デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商法会議所
■綱文

第17巻 p.311-328(DK170030k) ページ画像

明治13年4月13日(1880年)

米価及銀貨ノ昂騰愈々甚シキヲ以テ、政府ハ四月十二日米並ニ金・銀貨ノ取引停止ヲ命ジ、翌十三日大蔵卿佐野常民、栄一並ニ益田孝ノ両名ヲ招致シテ紙幣下落・物価騰貴ノ救済策、並ニ米商会所及円銀取引所ノ利害得失ヲ諮詢ス。是ニ於テ栄一即日当会議所議員ヲ招集シテ秘密臨時会議ヲ開催シ、諮問事項中第一問ハ追テ審議スルコトトシテ専ラ第二問ヲ討議ス。十七日其内容ヲ佐野大蔵卿ニ上申ス。


■資料

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170030k-0001)
第17巻 p.311-321 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                   (東京商工会議所所蔵)
(写)                渋沢   《(梅浦)》
今般理事本員ヘ御詢諮相成候条件ノ儀ハ即チ之ヲ第一第二ノ二項ニ区別シ、第二項ノ儀ハ去ル十三日ヲ以テ会議相開き各員審案討議仕候処所見ノ次第別紙傍聴筆記ノ通ニ御座候間此段不取敢荅申仕候、尤モ右第一項ノ義ハ追テ審議ヲ尽クシ篤ト其原因等講究仕候上、更ニ開申可仕、此段併セテ上申仕候也
                東京商法会議所会頭
                      渋沢栄一
    大蔵卿 佐野常民殿
   ○欄外ニ明治十三年四月十七日ノ日付記載シアリ。
                         《(梅浦)》
    大蔵卿ヨリ御下問之義ニ付臨時会議  渋沢 《(源)》
会頭曰ク、斯ク傍聴ヲ禁シテ諸君ニ御相談ヲ要スルハ別義ニ非ス、一昨日大蔵卿閣下ヨリ御用之義有之ニ付当会議所理事本員ニ出頭スベキ旨達セラレタルニ依リ、即チ第一副会頭福地ハ不快ニ付拙者並ニ益田ノ両人ハ今日大蔵省ニ出頭セシニ、大蔵卿ヨリ二条ノ垂問ヲ蒙リタリ然シテ其第一条ハ徐々ニ審案衆議ヲ尽クシ其意見ヲ上申スベキモノ、又第二条ハ今夕ニ於テ各自ノ考案ヲ陳シ即時奉荅ヲ要スルモノニシテ即チ其第一条ハ現今紙幣ノ下落物価ノ騰貴ハ如何ナル原因ニ根スルヤ又之ヲ救済スルノ術如何等ノ問題ニテ、此条ノ如キハ素ヨリ至緊至重ナルモノニシテ、即時杜撰ノ考案ヲ以テ能ク論究シ得ベキモノニアラザレドモ、会議所議員中此条ニ就テハ苦心配慮スルモノ少ナカラザルベシ、既ニ円銀騰貴予防等ノ論題ハ甞テ議場ニ登リタル事アレバ、篤ト衆員ノ所見ヲ聞キ追テ上申スベキ旨ヲ奉荅シタリ、次ニ第二条ハ米商会所及円銀取引所ノ利害得失ノ事ニテ、大蔵卿ノ詢諮セラルヽ趣旨ハ、右両所ノ如キハ素ヨリ商売上肝要ナル性質ヲ有スルモノナルベケレドモ、目下ノ処ニテハ果シテ其社会ニ有益ナルモノナリヤ否ヤト疑フ程ノ有様ニテ、現ニ米ノ如キ限月ノ売買高ハ四千万石ノ高ニテ其実
 - 第17巻 p.312 -ページ画像 
際ノ取引ニ至テハ僅カニ十万石ニ過ギス(是レハ蠣・兜両会所ノ取引高而已ナリシヤ否ヤハ記臆セザレドモ)其売買ノ空虚ナル夫レ如斯甚シク、又円銀ノ如キモ日ニ五六十万円若シクハ百万円余ノ取組アルモ其実際要スル所ニ至リテハ僅々二三万円ニ出デズ、之ガ為メ其相場上非常ノ乱高下ヲ生スルヲ以テ此際機ニ投シテ万一ヲ僥倖スル者少ナカラズ、由是視之、現今ノ処ニテハ右両所ノ如キハ啻ニ其効能ヲ奏セザル而已ナラズ却テ投機心ヲ養成シ、常ニ米価円銀等ヲ騰上セシムルノ由縁トナルモノナレハ結局如何ナル大害ヲ醸成スルモ計ルベカラズ、故ニ已ヲ得ズシテ昨日之ニ停止ヲ命シタリ、若シ果シテ右両所ノ如キハ投機心ヲ誘起スル者ナリトセバ此取引ノ事タル一方ニ於テ空手巨利ヲ占ムル者アルモ、他方ニ於テ非常ノ損害ヲ蒙ラザルヲ得ズ、凡ソ人ノ富ハ労力ト智力ノ二者ヨリ生スルモノナルニ、若シ斯ノ如ク労智ヲ費ヤサズシテ巨利ヲ博スルノ道アルトキハ利ニ趨ルハ世人ノ常情ナレバ貴賤上下トナク此ニ来テ其資財ヲ投シ、一籌ノ輸贏ヲ試ミントスルニ至ルハ必然ノ勢ニシテ、其弊ヤ労力ヲ以テ生シタル富ハ磊落無産ノ徒ニ帰シ、無産者日ニ増加シ、全国産業ノ道モ是ヨリ漸ク衰ヘ国家ノ財政モ終ニ救フベカラザルニ至ランモ測リ知ル可カラズ、果シテ如此ナル時ハ寧ロ此相場所ナキノ愈レルニ如カザルカ、然レトモ這ハ是レ弊害ノ一方ヲ挙クル者ニシテ、今若シ此相場所ヲシテ効能有ルモノトセン歟其点何レノ辺ニ在ルヤ、又其弊ハ如何ナル原因ヨリ来タレルカ又如何ナル方法ヲ以テ此弊ヲ矯正シ得ベキヤ、商法会議所ノ議員中ニハ右二業ニ関係スル者少ナカラザルヘキガ故ニ各自ヲシテ十分其所見ヲ吐露セシメ、敢テ会議所ノ議決ト云フニ及バザルヲ以テ其意見ノ在ル所ヲ具申セヨトノ主意ニテ、今此二条御諮詢ノ問題ヲ順次ニ論究スルハ固ヨリ適当ナルベシト云ドモ、要スルニ第一条ノ如キハ徐々ニ各員ノ所見ヲ問ヒ追テ上申スルモ妨ナカルベシ、独リ第二条ニ至リテハ焦眉ノ急ニ応スルノ問題ニシテ幸ヒ今夕其筋ヨリ官員ノ臨席モ在ラセラルヽ事ナレバ乞フ各員忌憚ナク其所見ヲ尽クサレヨ
益田孝曰ク、第一条ノ御下問ニ就テハ諸君必ズ其意見ノ陳セラルベキモノアラン、余モ亦卑見アリト云ドモ這ハ是レ徐々ニ審議ヲ尽クシ上申スベキモノニシテ一夕ニ講究シ得ベキモノニ非ズ、独リ第二ノ御下問ニ至テハ事今日ニ迫リタルモノナレバ先ツ此ノ条ニ就キ各員ノ意見ヲ問ハレタシ
会頭曰ク、固ヨリ前ニ陳スルガ如ク第一条ノ御諮詢ニ至テハ一朝一夕ニ得テ考案ヲ尽クシ得ベキモノニアラザルガ故ニ、直チニ荅申シ難キ旨奉荅シタル事ナレバ先ツ第二条ニ就テ其意見ヲ述ベラレヨ
益田孝曰ク、夫レ米商会所ハ名コソ変ハレ従来我国各地ニ其形跡アリシモノニシテ、頭初之ヲ設立スルノ時ハ出願人素ヨリ公衆ヲ益スルノ目途ヲ以テシ、又政府ニ於テモ其効能ノ存スル所ヲ見テ之カ設立ヲ許可セラレタルモノナリシガ、今ヤ米価漸ク高ク銀貨頓ニ貴キヲ致スニ至レバ一般ノ人心ハ此一方ニ傾キ喋々嘖々其弊害ヲ論スルニ至レリ、固ヨリ今日ノ景況ニ至レバ大蔵卿ノ御下問ヲ待タズシテ之ヲ医スルノ道ヲ講究スルハ我輩議員ノ義務ナリト云ベシ、況ヤ大蔵卿ノ御諮詢ヲ蒙ルハ当会議所ノ栄ニシテ敢テ卑見ヲ述ヘサルヘカラス、夫レ此米商
 - 第17巻 p.313 -ページ画像 
会所タル投機者ヲ養成スルノ場所ト云ヒ、米価ヲ沸湯セシムルノ由縁ト云ヒ其弊害ノ極ヲ論スレバ際限ナキ事ナレドモ、其商業上ニ切要ナル件々ハ固ヨリ之ヲ議場ニ喋々スルヲ須タズ諸君ノ熟知セラルヽ所ナレ共、倩其利害ノ軽重ヲ酌量シ之ヲ全廃スヘキカ之ヲ永続セシムヘキヲ論究センニ、暫ラク外国ノ事蹟ニ徴スルニ夫レ英国ハ其食料ヲ外国ニ仰クノ国ニシテ米国ハ之ヲ外国ニ供給スルノ国ナリ、然レドモ英国ニ於テハ株式取引所コソアレ米商会所ノ如キモノアラズ、又米国ト云ドモ其設立アルヲ聞カズ、英米諸国ニ於テ米商会所ヲ要セズシテ独リ我国ニ於テ之ヲ必須トスルハ抑モ又謂レアルナリ、蓋シ我国今日ノ形勢ヲ以テセバ米価ニ不平均ヲ生ズルノ理由アリ、運輸ノ不便、金融ノ壅塞、米商ノ寡数是ナリ、況ヤ税法頓ニ改革シ、数百万人ノ産出者ヲシテ其産出物ヲ自ラ販売セサルヲ得サルニ至リシニ於而ヲヤ、先キニハ政府其半額ノ米ヲ収集シ之ヲ市場ニ運輸シテ需用者ニ販売セリ、今日ハ然ラス、故ニ米商会所ヲ設ケテ以テ各地米価ノ平均ヲ導クノ媒ヲ為サシメサルヲ得サリシハ、恰モ明治十一年金録公債証書《(禄)》ヲ発行スル前ニ於テ株式取引所ノ設立ヲ許可シテ以テ各公債証書ノ価格ヲ平均セシメ不相当ノ売買ナカラシメント欲セシモノト一般ナリ、然ルニ英米其国ノ如キハ此患ナキガ故ニ価格不平均ヲ生スルノ弊ナシト云ドモ、今我国ノ現況ヲ顧ミルニ此患果シテナシトセンカ、我輩ハ決シテ其否ラサルヲ信スルナリ、已ニ我国ニ於テハ此患アリ、幸ニ米商会所ヲ以テ米価ノ不平均ヲ防クノ方便アルヲ以テ我輩米商ニシテ巨利ヲ得ントスルモ米価已ニ平均ヲ得ルノ今日ニ在リテハ其目的ヲ達スル事能ハズ今仮リニ米商会所ヲ廃スルトスル時ハ独リ我輩商人ハ米価不平均ヲ生スルノ機ニ投シ、非常ノ巨利ヲ博スル事アルモ之レガ消費者並ニ農産家ハ甚タシキ不利損失ヲ蒙ラザルヲ得ズ、抑モ我輩ガ米商ニ手ヲ下タシテ巨利ヲ博スル能ハザルニ至リシハ即チ甞テ米商会所ニ望ミタル効験ヲ今日ニ呈シタルモノト云ハザルヲ得ザルナリ、然ラバ則チ此米商会所ヲシテ今日ノ姿ニ存セシメンカ余輩固ヨリ其不可ナルヲ知ル、如何トナレバ今日ノ如キハ弊稍増長敷金ヲ出サスシ而大数ノ売買ヲ私ニ取組ミ、且ツ之ニ従事スル者ハ実業者而已ニ非ズシテ全ク之ニ関係ナキ官員・僧侶・書生ニ至ル迄此ニ来リ売買ヲ試ミ万一ヲ僥倖スルノ悪弊ヲ生シタレバナリ、今日会所ノ取扱方ニ拠レバザラ場ト唱ヘ本場売買ノ外ニ開場シ而何時モ各自自由ニ売買ヲ為サシム、加之一日ノ内ニ甲ヨリ乙ニ売リタルモノ売買戻シヲ為サスシ而帳簿面ノ引直ヲ乞而更ニ丙ト売買ノ組合ヲ為シ、而シ而遽ニ甲丙ニ而売買戻シヲ為シ、私ニ取組ミ而勝敗ヲ決ス、会所ハ之ヲ許シテ其望ニ応スルガ如キハ既ニ其弊端《(マヽ)》タルヲ以テ勉テ其矯正ヲ謀ルハ実ニ目下ニ在テ望マシキ事ナガラ日ニ二十万石ノ売買アリテ其実際ニ至テハ二万石ノ取引ニ過キズト云ヒ、又猥リニ投機商ヲ咎ムルハ蓋シ其当ヲ得ザルノ説ノミ、何トナレバ是レ商人ノ掛ケ引上ヨリ生スルモノニシテ譬ヘバ甲店ニ只五反ノ織物アリ購買者来リテ之ヲ買ヒ猶五反ヲ要スト云ハヾ甲店主果シテ無シト答ヘンカ、必ズヤ我ガ現有セザル者ヲ以テ之ニ売ルヲ約シ他ニ之ヲ求メテ其購買者ニ与フルナルベシ、蓋シ現有セザルモノモ之ヲ売ルヲ約スルハ敢而咎ムヘカラス、殊ニ中途ニ見込ヲ変シ売タルものを買埋
 - 第17巻 p.314 -ページ画像 
メ或ハ正米之儘販売スルハ是商略ノ常ニシテ其取引高ノ実際ニ背馳スルハ到底制ス可カラサルモノト云ハンノミ、或ハ仲買ノ身元金ヲ増サバ幾分カ此弊ヲ防クニ至ラント云フ者アリ、是レ余ガ甞テ望ム処ニシ而必ス其商売ヲ確実ニスヘシ、然レドモ証拠金ヲ非常ニ増スト云フノ説ニ至テハ管見ノ甚シキト謂ハザルヲ得ズ、試ニ米商会所現今ノ取引ヲ見ヨ、其証拠金ナルモノハ其取引ノ米穀一石十円ノ十分ノ一即チ一円ノ規則ニシテ太ダ多カラズト云ドモ、仲買人中現ニ十中八九ハ皆会所ノ申合規則ニ背キ其取引ヲ相対ニ附シ、此小額ナル証拠金ト云ドモ猶且ツ之ヲ出ダスナシ、今仮リニ一石一円ノ割合ヲ改メテ二円乃至三円ト為サンカ、サスレバ一万石ニ付証拠金三万円トナル訳ニテ今日迄ハ一万円ヲ以テ一万石ヲ買ヘ得ルノ制ナリシニ今度ハ一万石ヲ売買スルニ三万円ヲ出タサヾル可カラズ、是レ只売リ方ニ不利ヲ与フルノ理ニシテ其弊ヤ自ラ商売ノ区域ヲ減縮スルニ至ラン、夫レ一万石ヲ買フニ僅カニ一万円ヲ要スルノ今日ニ於テスラ猶証拠金ヲ出サヾルノ弊アリ、況ンヤ三倍即チ三万円ヲ要スルノ時ニ於テオヤ、故ニ証拠金ヲ増スノ事タル只ニ其弊害ヲ防クノ目的ヲ達シ得ザル而已ナラズ却テ犯則ヲ誘起スルノ基タルヲ知ラザランヤ、故ニ証拠金ヲ増スハ到底此宿弊ヲ匡正スルニ足ラザルモノニシテ余ガ見ヲ以テスレバ仮令証拠金ヲ増サヽルモ会所規則ノ如ク厳正ニ之ヲ執行スルニ於テハ果シテ此弊ヲ防クベキヲ信ズルナリ、又近来盛ンニ投機心ノ起リタルモノ其原因ヲ繹ヌレバ一ニシテ足ラザルベシト云ドモ、余ガ考案ヲ以テセバ是レ近年貨弊相場上《(幣)》ニ甚シキ変動ヲ起コシ、随テ米価ノ昂低ニ影響ヲ与フルノ甚ダシキヨリ人々其機ニ投シ射利ヲ営マントスルノ念ヲ発起シタルニ根スルモノニシテ、貨幣ノ価位一定セサル以上ハ到底此投機心ヲ抑制セントスルハ蓋シ至難ノ業ナルヲ信ズ、然ラバ則チ如何ナル方法ヲ以テ米商会所ノ弊害ヲ救ハンカ、余ガ見ヲ以テスレバ該会所之役員ヲシ而其弊害ヲ矯正スルノ責任ヲ負ハシムルノ一法アルノミ、蓋シ此人等ハ其弊害ノ在ル所ヲ熟知スルガ故ニ若シ協心一意其術ヲ施コス時ハ必ズヤ其功ヲ奏スルニ至ルハ余ガ疑ハザル所ナリ、是故ニ余カ所見ヲ約述セバ、先ツ日本今日ノ有様ニテ運輸未ダ全ク開ケズ、金融未ダ全ク通セズ、商估ノ数未タ十分ナラス、加ルニ農者ノ貯蔵力乏キ間ハ自然米価ノ平均宜シキヲ得ザルガ故ニ米商会所ハ今日ニ在テハ決シテ之ヲ廃スベカラズ、而シテ共弊習ヲ救済スルガ如キハ其責ヲ該会所関係ノモノニ負ハシムルニ如カザルナリ
柴崎守三曰ク、今日ノ米商会所ナルモノ果シテ其条例規則ヲ実践シ制規外ノ処措ナカラシメバ其効能蓋シ鮮少ナラザルベシト云ドモ、如何ニセン今日ノ如クナレバ、仲買タル者其規則ヲ犯シ会所モ亦之ヲ黙許ス、是レ其弊害ヲ生ズル所以ナリ、頭初米商会所ヲ設立スルニ方タリ余モ亦発起人ノ一人ニシテ屡々勧商局ヘ出頭シ其条例規則ニ関シ親シク諮詢ヲ蒙リタル事アリシガ、果シテ此規則ノ如ク履行セシメバ余ハ米商会所ニシテ決シテ害アルヲ見ザルヲ信ズ、之ヲ要スルニ益田君ノ説余ガ意ヲ得タリト云ハザルヲ得ズ
朝吹英二曰ク、夫レ取引所並ニ米商会所ナルモノハ、相場ノ平均ヲ主宰スルニ於テ欠ク可カラザルモノナリト云ドモ、其相場上時々(ヲヴ
 - 第17巻 p.315 -ページ画像 
ープライス)ヲ惹キ起コスヲ以テ第一ノ弊害トス、抑モ(ヲバープライス)ナルモノハ例ヘバ米一石ノ価九円ヲ以テ真価トセンニ米商会所ニ於テ投機者ノ多キヨリ其価頓ニ上騰シテ十円トナリ又遥カニ下落シテ八円トナル等其真価ヲ飛ヒ離レテ不相当ナル直段ヲ惹キ起コスノ謂ニシテ、余ガ考案ヲ以テセバ証拠金ヲ増加スル時ハ幾分カ此弊ヲ救済スルノ効アラン、益田君ハ証拠金ヲ増スモ実効ヲ奏スルノ勢力ナキガ如ク説下セラレタリト云ドモ余ハ其然ラザルヲ信ズ、何トナレバ今円銀取引上ニ就テ之ヲ言ハンニ現今ノ制ヲ以テセバ一万円ヲ買フニ其証拠金僅カニ四百円ニ過キズ、十万円ニシテ四千円ニ出デス、斯ク金額ノ僅小ナルヨリ自ラ投機者ヲシテ輸贏ヲ試ミシムルノ念ヲ誘起スルニ至ルモ亦宜ナリ、若シ此金額ヲ増シテ二倍若クバ三倍ニ上ホラシメバ薄資微力者ハ容易ニ手ヲ下ダス事能ハザルガ故ニ自ラ真価ヲ離レ所謂ヲバープライスヲ生ズルノ弊ヲ防クニ足ルベキト思ハル、故ニ今此ヲバープライスヲ生ズルノ弊ヲ防ギ、又仲買人等ガ懐《フトコロ》トカ、飲ムトカ、直ホストカ云フ種々ノ方法ヲ以テ相互ノ密約ヲ為スガ如キ悪習ヲ矯正スルノ術ヲ施コシ、規則ノ如ク其取引ヲ履行セシメバ米商会所ノ有要ナルハ猶益田君ノ説明ノ如クニシテ決シテ其今日ニ廃スベカラザルモノナルヲ知ル、又益田君ハ投機心ノ近年ニ盛ナルヲ以テ貨幣ノ価位変動ニ帰セラレタリト云ドモ、余ガ考案ヲ以テスレバ是レ僅ニ其近因ニシテ重ナル原因ト為スベカラザルサリ、抑モ投機心ノ起レル原因ヲ繹ヌルニ日本人ノ性質タル古来故格ヲ守ルノ習慣アリテ維新前ニ在リテハ大店ノ息子ガ相場ニ手ヲ出ダスガ如キ事アレバ其損益ニ拘ハラズ親戚相集リ之ニ異見ヲ加ヘ甚シキハ朋友モ交際ヲ絶ツガ如キ有様ナリシモ今ヤ乃チ然ラズ、大店ノ息子ガ相場ニ掛リ利ヲ得ル如キ事アレバ異見ハ扨テ置キ其父爺ハ内心窃カニ其勝利ヲ悦ブカ如シ、且ツ維新前士分ハ特ニ商売相場等ヲ賤ムノ風習ナリシガ明治ノ今日世態漸ク変遷シテ四民同権トナリ采地ハ新タニ金禄公債トナリ僅カニ五百円乃至千円ノ公債ヲ所有スル士族輩ハ之ニ依テ以テ活路ヲ得難キヨリ自然相場ニ手ヲ出ダシ一籌ノ輸贏ヲ試ミントスルノ徒多キヨリ此投機心ヲ惹キ起コシタリト云ハザルヲ得ズ、然ラハ則投機心ノ原因ハ全ク気運ノ変遷ニ基クモノニシテ之レヲ御一新ニ根スルト云フモ誣言ニアラサルナリ且レ夫レ米相場ノ如キハ知識モ要セズ労力モ須ヒズ、只仲買ノ楼上ニ安坐美食シテ一瞬時間ニ空手以テ巨万ノ利ヲ得ルノ僥倖アレバ人情ノ之ニ赴クハ又理ナシト云フベカラズ、故ニ只今日ノ急務ハ相場ノ弊ヲ矯メテ其実効ヲ奏セシムルニ在ルノミ、然レドモ投機心ナルモノハ英語ノ所謂(スペキユレーシヨン)ナルモノニテ国民ノ繁盛之レニ依ルモノ少ナカラザルガ故ニ余ハ更ニ其多カラン事ヲ望ムヲ以テ強テ之ヲ抑制セントスルガ如キハ余ガ取ラザル所ナリ
益田孝曰ク、余ガ前説ニ於テ証拠金ヲ増スハ無用ナリト云ヘシハ猥リニ其額ヲ増スハ無用而已ナラス却而弊ヲ生スルモノナルヲ論シ、之ヲ減スルヲ得策ナリトスルノ意ニアラズ、現ニ今日ノ売買ヲ視ルニ規則ニ準ヒ証拠金ヲ出ダス者ニ至テハ十中ノ二三ニ過ギザルガ故ニ此規則ヲシテ果シテ実行セシメバ今日ノ証拠金ヲ以テ足レリト云フニ在リ、諸君或ハ余ガ説ヲ誤解セラレン事ヲ恐レ敢テ此ニ一言ス
 - 第17巻 p.316 -ページ画像 
柴崎守三曰ク、余ハ多年米商ニ関係シ或ハ仲買トナリ或ハ買主トナリ其場裏ノ事情ヲ熟知スル者ナルガ、其実本場ヘ出ダサズシテ取引ヲ為ス者少ナカラズ、多クバ所謂フトコロナルモノニシテ証拠金ヲ出ダシ真正ニ取引スル者甚タ稀ナリ、故ニ余ガ見ヲ以テセバ自今規則ノ如ク実行スルニ至ラバ其証拠金ハ尚ホ今日ノ半額ニテモ足レリトス
荒尾亀次郎曰ク、証拠金ハ今ノ規則ヲ以テ少ナシトセズ、独リ余ガ一言ヲ要スルモノハ相場立ノ時間ニ制限ナキ是ナリ、従前ハ相場立合ノノ時間《(衍)》ヲ定メ之ニ後クルヽ者ハ其日ノ帳簿ニ記入セザルノ制ナリシガ今日ニ在テハ其時間ニ際限ナク所謂ダラダラトナルヨリ自ラ売買上数多ノ関係《カラミアヒ》ヲ生シ実ニ謂フ可ラザル不都合ヲ惹キ起コスノ弊ナシトセズ故ニ其時間ニ限界ヲ立テ直チニ帳合ヲ定メバ此弊ヲ防クニ至ラン
子安峻曰ク、諸君米商会所廃ス可カラザルノ論多シト云ドモ、余ガ所見大ニ之ニ反ス、余ヤ固ヨリ此般ノ商売ニ疏トクシテ其実況ヲ詳知セズト云ドモ、甞テ某仲買商估ハ纔カニ二三十銭ノ端銭ヲ以テ百万円ノ身代ヲ作シ子孫ノ繁栄ヲ図ルハ一ニ米商ニ如カザル旨ヲ広告シ其世上ノ投機心ヲ誘起スル小少ニアラズ、蓋シ空手巨利ヲ攫ムハ人情ノ欲スル処ニシテ医者モ坊主モ学士モ書生モ此ニ手ヲ下ダスモノ甚ダ多シト聞ク、其正経ノ業務ヲ妨グル豈嘆ス可キニ非ズヤ、已ニ今日ノ景況ニ由テ之ヲ観ルニ其利タル極メテ少ナク其害タル太ダ多シトス、如斯人情此ニ傾キタル上ハ如何ナル方法ヲ以テ其害ヲ救済セントスルモ一簣ノ微力頽波ニ当リ難ク到底其由テ生スル所ノ損益得喪決シテ相償ハザルナリ、且ツ夫レ米金銀貨ノ相場ヲ平均センガ為メ相場所ヲ要スト云ハヾ油・醤油・味噌・茶ノ如キモ亦相場所ナカル可ラズ、然ルニ油ト云ヘ醤油ト云ヘ其相場所ナキモ、我輩日々之ヲ新聞紙上ニ知ルノ便アリ、甞テ此等ノ品類ニシテ其相場所ナキガ為メ全国ノ人民果シテ不便ヲ蒙リシヤ、余ハ決シテ其然ルヲ聞カザルナリ、然ラバ則チ今米商会所ヲ廃スルトテ人民其相場ヲ窺フベカラザルノ不便ハアラザルベシ、夫レ米商会所ノ利少クシテ害多キハ既ニ斯ノ如クナルヲ以テ今日ニシテ之ヲ廃セザレバ其害ヤ終ニ底止スベカラザルニ至ラン、然リ而シテ其証拠金ヲ増スト云ヘ減スルト云フニ至テハ五十歩百歩ノ論ニシテ到底其弊害ノ一局所ヲ医スルノ策ノミ
益田孝曰ク、余ガ前説ニ拠レバ今日米商会所廃ス可カラザルノ道理甚ダ重シトス、然ルニ子安君ノ説ノ如キ之ヲ廃スベキノ道理ヲ挙クル事軽キガ如シ、其利害ノ在ル所彼此相対照セバ其軽重敢テ較計ヲ要セスシテ明著ナルヲ以テ、強テ其説ニ向テ弁駁ヲ要セスト云ドモ其廃論中全ク省過スベカラザルモノアルヲ以テ聊カ此ニ之ヲ弁ゼン、抑モ外国ニ於テ米商会所ナシト云ドモ株式取引所ニ至テハ英米各地其設立少ナシトセズ、夫レ此目的タル各種株式ノ相場ニ依テ之レガ信用ノ厚薄ヲ其所有主ニ知ラシメ、其相場ニ不平均ナカラシムルニ在リ、株式取引所ト云ヘ米商会所ト云ヘ其性質コソ変ハレ其効用ニ至リテハ甚タ相類スルモノニシテ、我国米商会所ヲ設立シタルハ蓋シ此理由ニ外ナラザルナリ、然ルニ今日米価騰貴シタルヲ以テ一ニ之ヲ米商会所ノ所為ニ帰スルモノヽ如シト云ドモ寃モ亦タ太甚シト云ベシ、今皮相ヲ以テ之ヲ見ルトキハ米価非常ニ騰貴シタルガ如シト云ドモ其実決シテ然ラザ
 - 第17巻 p.317 -ページ画像 
ルモノアリ、試ニ生糸ヲ見ヨ、其価ハ銀ヲ以而唱ルニ付常ニ甚タシキ懸隔ヲ生ゼザレ共紙幣ヲ以計算セハ其騰貴如何、今若シ米ヲ以テ仮リニ生糸ノ如ク銀貨ヲ以テ唱ルモノトセバ其価ハ一石纔カニ六円六十銭ニ過ギザルナリ、蓋シ本年ノ米価ハ昨年ノ豊収ヨリ考フレバ一石四五円迄ニ下落スベキガ如シト云ドモ、其ノ却テ然ラザルモノハ職トシテ農民ノ余裕アリテ遽カニ米穀ヲ売出セザルニ由ルモノト為サヾルヲ得ズ、如此米価高貴ニシテ農民富ヲ致タスハ則チ我国ノ如キ農ヲ専トスルノ国ニ於テハ一国ノ富ミ増加シタリト云フモ不可ナキナリ、若シ夫レ米価ノ低下ナル非常ニ出ヅル時ハ其機ニ乗シ商人ノ為メニ買収セラレ利益ヲ博セラルヽヤ必然ナリ、又如此価格ヲ保ツニ至リシものアル多ハ政府ノ尽力ニ拠ルモノニシ而数年□続《(引カ)》キ良米ノ輸□《(出カ)》ヲ促シ遂ニ一□《(両カ)》年来我米質□《(ノカ)》良好ナルヲ世界各□《(地カ)》ニ知ラシメタリ、□良果ヲ今日ニ□タレハコソ此高価□保ツニアラスヤ、之ヲ是レ慶ハスシ而却而之ヲ憂ルハ生ノ了解シ能ハサル処ナリ、由是観之、米穀ガ今日ノ価ヲ保持スルハ甞テ政府ガ期セラレタル所ニシテ、今ニ方リ恰モ其目的ヲ達シタルモノト云ハザルヲ得ズ、若シ米価ノ高キガ為メ或ハ貧民ノ困難ヲ生スルノ事アラバ政府宜ク之ガ救助ノ策ヲ施スベキノミ、其価ノ騰貴スル何ゾ深ク憂フルニ足ランヤ
松尾儀助曰ク、余ハ子安君ノ説ヲ賛成ス、而シテ米価騰貴云々ニ至テハ、曾テ府下ノ古老ニ聞知スルニ、我国天保時代ニハ全国米ノ作割ニ十三、三ヲ乗シ、以テ其年米価ノ標準ト為セシト、今試ミニ昨年ノ作割ニ十三、三ヲ乗シ而シテ当時ノ貨幣ト今日ノ貨幣ヲ対照セハ本年ノ米価ハ非常ニ高貴ナリト云フベカラズ、只余ガ米商会所ヲ廃センコトヲ欲スル者ハ近年投機商ヲ為ス者独リ都下ノ人民ニ止ラズ、田舎人此売買ニ手ヲ下タシテ失敗頽産スル者少ナシトセズ、今ニシテ之ヲ廃セザレバ其弊害実ニ底止スル所ナカルベシ、然レドモ円銀取引所ニ至テハ内国人外国ト貿易スルニ当リ其相場ノ実ニ欠ク可カラザルモノアルヲ以テ此取引所ノ如キハ米商会所ト共ニ其興廃ヲ論ズ可カラザルナリ
丹羽雄九郎曰ク、夫レ米商会所ト云ヒ洋銀取引所ト云ヒ共ニ是レ労セズシテ利ヲ謀ルノ場ニシテ世人ノ産業力ヲ減殺スル基ナルカ故ニ、此相場所ノ如キハ両ナガラ之ヲ廃スルニ如カズ
中山譲次曰ク、抑モ米商会所ノ如キ頭初政府ヨリ年限ヲ定メテ許可シタルモノナレバ、暫ラク今日ニ害アリトスルモ満期ニ至ラズシテ遽カニ之ヲ廃スルハ甚ダ不正ノ議アルヲ免カレズ、況ンヤ其規則ヲ実践セシムル時ハ利アルノ実アルニ於テヲヤ
朝吹英二曰ク、松尾君ノ説ヲ以テセバ米商会所宜シク廃ス可シ、円銀取引所須ラク廃スベカラズト為スモノヽ如シト云ドモ、此二ツノモノハ殆ト其性質ヲ同フシ効能ヲ共ニスルモノニシテ、已ニ円銀取引所ノ利アルヲ見テ之ヲ廃ス可カラズトセバ、米商会所モ亦然ラサルヲ得ンヤ、然ルニ其一ヲ挙ゲ其一ヲ止メント欲ス、其説或ハ矛盾スル所アルガ如シ
益田孝曰ク、夫レ投機心ノ国民ニ貴重スベキ朝吹君已ニ其説アリ、蓋シ英米人ノ如キハ殊ニ投機心甚シク、其国今日ノ富強多クハ之ニ根セリ、然ラバ則チ我国人ニ向テ此投機心ヲ抑制セントスルガ如キハ決シ
 - 第17巻 p.318 -ページ画像 
テ国家ノ得策ニアラザルヲ信ズルナリ
朝吹英二曰ク、益田君ガ陳述セラレタルガ如ク米価ノ今日ニ騰上シタルハ固ヨリ自然ノ勢ナルガ如シト云ドモ、我カ考案ヲ以テスレバ米商会所アルガ為メニ幾分カ其騰貴ヲ致シタルノ理由ナシトセズ、請フ聊カ其理ヲ述ベン、凡ソ仲間ヲ立テ数人結合シテ営業ヲ為ス者ハ自然其売物ニ於テ高価ヲ致スノ傾向アリ、余頃日某所ニ於テ東京諸物価ノ調査ヲ為シタルモノヲ観ルニ近来割合ニ最モ高価ナルモノハ米ヲ以テ第一トス、湯銭・結髪銭等之ニ次ク、而シテ職人ノ賃銀ニ至リテハ割合ニ最モ低廉ナリ、是レ他ナシ湯屋・髪結店ノ如キハ仲間行司ナドヽ唱ヒ、同業団結シテ其直段ヲ引キ上ルノ勢力ヲ有スルト云ドモ職人ノ如キハ結合スルノ気力ナク殆ド孤立ノ姿ナルガ故ニ団結協力シテ之カ計ヲ為スニ由ナシ、偶々一人ノ賃銀ヲ引キ上クルモノアルトキハ傭主ハ他ノ職人ヲ傭入ルヽヲ以テ到底其目的ヲ果ス事能ハザルナリ、若シ夫レ東京中ノ職人皆結合シテ纔カニ三日間ト云ドモ休業シテ「ストライキ」(職人団結シテ増賃ヲ求ムルノ一揆)ヲ起ス時ハ必ズ其賃銀ノ昂貴スルハ必然ナリ、是ニ由テ之ヲ視レバ彼ノ米商会所ノ如キハ同業仲買最モ多クシテ結合力他ニ比スレバ強キガ故ニ自然米価ノ騰貴ヲ助成スルニ至ルハ其常数ナリ、是レ我ガ米価ノ騰貴ヲ幾分カ米商会所ニ帰スル所以ナリ
原六郎曰ク、夫レ米商会所ナルモノハ内国各地ノ産米ヲ売買シテ其相場ヲ均一ナラシムルノ場所ニシテ其至要ナル論ヲ待タザルナリ、若シ夫レ米商会所ヲ無益視シ之ヲ廃スベシト云ハヾ彼ノ円銀取引所ノ緊要ナルモ亦タ之ヲ廃セザルベカラズ、豈此理アランヤ
肥田昭作曰ク、余ヤ米商ニ些小ノ関係ヲ有セズ其会所ノ実況如何ハ固ヨリ之ヲ詳知セズト云ドモ、熟々考フルニ、此会所ナルモノハ労力ナクシテ利ヲ謀ルノ所ニシテ所謂アンプロタクチーブ(生産力ナキ)ノ性質ヲ有スルモノナレバ経済上豈此会所アルノ理アランヤ、固ヨリ実際上果シテ全国各地ノ米価ヲ平均セシムルノ効アリトセバ暫ラク経済ノ一方ハ措テ問ハザルモ、聞ク処ニ拠レバ米商ニ関スルモノ空手巨利ヲ得ルノ僥倖アルヲ以テ世人皆之ニ投シ現今ノ景況恰モ賭博《ガンベル》ニ類スト、蓋シスペキユレーシヨンナルモノハ見込商トモ云フベクシテ其性質恕スベシト云ドモ賭博ノ如キハ天下ノ大禁固ヨリ赦ルスベカラズ、且ツ益田君初メ其他諸君ノ説ヲ聞クニ此商業ニ関スル者十中八九ハ皆其会所ノ規則ヲ犯シテ取引ヲナスモノナリト、サレバ法律上ヨリ之ヲ見ルモ亦タ免ルスベカラザル者ナリ、已ニ経済上ヨリ之ヲ観レバ之ヲ存スルノ理ナク法律上ヨリ之ヲ論ズルモ亦之ヲ許スベキノ謂ナシ、其利アリテ害ナキモ猶且ツ許ルスベカラズ、況ンヤ其害アリテ利ナキニ於テヲヤ
中山譲次曰ク、規則ニ背クハ犯者ノ罪法律ヲ以テ之ヲ処シテ可ナリ、豈犯則ノ一条ヲ以テ米商会所ノ性質ヲ非トスベケンヤ
子安峻曰ク、余ハ不才ニシテ米商会所ノ性質ヲ詳知セズ、故ニ心中窃カニ其ノ賭博ニ類スルモノト思惟スレドモ之ヲ議場ニ明言スルヲ欲セズ、只恐ル仮令規則ノ如ク実践セシメテ犯則者ナカラシムルモ到底米価ノ騰貴ヲ防クノ効ナカラン事ヲ、然レドモ夫レ毅然米商会所ヲ廃スル時ハ米価ニ甚シキ乱高下ヲ生セズ自ラ世人ノ僥倖心ヲ抑制スベシト思フノミ
 - 第17巻 p.319 -ページ画像 
朝吹英二、肥田ニ問フテ曰ク、貴君ガ説カルヽ所ハ天下ノ大禁ヲ犯スノ意カ将タ条例ヲ破ルノ意カ
肥田昭作荅テ曰ク、今議場ニ聞ク処ニ拠レバ米商仲買ハ其売買上規則ヲ犯シ会所ハ之ヲ黙許スト、是レ共ニ犯則者ヲ以テ論スベキモノニシテ則チ該会所ノ条例ヲ破ルノ意ナリ
益田孝、肥田ニ向テ曰ク、余カ前ニ述ブル所ハ、米商会所ノ弊害タル終ニ申合規則ニ背テ取引スルニ至リ易キガ故ニ、会所役員ヲシテ此弊ヲ矯正スルノ責ヲ負ハシメン事ヲ要スル迄ノ意ニシテ、法律背犯抔ト云フ大造ノ事ヲ論シタルニ非ラズ、乞フ之ヲ諒セヨ
肥田昭作曰ク、余ハ実際ノ取引如何ヲ知ラズ只議場ニ聞ク所ニ就キ所見ヲ陳シタルノミ
益田孝曰ク、米商会所ハアンプロダクチーブナリト《(不生産)》云フノ説アレドモ其実大ニ然ラズ、既ニ大阪ノ如キ米商会所ノ設立ナキ時ハ府民ノ需用スル正米ヲ集ムルノ道ヲ欠キシガ、此会所ノ為メニ其患ナク大ニ便宜ヲ得タリト云フ、且ツ子安・松尾ノ両君ハ米商会所ヲ廃スルモ相場ノ平均上左マデ不都合ナカルベシト云ハルヽト云ドモ、各地気配ノ如キハ米商会所ナクンバ之ヲ知ルニ由ナク、農民ハ其集散ノ方向ヲ認定スル事能ハザルヨリ春ニ於テ尽ク其貯蔵米ヲ売リ出タシ、秋ニ於テ大ニ困弊スルガ如キ事アルヲ免カレス、由是観之、米商会所ナルモノハ復タ甚ダ有要ナルモノニシテ皮相ヲ以テ之ヲ見レバアンプロダクチーブナルガ如シト云ドモ、間接ニ於テハ大ニプロダクチーブ(生産力アル)ノ性質ヲ有スルモノニシテ、是レモ亦米商会所利益中ノ一項ト為サヾルベカラス
朝吹英二曰ク、人動モスレバ米商会所ノ相場ヲ目シテ賭博ナリトシ、今夕モ既ニ其説アリシガ是レ惑ヘルノ甚シキモノト云フベシ、乞フ肥田・子安両君ノ為メ賭博《ガンベル》ト投機《スペキユレシーヨン》ノ区別ヲ弁ゼン、夫レ賭博ノ事タル二人相対シ奇偶ヲ争フニ方リ、其輸贏ハ孰レニ在ルモ絶テ局外者ニ影響ヲ及ボサヾルモノナリト云ドモ、彼ノ米商ガ本場ニ於テ争フ所ハ大ニ之ニ異ニシテ其勝利ヲ得ルモ失敗ヲ受クルモ其売買相場ノ場面ニ登ルヤ直チニ局外人即チ全国人民ノ頭上ニ痛痒ヲ及ボスモノナリ、故ニ其区別タル一ハ局外者ニ影響ヲ及ボサヾルト、一ハ局外者ニ痛痒ヲ及ボスノ間ニ在ルナリ
会頭曰ク、今ヤ諸君ノ説ヤヽ尽キタルガ如キヲ以テ此ニ議ヲ卒ルモ可ナリ、然レトモ余モ亦会議所ノ一議員ナレバ其考案ヲ述ベザル可ラズ抑モ米商会所ノ世ニ有要ナル復タ更ニ喋々ノ弁ヲ待タズ、而シテ其之ヲ廃ス可カラザルノ論理ニ至テハ之ヲ要スルニ殆ト益田・朝吹諸氏ノ説ノ如シト云ドモ、乞フ更ニ余カ所見ヲ述ベン、余ヤ一昨日兜町米商会所ニ招カレタリシガ時ニ該会所役員ヨリ今般其規則ヲ改正シテ更ニ政府ノ批准ヲ乞ハントノ趣意ヲ述ベ、併セテ我輩ノ所見ヲ問ハレタル時、余ハ之ニ対テ曰ク、夫レ米商会所ノ現時ニ有要ナルハ敢テ多言ヲ待タスト云ドモ、今日米価ノ騰貴スルヤ人民之ヲ会所ニ帰シ喋々噴々其弊ヲ論スルニ至レリ、是レ蓋シ一時人心ノ傾向ヨリシテ其身米商ヲ業トセサルモノモ皆争テ之レニ趨リ、甚シキハ会所ノ規則ニ背犯悖戻シテ取引ヲ為スモノ多キニヨリ、終ニ一般之レヲ目シテ弊害アルモノ
 - 第17巻 p.320 -ページ画像 
ト認ムルニ至レルナリ、然リ而シテ今日ノ景状ニ於テハ余モ亦視テ之レヲ大ニ弊害アルモノト為サヽルヲ得ス、然レドモ其実効ノ在ル所ヲ挙ケズシテ漫ニ弊害ノ一方ヲ論シ、一意ニ罪ヲ会所ニ帰スルハ寃モ亦甚ダシト云フベシ、試ニ既往ニ就テ考フルニ四五年前貢租法改定ノ時ニ在テハ全国各国米価ノ平均ヲ得ザルヨリ田舎ノ農民ハ常ニ其貯蓄米ノ売却ニ苦ミ時ニ或ハ甚シキ損失ヲ蒙リタリシガ、今ヤ農民ハ之ニ依テ以テ大ニ世上一般ノ気配ヲ視察シ、米穀集散ノ方向ヲ認定スルノ便ヲ得タルヨリ、商估モ容易ニ手ヲ下タス能ハズ却テ農民ノ為メニ其売買ヲ制セラルヽニ至リシハ全ク米商会所ノ効能ト云ハザルヲ得ザルナリ、只其弊ノ甚シキ今日ニ至リシハ職トシテ貨幣価位ノ変動急劇ナルニ由ルモノニシテ、貨幣ノ価位ニ於テ一旦変動ヲ生ズル時ハ即チ直チニ物価ニ影響ヲ及ボサヾルヲ得ス、是ニ於テカ其変動ニ乗シテ僥倖ヲ万一ニ期セントスルノ徒多ク終ニ全般ノ商業ヲ紊乱シテ只投機ニ是レ依ルノ観ヲ為スニ至ラシメタリ、然リト云トモ余ヲ以テ之レヲ観レハ今日此弊ヲ生スルハ会所モ亦与リテ罪アリト云フヘシ、何トナレハ当初此場ヲ起スニ当テ遽カニ其社ノ昌盛ヲ期スルニヨリ多ク薄資ノ仲買ヲ迎テ各其取引ノ頻繁ナルヲ企図スルヲ以テ到底其申合規則ノ如キモ勉テ之レヲ寛ニスルノ情ナシト云可ラス、是レ今日ノ弊害ヲ助成セシ者ト云フヘクシテ殊ニ此ニ鑑ムヘキモノナリ、故ニ今ニシテ之ヲ矯正スルノ術ヲ施シ之レガ規則ヲ厳正ニシ幸ニシテ此弊害其跡ヲ隠クシ真実ノ売買興起スルニ至ラハ米商会所ノ米商会所タルベキ実効ヲ奏スルハ余ガ信ジテ疑ハザル所ナリト、是レ小生ガ兜町会所ニ於テ陳述セシ所ノ大要ニシテ、今夕大蔵卿ノ御下問ニ荅ヘントスル所モ即チ此一言ニ過ギザルナリ、今諸君ノ説ヲ聴了シ或ハ之ニ雷同スルガ如シト云ドモ已ニ一昨日米商会所ニ於テ述ブル所此ノ如シ、今豈前説ヲ廃シ故ラニ異論ヲ唱道シテ以テ自ラ誣フル事ヲ為サンヤ、世間或ハ相場ヲ目シテ賭博トナスガ如キハ是レ誤謬ノ見ト云フベシ、先刻朝吹君ガ賭博ト投機ノ区別ヲ指示シ以テ米商会所ノ賭場ニ非ザルヲ論破セラレタリシガ、余モ亦数年前甞テ司法省某紳士ニ対シ米商会所ナルモノハ其取引契約スルヲ得ル者ナレバ決シテ賭場ニ非ザルヲ論シタリキ、今朝吹君ノ説ノ如キハ尤我意ニ適スルモノナリ、爰ニ余カ説ヲ卒ルニ当リ猶一言ノ要スベキ者アリ、夫レ此円銀取引所ナルモノハ全体ヨリ之ヲ論ズレバ米商会所ノ如ク共ニ之ヲ存スベキモノナルベシト云ドモ、今我邦ノ紙幣ノ如キハ常ニ真貨ニ交換シ得サルモノトセハ其比較対照ノ間ニ於テ其価位是ヨリ益々変動スルニ至ラン、然ルニ内ニシテ緩急之レニ応スルノ実力ナクシテ却テ其虚影ト真形トヲ交互セシメハ万一其変動ノ極ニ至ラハ其弊ヤ終ニ救済ス可ラサルニ至ランモ亦測リ知ルヘカラス、余ヤ既往ノ成蹟ニ徴シテ将来ノ如何ヲ鑑ミルニ、今ニシテ当局者カ之レヲ医スルノ道ヲ講究シテ其変動ヲ防クノ術ヲ予備セサレハ或ハ敢テ此虞ナシト為ス可ラサルナリ、是レ余カ円銀取引所ノ前途ニ危懼ヲ抱キテ当局者ノ注意ヲ促サン事ヲ要スル所以ナリ
於是会頭ハ本議全ク此ニ尽キタルヲ以テ第一条ノ御下問ニ就テハ追テ相談会議ヲ開キ諸君ノ審議ヲ要スル旨ヲ述ベ散会ヲ命ズ、時ニ午夜ヲ過グ
 - 第17巻 p.321 -ページ画像 
   ○本文ハ栄一自ラ加筆修正ヲ施シタル原按文ニシテ、当時秘密ヲ保ツノ必要アリタル為メカ、印刷ニ附セザリシモノナリ。


東京経済雑誌 第二五号 明治一三年四月二一日 【上略 又米相場及ひ…】(DK170030k-0002)
第17巻 p.321 ページ画像

東京経済雑誌  第二五号 明治一三年四月二一日
○上略 又米相場及ひ金銀相場停止の一事に付き大蔵卿には東京商法会議所の渋沢栄一・益田孝の両氏を招かれて親しく左の二ケ条を諮詢せられたりと云ふ、其第一は近日米価並に銀貨の価非常の騰貴にして其勢底止する所を知らす、之を救済するの方法如何、其第二は近日米及ひ金銀の相場を停止せり、是れ或ひは他の源由よりして騰貴をなせし者とするも大に其勢を助成するのみならず只たに空相場に趨るの姿ありて其弊や甚し、之を制す可きか否の両件にてありき、是に於て商法会議所に於ては直ちに此事を議事に附せられたる所、討議盛にして或ひは曰く相場の如きは賭博なり断然之を廃すべしと、又或ひは曰く相場は賭博にあらす之を制限すべからすと、種々審議の末終に相場は賭博にあらす之を廃す可らすとの説勝利を得たりと云ふ、然れとも此会は傍聴を禁せられたるを以て委細を報するに由なし、唯た聞きしまゝを右に掲けしのみ


取引所史料 加藤福太郎編著 元老院会議筆記抄・第五四―五五頁 昭和一一年一二月刊(DK170030k-0003)
第17巻 p.321-322 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕稿本日本金融史論 滝沢直七著 第一三六―一四〇頁 大正元年一〇月刊(DK170030k-0004)
第17巻 p.322-324 ページ画像

稿本日本金融史論 滝沢直七著  第一三六―一四〇頁 大正元年一〇月刊
 ○第二編 第九章 紙幣下落の影響
    第一節  商業活溌及投機誘発
紙幣増発の結果として物価は騰貴した。物価騰貴して商業は活溌となつた。愈紙幣増発すれば愈物価騰貴する、買へば利し売れば損し売り惜み買い進みの状況となつて購買を継続し、貨物の需要増加し、加ふるに米価騰貴の関係上農民の購買力を増進して農民向の商品の需要を増進し、都会の商賈は諸府県より輻輳し来たる所の貨物を購買してこれを諸府県下に転売す、その間に思はざる利益を占めたるを以て都会と地方との間に於ける商業は頗る活溌となり、また農民の外国品を盛に嗜好した時であつて外国よりの輸入品の売買活溌であり、また人民は我が流通貨幣の上に将来如何なる損害を生ぜんかを恐れ、貨物を購買し置くを以て最も適当なる処置として貨物を購買するに至つたから通貨に対する関係も手伝つて貨物の需要を増加し輸入愈々増進した。
 - 第17巻 p.323 -ページ画像 
されば当時の輿論は内地の工業を開いて、或は輸入品を防遏し、或は輸出を謀らうとして企業の増進を促すべきやうこれが奨励保護を努めたから、企業も増進して来る、今東京・大阪及び京都の三府に於ける商人の増加せしを見るもその影響を察することを得べし、左にこれを掲げよう。

 年次       卸売        仲買       小売        合計
               人        人         人          人
 明治十二年    一五、〇四二    七、六一三    八七、九八一    一一〇、六三六
 同 十三年    一五、三六六    九、五七八   一〇九、六八一    一三四、六二五
 同 十四年    二三、八二一   二〇、二二七   一五二ヽ一五一    一九八、一九九

前表を見るに商賈の数は年々増進し来りて明治十四年に至りては二倍に達して居る。
而して会社組織の企業もまたこれと趣を同じうし、明治十年にその資本総額四十六万円に過ぎざりしものが十一年には八十九万円に、十二十三年には百十万円、十四年には二千八百万円に達し、十五年には更に五千百万円に増進したのである。
然れども、これ等は未だ大工業の企業ではなくつて、物価の変動甚しきに眩惑し、その間に投機的に奇利を射んする《(と脱カ)》商品の製造及販売に於ける小工業会社その他商業会社に過ぎずして、其礎の確実なるものにあらず。着実ならんよりも寧ろ危険を冒して輸贏を決せんとする投機心を勃興し、自ら社会の風潮を為して、資を傾け産を破るもの尠なからず、銀行家すらこれに手を染むるものあり。その弊や空相場を以て実際の相場を攪乱し、動もすれば商業の秩序を紊さんとす。殊に銀・米及有価証券等投機の用に供せられたのであつた。
今東京に於ける米商会所売買出来高及仲買人員を米価平均相場に対比するに左の如くである。

 年次     平均米価(一石) 出来高       前年対増減   仲買人員
                    千石         千石     人
 明治十年   四、五三   一八、四〇七          ―    五五七
 同十一年   五、一八   二四、二二二      五、八一五  一、四二六
 同十二年   六、二四   四〇、一一四     一五、八九二  一、五〇一
 同十三年   七、九八   一六、二二二     二三、八九二    三八七
 同十四年  一〇、〇二    四、六四七     一一、五七五    四八五
 同十五年   八、一七    六、七九一      二、一四四    四四七
 同十六年   五、九〇    二、三〇五      四、四八六    三五一

明治十年にあつては仲買の人員五百五十七人なりしものが十一年に殆と三倍に増加し、出来高もまた年々増進して十二年に至りこれまた二倍以上に達した。これを米価に対比するに、米価は明治十年より騰貴し、明治十三年に至りて投機売買は盛大となり、定期市場の旺盛に過ぐるを以て政府はその抑圧政策を取り、大阪に於て五代友厚その他の富豪が政府の意を迎へて、売抑へを試みたるが如きはこの時のことである。遂に同年四月全国取引所に金銀貨及米の定期売買を停止するに至つたのである。後ちその停止を解いたけれども大に売買取引を検束するに至り、漸々頓挫するに至つたのは政府の投機抑制に原因した次第であつたのである。
株式取引に於ける投機売買もこの時に旺盛を極め、而して株式取引所
 - 第17巻 p.324 -ページ画像 
条例もこの時に発布せられ、取引所もまたこの時に於て設立せられたのである。これより先き株式取引所の設立を促さんため明治七年十月株式取引所準則が発布せられたけれども、範を欧米取引所に採りしが故に会員組織であつて、我国情に適せざると未だ有価証券殊に株式が少数であつたから設立を見なかつたが、明治十一年五月株式取引所条例発布せられて、所謂株式組織で利益多かつたから、東京にあつては渋沢栄一等の発起によつて資本金二十万円を以て設立せられて十一年五月開業し、大阪は五代友厚等の発起により同じく資本二十万円を以て設立せられて同年八月開業し、横浜は銀貨の売買を主たる目的として資本金十万円を以て少しく遅れて設立せられた。これ等取引所に於ける売買の有価証券は僅に秩禄公債新旧公債及金禄公債の四種に過ぎないので、それ等の価格日に月に下落し、売買の沈衰すべき筈なるに反して市場は甚だ繁盛であつたのである。これ投機の旺盛なりし証左である。政府はこの投機を抑制せんがために、明治十六年四月銀米の定期取引に重税を課し、また公債に対しても売買約定代金の十分の一の重税を課し、以てその目的を達しようとしたから大に頓挫したのである。今東京及大阪株式取引所売買高を見るに

     年次       東京              大阪
                       円               円
    明治十二年    一一二、〇九四、四〇〇      三八、七〇八、六〇〇
    同 十三年    二三〇、七二三、三〇〇      七二、四九〇、七〇〇
    同 十四年    二一八、八五一、五〇〇     一〇九、三一二、八〇〇
    同 十五年     六九、一七七、九三五      六一、二六七、一〇〇

くの《(斯脱)》如く売買高の増加したのである。
この時の事である。投機心は高潮し、某講と唱へ某社と称し、表面上共済救恤を表すと難《(雖)》ども、その実富籤類似の業流行し来たつた。この機に投じて外商の西班牙政府の富籤を輸入し、本邦人間にその売買盛に行はれたるもので、政府はその処分罰則を制定するやうになつた。社会の投機心の盛なりしことこゝに達す。不換紙幣の弊害は宛然酒を飲みし者の如きものがあつたのである。



〔参考〕東京株式取引所史 東京株式取引所編 第三―五頁 大正五年一二月刊(DK170030k-0005)
第17巻 p.324-325 ページ画像

東京株式取引所史 東京株式取引所編  第三―五頁 大正五年一二月刊
    制度沿革一般
○上略
当時不換紙幣ノ氾濫ニ因リ紙幣ニ打歩ヲ生シ正貨ノ欠乏ヲ告クルニ至リシヲ以テ金銀貨特ニ銀貨ノ空相場盛ニ行ハレ、就中横浜ニ於テハ弗相場ノ関係上最モ多ク行ハレタリ、仍テ政府ハ明治十二年二月十三日布告第八号ヲ以テ横浜ノ洋銀相場取引ヲ禁止シ、且ツ株式取引所条例ニ依リ資本金拾万円以上ヲ以テ洋銀取引所ヲ設立ス可キ旨ヲ令シ、資本金弐拾万円ノ横浜洋銀取引所ノ創立ヲ許可シ、次テ同年九月二十二日布告第三十七号ヲ以テ東京株式取引所並大阪株式取引所ニ金銀貨幣ノ取引ヲ許可シタリ ○中略 然ルニ紙幣ノ下落ハ益々太甚シク、為メニ米穀及金銀ノ売買不穏ニ陥リ売買上ノ紛議頻出セシヲ以テ、十三年四月十二日大蔵省達ヲ以テ全国各米商会所及株式取引所ニ対シ当分ノ間米穀及金銀貨幣ノ売買取引ヲ停止シ、仍ホ同月十五日布告(第十九号・
 - 第17巻 p.325 -ページ画像 
第二十号及第二十一号)ヲ以テ取引所役員ノ選定、仲買人ノ資格・責任・売買証拠金・違約処分及秘密売買ニ対スル制裁等ニ関スル従来ノ法規ノ欠漏ヲ補ヒ、以テ取引所界ノ粛整ヲ期シタリ、而シテ取引所ハ右条例ノ改正ニ伴ヒ定款並申合規則ヲ改正シタレハ金銀貨幣売買ハ同年五月四日解停シタルモ其取引ノ実情ニ鑑ミ、同月十九日布告第二十四号ヲ以テ更ニ其定期売買ヲ禁止シタリ、後十六年八月六日布告第二十七号ヲ以テ二ケ月以内ノ定期取引ヲ許可シタルモ十八年十一月二十八日布告第三十九号ヲ以テ明治十九年一月一日以後金銀貨幣取引全部ヲ禁止シタリ、而シテ一方米穀取引ニ付テハ現場取引ハ十三年九月一日ヨリ定期取引ハ同年十月一日ヨリ解停シ以前ノ如ク売買ヲ許シタリ明治十四年四月農商務省設置セラレ株式取引所及米商会所ハ其主管ニ移属シ商務局ノ管掌トナル
不換紙幣ノ整理漸ク其緒ニ就クニ及ヒ金銀貨幣ノ売買ハ漸次衰頽シ、又株式及米穀ノ取引モ各種法制上ノ束縛ノ為メニ其数量ヲ減シタルカ之カ為メ却テ不正取引ノ増加ヲ来シ、仲買人依託者間ノ紛議絶ユルコトナク取引所ハ之カ調停ニ寧日ナキノ情況ナリシカハ明治十五年五月二十四日布告第二十六号ヲ以テ米商会所条例中ニ改正追加ヲ為シ、仲買人ノ売買行為・違約処分・取引所税・会所及仲買人ノ営業監視ニ関スル規定ヲ設ケ、更ニ同年十二月二十七日布告第六十四号ヲ以テ株式取引所条例中ニ改正追加ヲ為シ、初メテ取引所ノ賠償責任ヲ法定シタリ、尚ホ之ト同時ニ仲買人納税規則(布告第六十五号)制定セラレ、売買取引ニ重税ヲ課スルニ至レルヲ以テ不換紙幣ノ整理ニ伴フ通貨ノ収縮ト相俟テ取引市場ハ寂寞ヲ来シタレハ、十八年十一月税則ヲ改正シテ税率ヲ軽減シタルモ取引所界ノ疲弊ハ其極ニ達シ容易ニ恢復ノ色ナカリキ、是ニ於テ取引所改善問題朝野ノ間ニ議論セラレ、政府ハ二十年五月十四日勅令第十一号ヲ以テ取引所条例ヲ発布シタリ ○下略



〔参考〕竜門雑誌 第六一四号・第三八―四一頁 昭和一四年一一月 東京商法会議所に就て(五)(山口和雄)(DK170030k-0006)
第17巻 p.325-328 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。