デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商法会議所
■綱文

第17巻 p.20-22(DK170003k) ページ画像

明治11年3月27日(1878年)

栄一ヲ初メ会議所発起人等連名シテ、当会議所ノ
 - 第17巻 p.21 -ページ画像 
議場ニ充ツベキ家屋ヲ新築ノ上下附サレタキ旨、東京府知事楠本正隆ニ上申ス。翌二十八日許可セラレ、八月九日下附セラル。


■資料

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 一(DK170003k-0001)
第17巻 p.21 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 一
                   (東京商工会議所所蔵)
    商法会議所家屋之儀ニ付願書
商法会議所設立之儀ニ付昨十二月請願仕置候処、今般右設立之儀御許可相成候ニ付テハ、右議場ニ充ツヘキ家屋之儀ハ各自之醵金ヲ以テ造立スヘキ事ニ可有之候得共、目今新創之際其醵金ヲ募リ併セテ出頭ヲ勧誘候テハ、篤志ニシテ此挙ヲ切望スル者之外ハ或ハ之ヲ厭フノ恐レナキ能ハス、而シテ其加入人員稀少ナル時ハ広ク相商議スルノ便ヲ欠キ、此設立ノ要旨ニ背キ候ニ付、出格之特典ヲ以テ右会議所用ノ家屋一ケ所御府ヨリ御附与被成下度、此段奉願候也
  明治十一年三月廿七日
                     米倉一平
                     竹中邦香
                     渋沢喜作
                     大倉喜八郎
                     三野村利助
                     福地源一郎
                     益田孝
                     渋沢栄一
    東京府知事 楠本正隆殿
第五千六百五十五号《(太字ハ朱書)》
書面願之家屋新築之上可相渡候条府下共同之名実ニ相適シ議会漸次完全候様注意可致事
  明治十一年三月廿八日        東京府知事 楠本正隆
   ○図面略ス。
一建坪 五拾弐坪五合       議事室
     代金千五百七拾五円   壱坪ニ付 金三拾円
一同  四拾六坪六合六勺余    詰所休息所 応接所廊下 湯呑所トモ
     代金七百円        同 金拾五円
   合計金弐千弐百七拾五円


回議録 第七類 商法会議所(DK170003k-0002)
第17巻 p.21-22 ページ画像

回議録  第七類 商法会議所       (東京府文庫所蔵)
商法会議所新築之内江瓦斯灯九ケ所取附申度、右経費之儀ハ勧商局ヨリ御支出相成候ニ付速ニ着手為致度候間、其旨同所建築掛江至急御通達被下度、此段奉願候也
                商法会議所発起人総代
  明治十一年八日二日
                      渋沢栄一
    東京府勧業課御中
 - 第17巻 p.22 -ページ画像 
本文渋沢ヨリ申出瓦斯取設着手之儀ニ付、同所請負人江延期之処相達シ候処、同人中ニハ是迄一日モ早目ニ落成可致積リニ而勉強仕、已ニ一両日ヲ経テ落成御引渡シ可申含之処、夫レカ為メ落成之期ヲ失ヒ、而已ナラス御下ケ金モ無之大イニ難渋之趣申述候ニ付、猶説諭之上左之通リ取極メ候間、夫れに而異論無之候て速ニ着手不苦候間云々渋沢江御達シ有之度候也
一、瓦斯局ヨリ取毀チ之ケ所ハ該局ヨリ出来シ、該局ヨリ手付サル分ハ速ニ該請負人ヨリ出来引渡落成検査ヲ受クベキ事
  但該請負人ヨリ出来ノケ所瓦斯局ヨリ損所等ヲ生シ候節モ同断該局より取繕候事
    勧業課御中              土木掛


回議録 第七類 商法会議所(DK170003k-0003)
第17巻 p.22 ページ画像

回議録  第七類 商法会議所       (東京府文庫所蔵)
商法会議所新築落成ニ付、実際点検之上土木掛ヨリ請取仮リニ同所事務取扱西田耕平ヘ相預ケ置候、就而ハ明日渋沢栄一呼出引渡之上請書為差出候様取計可申哉、該場略図添此段相伺候也
   ○図面略ス。


回議録 第七類 商法会議所(DK170003k-0004)
第17巻 p.22 ページ画像

回議録  第七類 商法会議所       (東京府文庫所蔵)
    商法会議所新築御引渡御請書
予而出願仕置候商法会議所新築悉皆竣功ニ付、今般御引渡相成正ニ奉請取候、右御請申上候也
                商法会議所会頭
  明治十一年八月九日
                     渋沢栄一
    東京府知事 楠本正隆殿


東京商工会沿革始末 同会残務整理委員編 第一九頁 明治二五年五月刊(DK170003k-0005)
第17巻 p.22 ページ画像

東京商工会沿革始末 同会残務整理委員編  第一九頁 明治二五年五月刊
○上略 是ニ於テ発起人等ハ商法会議所ノ会員ヲ誘導シタルニ、直チニ応シテ会員ニ列セル者数十名、皆是府下ノ商業上ニ於テ信用アリ実験アルノ人々ナリケレバ相共ニ協議シテ商法会議所ヲ設立シタルニ、先ツ其会場及執務所ニ充ツベキノ家屋ナキヲ以テ、其家屋ノ附与ヲ東京府知事ニ請願シタリ、府知事ハ此請願ヲ聴納シ『願之家屋新築之上可相渡候条府下共同之名実ニ相適シ議会漸次完全候様可致事』ト三月廿八日 ○明治十一年ヲ以テ指令シ、尋テ木挽町十丁目ニ商法会議所ヲ新築シテ、今ノ特許局所在地之ヲ交附シタリキ


東京商業会議所史 第四頁 刊(DK170003k-0006)
第17巻 p.22 ページ画像

東京商業会議所史  第四頁 刊
○上略 尋いで東京府知事は議事堂建坪五十二坪五合、詰所・休息所・応接所・廊下・湯呑所を合せて建坪四十六坪六合六勺余の建物を京橋区木挽町十丁目に新築し、之を東京商法会議所に下付せられたり ○下略