居候得共、一度も論抔者致不申候間先当分之処御安心可被下候、武沢様も今朝御地江出立仕候間委細者御聞取奉願上候、余者貴面之上万々申述度候 早々謹言
  九月廿八日
                      渋沢市郎
    渋沢大君様


(渋沢才三郎)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)一〇月八日(DK140067k-0015)
第14巻 p.622-623 ページ画像

(渋沢才三郎)書翰 渋沢栄一宛(年未詳)一〇月八日
                    (渋沢子爵家所蔵)
以賤簡奉啓上候、秋冷日増相催候処其御地
御満堂様益々御揃御勇健ニ可被為渡候条不斜奉拝賀候、次ニ当方一同
 - 第14巻 p.623 -ページ画像 
無事罷在候間乍憚御休神可被下候、先頃者態々御立寄被下候処甚々御麁末仕恐縮之至ニ奉祈候
御戻りニ御廻り被下候様ニも存居、御立寄無之様御状ニ付深谷迄参り候得共、終ニ御通行ニ間ニ合兼、御窺申兼失礼之巳恐入候
奥様御入湯戻懸ケ御立寄被下甚々御麁末仕候、雨天続ニ而御道中も御難治被遊候事と存候得共、無御別条御帰京相成恐悦奉存候
新田江御貸金証書も漸出来仕 奥様江御持参願入候旧証書者、小子当春出京之砌写之巳差置本証者持参仕、此度引替ニ新田江相渡申候間右ニ御承知願上候、入金之義も奥様申上御預り置候得共、御書面ニ付御信切之次第申述返金仕、十郎殿も恐入候次第忝存奉御礼申上候、藍製之義ニ付金円御借用奥様ニ申入御願申、早々金弐百円御送り被下忝御借用仕正ニ落手致候、幸五郎殿も宜敷御礼奉申上候、金三拾円者 奥様御返りニ立替仕、早々御返送被成下難有御受取申候
手斗おこと様御目病ニ而御厄介ニ相成種々療治被遊、何分
片方者無拠様ニも承知致御心配之事御座候
お国様江乍失礼宜敷申入奉願上候、余者後便可申上候 謹言
  十月八日
                      渋沢才三郎
    渋沢大君様
         机下
 追啓申上候藍製之義も半製之物酒樽ニ六拾本程も出来ニ相成候、近近之内諸調書等持参可仕候間宜敷五代公江も乍恐申入奉願上候
                            早々


渋沢栄一書翰 古河市兵衛宛(明治九年)一一月二日(DK140067k-0016)
第14巻 p.623 ページ画像

渋沢栄一書翰 古河市兵衛宛(明治九年)一一月二日 (古河男爵家所蔵)
以手紙啓上いたし候、然者先頃御頼申上候下手計村尾高幸五郎持種此節之景気ニて売却いたし度ニ付、何卒明後四日ニハ横浜ヘ御遣し売払方御工夫被下度候、望直段ハ三枚位ニ候得共成行ニて御取計可被下候此段御頼申上度 匆々
  十一月二日
                       渋沢栄一
    古河市兵衛様


横浜毎日新聞 第一七八〇号 〔明治九年一〇月三一日〕 【偉ナル哉渋沢栄一君…】(DK140067k-0017)
第14巻 p.623-625 ページ画像

横浜毎日新聞 第一七八〇号〔明治九年一〇月三一日〕
偉ナル哉渋沢栄一君ガ我ガ日本貿易市場ニ勲労ヲ与フルコト、我輩ハ去ル廿六日熊本暴動ノ飛報ヲ得ルヨリ平日ノ思想ハ西南ノ一隅ニ傾キ廟堂ノ諸公ガ苦心焦慮サルルノ報ヲ得ル毎ニ杞憂戚々筆ヲ他ノ地面ニ向ツテ揮フコトヲ知ラザリシガ、今朝港内ノ鋭商某氏ガ昨今蚕紙貿易市場ノ競争ヲ詳説スルヲ聞キ、我日本焦眉ノ急ハ未タ必スシモ西南僻遠ノ暴徒ノミナラズ、前途不測ノ強敵ハ既ニ京浜両地ノ間ニ近接スルコトヲ知リ得タリ、此ノ不測ノ強敵ハ凶器ニ依ツテ万一ノ僥倖ヲ求ムルノ痴策ニ出ツル者ニアラズ、則チ彼ノ智力ノ一方ニ依リ商門ノ主権ヲ握ルヲ以テ鴻的トスル伊仏老練ノ蚕紙商人是ナリ、此等ノ老商ガ智術ヲ以テ我ガ盲商ヲ籠絡シ、商門ノ主権ヲ独占スルコトハ年々断ヘサ
 - 第14巻 p.624 -ページ画像 
リシガ、今年モ最早蚕種売買ノ機既ニ迫リ、彼ノ商門須要ノ主権ハ既ニ八分ヲ彼レニ譲リシニ、独リ渋沢栄一君ガ挺然自奮シテ此ノ機ヲ動スニ依リ、日本蚕種商人ハ漸ク一両日以来永年会稽ノ羞ヲ居留地坊門ノ下ニ雪クノ機ヲ発現シタリ、故ニ我輩今日ノ論場ハ西南遠僻ノ腕戦ヲ止メ、目下ニ近迫シタル智戦ノ景況ヲ縷述シ、栄一君ガ偉勲ヲ没セズ、亦タ伊仏老商ガ妄厭ノ慾ニ依ツテ却ツテ家産ヲ破ルノ惨ヲ救ハズンバアラサルナリ
聞ク、渋沢栄一君ハ港内土着ノ蚕種問屋ナル者ト港内在留ノ蚕種荷主ガ堅忍持重ノ気ニ乏シクシテ伊仏老商ノ驚赫ヲ受ケ、終ニ彼ノ譎商ヲシテ我日本ノ蚕紙一枚ニ天保一枚ノ定価ヲ粘シメンヲ恐レ、港内ノ富商益田孝・原善三郎ノ二氏ヲ誘ヒ、去ル二十七日ヨリ製紙商人ノ会議ヲ開キ、座ニ連ナル者郡鄙ノ商人五百名、渋沢・原・益田ノ三氏之レガ主座ヲ占メ、渋沢君発言シテ云フ、我カ日本ノ物産ハ生糸蚕種ヲ以テ第一トス、而シテ此ノ貴重ナル蚕種生糸モ機ヲ見テ之ヲ売レバ日本物産第一ノ名ニ負カズ、機ニ後レテ之ヲ売レバ日本蚕紙一枚ハ天保一枚ニモ直セサルニ至ル、而シテ此ノ機ハ常ニ日本商人ノ手ニ落チズシテ外国商人ノ手ニ落ル者ハ何ソヤ、日本商人多クハ自分勝手ノ利益ヲ目当トシ社会ノ広益ニ眼ヲ附ケザルヨリ、終ニハ密売壟断ノ利ヲ貪リ我々物産ノ声価ヲ落スニ至ル、豈痛シキ事ナラズヤ、斯ク日本商人ガ貿易市場ノ情ニ盲ク国ノ公益ヲ害シ外国商人ノ手術中ニ陥ル者ハ、我日本商人ノ小利ヲ貪ルヨリ生スル所ナレトモ、其根スル所ハ独リ資本ノ疲薄ナルニ由ルガ如シ、依テ今益田・原ノ二氏ト戮力シ玆ニ一百万円ノ資本ヲ積ミ、需求ノ諸君ニ貸与スルコトハ難キニアラザレトモ、只憂フル所ハ日本商人ニシテ外商ト密通シ壟断ノ利ヲ貪ルアランヲ恐ルガ故ニ、玆ニ会社ノ規則ヲ制シ、従前商人ノ弊ヲ防ガザル可カラズト云ヒシニ、列座ノ五百人ハ君ガ用意ノ厚キニ感シ、即座ニ渋沢・益田・原ノ三氏ニ依頼シテ一百万円ノ資本ヲ借リ受ケ之ヲ貿易戦場ノ糧食トナシ、渋沢喜作之レガ総裁トナリ、中山登乃作・茂木惣兵衛・吉田幸兵衛ノ三名之レガ肝煎トナリ、検査掛アリ、取引掛リアリ、各々其人ト才トヲ撰シテ専務ヲ委任シ、従前ノ生糸会社ヲ以テ蚕種貸附金取扱所ト定メ、其貸附ケノ法ハ、現今横浜蚕紙入荷ノ高ヲ一百万ト見積リ、蚕種ノ多少ト精麁トヲ精索シ、価ニ応シテ之レニ貸附シ、一年七朱即チ百分ノ七ヲ以テ利息ト定メ、規則十五条々々皆信《(マヽ)》ヲ置クニ足リ、約調ヒ、法定リ、昨夜七時会場ヲ徹シタリ、而シテ渋沢君ハ此ノ会場ノ終リニ臨ミ、日本客気ノ先生方ガ一時非常ノ資本ヲ見ルヨリ直チニ滅火再燃ノ気ヲ起シ、一枚ノ蚕種ニ五円・八円ノ直段ヲコヂ付ケ、発売ノ機ヲ誤ツテ亦天保一枚ノ歎ニ陥ランヲ恐レ、蚕種製造ノ原費ト当時発売ノ価額トヲ比較シ、原費四十銭ノ蚕紙ニシテ之ヲ二円三円ニ売却スレハ得ル所ノ利原費ニ倍蓰スル理由ヲ再説シ、客気先生ヲシテ強欲非常ノ浮利ニ貪婪セサランコトヲ警メタリト、嗚呼渋沢君ノ如キハ進ンデ我ガ日本商人ノ死気ヲ振ヒ、退ヒテ日本商人ノ客気ヲ押ヘ、一静一動真ニ其挙ヲ誤ラサル者ト云フベキ也
斯ク資本基礎ヲ得、社則法ヲ立テシカラハ、日本蚕紙商人タル者進ンテ伊太利仏蘭西ニ航シ、之レヲ現時欧洲一般ノ通価ニ売却スベシ、去
 - 第14巻 p.625 -ページ画像 
ル二十三日伊太利ミランヨリノ電報ニヨラハ同府ハ我ガ蚕紙十フランク(我ガ通貨二円許)ヨリ二十フランク(我通貨四円余)ト云ヒ、又タ去ル十八日羅馬在留公使桜田君ノ電報ニハ同府現時日本蚕紙通価下等十リーラ(日本二円)ヨリ上等十七リーラ(日本三円余)ナリト云フ然ハ即チ在港ノ製紙商人タル者ハ我ガ横浜市場ニノミ貿易ノ念ヲ止メスシテ、一挙直チニ羅馬伊太利ノ市場ニ進戦シ、彼レト貿易市場ノ主権ヲ争フモ必ス貿易市場ニ失敗ヲ召クノ恐レアラサルベシ
我輩ハ連日ノ新聞ニ於テ港内糸商ガ伊太利ニ渡航スルノ希望アルコトヲ賞讃シタレトモ、此ノ渡航モ港内在留ノ日本人ガ法則ヲ立テ彼レノ需用ト我レノ製造高トヲ見積リ此レニ適度ノ価額ヲ略定シ彼レト相接スルノ法ヲ立テサレバ、市場ノ主権ハ必ス彼レニ専有セラレンコトヲ予想セシニ、今挙ノ会社規則ニヨラハ我国ノ盲商ガ壟断ノ利ニ奔走シテ市場ノ声価ヲ貶トスノ恐レナシ、情勢既ニ斯ノ如シ、進ン乎伊太利仏蘭西皆ナ我ガ好得意ナリ、止ン乎海湾十四五艘ノ商船ハ皆ナ我ガ糸商ノ好得意ナリ、我ガ糸商タル者宜ク此機ヲ失ハサレ
我輩ハ今末筆ニ臨ンテ外国糸商ヲ警ムベキ所アリ、外商ハ尚ホ近年常手ノ猾智ニ依ツテ製紙一紙天保一枚ノ夢ヲ再結スル勿レ、我ガ日商ノ資本ニ豊富ナルコト斯ノ如ク規則ノ確定セシコト斯ノ如シ、而ルヲ尚ホ天保一枚ヲ以テ我カ蚕紙ニ交易セントセバ日本糸商ハ直チニ航欧ノ念ヲ生ジ、港内在留ノ外商ト貿易ノ情ヲ絶ツニ至ラン、此ノ時ニ至ラハ在留ノ外商タル者留ルモ製紙ヲ買フニ道ナク、西帰スルモ貸借金貨ノ利子ヲ償フニ道ナク、其極終ニ窮鹿ノ樹ヲ失フカ如クニ至ルアラン嗚呼渋沢君出テヽ虞淵ノ商権ヲ国商ニ回復シ、外商ノ猾智モ其術ヲ施スニ地ナシ、然則チ日本貿易市場ニ向ツテ望ヲ属スルニ足ル者ハ君ヲ除ヒテ誰ソヤ


横浜毎日新聞 第一七九〇号 〔明治九年一一月一三日〕 【過日の新聞へ微細《こ…】(DK140067k-0018)
第14巻 p.625 ページ画像

横浜毎日新聞 第一七九〇号〔明治九年一一月一三日〕
○過日の新聞へ微細《こまか》に掲載せし有名なる渋沢・益田・原の三名が巨大の商法に着目せられ、昨十一日より蚕卵紙凡五六十万枚《たねがみ》を買入、弥々不日に伊太利亜国へ販売に趣かるヽとかいふこと


中外物価新報 第一号〔明治九年一二月二日〕 横浜ガゼツト新聞訳 十一月廿五日 ○種紙(DK140067k-0019)
第14巻 p.625-626 ページ画像

中外物価新報 第一号〔明治九年一二月二日〕
  横浜ガゼツト新聞訳            十一月廿五日
    ○種紙
取引ハ可ナリ景気ヨカリシガ、余輩ガ聴ク所ニ拠レバ此ノ郵船ニテ種紙五十万枚ヲ輸出スベシト、然レトモ果シテ然ルヤ否ヤ余輩之ヲ保証スル能ハズ、去レトモ日本荷主ノ内兼テ望ミタル直段ヲ以テ当港ニテ売捌キ難キ種紙ハ、之ヲ欧羅巴ニ持参スルコトニ決心シタルノ故ヲ以テ、港内着荷ノ内此度沢山ニ輸出スルニハ相違ナカル可シ、右送リ荷ノ過半ハ、本年種紙買込ミ人ヨリ十分ナル代価ヲ強取《ムリトリ》セントノ目的ニテ新タニ設立シタル日本有名ノ一会社ヨリ積ミ送ルノコトニシテ、其ノ会社ノ頭取ハ即チ第一国立銀行ノ頭取渋沢氏ナリ
前便仏国郵船ニテ其積荷ヲモ合セ種紙三十七万二千六百枚ヲ欧羅巴エ向ケ積込ミタリ、続イテ「シチー、オフ、ペキン」号ニテ五十万枚ヲ
 - 第14巻 p.626 -ページ画像 
送リタレバ、通計八十六万枚乃至八十七万枚ノ大額ナリ


中外物価新報 第一号〔明治九年一二月二日〕 横浜 十二月一日出(DK140067k-0020)
第14巻 p.626 ページ画像

中外物価新報 第一号〔明治九年一二月二日〕
    横浜                 十二月一日出
種紙ハ最早片付キ、種紙貸附取扱所ニ質入ニ相成タル分ハ只今弐拾万枚余モ有ル由ナリ、其外市中ニハ下物バカリ相残リイタリヤ人フランス人モ安直ナレバ思ワクニ買込ミ輸出イタシ度ト望ミ居ルモノ数人アル様子ナリ、此ノ貸付取扱ニアル者ノ処分ニ由リテハ、是迄イタリヤ国ヘ輸出セシ分ニモ大ニ関係スベキヲ以テ、同国人等ハ其ノ成リ往ヲ頻リニ聞及ヒ度ト心掛ル景色ニ候


中外物価新報 第一号〔明治九年一二月二日〕 横浜 十二月一日出(DK140067k-0021)
第14巻 p.626 ページ画像

中外物価新報 第一号〔明治九年一二月二日〕
    横浜                 十二月一日出
○生糸ノ相場ハ格外下落シタレトモ白眼合ノ姿ニテ取引ナシ、今ニモ西洋ニテ大戦争ヲ起スベキ評判ユエ本国ヨリ買注文ヲ止メタルカ外国人ニ買手ナシ、併シ中ニハ今一段ト下落セバ思ワクニ買入ルベキ見込ヲ立ル外国人モアル様子ナリ、此末イカヾ成行キ可申カ全ク西洋ニテ和戦ノ決着ニ由リ候


勧農局第二回年報 第七九―八二頁〔明治一一年八月〕 蚕種紙ノ件(DK140067k-0022)
第14巻 p.626-627 ページ画像

勧農局第二回年報 第七九―八二頁〔明治一一年八月〕
    蚕種紙ノ件
昨九年ノ養蚕ハ一般ノ豊作ナレハ蚕卵紙モ亦品位ノ精良ナル疑ヲ容レサル処ナリ、偶々伊・仏両国ノ養蚕非常ノ凶作ニ際スルヲ以テ内国商人皆我ニ充分ノ贏利アルヘシト信憑シ、競テ多量ノ蚕種ヲ開港場ニ輸出シ、殆ト百拾八万八千余枚ノ高ニ上レリ、外人其気勢ヲ察シ絶テ蚕種ノ買入ヲナサス互ニ時機ヲ謀ルノ景況トナリ、内国商人ノ資財ニ乏シキモノ殆ト失敗セントスルノ徴候アリ、於是有志ノ商估渋沢栄一・益田孝・原善三郎等其情状ヲ慨歎シ、且ツ輸出蚕種ノ巨額ニシテ内国原種ノ欠乏セン事ヲ憂ヘ蚕種売人ト協議約束ヲ遂ケ、其品等ニ随ヒ上中下三等ニ甲乙ノ区別ヲ立テ、仮リニ上品壱弗半ヨリ下品五拾セント迄ニ価直ヲ定メ之ヲ抵当トシテ金円ヲ貸与シ、以テ蚕種ノ価位ヲ挽回セシヨリ、外人遂ニ策ノ行フヘカラサルヲ知リ売路頓ニ開ケ、前年ヨリ三倍余ノ価格ヲ増進スルニ至レリ、然ト雖トモ需用ノ少ナキ供給ノ多キ価格漸々低下シ悉皆売却シ難キヲ以テ、残余ノ蚕種拾六万八千四百八拾四枚ハ全ク抵当流込トナレリ、此貸付金弐拾弐万弐千八百三拾壱円三拾壱銭三厘、外ニ雑費三千円、之ヲ合算スレハ総計金弐拾弐万五千八百三拾壱円三拾壱銭三厘ニ上レリ、然レトモ有志輩ニ於テハ素ヨリ内国原種ノ欠乏ヲ顧慮シ強テ低下ノ売却ヲ為サス、売残ノ蚕種ヲ内地ヘ配賦セシニ該年ハ一般ニ蚕種豊饒ナレハ需用モ又甚タ稀少ナリシ初メ渋沢・益田等抵当ニ領置スルニ蚕種拾三万五千枚ヲ下村善太郎・梅原親固等ニ貸与シ伊太利亜国ヘ航海セシメテ販売ヲ試ミシニ、業創始ニ係ルヲ以テ外人充分ノ信用ヲ得ス、加フルニ伊商ノ内チ低価販売ヲナス者アリテ人心蠱惑価格進マス頗ル失敗ノ報知アリ
亦伊・仏両国ノ養蚕本年モ又凶作ノ風聞アリ、之ニ反シ内国ノ蚕業豊
 - 第14巻 p.627 -ページ画像 
饒ナルガ故ニ原紙講求《(購)》ノ額数年前ニ比スレハ頗ル増加アリ、然レトモ実際ノ製種ニ至テハ季節尚早キヲ以テ預メ知ル事ヲ得ス、故ニ其詳ナルハ来年ヲ待テ報告スル所アラント欲ス、今本周年ノ産額ニ就キ比較増減表ヲ製スル事斯ノ如シ

図表を画像で表示本周年蚕卵紙増減比較表

   本周年蚕卵紙増減比較表          枚数              通価                                        円 海外輸出          一一九、五二五         一、九〇二、二七〇・七二         前年ヨリ減 五九六、六八九   前年ヨリ増 一、四三七、一一六・五七三 内国用           六八五、九六七         不詳 販売剰余          一六八、四八四         同 夏蚕種内国用        一五一、〇六五         同 計           一、一二五、〇四一         一、九〇二、二七〇・七二 前年比較    減     七一四、二五三   増     一、四三七、一一六・五七三 




横浜沿革誌 (太田久好著) 第一八六―一八七頁〔明治二五年七月〕(DK140067k-0023)
第14巻 p.627 ページ画像

横浜沿革誌(太田久好著) 第一八六―一八七頁〔明治二五年七月〕
○上略
同年○明治九年蚕種紙ノ入港高前年ノ二倍余ニ至リ到底勝利ナキヲ焦慮シ減却方法ヲ集議シ空敷摺潰シ等ノ究策ヲ為ンヨリ、寧ロ積戻シニ如カスト之レニ一決シ、四拾余万枚ヲ返送セシヲ以テ却テ可也ニ売行キタリ、入港高其外左ノ如シ
 蚕種紙百拾九万三千三百四拾四枚 入港高
    内
  四拾壱万七千弐百五拾六枚 内国積戻
 差引
  蚕種紙七拾七万六千〇八拾八枚 海外輸出高
    此代価洋銀百弐拾九万八千三百九拾五弗弐分
○下略