デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商法会議所
■綱文

第17巻 p.342-356(DK170032k) ページ画像

明治13年5月5日(1880年)


 - 第17巻 p.343 -ページ画像 

四月十五・十六日、太政官第二十一号布告及大蔵省乙第十八号布達ヲ以テ米穀・金銀貨幣・株式ノ限月取引ハ厳重ナル制限ヲ蒙ムルニ至ル。依テ栄一是日福地源一郎・益田孝ト共ニ当会議所ヲ代表シテ其修正並ニ取消方ヲ大蔵卿佐野常民ニ建議ス。


■資料

東京商法会議所要件録 第一四号・第一―二〇丁 明治一三年五月七日刊(DK170032k-0001)
第17巻 p.343-351 ページ画像

東京商法会議所要件録  第一四号・第一―二〇丁 明治一三年五月七日刊
 第八臨時会 明治十三年四月二十一日午後七時開場
   議員出席スル者左ノ如シ
  守田治兵衛   神田太助    久原庄三郎
  大倉喜八郎   吉川長兵衛   福池源一郎
  中山譲次    益田孝     清水九兵衛
  高木寿穎    朝吹英二    渋沢喜作
  原六郎     堀越増五郎   竹中邦香
  小松彰     和久井久三郎  小林猶右衛門
  渋沢栄一    後藤庄吉郎   柴崎守三
  小西九郎兵衛  喜谷市郎右衛門 米倉一平
  林徳左衛門   平野富二    荒尾亀次郎
  鳥海清左衛門  疋田右市造   小西義敬
  益田克徳    丹羽雄九郎
 以上三十二名
    同病気旅行其他事故アリ欠席スル者三十一名
会頭 ○渋沢栄一曰ク、本日此臨時会ヲ開キタル趣旨ハ即チ去ル十五日太政官第二十一号布告並ニ翌十六日大蔵省乙第十八号布達ニ関シ各員ノ審案討議ヲ要スルモノニシテ、夫レ此二条ノ官令タル実ニ我々商人社会ニ至大緊切ノ関係ヲ有スルモノナルガ故ニ、第一此法律ノ解釈如何、第二之ヲ遵守スルノ心得如何ヲ討議シ論究スルハ当商法会議所議員ニ取リテハ頗ル緊要ノ義務ニシテ、決シテ等閑ニ附スベカラザルモノアルヲ信ズ、蓋シ我輩議員ガ此議場ニ登リテ官令ニ迄論及スルハ或ハ法律ヲ論議スルノ看ナキニ非ズト雖トモ、其実決シテ政事ヲ論談スルニ非ズ、成法ヲ評論スルニ非ズ、只偏ニ此法律ノ我々商業者ノ頭上ニ直接至大ノ関係ヲ及ボスガ故ニ我商賈ノ利益ヲ保護シ我商賈ノ権利ヲ防禦スルノ目的ニ止ルモノナリ、各員夫レ之ヲ諒シ、先ヅ此官令ニ就キ如何ノ解釈ヲ附セラルヽヤ十分其意見ヲ述ベラレヨト
福地源一郎云ク、今会頭ノ陳述ノ如ク我々ガ此議場ニ於テ官令ニ付キ論議ヲ要スト云ハヾ或ハ政事ヲ議シ法律ヲ論スルモノナリト疑ハレンモ測リ知ルベカラズト云ヘドモ、是レ尤モ誤謬ノ甚ダシキモノニシテ余ヲ以テ之ヲ見レバ其決シテ否ラザルヲ信ズルナリ、夫レ我々商賈ハ敢テ国法ニ向テ啄ヲ容ルベキノ権ナシト雖トモ、各自営業上ニ於テ権利上ニ於テ得ル所ノ利益ニ至リテハ勉メテ之ヲ保護セザルヲ得ズ、是レ理事本員ガ諸君ヲ招集シテ以テ此臨時会ヲ開キタル所以ナリ、即チ太政官第二十一号布告並ニ大蔵省乙第十八号布達ハ
  ○太政官第二十一号布告(明治十三年四月十五日)
 - 第17巻 p.344 -ページ画像 
   法律規定ニ遵ヒ官許ヲ得タル米商会所、株式及横浜取引所外若クハ内タリトモ窃カニ米穀並金銀貨幣及ヒ株式ノ限月若クハ現場(定期ヨリ起リタル現場ヲ云フ)売買其他之ニ類似シタル取引ヲ無《(為)》シタル者、及ヒ情ヲ知テ売買取引ノ場所ヲ給与シタル者若クバ其売買取引ヲ誘助シタル者ハ拾円以上弐百円以下ノ罰金ニ処シ、其売買取引ハ無効ト為スベシ
   但シ本条ヲ犯シタル者ヲ告発シタル者ニハ其告発ニ因テ科シタル罰金ノ全部ヲ給ス、其自ラ犯シタル者事未ダ発覚セザル前ニ於テ自首シタル時ハ其罪ヲ問ハズ
 ○大蔵省乙第十八号布達(明治十三年四月十六日)
  今般第二十一号公布ノ趣モ有之義ニ付テハ取締向尚一層厳重ニ可相立、因テハ金銀米穀売買取引ヲ為ス業体ノ者並ニ両替店・為換店又ハ穀物問屋ノ類ヘハ時々主務ノ官吏ヲ派遺シ篤ト為相改自然右公布ニ違反候者ハ速カニ取糺シ裁判所ヘ求刑可致此旨相達候事
 ナリト自ラ之ヲ朗読シ、且ツ曰ク、此第廿一号布告中ニ挙クル所ノ品目ハ米穀金銀貨等ニ関スルモノナルガ故ニ唐物商ノ如キ織物商ノ如キハ敢テ関係ナキガ如シト雖トモ、金銀米穀ノ各商賈ニ関繋ヲ有スル決シテ尋常物品ヲ以テ論ズベカラザルモノナルガ故ニ各議員ノ熟慮思案ヲ要スルハ固ヨリ緊要ナルヲ信ズルナリ、夫レ政府ガ今回米商会所並ニ金銀取引所ヲ停止シタルハ米銀ノ騰貴ニ由縁スルモノニシテ之ニ次ク所ノ右二条公布ノ如キハ之ヲ要スルニ投機ノ弊害ヲ禁遏スルノ精神ニ出ヅル者ニシテ、今般ノ条例改正ヲ以テ公然タル売買取引上ニ生スルノ投機ハ其弊害ヲ禁遏スルニ足ルベシト云トモ会所ノ内外ニ於テ相対取引ヲ為ス者ヲ併セテ禁遏セザレバ以テ投機ノ弊害ヲ禁遏スルニ十分ナラズト思ヒテ制定セラレ、又大蔵卿モ其精神ヲ以テ取締向ヲ定メラレタル者ナリト思ハルレバ、此法律ハ実ニ人民ヲ保護スルノ良心ニ出デタルノ法律タルヤ決シテ疑ヲ容レザル所ナリ、然レトモ今一歩ヲ退キ此法律ノ文面ニ拠リテ其成跡ヲ実際ニ推考スレバ、其一ハ投機ノ弊害ヲ禁遏センガ為メニ銀米正業ノ限月約束売買ヲ拘束セラルヽガ如ク、其二ハ投機ノ反則者ヲ捜索センカ為メニ投機ニ関係ナキ商賈ヲシテ其営業ヲ官吏ニ撿査セラルヽヲ免カルヽ事能ハザラシムルガ如シ、果シテ然バ是レ商賈ニ取リテハ其自由其権理ヲ抑制セラルヽノ実ヲ目前ニ顕ハスノ一大不幸ナルベシ、我輩請フ之ヲ論弁セン、夫ノ投機ハ果シテ弊害アルモノタル乎、其弊害ハ果シテ法律ヲ以テ禁遏シ得ベキヤノ論題ハ他日ニ譲リ本論ニ於テハ姑ラク投機ハ弊害アル者ナリ、其弊害ハ法律ヲ以テ禁遏シ得ベキ者ナリト仮定シ、今般ノ条例改正ハ即チ投機ノ弊害ヲ禁遏スルヲ得ベキ者ナリト仮定シテ論拠ヲ立テザル可ラズ、而シテ此論拠ヲ立テヽ観察スレバ、第廿一号ノ公布ハ投機ノ弊害ヲ禁遏センガ為ニ銀米正業ノ約定売買ヲ拘束スルノ成迹アルガ如シ、設ヒ正業ヲ拘束スルモ禁遏ノ目的ヲ達スレバ尚可ナリト云トモ其成跡ハ之ガ目的ヲ達セザル而已ナラズ、却テ正業ノ限月取引ヲシテ尽ク相場会所ニ集マリテ益々投機ノ勢焔ヲ養成セシムル患ナキ能ハザルガ如シ況ンヤ正業ノ決シテ拘束ス可カラザルニ於テヲヤ、蓋シ立法官ガ此
 - 第17巻 p.345 -ページ画像 
法律ヲ制定セル精神ハ法律定規ニ遵ヒ官許ヲ得タル米商会所取引ニ於テスルニ非レバ米穀並ニ金銀貨及ビ株式ノ相場ヲ建テ其限月若クハ現場ノ売買取引ヲ為ス可ラズ、之ヲ背ク者ハ云々ノ罰アリト定テ以テ私ニ相場ヲ立ル事ヲ禁ジ、以テ仲買等ガ預合《アヅケアヒ》・懐商《フトコロアキナヒ》等ノ陰事ヲ禁止スルガ為メノ目的ニシテ固ヨリ其為メニ毫モ世間一般ノ銀米正業ヲ拘束スルノ主意ニ非ルベシト雖トモ、此法律ノ大面ハ却テ其精神ニ背馳スルガ如キヲ奈何センヤ、凡ソ法律ハ一タビ公布ノ法律タル以上ハ天下ノ標準トナリテ復タ立法官ノ支配内ニアルモノニ非レバ、其微妙ノ精神ハ敢テ法律ノ文面ヲ動カス事能ハザル者ナリ、自今而後犯則ナリト告発スル者及ビ犯則如何ヲ審判スルノ法官ハ夫ノ精神ト文面トノ二者ニ於テ必ズ用捨ニ苦シムナキヲ免レザルベシ此議ヲ明カニセンガ為メニハ先ツ法律ノ所謂限月売買トハ如何ナル売買ナル乎ヲ弁明セン、我輩ガ知ル所ニヨレバ此限月売買トハ世間普通ノ月限約束ニシテ、会所ニ於テハ則チ定期売買ト唱フル者ト同一物ニシテ、四月限・五月限・六月限ノ約束売買ニ外ナラザルベシ例ハ株式取引所ニ於テ今日即チ四月廿一日ニ五月限ノ銀貨一万円ヲ一円五十銭ニ売リタリト云ヘバ、是レ一円五十銭ノ直ニテ一万円ヲ五月三十一日ニ売リ渡スベシト約シ、其証拠トシテ売高ノ五分金七百五十円ヲ証人タル取引所ニ預ケ置キ、当日ニ至レバ其ノ時ノ高下ニ係ラズ銀貨一万円ヲ持チ来リテ証人ノ手ヲ経テ之ヲ相手ニ渡シ、其代リニ一万五千円ヲ請取ルベシト契約スルノ義ナリ、又米商会所ニ於テ今日六月限千石ヲ十円ニ売リ《(買ヒ)》タリト云ヘバ、是レ米一石十円ノ直ニテ千石ヲ六月三十日ニ買取ルベシト約シ、其証拠トシテ買高ノ二割金二千円ヲ証人タル米商会所ニ預ケ置キ、当日ニ至レバ其時ノ高下ニ係ラバ《(ズ)》金一万円ヲ持チ来リ証人ノ手ヲ経テ相手ニ渡シ、其代リニ米千石ヲ請取ルベシト契約スルノ義ナリ、尤モ公然タル会所ニテ取結ビタル此限月売買ニハ会所ソノ証人トナリテ売買双方ヨリ証拠金ヲ預リ価ニ高下アレバ損者ヨリ追証拠金ヲ徴求シ、期月ノ下旬ニ際スレバ増証拠金ヲ徴求シテ其契約ヲ確実ナラシメ、請取渡ニハ会所ソノ立会人トナリテ不正ナカラシムルノ方法ナリト云トモ、世間普通ノ月限約束ニハ或ハ別ニ証人ヲ立テザル者アリ、或ハ時機ニヨリ若クハ慣習ニヨリ買手又ハ売手ノ一方ノミヨリ証拠金ヲ相手方ニ入レテ以テ某月限請取渡シ売買ヲ契約スル者ナリ、是皆限月売買ナリ、正当ノ契約ナリ、大数ノ売買ハ此予約法ニ拠ラザル可ラザル者ナリ、然ルヲ今第二十一号ノ公布ニ照準スレバ法律ニ於テハ皆コノ限月売買ハ会所ニ於テスルニ非レバ行フベカラザル事ナリト制シタリ、銀米商賈ノ為メニハ其便否果シテ如何ゾヤ、我輩今一例ヲ挙示セン、甲某アリ、金禄公債証書額面十万円ヲ買ハント望ミ、之ヲ乙某ニ謀ル、乙某ハ己レ其高ヲ売ルベシト語ゲ、乃チ相共ニ丙某ヲ以テ保証人ト定メ、四月廿一日ヲ以テ相約シテ云ク、甲某ハ金禄公債証書額面十万円ヲ通貨七万五千円ニテ六月卅日限リニ買取ルベシ、乙某ハ今該高ヲ他方ニテ買入レ中ナレバ期限ニハ必ズ之ヲ売渡スベシ、此証拠ヲ確実ナラシムル為メニ甲乙双方ヨリ各々七千五百円ヅヽヲ丙某ニ預クベシ、若シ一方コノ約ニ違背セバ丙某ハ其違約
 - 第17巻 p.346 -ページ画像 
人ノ預リ金ヲ没入シテ相手方ニ与ヘテ其損ヲ償ハシムベシ云々ト、如是ノ契約ハ商賈間ニ無カラザル《(マヽ)》可ラザルノ契約ナリ、尤モ確実至当ノ契約ナリ、而シテ其状ヲ云ヘバ儼然タル限月売買ナリ、此法律ニ拠レバ取引所ニ於テスルニ非レバ為スベカラザルノ売買ナリ、若シ之ヲ偵知シ、甲某乙某ハ取引所外ニ於テ公債ノ限月売買ヲ為シタリ、丙某ハ之ヲ誘助シタリト法庭ニ告発スル者アラバ、甲乙丙ハ何ノ弁解ヲ以テ其限月売買ニアラザルヲ証明シ得ベキ乎、良シヤ其限月売買ニ異ナル所アリト弁解スルトモ、其限月売買ニ類似シタル取引ノ実ヲ免カルヽ事能ハザルベシ、而シテ限月売買ニ類似シタル取引ヲ為シタル者ハ法律ノ禁止スル所ナラズヤ、現ニ我輩ガ如キハ善ク明カニ第二十一号公布ニツキ其立法ノ精神ヲ知ル者ナリト云トモ若シ是ノ如キ告発者ニ出遇ヒ、己レ自ラ甲乙丙ノ一人タラバ尚ホ我レ犯罪者ニ非ザルヲ証明スルニ困難スベシ、若シ法官或ハ告発者ヨリ汝等ノ所為ニシテ限月売買類似ニアラズンバ如何ナルガ是レ類似ゾト詰問セラレナバ、決シテ類似ナラザルヲ証明スルニ愈々困難スベシ、困難極リテ遁ルヽ辞ナク、犯罪ノ寃ニ枉曲セバ銀米ノ限月売買ハ会所ノ場帳ニ登ラザル以上ハ皆挙テ犯罪トナリ、其売買ハ悉ク無効トナリ、世間ノ売買ハ現金商トノミ局促セラレ、復タ所謂真正ノ売買ナキニ至ルベシ、其利害果シテ如何ゾヤ、前条ニ挙示スルガ如クニ観察シ来ル時ハ苟モ世間普通ノ銀米株式ノ限月約束売買取引ハ悉ク皆此ノ法律ノ制限スル所トナリ、之ヲ取引所・米商会所ニ於テスルニ非ルヨリハ告発ニ遇フ毎ニ法網ヲ免カルヽ事能ハザルニ至ルヤ必然ナリ、或ハ此法律ノ限月売買ト云フハ全ク会所ノ限月ニ止ルナリト釈クモノアルベシト云トモ、取引所・米商会所ノ限月売買ト世間普通ノ限月売買トノ間ニ於テ其限月タルニ至リテハ、固ヨリ同一ナレバ敢テ其別ヲ立ルヲ得ザルヲ如何センヤ、若シ会所ノ限月売買ハ其期限内ニ相手ノ承諾ヲ待タズシテ転売買ヲ許スノ自由アリ(所謂ル売戻シ買戻シノ方法ニテ初メ甲乙ノ間ニ取結ビタル売買モ甲ヨリ丙ニ転シ、乙ヨリ丁ニ転シ、又戊己ニ転シ、庚辛ニ転シ、遂ニ壬癸ニ転ジテ完結スルノ自由ヲ謂フナリ)普通ノ限月売買ハ甲乙間ノ約束ニテ勝手ニ他人ニ転売買スルノ自由ナク、必ズ期限ニ請取渡ヲ為サヾル可ラズ、是レ其異ナル所ナリト云フ者アラン乎、我輩ハ太ダ其弁解ノ狭窄ナルヲ怪シマザルヲ得ズ、如何トナレバ則チ今般改正セラレタル米商会所条例第十条第一節ニハ「会所ニ於テ為ス所ノ売買取引ハ現米直取引ト定期トノ二様ニ分チ、又其定期ヲ二種トナシ、其一ヲ約定ノ期限ニ至リ現米金ノ受渡ヲ為スモノトシ、其二ヲ予定ノ期限内ニ其取引ヲ完結シ又ハ解約スル者トス」トアリ、今或者ガ言フ所ノ会所ノ売買ハ即チ条例ノ所謂ル定期第二種ニシテ世間ノ売買ハ其第一種ニ当ル、而シテ其第一種ハ即チ定期ノ限月売買ニシテ法律ハ会所ニ於テ其場帳ニ載スル売買ニ非レバ之ヲ為スベカラズト制限シタルニ非ズヤ、然ラバ則チ或者ノ弁解ハ決シテ世間ノ商賈ヲ此ノ法網中ヨリ救フコト能ハザルノ説ナルノミ、此法律ノ精神ハ我輩ガ前ニ明言スルガ如ク固ヨリ左ホドノ差支ヲ世間一般ノ銀米取引ニ与ヘテ其売買ヲ拘束スルノ目的ニ非ズ、只々偏ニ其仲買人
 - 第17巻 p.347 -ページ画像 
等ノ私約ヲ禁止スルニ止マルノ目的タルニ相違ナキハ我輩太ダ善ク之ヲ推知スルナリ、雖然法律ノ成文ト立法ノ精神トハ符合セザル所アルガ故ニ之ヲ司法官ニ移スニ当リテハ立法ノ精神ヲ以テ法律ノ成文ヲ左右スルニ難シトス、況ヤ今日ノ詞廷法廷《(マヽ)》ニ於テ其詞訟若クハ其犯罪ノ商売上ニ関係ノ葛藤タル時ハ往々律文ノ為ニ慣習ヲ制スル事無キニ非ルニ於テヲヤ、今夫レ限月売買其他之ニ類似シタル取引ヲ為シタル者ト云フ成文律ノ意味ヲ解釈シテ審判ヲ与フベキ今日ノ法官中ニハ偶々限月売買ノ性質及ビ其類似ノ異同ヲ実地ニ詳ニセサルノ有司ナシトセス、犯罪ナリト告ゲラルヽ者ハ法廷ニ慣レズ、法律ヲ詳カニセズ、シカモ刑事ナレバ代言ヲ許サレザルノ商人ナリ、而シテ之ヲ告発スル者ハ概ネ下流ニ落魄スルノ状師世俗ノ所謂三百代言ニ非レバ貪欲ニ限リ無ク廉恥ヲ知ラサルノ者輩ニシテ、必ズ法廷ニ事慣レテ弁口ニ巧ミナル者タリ、此ノ弁口ニ巧ミナル告発者ヲシテ醇撲《(樸)》ノ商賈ヲ法廷ニ文織セシメ、又売買ノ実地ニ通セザルノ法官ヲシテ立法ノ精神ニ符合セザル成文律ニ照ラシテ之ヲ審判セシム其権衡ノ如何ニ至リテハ我輩深ク懼ヲ懐カザルヲ得ザルナリ、一タビ銀米正業ノ限月売買ニシテ犯罪ノ法網ニ罹ル時ハ是ヨリシテ世間普通ノ銀米限月売買ハ忽ニ其流通ヲ壅塞シテ全国ノ経済ニ不測ノ禍害ヲ受被セシムベシ、否ラザレバ其売買ハ細大トナク尽ク之ヲ取引所・米商会所ニ蒐集セシメ、其仲買等ハ専利ヲ是レ養成シ、夫ノ投機ノ弊害ヲ制スルノ精神ハ却テ其弊害ヲ増長セシムルノ反対成迹ヲ顕ハスベシ、我輩豈ニ之ヲ今日ニ懼レザルヲ得ンヤ、偖マタ大蔵省乙第十八号ハ此太政官第廿一号ノ法律ヲ履行センガ為ニ其取締向ヲ一層厳重ニ立ルノ目的ナリト云トモ、銀米相場ノ犯則者ヲ捜索センガ為ニ相場ニ関係ナキ商賈ヲシテ其営業ヲ主務ノ官吏ニ撿査セラルルヲ免ルル事能ハザラシムルガ如シ、其故如何トナレバ夫ノ法律ハ其成文ノ如何ニ係ラズ、其精神ハ相場所ノ内外ヲ問ハズ、仲買ノ私約ヲ禁ズルノ意味ナリト看做ス時ハ、其相場所ノ仲買人タル者ハ大蔵卿ノ認可ヲ得ルニ非レバ其業ヲ営ム事能ハザルノ業体ナレハ、仲買トナリ金銀米穀売買取引ヲナス業体ノ者タル以上ハ、時々主務ノ官吏ニ其帳簿ヲ撿査セラルヽノ約ヲ甘受スル、猶諸国立銀行等ノ如キニ同一般ナリト思ヘハ詮方ナシ、若シ之ヲ屑トセザルナラバ仲買人タルヲ止ルニ若カズト云ヘバ夫迄ノ事ナリト雖トモ、銀米ノ相場ニ毫末ノ関係ナキ両替店・為換店又ハ穀物問屋ノ類ノ営業者ハ抑モ何ノ約束アリ何ノ理由アリテ主務ノ官吏ニ撿査セラルヽノ責ヲ有スルトセン乎、此諸業ハ大蔵卿ノ認許ヲ待チテ営業スルニモ非ズ、大蔵卿主管ノ法律ニ特典ヲ得ルノ業ニモ非ズ、其銀米仲買等ト同視セラルベカラザルハ恰モ金貸渡世ガ国立銀行ト同視セラルベカラザルガ如キ者ナリ、若シ類似ノ業体ナルヲ以テ私約相場ノ掛念アリト云ハヾ、世ノ間接ニ銀米相場ニ従事スル者豈ニ独リ両替店・為替店・穀物問屋ノ類ニ限ランヤ、況ヤ其正業ノ限月売買タルニ於テヲヤ、夫レ商賈ニハ各自ノ秘密アリ他人ニ示ス可ラザルノ帳簿ナシトセズ撿査ノ特約アル営業ニコソ秘密モナク又帳簿モ整頓シテ常ニ撿査ノ来ルヲ待ツベケレ通常ノ為替店・両替店・穀物問屋ノ類ニシテ豈此
 - 第17巻 p.348 -ページ画像 
計画ノ玆ニ及ブ事アルヲ得ンヤ、然ルニ突然撿査官吏ガ不期而来ノ客トナリテ其店ノ帳簿ヲ翻シ其説明ヲ求ムルニ遇ハス《(バ)》其商賈ノ困難ハ果シテ如何ゾヤ、我輩ハ此相場ニ関係ナキ営業者ガ銀米仲買人ノ為メニ是ノ如キ不慮ノ側杖ヲ受ケ其秘密ヲ無縁ノ官吏ニ責問セラレテ彷徨スルノ不幸ニ遇フベキヲ憐ミ、実ニ懼然タルニ堪ヘザルナリ到底問題二法律ノ精神ハ決シテ斯ノ如クニ世間普通ノ銀米限月売買ヲ拘束シテ以テ商売ヲ牽制スルノ目的ニモアラズ、又相場ニ関係ナキ商店ニ踏ミ込ミテ其帳簿ヲ撿査シテ以テ商人ノ秘密ヲ訐クノ目的ニモ非ルベシト雖トモ、其法律ノ成文ノミニ拠リテ考フレバ敢テ前陳ノ如キ不幸ヲ与ヘズトモ保証シ難キ者ナリ、最レ我輩ガ世人ト倶ニ甚ダ迷惑スル所ナレバ当会議所ヨリ政府ヘ請願シ、当局者ヨリ至当ノ説明ヲ乞ヒ以テ早ク商賈ノ人心ヲシテ安堵セシメン事ヲ偏ニ冀望スル所ナリ
会頭曰ク、理事本員ガ此法律ニ就キ解釈シタル所ハ只今福地君ノ説ノ如シ、但シ第二十一号布告ノ割註ヲ見レバ彼ノ限月売買ナルモノハ只ニ米商会所又ハ取引所ニ限ルガ如シト雖トモ全体ヨリ之ヲ見レバ或ハ否ラザルガ如キモノアリ、此文章ヲ解シテ満足ナリトセバ別ニ政府ヘ伺フヲ待タズト雖トモ若シ大ニ苦慮スル者アリトセバ是非トモ之ヲ伺ハザルヲ得ズ、何レニシテモ異見アラバ余ス所ナク之ヲ陳述セラレヨ
益田孝曰ク、布告中限月売買ノ字句ハ是迄ノ慣用モアレバ只ニ米銀取引所ニ限ルガ如シ、然レトモ若シ之ヲ一般ノ取引ニ蒙ラスモノトセバ其不便実ニ小々ナラザルベシ、試ニ今日外国商館トノ取引ヲ見ヨ南京米及石油ノ如キハ之ヲ搭載スル船舶ノ入津即時予期シ難ク、甚ダシキハ未ダ其貨物搭載船ノ本国ヲ出帆シタリヤ否ヤヲ知ラザルモ多クハ限月ヲ以テ其取引受渡シヲ約シ、一割ノ手附金ヲ出ダス事トス、然シテ買主ノ見込ニヨリ其定期ニ先ダチ乙商ニ売ル事アリ、又乙商ヨリ丙商ニ之ヲ転売スル事アリ、此等ハ是レ商人取引ノ常ニシテ固ヨリ不当トナスベカラズ、然ルニ今如此ノ取引ヲ所謂限月売買ト為スカ、或ハ類似ノ部分中ニ加ヘラルヽ時ハ其不便挙テ数フベカラズ、故ニ余ハ福地君ノ説ノ如ク限月売買並ニ其類似云々ノ区域ヲ伺フテ以テ其意味ヲ明カニスル頗ル緊要ノ事ナリト信ズ
会頭曰ク、我カ銀行ニ於テモ既ニ此布告ノ発令ニ先ダチ公債証書ヲ限月ニテ取引シタル事アリ、今若シ此等ノ正当ノ売買ヲモ此ノ法律ノ所謂限月売買ニ当ルモノトシ、之ヲ禁遏スルガ如キノ事アラバ商賈ノ不便蓋シ焉ヨリ甚ダシキモノナカラン
柴崎守三曰ク、余ヤ此発令アリシ翌日ニ於テ此限月云々ノ事ニ付キ已ニ説ヲ為シタル事アリ、従来関東ニ於テ菜種作人其仲買人トノ約束ハ多クハ出来上リノ月ヲ期トナシ、之ガ受ケ渡シヲ為シ来レリ、其他之ニ類スルモノ甚ダ多シ、此等ヲ以テ皆此法律ノ所謂限月売買類似云々ナル字句中ニ包括スル所ナリトセバ、商人社会ノ自由ヲ害スル事至大ニシテ其不幸実ニ云フベカラザルニ至ラン、故ニ福地君ノ説ノ如ク之ガ区域ヲ政府ニ伺ヘ吾人共ニ安堵セン事ヲ欲ス
大倉喜八郎曰ク、余ハ去ル十五日此第廿一号ノ発令アルヤ直チニ常平局ヘ出頭シテ限月云々ノ事ニツキ当局者ニ質シタルニ、此法律ノ精
 - 第17巻 p.349 -ページ画像 
神タル只仲買ニ限ルノ意味ナリト荅ヘラレタリ、又其翌日大蔵省乙第十八号布達ヲ見ルニ寛厳矛盾スル所アルヲ以テ又当局者ニ質シタルニ、即チ前布告ノ精神ト同ジキトノ垂示ヲ得タリ、然リト云トモ抑モ此限月云々ノ事ハ生糸商其外ノ者ニ至ル迄関係少ナカラザルニ付、会議所ノ名前ヲ以テ一応其区域ヲ伺出ヅルモ可ナリ
渋沢喜作曰ク、今日我々ガ商業上ニ於テハ限月取引ノナカル可カラザルモノナリ、然ルニ若シ此限月売買ヲ禁ズルモノトセバ其不便実ニ少々ナラカルモノナリ《(ザ)》、余ヤ公ニ在テハ取引所ノ役員タリ、私ニ在テハ米穀商売ヲ為スモノタリ、所謂一身両用ナレバ、此法律ノ意味ヲ了知シ、外ニ於テハ之ガ取締ヲ為サヾル可ラズ、内ニ於テハ之レガ用意ヲ為サヽルベカラズ、故ニ限月類似云々ノ域区ヲ伺ヒ、早ク其業ニ安ンゼン事ヲ欲ス
益田孝曰ク、限月云々ノ区域ヲ伺フノ説多ク余モ亦同意ナリト云トモ余ハ此第十八号布達中ニ主務ノ官吏ヲ派遣シテ云々ト云フニ至テハ実ニ忽ニスベカラザルモノトス、夫レ此ノ主務ノ官吏ガ帳合ヲ撿査スルガ如キハ、其撿査ヲ受クルノ人ニ於テハ警察官ガ其取締向ヲ担当スルヨリモ其不幸ニ至テハ尚ホ大ナリトス、抑モ警察官ハ所謂ル「ヲカツピキ」ヲ以テ己レガ羽翼トシテ窃カニ其内情ヲ捜グリ、而シテ其犯跡ノヤヽ判然タルニ至ラザレバ容易ニ手ヲ下ダス事ナシト云トモ、今第十八号ノ布達中時々主務ノ官吏ヲ派遣シテ云々トアル以上ハ政府ハ其犯状ノ顕微罪迹ノ有無ニ拘ハラズ突然官吏ヲ踏ミ込マシムルヲ得ルノ訳ナリ、然ルニ我々商人ニ於テハ尤機密ヲ貴トブモノニシテ其駈引ノ実況ニ至リテハ父兄親戚ニモ尚ホ能ク之ヲ秘スルモノアリ、且ツ己レノ駈引ヲシテ他人ニ知ラシムル時ハ世人ノ信用ニ関スルモノニシテ、今派遣ノ官吏ニ対シ我ガ実際商業ノ有様ヲ他ヘ洩サントノ疑心ヲ抱クニハ非レトモ或ハ決シテ其否ラザルナキヲ保スベケンヤ、曩キニ東京府ヨリ三ツ井物産会社ニ向テ資本金高実際損益表ヲ差シ出スベキ旨ヲ達セラレタルニ、余ハ断然之ヲ拒絶シタルハ即チ此故ニシテ、私立会社ニ至テハ決シテ之ヲ公ニスルノ責ヲ有セザルモノトス、故ニ余ハ此大蔵省乙第十八号ニ向テハ啻ニ其意味ヲ伺フニ止マラズ我輩宜シク之ヲ論議シテ以テ其取消シヲ政府ニ請願セン事ヲ希望スルナリ
渋沢喜作曰ク、益田君ノ説ク所アリト云トモ余ハ此第二十一号布告中ノ限月取引ノ区域ヲ伺フニ於テハ乙第十八号ノ意味ハ伺ヲ待タズシテ解スベシト思ハル
益田孝曰ク、俚諺ニ云ハズヤ商売ハ相敵ト、抑モ商人ナルモノハ四面皆敵ナリト云フモ可ナリ、其売買ノ際懸ケ引キヲ要スル事ハ恰モ戦争ヨリモ甚ダシク、四囲ノ強敵釁ニ乗シテ之ヲ攻撃セントスルノ有様ナリ、若シ一旦他ノ仲間商人ニ讒セラレ官吏ニ密告セラルヽガ如キ不幸ニ陥ル事アラバ如何ナル籌策ヲ施シテ之レヲ防禦スベキヤ、真ニ此ノ犯跡アルモノトセバ即チ可ナリト雖モ、其実此ノ罪ナクシテ此寃ニ遇フガ如キ事アラバ其弊終ニ救フ可ラザルニ至ラン、是レ余ガ第十八号達シノ取消シヲ願フノ説ヲ固執スル所以ナリ
大倉喜八郎曰ク、乙第十八号ノ布達ハ要スルニ第二十一号布告ヲ確固
 - 第17巻 p.350 -ページ画像 
ナラシムルモノナルガ故ニ其所謂限月云々ト云フハ其区域如何ヲ伺フヲ以テ第十八号ノ意味ヲ知ルニ足ラン、若シ果シテ其売買ノ仲買而已ニ止ラズ世間普通ノ限月売買ニ及ブモノト云ハヾ更ニ会議ヲ開テ乙第十八号ヲ議スルモ蓋シ遅シト為サズ
益田孝曰ク、此度ノ公布タル其関係スル所至大ナリト云フベシ、而シテ農民為替店等ハ此ノ法律アルガ為メニ米穀金銀等ヲ現金ノ外取引スル事ヲ得ザルガ故ニ殊ニ困難ヲ受クルモノトス、然リ而シテ是等品種ノ限月取引ヲ厳禁スルトキハ、只ニ世上ノ融通ヲ壅塞スル而已ナラズ農民為替商等ハ米銀取引仲買ノ有ルガ為メニ斯ノ如キ困難ヲ受クルモノナレバ終ニ米銀取引所等ノ無カラン事ヲ望ムニ至ルヘシ
朝吹英二曰ク、今乙第十八号布達中主務ノ官吏ヲシテ撿査セシムル等ノ事ニ就キ福地君其他諸君ノ説アリタリト雖トモ、余ヲ以テ之ヲ見レバ是レ至当ノ事ナリト思ハル、抑モ此度太政官第二十一号ヲ以テ仲買ノ窃カニ取引スルヲ禁ズルノ法則ヲ示シ、然シテ大蔵省乙第十八号ヲ以テ犯者ヲ処分スルノ手続キヲ示シ、以テ太政官第二十一号布告ニ効力ヲ与フルモノニシテ、乙第十八号ノ文面ニ就テハ少シモ疑フベキ事ナシ、若シ夫レ第二十一号ノ布告ノミニシテ第十八号ノ布達ヲ以テ効力ヲ附スル事ナケレバ、前年堺町ノ土蔵中ニテ私ニ公債証書ノ取引ヲ為セシモ別ニ之レガ処分ニ及サヾリシガ如キ不都合ヲ生センモ亦測知ルベカラズ、且ツ諸君ハ大蔵省布達ノ中ニ主務ノ官吏ヲ派遣スルノ事アルヲ非議セリト雖トモ、固ヨリ是レ米銀取引等ノ事ハ大蔵省ノ主裁スル所ナルガ故ニ譬バ銀行ノ帳簿ヲ大蔵省ノ官吏ガ撿査スルト同一般ニテ余ハ毫モ其不都合ヲ見出ダサヾルナリ其他米銀仲買ノ取締ヲ為サンガ為メニ政府ノ保護ヲ仰ガザル為替店米穀問屋等ニ迄迷惑ヲ及ボストノ説アレトモ仲買商估等ガ三ツ井呉服店ノ奥座敷ニ於テ窃カニ取引スル等ノ理ハ有マジク、先ヅ窃カニ取引ヲスルト云ヘバ多クハ米問屋ノ二階、両替屋ノ奥座敷等ニ於テスベキモノナレバ、此等ノ密商ノ取締ヲセントスルトキハ是非米穀問屋・為替店ニ及ホサヾルヲ得ザルハ止ムヲ得ザル訳ナリ、故ニ余ハ第二十一号布告中限月取引ノ区別ヲ伺フトノ説ニハ同意ナリト云トモ、乙第十八号ノ取消ヲ請フガ如キハ有要ニ非ズト信ズルナリ
是ニ於テ福地君ト朝吹君ノ間ニヤヽ討議アリ、又其他益田・米倉・渋沢喜作・後藤ノ諸君各論説アリタレトモ、要スルニ大同小異ニテ其帰着スル所、福地君ノ大蔵卿閣下ニ書面ヲ奉リ、第一ニハ法律ノ所謂限月売買トハ単ニ銀米相場所ノ限月売買ノミヲ謂フ乎、其所謂之ニ類似スル者ハ限月相場ニ類似スルノ謂ナル乎、又如何ナルヲ指シテ類似ト謂フカ、公衆ヲシテ其意味ニ惑フ所ナカラシメンガ為ニ大政府ノ布告ヲ以テ之ヲ明カニシ給ハン事ヲ要シ、第二ニハ大蔵省達ノ如クニ米穀金銀貨売買取引ヲ営業トスル者及ヒ両替店・為替店並ニ米穀問屋ノ類ニ時々主務ノ官吏ヲ派遣シ篤ト相改メサセラレテハ其商賈ハ其業ニ安ンズルヲ得ザルニ付此達シヲ取リ消シ給ハン事ヲ嘆願スベシ、若シ取締向ノ為メニ此法ナカルベカラズトナラバ、責メテハ云々ノ確証ヲ得ルニ非レバ派遣ヲ行ナハズ、又其帳簿ノ撿査ハ云々ノ区域ニ止ルト云フノ制限ヲ公達セラレン事ヲ嘆願センヲ要ストノ説ニ決議セリ、最後
 - 第17巻 p.351 -ページ画像 
ニ至リ会頭各員ニ向テ曰ク、余ガ今説カントスル所ハ甚ダ緊要ナルモノニ非スト雖トモ、聊カ諸君ノ参考ノ為メニ敢テ此ニ一言ヲ贅ス、抑モ明治五年六月中太政官ヨリ身代限リ処分規則ヲ頒布セラレ、其掲示日限ヲ三十日間ト定メラレタリシガ、翌六年二月之ヲ六十日間ト改メ此期限内ニ訴ヘ出テザルニ於テハ債主ハ負債主財産ノ割賦ニ差シ加ヘサルモノト定メラレタリ、又明治六年五月中太政官布告ヲ以テ地所質入書入規則ヲ改正シテ其証書面ニ戸長ノ奥印アラザル時ハ質入書入ノ証拠ニ立タザルモノト定メラレタリ、而シテ其法律文面ニ地所ノ如キハ尋常ノ私約ト其趣ヲ異ニシ、戸長役場ノ奥書割印アルヲ以テ云々トアルヲ以テ、公債証書其他ノ物品ニ至リテハ役場ノ奥印ヲ要セザルモノナレバ終ニ其掲示日限中ニ出訴セサル時ハ其抵当品ハ裁廷ノ処スル所トナリ、復タ敢テ其割賦ニ与カル事ヲ得ザル者ノ如キ看ヲ為セリ、是ヲ以テ曩日栃木銀行ガ足利支店ニ於テ公債証書ヲ抵当トシテ貸金ヲ為シタリシニ、負債者ガ栃木ニ於テ分散シタルヲ知ラズシテ其分散掲示期限内ニ訴ヘ出デザルガ為メ、終ニ其抵当トシテ受取リ置キタル公債証書ハ先取ノ権ヲ失ヒタル事アリ、我輩此事ヲ聞クヤ甚ダ驚キ、同業者相会シテ之ヲ談論シ、且ツ司法省日誌ヲ閲セシニ某県ヨリ司法省ヘ伺ノ指令ニハ地所ヲ除クノ外ハ先キ取リノ権利ナシトセリ、其後司法省ノ某顕官ニ之ヲ質セシニ、某氏ハ公正ノ法理ヲ以テ其抵当品ニハ縦令掲示中訴出ザルモ先取ノ権アルモノトセリ、是ニ於テ余ノ惑フヤ益々甚ダシク、前陳司法省ノ指令ヲ引キ更ニ或人ニ語リシニ其人曰ク当時司法ノ事成文未ダ完ラズ、而シテ各県伺書ヘ指令スル如キハ多ク明法寮ノ調査ニ係ルヲ以テ或ハ是等ノ差誤ナシトセズト、此事タル今此議場ニ於テ敢テ有要ナラザルガ如シト雖トモ、法律文ノ明瞭ナラザルヨリ非常ノ困難ヲ受クル事往々如此キモノアリ、豈ニ慎マザルベケンヤ、由是観之、今太政官第廿一号布告及大蔵省乙第十八号ノ布達ノ如キモ、其字句ノ示ス処ヲ了知セズシテ之ヲ等閑ニ附スル時ハ我々商賈ガ他日如何ナル損害ヲ受ケンヤモ亦タ知ルベカラズ、故ニ其限月売買其他類似シタルモノ等ノ区域ニ至リテハ之ヲ詳知スル事甚ダ緊要ナルヲ信ズ、而シテ諸君幸ニ此議ヲ忽ニセズ各其説ヲ尽クサレタリト雖トモ、要スルニ福地君ノ其筋ヘ歎願スルノ説ニ同意者多キガ故ニ此草案ヲ立ツルハ別ニ委員ヲ選定シテ之ニ附スベキカ、又ハ理事本員ノ専定ニ任ズベキヤト問フニ、各員皆理事本員ニ委シ然ルベシト云フ、会頭又問テ曰ク、此草案ヲ編製スルノ後宜シク各員ノ閲覧ヲ要スベキヤト、各員皆閲覧ヲ要セズト荅フ、此ニ於テ会頭ハ会議ノ終ルヲ告テ退散ヲ命ズ、時ニ午後九時四十分


東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三(DK170032k-0002)
第17巻 p.351-354 ページ画像

東京商法会議所官衙諸達並上申書綴 三
                  (東京商工会議所所蔵)
    太政官第二十一号布告並ニ大蔵省乙第十八号布達ニ附建言
東京商法会議所会頭渋沢栄一等謹テ書ヲ大蔵卿閣下ニ呈ス、栄一等謹テ今般制定セラレタル太政官第二十一号布告及ヒ大蔵省乙第十八号達ヲ案ズルニ、其立法ノ精神タル、投機ノ弊害ヲ救済シ以テ米銀取引商売ヲ確実ニスルノ目的ニ外ナラズ、其ノ保赤ノ仁意ニ出デタルヤ固ヨ
 - 第17巻 p.352 -ページ画像 
リ疑ハザル所ナリト云ドモ、今只此ノ法律ノ成文上ニ就テ観察ヲ下ダス時ハ復タ窃カニ疑惑ナキ能ハザルナリ、此ニ当商法会議所ガ解釈スル所ヲ以テスレバ、其一ハ投機ノ弊害ヲ禁遏センガ為メニ米銀正業ノ限月約束売買ヲ拘束スルガ如ク、其二ハ米銀相場ノ犯則者ヲ捜索センガ為メニ相場ニ関係ナキ商賈ヲシテ、其営業ヲ主務ノ官吏ニ撿査セラルヽ事ヲ免カルヽ事能ハザラシムルガ如シ、若シ此解ヲシテ誤謬ニ非ザラシメバ此第二十一号布告中限月売買云々ノ字句及ビ乙第十八号布達中主務ノ官吏ヲ派遣シテ云々ノ語辞ハ実ニ商業上並ニ権理上ニ至大ノ関係ヲ及ボスモノニシテ、一日モ等閑ニ附ス可ラザルモノナリ、蓋シ此法律ノ目的タル偏ニ仲買等ガ米銀ノ相場ニ於テ私約ノ売買取引ヲ為スヲ制シ以テ投機ノ弊害ヲ禁遏セン事ヲ求ムルニ在リテ、其精神ハ毫モ世間一般ノ銀米正業ヲ拘束スルガ如キノ主意ニ非ザルヤ明ナリト雖トモ、此法律ノ成文ニ於テハ其精神ノ在ル所ヲ窺フ可ラザルヲ以テ既ニ一タビ公布セラレテ天下ノ法律トナル以上ハ自今而後世間一般ノ銀米正経ノ業ヲ認メテ之ヲ犯則ナリト告発スル者及其犯則如何ヲ審判スル法官ハ其ノ精神ト成文トノ二者ニ於テ必ズ用捨ニ惑フ所ナキヲ免カレザルベシ、今此議ヲ明晰センガ為メ此法律ノ所謂限月売買トハ如何ナル売買ナル乎ヲ成文上ニ考察センニ、即チ定期売買ト唱フル者ト同一物ニシテ限月ノ約束売買ニ外ナラザルベシ、此限月売買ハ啻ニ取引所米商会所ニ於テスルノミナラズ、世間普通ノ月限約束ニハ或ハ別ニ証人ヲ立テザル者アリ、或ハ時機ニヨリ若クハ慣習ニヨリ買手又ハ売手ノ一方ノミヨリ証拠金ヲ相手方ニ入ルヽ者アリ、又ハ時ニ証人ヲ立テ双方ヨリ証拠金ヲ之ニ預ケ以テ某限月請取渡売買ヲ契約スル者アリ是皆限月売買ニシテ確実至当ノ契約ナリ、如是契約ハ商賈ノ間ニ無カル可ラサルノ契約ナリト云ドモ、其状ヲ問ヘバ是レ儼然タル限月売買ナリ、然ルヲ今第二十一号ノ布告ニ照準シ、是レ取引所ニ於テスルニ非レバ為ス可ラザルノ売買ナリトシテ法庭ニ告発スル者アラバ、右売買関係人ハ何ノ弁解ヲ以テ其限月売買ニ非ルヲ証明シ得ベキヤ、良シヤ其所謂限月売買ニ非ルヲ弁解シ得ルモ到底其限月売買ニ類似シタル取引タルノ実ヲ免カルヽ事能ハザルベシ、如斯正業者ヲシテ此法網ニ罹ルノ不幸アラシメバ其極終ニ銀米ノ限月売買ハ会所ノ庭帳ニ登ラザル以上ハ皆挙テ犯罪トナリ、其売買ハ悉ク無効トナリ、世間ノ売買ハ現金商トノミ局促セラレ、所謂真正ノ売買ナキニ至ランモ亦タ測リ知ル可ラザルナリ
或ハ此法律ノ限月売買ト云フハ全ク会所ノ限月ニ止ル者ナリト釈ク者アルベシト云ドモ、取引所米商会所ノ限月売買ト世間普通ノ限月売買トノ間ニ於テ其限月タルニ至リテハ固ヨリ同一ナレバ敢テ其別ヲ立ルヲ得ザルベシ、又或ハ会所ノ限月売買ハ其期限内ニ相手ノ承諾ヲ待タズシテ転売買ヲ許スノ自由アリ、普通ノ限月売買ハ甲乙間ノ約束ニテ勝手ニ他人ニ転売買スルノ自由ナシ、是其異ナル所ナリト云フ者アルベシト云ドモ、今般制定セラレタル米商会所条例第十条第一節ニ拠レバ其自由ナラザル甲乙間ノ売買ハ即チ定期ノ限月売買ニシテ此法律ハ会所ニ於テ其場帳ニ載スル売買ニ非レバ之ヲ為ス可ラサルト制限シタルニ非ズヤ、然ラハ則此弁解ヲ以テ決シテ世間ノ商賈ヲ此法網中ヨリ
 - 第17巻 p.353 -ページ画像 
救フ事能ハサルヲ如何ンセン
如此法律ノ成文ト立法ノ精神ト背馳スルノ者アルガ如クナルヲ以テ、之ヲ司法官ニ移ス時ハ立法ノ精神ヲ以テ法律ノ成文ヲ左右スルニ難シトス、然ルニ此法律ニ拠リ犯罪ナリト告ケラルヽ者ハ多クハ法廷ニ慣レザルノ徒ナリ、而シテ之ヲ告発スル者ハ概ネ下流ニ落魄スル代言者流ニシテ必ズ法廷ニ事慣レ弁口ニ巧ミナル者タリ、此弁口ニ巧ナル告発者ヲシテ醇樸ノ商賈ヲ法廷ニ文織セシメ、又法官ヲシテ只此ノ成文上ニ照ラシテ之ヲ裁判セシムルノ事アラバ其弊果シテ如何ゾヤ、一タビ銀米正業ノ限月売買ニシテ此法律ニ触ルヽ時ハ世間普通ノ銀米限月売買ハ忽チ其流通ヲ壅塞シテ全国ノ経済ニ不測ノ禍害ヲ受被セシムベシ、否ラザレバ其売買ハ細大トナク尽ク之ヲ銀米取引所ニ蒐集セシメ其仲買等ノ専利ヲ是レ養成シ、夫ノ投機ノ弊害ヲ制スルノ精神ハ却テ其弊害ヲ増長セシムルノ反対成迹ヲ顕ハスニ至ルベシ、是レ当会議所ガ此法律前途ニ就キ深ク危懼ヲ抱ク所以ナリ
又大蔵省乙第十八号ハ此第二十一号法律ヲ履行センガ為ニ其取締向ヲ一層厳重ニ立ルノ目的ナルベシト云ドモ、銀米相場ノ犯則者ヲ捜索センガ為メニ全ク相場ニ関係ナキ商賈ヲシテ其営業ヲ主務ノ官吏ニ撿査セラルヽヲ免カルヽ事能ハザラシムルガ如シ、夫レ大蔵卿ノ認許ヲ得テ其業ヲ営ム者ノ如キハ固ヨリ此撿査ヲ甘受ス可シト云ドモ夫ノ両替店・為換店又ハ穀物問屋ノ類ノ如キハ大蔵卿ノ認許ヲ待テ営業スルニモ非ズ、又大蔵卿主管ノ法律ニ特典ヲ得ルノ業ニモ非ズ、抑モ何ノ約束アリ何ノ理由アリテ主務ノ官吏ニ撿査セラルヽノ責ヲ有スルトセンヤ、若シ夫レ此等ノ諸業ニシテ私約ノ懸念アリ撿査スベシト云ハヾ世ノ間接ニ銀米相場ニ従事スル者豈独リ両替店・為換店・穀物問屋ノ類ニ限ランヤ、況ヤ其正業ノ限月売買タルニ於テヲヤ、且ツ夫レ商賈ニハ各自ノ秘密アリ、他人ニ示ス可ラザルノ帳簿ナシトセズ、然ルニ突然撿査官吏ガ入来リテ其店ノ帳簿ヲ翻シ其説明ヲ求ムルニ遇ハヾ其商賈ノ困難果シテ如何ゾヤ、是レ当商法会議所ガ此相場ニ関係ナキ営業者ノ為メニ甚タ苦慮スル所以ナリ
以上二法律ノ精神ハ決シテ斯ノ如クニ世間普通ノ銀米限月売買ヲ拘束シテ以テ商賈ヲ牽制スルガ如キノ目的ニモアラズ、又相場ニ関係ナキ商店ニ踏ミ込ミテ其帳簿ヲ撿査シ、以テ商人ノ秘密ヲ訐クガ如キノ目的ニモ非ルベシト云ドモ、其法律ノ成文ノミニ拠リ考フレバ敢テ前陳ノ如キ不幸ヲ与ヘズトモ保証シ難キ者アリ、故ニ栄一等伏テ望ムラクバ此太政官第二十一号布告中所謂限月売買トハ抑モ如何ナル取引ヲ謂フモノナルヤ、又其所謂之ニ類似シタル取引トハ如何ナル者ヲ指シテ云フ乎、其区域ヲ判然説明公布セラレテ以テ公衆ヲシテ其意味ニ惑フ所ナカラシメラレン事ヲ、且ツ又大蔵省乙第十八号達ノ如キハ若シ果シテ当商法会議所ガ成文上ニ就テ解釈スル所ノモノヽ如ク、銀米相場ノ犯則者ヲ捜索センガ為メニ相場ニ関係ナキ商賈ヲシテ其営業ヲ主務ノ官吏ニ検査セラルヽノ困難ヲ免カルヽ事能ハザラシムル者ナリトセバ、実ニ是レ各商賈ガ一日モ其業ニ安ンズルヲ得ザルノ義ナルヲ以テ又切ニ願クバ此達シ取消ノ命ヲ下タサレ以テ公衆ヲシテ早ク其業務ニ安堵セシメン事ヲ、若シ夫レ取締向ノ為ニ此法ナカルベカラズトナラ
 - 第17巻 p.354 -ページ画像 
バ、則チ亦タ之ニ説明ヲ下ダシ米穀金銀貨売買取引ヲ営業トスル者、及両換店・為替店並ニ穀物問屋ノ類ヘハ云々ノ確証ヲ得ルニ非レバ派遣ヲ行ナハズ、又其帳簿ノ撿査ハ云々ノ区域ニ止ルト云フノ制限ヲ公達セラレテ以テ此法律ノ意義ヲ商賈ニ知ラシメ、速カニ其業ニ安ンセシメラレン事ヲ、是レ当商法会議所ガ一般商業社会ノ為ニ只管冀望スル所ナリ、伏テ希クバ閣下区々ノ微衷ヲ察シ詳カニ思フテ特ニ採択ヲ賜ハヾ辛甚ナリ、栄一等頓首謹言
                東京商法会議所第二副会頭
                      益田孝
  明治十三年五月五日     同   第一副会頭
                      福地源一郎
                同   会頭
                      渋沢栄一
    大蔵卿 佐野常民殿 閣下


東京商法会議所要件録 第二一号・第一五―一七頁 明治一四年二月一〇日刊(DK170032k-0003)
第17巻 p.354 ページ画像

東京商法会議所要件録  第二一号・第一五―一七頁 明治一四年二月一〇日刊
○太政官第二十一号布告並大蔵省乙第十八号布達ノ儀ニ付大蔵卿ヘ建議之件
  明治十三年四月十五日太政官第二十一号ヲ以テ法律定規ニ遵ヒ官許ヲ得タル米商会所株式及横浜取引所外若クハ内タリトモ、窃カニ米穀並金銀貨及株式ノ限月若クハ現場売買其他之ニ類似シタル取引ヲ禁ズル旨ノ布告アリ、翌十六日猶引続キ大蔵省乙第十八号ヲ以テ右布告ノ趣モ有之ニ付、尚一層取締向ヲ厳重ニセンガ為メ金銀米穀売買取引ヲ為ス業体ノ者並ニ両替店・為換店又ハ穀物問屋ノ類ヘハ時々主務ノ官吏ヲ派遣シテ篤ト相改メサセ、右布告ニ違反ノ者ハ速カニ取糺シ裁判所ヘ求刑スベキ旨ノ布達アリタリ、此公布タル商業社会ノ営業上容易ナラザル関係ヲ与フル者ナルヲ以テ理事本員ハ同月廿一日特ニ臨時会議(第八臨時会)ヲ招集シ右公布ニ就キ予メ各員ノ覚悟方ヲ議シタルニ衆議ノ末終ニ福地君ノ本会ノ名義ヲ以テ第一ニハ政府ニ向テ此法律ノ所謂限月売買トハ如何ナルモノヲ指スカ、将タ所謂類似シタル者トハ如何ナル業体ヲ云フカ、其明釈ヲ請ヒ、第二ニハ大蔵省布達ニ就テハ各商其業ニ安ンゼザル所アルヲ以テ其取消ヲ大蔵卿閣下ニ嘆願シ、若シ取締向ノ為メ此布達ヲ要スルトセバ責メテハ云々ノ確証アルニ非レバ官吏ノ派遣ヲ行ハズ、又其帳簿ノ検査ハ云々ノ区域ニ止ルト云フノ制限ヲ公達セラレン事ヲ請願スベシトノ説ニ多数ノ賛成者アリ、乃チ五月五日ニ於テ右福地君発議ノ趣意ヲ以テ之ヲ大蔵卿ニ建言シタリ



〔参考〕取引所史料 加藤福太郎編著 元老院会議筆記抄・第五六―五九頁 昭和一一年一二月刊(DK170032k-0004)
第17巻 p.354-356 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕法令全書 明治一三年 内閣官報局編 明治二三年一〇月刊 ○第四十九号(九月二十二日輪廓附) ○太政官布告 使府県(DK170032k-0005)
第17巻 p.356 ページ画像

法令全書 明治一三年 内閣官報局編  明治二三年一〇月刊
○第四十九号(九月二十二日輪廓附) ○太政官布告      使府県
近来窃ニ製茶砂糖反物薪等種々ノ物品ヲ以テ限月若クハ現場売買類似ノ商業ヲ為ス者有之趣、右ハ総テ本年四月第二十一号布告ニ依リ処分スヘキ儀ト心得ヘシ此旨相達候事



〔参考〕法令全書 明治一六年 内閣官報局編 明治二四年三月刊 ○第四号(一月一五日輪廓附農商務卿連署) ○太政官布告(DK170032k-0006)
第17巻 p.356 ページ画像

法令全書 明治一六年 内閣官報局編  明治二四年三月刊
○第四号(一月一五日輪廓附農商務卿連署) ○太政官布告
米商会所株式取引所ノ限月若クハ現場売買ノ方法ニ傚ヒ、又ハ之ニ類似ノ方法ヲ用ヒ諸物品ノ売買取引ヲ為シタル者及情ヲ知テ売買取引ノ場所ヲ給与シタル者、若クハ其売買取引ヲ誘助シタル者ハ総テ明治十三年四月第弐拾壱号布告ニ拠リ処分スヘシ
○第二十九号(八月六日農商務卿連署) ○太政官布告
米商会所及株式取引所ノ仲買人ニシテ窃ニ米穀並金銀貨幣公債証書株式ノ限月若クハ現場定期ヨリ起リタル現場ヲ云フ売買又ハ其類似ノ取引ヲ為シタル者及情ヲ知テ売買取引ノ場所ヲ給与シタル者、若クハ其売買取引ヲ誘助シタル者ハ五拾円以上千円以下ノ罰金ニ処シ其売買取引ハ米商会所条例及株式取引所条例ノ手続ヲ為サシム