デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.15

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
2款 東京商工会
■綱文

第18巻 p.102-138(DK180014k) ページ画像

明治17年5月2日(1884年)

是ヨリ先当会、農商務卿西郷従道ノ諮問ニ係ル工場傭主ト被傭者間及師弟間取締法ニ就キ調査中ナリシガ、是日栄一当会会頭トシテ右諮問案ノ答申書ヲ同卿ニ提出ス。


■資料

東京商工会議事要件録 第一号・第七―四〇頁 明治一七年二月一〇日刊(DK180014k-0001)
第18巻 p.102-108 ページ画像

東京商工会議事要件録  第一号・第七―四〇頁 明治一七年二月一〇日刊
  第一臨時会  明治十七年一月十六日午後四時四十分開会
    会員出席スル者 ○八十七名
○上略
次ニ会長 ○渋沢栄一ハ是ヨリ農商務卿ヨリ御諮問ノ件ニ就キ討議スベキ旨ヲ告ゲ、書記ヲシテ議案ヲ朗読セシム、即チ左ノ如シ
                      東京商工会
別紙問目書ノ件々其会ヘ及諮問候条遂審議報荅可致、此旨相達候事
  明治十六年十二月廿七日
                 農商務卿 西郷従道
 - 第18巻 p.103 -ページ画像 
    ○第一問目 ○略ス
    ○第二問目
一工業上傭主ト被傭者トノ間及師弟ノ間ニハ種々ノ弊害若クハ苦情アルモノナレハ泰西諸国ニ於テハ特ニ之カ法律ヲ設ケ以テ双方ノ権利義務ヲ明ニセリ、本邦未ダ此等取締ノ法律アル事ナシ、而シテ傭主被傭者間及師弟ノ間ニハ往々弊害若クハ苦情ノ発スルアルヲ聞ク、今府下ノ工業者右取締法ヲ必要トシ之カ制定ヲ望ムヤ如何
  但取締法ノ要点ヲ掲クレハ左ノ如シ
 第一 傭主被傭者間取締法ノ要領
   一 傭役締約ノ際双方ノ心得方
   一 双方ノ権利義務
   一 被傭者随意ノ休業又ハ徒党等ノ禁制
   一 期限中解約ノ場合
   一 被傭者ノ証明状
   一 他人雇中ノ職人ヲ傭役スル者ノ義務
   一 童工女工使役ノ制限
   一 救済貯金ノ事
 第二 師弟間取締法ノ要領
   一 弟子ヲ引受ル者ノ制限
   一 契約書ノ事
   一 契約事項ノ制限
   一 双方ノ権利義務
   一 年季中双方解約ノ場合
   一 卒業証書ノ事
   一 脱走弟子ノ事
○中略
会長ハ是ヨリ第二問目即チ傭主被傭者間及師弟間ノ取締方ヲ議セン事ヲ求メ、且ツ曰ク、農商務卿ヨリ本案ヲ下問セラレタル主意ハ蓋シ傭主被傭者間及師弟間ノ取締法ヲ設ク可キヤ否ニ在ルベケレバ本会ニ於テハ先ツ其取締法ヲ設クルヲ望ムト否トニ就キ玆ニ其意見ヲ定メザルベカラズ、夫ノ傭役締約ノ際双方ノ心得方双方ノ権利義務等ノ細目ハ前記ノ大項定リタル上ニテ議定スベキモノナリ只殊ニ此細目ヲ掲ゲタルハ各員ノ注意ヲ喚起センガ為メノ意ナルベシ、各員之テ《(ヲ)》了セヨ、然而シテ尚本案ノ主意ニ糢稜ノ廉アレバ幸ニ農商務省官吏ノ臨席スルアリ、就テ質疑セラルベシ
百四番大倉喜八郎曰ク、蓋シ本案ノ主意ハ我邦従来徒弟ノ習慣ナキニ非ズト雖トモ之ガ成文法ナル者アル事ナシ、故ニ今日此法ヲ制定スルノ利害如何ト云フニ在ルベシ、然而シテ此案ハ重大ノ問題ニシテ容易ニ議了スベキモノニ非ズ、宜ク泰西ノ現行法本邦ノ習慣等ヲ精査参考シテ意見ノ在ル所ヲ陳セサル可ラズ、思フニ農商務省ニ於テハ既ニ本案ヲ当会ニ諮詢セラレシ程ナレバ、必ズヤ本案ニ関スル契約上ノ権利義務其他ノ要項ニ就キ参考スベキ諸書ヲ精査セラレシモノアラン、果シテ其草案アリヤ
番外二番首藤諒曰ク、本案ニ掲グル条目ノ如キハ傭主被傭者間取締法
 - 第18巻 p.104 -ページ画像 
ヲ望ムヤ否ノ大項ヲ問フニ当リ、参考ノ為メ示シタル要領ニ過ギス、而シテ本省ニ於テ別段精査シタル草案アラズ諸君此旨ヲ了セラレヨ
四十二番梅浦精一曰ク、本案中泰西諸国ニ於テハ特ニ之ガ法律ヲ設ケ云々トアリ、聞ク所ニ拠レバ往時西洋諸国ニ於テ徒弟契約法ノ制度頗ル苛厳ヲ極メ、殊ニ仏国里昂ノ如キハ其法最モ苛殺ナリシモ今ハ其法制漸ク寛弛スルニ至レリト、蓋シ農商務省ニ於テハ本件ニ関シ各国ノ法例ヲ調査セラレタルモノアラン、冀クバ本案ヲ討議スルノ前ニ於テ各国法制ノ大要ヲ説示セラレン事ヲ
番外二番首藤諒曰ク、本省ニ於テハ特ニ主任ヲ置キ目下英・米・独・仏・墺ノ徒弟契約ニ関スル法例調査中ナリ、然レトモ今之ヲ詳明スルハ極メテ難シ、若シ其詳細ヲ知ラント欲セバ当省ニ於テ既ニ調査セル諸書ヲ貸与スベケレバ之ニ就キ参観アルベシ
八十一番荘田平五郎曰ク、農商務省ニ於テハ本邦従来ノ習慣如何ヲ調査セラレシヤ、若シ已ニ其事アラバ請フ之ヲ説示セラレン事ヲ
番外二番首藤諒曰ク、本邦ノ習慣ハ目下専ラ調査中ナリ、然而シテ本案下問ノ主意ハ会長既ニ述ベラレシ如ク只取締法ヲ設クベキヤ否ニ在ルナレバ、果シテ設クベシト定マリシ上ニテ委ク調ブルモ未ダ晩シト為サズト思考ス
十六番益田克徳曰ク、蓋シ本案ハ従来其取締法ナキガ為メ弊害アリ、故ニ其法制ヲ設ケテ之ヲ防ガントスルノ利害如何ト云フノ意ナラン、果シテ然ラバ従来其弊害トスル所ハ如何ナル点ニ在リヤ
番外二番首藤諒曰ク、弊害固ヨリ多シ、職工、業ヲ卒ヘズシテ猥リニ主家ヲ去ルアリ、伎倆未タ熟セザルニ東西利ヲ逐テ走ルアリ、而シテ主人モ亦徒弟ヲ酷待シ、甚シキハ罪ナキニ徒弟ヲ放逐スルアリ、凡ソ此等ハ弊ノ大ナルモノニシテ其他一々枚挙ニ遑アラズ
番外一番豊嶋住作曰ク、唯今番外二番ガ歴挙シタル諸弊ハ製糸場ニ於テ行ハルヽモノ多ク、殊ニ山梨県ノ製糸場ノ如キハ最モ盛ンナリト聞ケリ、然レトモ此等ノ諸弊ハ僅ニ書面ニテ了知セシ者ノミ、其実際ノ弊ニ至リテハ各員具サニ之ヲ知ラルヽナラン、抑モ本案ヲ下問シタル所以ハ此等実際ノ弊ヲ諸君ニ聴カンガ為メナリキ
会長ハ稍々質疑ノ尽キタルヲ視テ是ヨリ意見ヲ述ブヘシト告グ
百四番大倉喜八郎曰ク、徒弟契約法ハ到底之ヲ設ケザル可ラズ、此事ヤ明治十三年旧商法会議所ニ於テ既ニ之ヲ討議シテ建議シタル事アリ、思フニ当時此事ヲ議定シタルニ契約法ナキガ為メ実際弊害多カリシニ因ルモノニシテ、爾来今ニ至ルモ其弊曾テ減シタル事ナシ、故ニ今日此法ヲ設クルハ誠ニ本員ノ切望スル所ナリ、然リト雖トモ徒弟年限権利義務及賃銀等ノ如キ極メテ厳法ヲ設ケテ之ヲ規正スルトキハ、其厳法ヨリ生ズル弊害ハ却テ法ナキヨリ生ズル弊害ニ過グル者アラントス、英国ノ如キハ往時徒弟年限ハ概シテ七年以上ナリシモ、千八百十二年「ジヨルヂ」三世以後トナリテハ五年トナリ、三年トナリ、次第ニ其区域ヲ拡充シ、加之ナラズ徒弟契約法ノ如キモ大抵之ヲ師弟間ノ自治ニ放任スルニ至リシト聞ク、故ニ今回此契約法ヲ設クルニ就テハ宜ク寛厳其中ヲ採テ
 - 第18巻 p.105 -ページ画像 
制定アラン事ヲ望ム、而シテ此等ノ事ハ固ト重大ノ事件ナレバ先ヅ之ガ調査委員ヲ選挙シ之ヲシテ農商務省ニ於テ調査シタル諸書ニ就キテ利害ノ在ル所ヲ考ヘ、以テ適当ノ原案ヲ草セシメ各員其原案ニ就テ討究スルアラバ庶幾クバ良法ヲ制シ得ンカ
七番甲田卯三郎・五十七番荒尾邦寛・百六番堀江儀兵衛等、賛成ノ説アリ
四十二番梅浦精一曰ク、調査委員ヲ撰定シテ之ニ立案ヲ任スルノ説ハ固ヨリ不可ナキニ非ズト雖トモ、調査委員ヲ撰定スルニ当リテ先ヅ其立案ノ主意如何ヲ定メザル可ラズ、依テ満場議員ニ其意見ヲ陳セシムルヲ可トス
百四番大倉喜八郎曰ク、本員ト雖トモ直ニ委員ヲ撰スルノ意ニ非ズ、満場ノ意見ヲ聴ク事最モ肝要ナリトス
七番甲田卯三郎曰ク、泰西ノ法、則ルヘキアリ、本邦ノ習慣鑑ルヘキアリ、彼我ヲ斜斟スルハ実ニ肝要ナリ、然レトモ此事最モ煩雑ノ業ナレバ今夕ハ只本案ノ大要ヲ議定シ、其細目ハ之ヲ委員ニ全任セン
右ノ外十三年旧商法会議所ヨリ内蔵両卿ヘ呈シタル建議書ヲ引キテ徒弟法ノ制定ヲ望ム者アリシニ付、会長ハ各員参考ノ為該建議案ヲ朗読セシメ(其書ハ参考部ニ在リ)且曰ク、唯今朗読シタル建議書ハ十三年十一月ニ起草シタルモノニシテ当時既ニ議論アリシガ如ク、我国徒弟契約ノ習慣ハ明治四五年頃娼妓解放令下リシヨリ次第ニ其効力ヲ失ヒタルハ各員既ニ弁明セラレタルガ如キアリ、而シテ当時旧商法会議所ヨリ其筋ヘ建議シタルノ主意ハ只タ簡単ナル法律ヲ設ケテ師弟間ノ契約ヲ保護セラレタシト云フニアリ、故ニ今日此法ノ制定ヲ望ムハ各員ノ既ニ同意セラルヽ処ナルベシト雖トモ予メ各員ニ於テ該法ノ寛厳如何ノ主義ヲ論定スルニアラズンバ調査委員タル者迷津スル事アルベシ、各員之ヲ諒シテ意見ノ在ル所ヲ悉スヘシ
四十二番梅浦精一曰ク、本員ハ傭主被傭者間ノ契約ヲ以テ双方ノ自治ニ任シ、法律ハ只其契約ヲ保護スルニ止マラン事ヲ望ム者ナリ、蓋シ此契約ハ固ト一個人ノ私約ニ属スルモノナレバ法律之ニ干渉スルハ却テ害ナキヲ免レズ、故ニ本員ハ同業組合ノ如キモノヲ設ケテ同業中協議ノ上其契約法ヲ確定シ、而シテ各同業組合ハ地形ノ便ニ因リテ一区若クバ両三区ヲ合シテ一組合ト為シ、毎月若クバ隔月ニ組合ノ行事又ハ組頭ナル者会合スルノ制ヲ設ケ、凡ソ組合中ニ生ジタル事件ハ直ニ此会合ニ於テ協議報告シ、且ツ傭主被傭者及師弟間ニ於テ生ジタル紛議ノ如キモ此会合ニ於テ其是非ヲ裁定シテ之ヲ組合中ニ報告スルノ制ヲ設ケン事ヲ望ムナリ、若シ果シテ此制ノ興ルアラバ契約違反ヨリ生ズル諸弊害ハ直ニ霧消ス可キナリ、然レトモ前述ノ同業組合法ハ第三問目ト連絡スル者ナレバ其組合法ノ興廃如何ハ未タ確カニ知リ難ケレトモ、本会果シテ該法ノ興立ヲ是認スルニ決セバ組合ノ規則ヲ以テ契約ヲ実行シ以テ十分ノ好結果ヲ得ル事難キニ非ザルベシト信ズ、之ヲ要スルニ契約ハ双方ノ自治ニ任シ、若シ同業者中此契約ヲ犯ス者アルトキハ同業組合ニ於テ之ヲ処分シ、政府ハ只法律ヲ以テ其契約ヲ保
 - 第18巻 p.106 -ページ画像 
護スルニ止マラシメ、而シテ其契約法ニ至テハ勉メテ従来ノ習慣ヲ精査シ、又之ヲ各国ノ例ニ問ヒ成ルベク実行シ易カラン様之ヲ定メン事ヲ希望ス
十二番熊谷吉兵衛曰ク、各国法制ノ如キ農商務省ニ於テ既ニ調査セシモノアリト聞ケバ新タニ委員ヲ撰ンデ之ヲ調査セシムルハ却テ重複ニ属スル事アラン、故ニ農商務省ノ調査ヲ借用シテ其詳細ヲ参観シ、各員ヨリ直ニ意見ヲ陳ブルノ簡便ナルニ若カズ
会長曰ク、番外ノ説明ニ拠レバ農商務省ニ於テ調査シタル書類ハ未タ完キニ至ラザルモ、尚其部類浩澣ナレバ之ヲ印行シテ各員ニ頒布スルハ最モ困難ノ業タルノミナラズ、各員モ日々繁忙ノ身ニシテ一々其書ニ就テ精査スル能ハザル可ケレバ、調査委員ヲ設クルノ利便ナルニ若カザルベシ、故ニ其取締法ノ細目ニ至テハ調査委員ヲ定ムル後之ヲ調査シテ可ナリ、但ダ大体ニ就キ本会ノ意見ヲ定ムルヲ必要ナリトス
十二番熊谷吉兵衛曰ク、徒弟契約法ハ徒弟ヲ保護シテ師ヲ保護セズト云フガ如キニ非ズ、此法行ハルレバ師弟共ニ利シ、此法ナケレバ共ニ損スルモノナリ、斯ク双方ノ利害既ニ一致スル事明カナル以上ハ宜ク厳密ノ法ヲ設クベシ、何トナレバ厳ナレバ共ニ利シ寛ナレバ共ニ損スル事アル可ケレハナリ
百六番堀江儀兵衛曰ク、此法決シテ厳ナル可ラス、又決シテ寛ニ過ク可ラズ、唯其中ヲ採テ適宜ノ法ヲ設ケンノミ、而シテ此良法ヲ設クルハ委員五名ヲ撰ンデ之ニ委托スルニ若カザルガ如シ
十番村田治兵衛曰ク、十二番ハ契約法ノ厳酷ナラン事ヲ望マレタレトモ、本員ヲ以テ之ヲ観ルニ此法決シテ厳ナル可ラズ、厳ナレバ則チ職業ヲ妨害シテ法ヲ設クルノ精神ニ反スルノ結果アルベシ
十二番熊谷吉兵衛曰ク、本員ハ契約法ノ厳酷ナルヲ望ミシニハ非ズ、此法ハ師弟双方ノ為メニ設クルモノナレバ此法ノ調査ヲ精密ニセラレン事ヲ希望シタルニ過ギズ、本員ノ所謂厳密トハ精密ノ意ナル事ヲ了セヨ
二十五番柴崎守三曰ク、幹事ヲ調査委員ニ撰任スベシ
百五番吉田幸作曰ク、本員ハ商業ヲ以テ生計ヲ立ツル者ニシテ未ダ工業ノ実況ヲ熟知セズ、然レトモ嘗テ二三工業者ヨリ聞ク処ニ拠レバ従来我邦傭主被傭者間ノ契約ハ只口約束ニ成ルモノ最モ多シト云ヘバ、此法ノ寛厳ヲ議定スルニ当リテハ最モ周密ノ注意ヲ要ス今大工左官ノ如キ一丁字ヲ解セザル者ノ間ニ厳法ヲ実施スル時ハ必ズ其煩ニ堪ヘズ苦情百出セン事ヲ恐ル、故ニ此契約法ノ如キハ成ル可ク之ヲ双方ノ私約ニ放任シ、政府ハ只其契約ヲ保護スルニ止マレバ可ナリト思考ス
八十一番荘田平五郎曰ク、凡ソ法律ハ弊ヲ防グヲ以テ精神ト為ス、利ヲ興スガ如キハ法律ノ知ル所ニ非ザルナリ、往昔尭舜ノ民無為而化ト云ヘバ法ヲ設クルノ弊却テ法ナキノ弊ニ過グル事アルヲ知ルベシ、故ニ今徒弟取締法ヲ設クルニ於テモ、成ル可ク実際ノ弊害ヲ詳知スル者ヲ委員ニ撰ビ、只弊害ヲ除クヲ以テ制法ノ規準トスヘシ
 - 第18巻 p.107 -ページ画像 
十番村田治兵衛、八十一番ヲ賛成ス
十六番益田克徳曰ク、法ハ必要ナキニ設クルヲ好マズ、故ニ徒弟法ノ如キモ成ルヘク簡単ナラン事ヲ欲ス、夫レ之ガ法律ヲ定メント欲セバ徒弟中途ニシテ主家ヲ逃亡スルノ弊ヲ防ギ若クバ傭主其逃亡ノ徒弟ヲ使用スルノ弊ヲ防グ等二三ノ法ヲ設クレバ可ナリ、夫レ斯ノ如クンバ一法起テ万弊熄マン、何ゾ必ズシモ苛法ヲ要センヤ
四番林賢徳曰ク、既ニ委員ヲ撰定スルニ決スル以上ハ其法ノ寛厳総テ委員ノ見ル所ニ全任セン、否ラサレバ委員ノ思想ヲ抑制スルノ恐アラン歟
六十番益田孝曰ク、八十一番ノ説実ニ可ナリ、本員モ今此ニ一言シテ委員タルベキ人ノ参考ニ供セン、夫レ本案ヲ調査スルニハ猥リニ海外ノ法制ニノミ是レ拠ルベカラズ、専ラ我国各地ノ慣習ヲ調査スルヲ以テ緊要トス
五十九番川原英次郎曰ク、悉ク弊害ヲ調査シテ法律ヲ定メザレバ決シテ其効ヲ望ム可ラズ、今此弊害ノ一二ヲ挙ゲン、本員ノ如キ少シク工業ニ関シ嘗テ摸造品ヲ製造シタル事アリ、初メ事業ニ着手スルニ当リ職工ニ約スルニ製法ノ秘密ヲ他ニ洩ラサヾラン事ヲ以テス、然ルニ其後漸ク製品ヲ発売スルニ至レバ世間已ニ同品ヲ販グ者アリ、是レ蓋シ職工ガ契約ニ背キテ秘密ヲ他ニ洩シタルニ因ルモノナリ、然レトモ之ヲ法庭ニ訴フルトキハ所謂手間損タルヲ免レザルヲ以テ不得止之ヲ放棄スルニ至ル、又商家ニ於テモ年季小僧ナル者漸ク成長シテ手代トナルニ及ンデ、自ラ其ノ才力ヲ負フテ遊蕩ニ耽リ、或ハ月給ノ増額ヲ強請シ遂ニ主家ヲ去テ他家ニ転ズル等ノ弊アリ、然リト雖トモ此契約法厳密ニ過グル時ハ随テ生ズル弊害多カルベケレバ可成寛法ヲ設ケテ以上ノ諸弊ヲ匡正セン事ヲ望ム
十二番熊谷吉兵衛曰ク、調査委員ハ本会幹事ニ任シ而シテ各会員所見アラバ之ヲ詳記シテ委員ニ示スベシ、然ル時ハ庶幾クバ完全ノ結果ヲ見ンカ
十六番益田克徳曰ク、本員ハ幹事ノ一人ナレトモ敢テ此任ニ当ルノ力ナシ、会長別ニ五名ノ委員ヲ指名スルヲ以テ至当トス
四十二番梅浦精一曰ク、本員モ十六番ト同説ナリ、此調査ノ如キハ最モ実験ニ富メル者ヲ挙ケテ其任ニ当ラシメン事ヲ望ム
百四番大倉喜八郎曰ク、正副会頭及幹事ノ五名ヲ以テ調査委員ニ任ゼン
七番甲田卯三郎曰ク、此処ニテ委員ヲ撰定センヨリハ第三問目ノ議事ヲ了リテ之ヲ撰ブベシ、然ラズシテ第三問目ニ至テ復タ委員ヲ撰ブ事アレバ二重ノ委員ヲ生ジテ混雑セン事ヲ恐ル
会長ハ議ノ稍々尽キタルヲ見テ調査委員ハ五名ニスベキカ、将タ七名トスベキヤヲ問ヒシニ七名ノ説多数ナリシカバ、即チ之ヲ指名セリ、其指名者ハ左ノ如シ
               百四番   大倉喜八郎
               十六番   益田克徳
               八十番   阿部泰蔵
 - 第18巻 p.108 -ページ画像 
               九十一番  谷敬三
               百五番   吉田幸作
               十二番   熊谷吉兵衛
               十番    村田徳兵衛
会長曰ク、指名者ハ皆其任ヲ諾セラレタリ、然ル上ハ申ス迄モナケレトモ各員ノ望ム所ハ可成寛大ノ法ニ在ルナレバ宜ク苛殺ニ失セザラン事ヲ希望ス、是ニ於テ会長ハ第二問目ノ議事終リタレバ暫時休憩ヲ命ズ、時ニ八時ナリキ、此時番外両員ハ事故アル旨ヲ以テ会長ニ請フテ退散ス
○下略


東京商工会々外諸向往復文書 別冊(DK180014k-0002)
第18巻 p.108-109 ページ画像

東京商工会々外諸向往復文書 別冊 (東京商工会議所所蔵)
 会内ヘ通知案  栄一 《(孝)》 《(萩原)》
兼テ農商務卿ヨリ御諮問有之候問目中第二問目即チ工業上傭者被傭者間取締法ニ関スル件ハ去十六日臨時会ニ於テ議決ノ通リ其後委員集会相開キ答申ノ手続等致審議候処、衆議ノ上先ヅ重立タル各工業ニ就キ傭者被傭者間実地ノ弊害ヲ取調ベ、然上ニテ更ニ考案相立候事ニ相決シ、依テ来二月四日重テ委員集会相催シ、右弊害取調候筈ニ付貴殿御関係ノ何業ニ於テモ前陳ノ弊害有之候ハヾ詳細御取調被下、当日午後四時委員集会ヘ御出席ノ上十分御陳述相成候様致度此段及御通知候也
                  東京商工会々頭
  明治十七年一月廿九日          渋沢栄一
      渋沢喜作殿 (製糸)
   有恒社
      伴資健殿  (製紙)
   時計商
      野村玉志殿 (時計製造)
   地本錦画商
      森本順三郎
           殿(地本錦画製造)
      松木平吉
   筆墨硯問屋
      牧野彦八
           殿(筆墨硯製造)
      吹田与助
   団扇問屋
      村川惣右衛門
            殿(団扇製造)
      小山半五郎
   石材問屋
      青木庄太郎殿(石材職)
   左官職
      太田次郎殿 川島福之助殿
      荒井万平殿 杉山清吉殿
尚々本文調査ノ義ニ付当日可成御繰合御出席相成度存候得共、自然御差支モ有之候ハヾ本文ノ弊害書面ニ御書取、当日迄本会書記ヘ御送致被下度此段申添候也
   ○川崎造船所
 - 第18巻 p.109 -ページ画像 
      川井田平蔵殿(造船業)
      清水九兵衛殿(畳職)


東京商工会々外諸向往復文書 第一号(DK180014k-0003)
第18巻 p.109 ページ画像

東京商工会々外諸向往復文書 第一号
                  (東京商工会議所所蔵)
会外ヘ依頼状案  栄一 《(孝)》 《(萩原)》
今般西郷農商務卿ヨリ府下ノ工業者ニ於テ傭主被傭者間取締法ノ制定ヲ望ムヤ否ニ就キ本会ヘ御諮問有之候ニ付、本会ニ於テ不日右取締法ノ制定ヲ要望スル旨答申仕度、就テハ此際制法上御参考ノ為メ従来各工業上傭主被傭者間ニ行ハルヽ実地之弊害調査ヲ遂ゲ、併テ同卿ヘ捧呈仕度候間何卒貴殿御関係ノ何製造上ニ於テ前陳ノ弊害有之候ハヾ詳細御示シ被下度、此段及御依頼候也
                  東京商工会々頭
  明治十七年一月廿九日         渋沢栄一
   起立工商会社
      松尾儀助殿    (蒔絵・銅器・陶器)
   新燧社
      清水誠殿     (摺附木)
   芳町口入所
      千束屋《チツカ》 (各種雇入)


東京商工会議事要件録 第二号・第二五―二七頁 明治一七年三月一三日刊(DK180014k-0004)
第18巻 p.109 ページ画像

東京商工会議事要件録  第二号・第二五―二七頁 明治一七年三月一三日刊
第二臨時会
       (明治十七年二月十七日午後一時三十分開会)
第一定式会
    会員出席スル者 ○八十名
○上略
会長 ○渋沢栄一曰ク ○中略 続テ傭主被傭者間及師弟間ノ取締法ニ関スル議事ヲ開ク可キ筈ナレドモ、元来本件御下問ノ主意ハ傭主被傭者及師弟間ニ於テ現下弊害ノアル所ヲ詳カニスルニ在リテ、而シテ其弊害ヲ取調ブル事頗ル至難ナルガ為メニ、委員ニ於テモ数回ノ会ヲ開カレタレトモ未ダ議決ニ至ラザル由ナレバ此件ハ後回ノ会議ニ譲ル可シ、但其委員取調ノ顛末ハ委員益田孝氏ヨリ報告アラン事ヲ望ム
五十九番(益田孝)ハ会長ノ請求ヲ諾シ其顛末ヲ報道シテ曰ク、本件取調ノ顛末ハ唯今会長ノ説明ニテ尽キタレトモ尚一言ヲ陳ズ可シ抑モ本件ノ主意ハ傭主被傭者間師弟間ノ弊害ヲ下問セラルヽニ在ルナレバ、委員ハ其後二回ノ議ヲ開キテ切リニ弊害ヲ取調ベ、殊ニ会外ノ者ニシテ能ク其弊害ヲ暗知スル人々数名ヲ招シテ其談話ヲ聴キシ事モアリシト雖モ、商ヤ工ヤ其業体同ジカラザルモノ多ク、随テ其習慣及弊害モ亦各々趣ヲ異ニスルガ故ニ既ニ幾多ノ日子ヲ費スモ尚未ダ完キヲ告ゲズ、故ニ委員ハ来ル二十日更ニ会合シテ是迄委員ノ取調ベタル弊害ヲ一括シ、彼此ヲ参酌シテ復申書ヲ起草スルニ議定シタレバ、次ノ臨時会迄ニハ各員ノ依托ヲ完了スルニ至ル可シ
 - 第18巻 p.110 -ページ画像 


東京商工会議事要件録 第四号・第五―三六頁 明治一七年五月二四日刊(DK180014k-0005)
第18巻 p.110-117 ページ画像

東京商工会議事要件録  第四号・第五―三六頁 明治一七年五月二四日刊
  第四臨時会  (明治十七年四月廿六日午後五時四十分開会)
    会員出席スル者 ○六十名
○上略
次ニ会長 ○渋沢栄一ハ是ヨリ第一号議案、即チ第二問目復申書案ニ就キ議事ヲ開クベキ旨ヲ告ゲ、書記ヲシテ議案ヲ朗読セシム、即チ左ノ如シ
○第壱号議案
    第二問目復申書案
昨年十二月廿七日附ヲ以テ御諮問有之候第二問目工業上傭主被傭者間及師弟間取締法ノ制定ヲ要望スルヤ否ヤノ義ニ就テハ、其後数回ノ会議ヲ開キ、篤ト審案討議ノ末先ツ府下重立候工業即チ製紙業・時計製造・石工・地本錦絵製造・筆墨硯製造・団扇製造・造船業・畳職・蒔絵職・銅器製造・陶器製造・摺附木製造・染工・西洋仕立職・活板印刷職・鼈甲職・大工職・左官職・指物職・塗師職・石板職・銅板職・経師職・硝子製造等ノ各種ニ就キ、従来傭主被傭者間及師弟間ニ行ハレ候弊害ヲ調査仕候処、固ヨリ其類不少候得共其重要ナル者ヲ挙グレバ即チ別紙甲号ニ記載仕候通リニ有之、而シテ其中形跡ノ最モ著シク且ツ各種工業上ノ通弊トモ称スベキモノハ傭主被傭者間弊害第一第二ノ両条及師弟間弊害第一条ニシテ、其詳細ハ以上三条ノ末ニ説明致候通ニ御座候、尤往時幕府ノ治下ニ在リテハ工業ノ種類ニ依リ同業者相連合シテ所謂講中若クハ仲間組合ナルモノヲ組成シ、職工不正ノ所為アル時ハ講中若クハ仲間組合ヘ報告シテ互ニ之ヲ傭役セザル等、其他種々ノ慣習アリテ幾分カ之等ノ弊害ヲ防キ候事モ有之候得共、近来百事改進ノ風潮ニ制セラレ右等慣習漸ク消滅シ、他ニ全ク撿束ノ途無之ヨリ現今ニ至リテハ此等ノ弊害益々増長ノ勢ヲ呈シ、今ニシテ之ヲ救済セサレバ将来我国ノ工業上大ニ衰頽ヲ来シ候恐モ可有之奉存候、以上陳述仕候通リノ次第ニ付政府ニ於テ前陳ノ諸弊ヲ防グノ法律御制定相成候義ハ今日府下工業者ガ素ヨリ切望スル所ニ御坐候、今本会熟々此等ノ弊害ヲ防グノ方案ヲ考フルニ特ニ精細ノ条例ヲ御制定相成候迄モ無之只別紙乙号ニ記載仕候趣意ヲ以テ簡単ナル法令ヲ御制定相成候ハヽ此目的ヲ達スルニ充分ノ効力可有之確信仕候、蓋シ欧米諸国ニ於テハ傭主被傭者間及師弟間取締ノ為メ現ニ厳密ナル法律ヲ設ケ候向モ有之趣ニ承知仕候得共、元来我国工業ノ進度ハ欧米諸国ト同シカラズ一工場ニシテ数十百人ノ職工ヲ傭役仕候者ハ全国ノ首府タル東京府下ト雖トモ僅ニ指ヲ屈スル程ニ過ギズ、随テ其弊害モ未ダ欧米諸国ノ如ク甚シキニ至ラザルノ状況ニ御坐候得バ、其法令ハ単ニ当面ノ弊害ヲ防グヲ目的トシテ御制定相成、細目ニ至リテハ可成人民相対ノ自由ニ御放任相成候方却テ今日ノ実際ニ適応シ、之ガ為メ傭主被傭者間及師弟間ニ於テ充分ノ取締相立可申ト奉存候、依テ此段別紙甲乙両号相添復申仕候也
  明治十七年四月         東京商工会々頭
                      渋沢栄一
    農商務卿 西郷従道殿
 - 第18巻 p.111 -ページ画像 
(別紙)
甲号
    工業上傭主被傭者間ノ弊害
第一 甲傭主ノ傭役スル約定期間中ノ職工逃走シテ乙傭主ニ傭役セラルヽノ弊
第二 甲傭主ヨリ給料ヲ借越シタル職工逃走シテ乙傭主ニ傭役セラルルノ弊
  以上ハ傭主被傭者間弊害中其形跡最モ著シク、且ツ各種工業上ノ通弊トモ称スベキモノニシテ従来我国各種工業上此等ノ弊害屡々有之候、例ヘバ甲傭主ガ二年間ノ期限ヲ定メ職工ヲ傭入ルヽ時ノ如キ、前一年間ハ職工未熟ノ為メ其収益甚ダ多カラザルモ後一年間ハ其熟練ヲ利用シテ前ノ不足ヲ補充セント予期スル事有之、或ハ初ヨリ熟練ノ職工ヲ傭入ルヽモ甲傭主ニ於テ常ニ日切ノ注文ヲ受負フ事有之、或ハ甲傭主ニ於テ都合ニヨリ職工ニ給料ヲ貸越ス事有之、此時ニ際シ其職工不時ニ逃走シテ乙傭主ニ傭役セラルヽ時ハ之ガ為メ甲傭主ノ損害実ニ少カラズ、此時ニ当リ仮令乙傭主ガ情ヲ知リテ其職工ヲ傭役スルノ事跡判然タルモ、従来全ク此点ニ関シ取締法ノ存セザルガ為メ平生甲乙間ニ特別ノ契約ヲ結ブカ若クバ情誼ノ存スル事ナキ以上ハ、乙傭主ニ於テ甲傭主ニ対シ毫モ責任ヲ負ハザルヲ以テ甲傭主ハ其損害ヲ要償スル為メ、不得已直チニ其逃走シタル職工若クハ之ガ請人タルモノニ談判セザルヲ得ズ、然カルニ此等ノ職工及請人タル元来無資無産ノ徒多クシテ甲傭主ハ仮令法庭ノ裁判ニ依リテ其権利ヲ伸張スルヲ得ルモ到底其損害ノ実額ヲ補償スルニ足ラズ、又甲傭主ガ此等ノ職工ヲ引致シテ強テ前約ヲ履行セシメントシ、或ハ労役ヲ以テ其義務ヲ果タサシメントスルモ其職工ハ故意ニ懶情ヲ極メ其職ヲ尽サズシテ遂ニ傭主ヲシテ不得已己ヲ放逐セシムル事アリ、是今日傭主ノ地位ニ立ツ者ノ大ニ困苦スル所ニ御坐候
第三 職工約定ニ背キ秘法ヲ他ニ伝フルノ弊
  此弊ハ製紙・摺附木製造、或ハ薬剤ノ製練等苟クモ秘法ヲ要スル工業ニハ往々コレアル所ニシテ、例ヘバ某工業者ガ某品製造ノ新法ヲ発明スル時ノ如キ初メ其事業ニ着手スルニ当リ、職工ニ約スルニ製法ノ秘密ヲ他ニ洩サヾラン事ヲ以テスルモ其後漸ク製品ヲ発売セントスルニ当リ世間已ニ同品ヲ販ク者アリテ大ニ利益ヲ損ズル事有之、是全ク職工ガ約定ニ背キ秘法ヲ他ニ伝フルニ因ルモノニシテ、其背跡判然タルモ既ニ前条ニ於テ説明スルガ如ク、此等ノ職工タル多クハ無資無産ナルヲ以テ傭主ハ其損害ヲ補償スルノ途ナキニ苦シメリ、若シ此時ニ当リ傭主怒ニ乗ジテ之ヲ放逐センカ職工ハ喜ンテ他ニ傭主ヲ求メ、其傭主又喜ンテ之ヲ傭役スルノ情アリ、故ニ此等ノ職工ハ其背約シタルガ為メニ毫モ実地ノ損害ヲ感ズル事ナクシテ傭主ハ結局其損害ヲ補償スル事能ハザルナリ是亦弊害ノ頗ル大ナルモノニ御坐候
第四 傭主約定ノ給料ヲ与ヘザルノ弊
  傭主ガ被傭者ヲ苦シムル事其例少カラズ、例ヘバ甲傭主ガ工業上
 - 第18巻 p.112 -ページ画像 
ノ都合ニヨリ職工ヲ要スル場合ニ際シ多分ノ賃銀ヲ以テ乙傭主ノ傭役スル職工ヲ誘引シ、若シ不用トナル時ハ其窮迫ヲ顧ミズ直ニ之ヲ放逐スル等是ナリ、然レトモ其最モ甚シキモノハ傭主約定ノ給料ヲ職工ニ払ハザルノ一事ニ有之候、元来被傭者ノ地位ニ立ツ者ハ概ネ無智無識ニシテ法庭ニ向テ其正理ヲ訴フルノ道ヲ知ラス随テ其権力極メテ薄弱ナルガ為メ此等ノ場合ニ於テハ常ニ傭主ノ抑圧ヲ甘受スル者多ク有之候
第五 官立ノ工場ト民有ノ工場トハ職工雇入ニ付申合ノ行届キ兼ヌルヨリ生ズルノ弊
  官立ノ工場ト民有ノ工場トハ全ク其性質ヲ異ニシ職工取締ノ法ニ於テモ彼此其趣ヲ同フセズ、故ニ仮令其事業ハ彼此同種ナルモ其職工雇入等ノ事ニ就テハ民間同業者ガ互ニ相一致スルガ如ク双方申合行届キ兼ヌルノ勢アリ、是ヲ以テ偶々民有ノ工場ニ傭役スル職工逃走シテ官立ノ工場ニ傭役セラルヽガ如キ事アルモ、此民有ノ工場ハ談判ヲ遂グルノ途ヲ得ス、遂ニ其損害ヲ蒙ル事有之、又民間同業者ガ職工雇入等ノ事ニ就キ互ニ規約ヲ結バントスル場合ニ於テ、官立ノ工場ヲシテ之ニ加盟セシムル事能ハザルガ為メ其規約遂ニ行届カザルガ如キ憾モ有之候
    工業上師弟間ノ弊害
第一 年季中他ノ誘引ヲ受ケ或ハ自ラ逃走シテ他ノ師ニ就キ或ハ他ノ傭主ヲ求ムルノ弊
  弟子年季中漸ク其職業ヲ修熟シヤヽ一人前ノ職工タルヲ得ルニ及ビ、父兄又ハ他人ノ誘引ヲ受ケ或ハ自ラ其才力ヲ恃ンデ逃走シ窃カニ他ノ師ニ就キ、或ハ他ノ傭主ヲ求メ候事有之、然レトモ傭主被傭者間ニ於ケル場合ノ如ク師タル者其損害ヲ補償スルノ途ナキニ苦シムノ憾有之候、是師弟間弊害中最モ大ナルモノニ御坐候
第二 年季中師ノ秘密ヲ奪ヒ其営業ヲ妨グルノ弊
  弟子年季中漸ク其職業ヲ習熟スルニ当リ師ノ秘密法ヲ奪ヒ、自ラ師ノ製造ニ摸擬シタル物品ヲ製シテ私ニ之ヲ販売シ大ニ師ノ営業ヲ妨害スル事有之、現ニ府下ニ於テ此弊害ノ為ニ破産シタル工業者モ有之趣聞及候
第三 師弟子ヲ職業上ニ使役セズシテ家事上ニ使役スルノ弊
第四 師タルノ伎倆無キ者漫ニ弟子ヲ引受クルノ弊
  師タル者弟子ニ職業ヲ教授スルヲ怠リ専ラ之ヲ家事上ニ使役シ甚シキハ全ク之ヲ奴隷ノ如ク役スル事有之、又己レノ伎倆不充分ニシテ漫ニ弟子ヲ引受クル事有之、此等ノ場合ニ於テハ特ニ才智ニ富ムノ弟子ハ幸ニ其自力ニ依リテ職業ヲ習熟スルヲ得ルモ尋常中才ノ弟子ハ幾年ヲ経ルモ其職業ニ熟達スルヲ得ザルノ憾有之候
乙号
    傭主被傭者間取締法要領
第一 傭主被傭者間ノ契約ニハ左ノ数項ヲ記載スベキ事
  一 契約人双方ノ姓名
  一 身元引受人ノ姓名
  一 結約ノ年月日
 - 第18巻 p.113 -ページ画像 
  一 雇期限
  一 給料
  一 雇ハルベキ職業
  一 病気ノ時ノ約束
  一 解約ノ時ノ約束
第二傭役期限ノ有無ニ関ラズ甲傭主ニ借越アル被傭者タルヲ知リテ乙傭主ニ於テ傭役スル時ハ、乙傭主ハ甲傭主ニ対シテ其被傭者ノ借越ヲ弁償スルノ責ニ任スベキ事
第三甲傭主ニ対シテ傭役期限未ダ終ラザル被傭者タルヲ知リテ乙傭主ニ於テ傭役スル時ハ、其被傭者ノ甲傭主ニ対スル責ハ乙傭主之ヲ負担スベキ事
  抑モ甲傭主ノ傭役スル職工ガ約定期限中逃走シ、或ハ給料ヲ借越シテ逃走スルニ至ルモノハ、畢竟其ノ容易ク乙丙ノ傭主ニ就クヲ得ルガ為メニシテ、若シ其職工ヲシテ甲傭主ニ対スル義務ヲ果タサヾル限リハ決シテ乙丙ノ傭主ニ就ク事能ハザルノ地位ニ在ラシメバ職工逃走ノ弊害蓋シ制セズシテ止ムニ至ラン、而シテ此目的ヲ達セントスルニハ只其逃走シタル職工ヲシテ損害補償ノ責ニ当ラシムルニ止メンヨリハ、寧ロ之ヲ傭役スル乙丙ノ傭主ヲシテ此責任ヲ負担セシムルニ若カザルナリ、何トナレバ若シ法律ヲ以テ斯ノ如ク制定スル時ハ乙丙ノ傭主容易ニ此等ノ職工ヲ傭役セザルカ故ニ勢自ラ其逃走ノ弊害ヲ防止スルヲ得レバナリ、是即チ第二及第三条ノ主意ヲ以テ立法ノ要義トセラレンコトヲ要スル所以ニ御座候、又従来傭主被傭者間ニ苦情ノ生スルハ双方約束ノ不充分ナルニ起因スルモノ最モ多ク、殊ニ前記職工逃走ノ場合ノ如キ甲傭主ヨリ乙丙傭主ニ向テ損害ヲ要償スルニハ先ヅ其逃走シタル職工ガ己レニ対スル責任ノ限界ヲ証明スルヲ要スルニ付、其契約ハ充分明瞭ナラザルベカラズ、是第一条ニ於テ傭主被傭者間ノ契約ニ掲記スベキ事項ヲ指定セラレン事ヲ要スル所以ニ御坐候
第四左ノ場合ニ於テハ傭主ニ於テ約定期限中ノ被傭者ヲ解傭シ得ル事
  一 被傭者窃盗其他刑法ニ触レタル場合
  一 被傭者身体異変ヲ生シ其職業ニ堪ヘザル場合
第五左ノ場合ニ於テハ被傭者ニ於テ解約シ得ル事
  一 被傭者身体異変ヲ生シ其職業ニ堪ヘザル場合
  一 傭主不法ノ所行ニ誘フ場合
  一 傭主給料ヲ払ハザル場合
  一 傭主窃盗若クバ重罪ノ刑ニ処セラレタル場合
 右両条ニ就テハ特ニ説明ヲ要スルモノ無之、但シ第四条ニハ被傭者窃盗其他刑法ニ触レタル場合ト記シ、第五条ニハ傭主窃盗若クバ重罪ノ刑ニ処セラレタル場合ト記スルモノハ、本来傭主ト被傭者トハ自ラ其資格ヲ同フセザルガ為メ斯ク其権衡ヲ定メタルニ過ギズシテ其間別段ノ趣意ハ無御坐候
第六被傭者兵役ニ就キタル時ハ傭主被傭者ノ中、一方ノ望ニヨリテ解約スルヲ得ベキ事
  兵役ハ国民ノ義務ニシテ一般人民ノ負担セザルヲ得ザル所ナリ、
 - 第18巻 p.114 -ページ画像 
故ニ被傭者約定年限中偶々兵役ニ就ク時ハ勢双方ニ於テ共ニ其契約ヲ履行スル事能ハザル事アリ、是本条ニ於テ此場合ニ当リテハ双方ヲシテ随時解約スルノ余地ヲ得セシメン事ヲ要スル所以ニ御座候
    師弟間取締法要領
第一師弟間ノ契約ニハ左ノ数項ヲ記載スベキ事
  一 契約人双方ノ姓名
  一 父母若クバ後見人ノ姓名
  一 契約ノ年月日
  一 年季ノ期限
  一 職業
  一 衣服食料
  一 給料
  一 病気ノ時ノ約束
  一 解約ノ時ノ約束
第二年季期限ハ十ケ年ヲ超過スヘカラザル事
第三弟子年季中其約定ニ背キ解約ヲ望ム時、或ハ逃走シテ他ノ師ニ就キ又ハ他ノ被傭者トナル時ハ、結約ノ日ヨリ解約或ハ逃走ノ時迄ノ食料及ヒ給料ヲ師ニ弁償スベキ事
第四甲者ニ対シテ年季契約中ノ弟子ト知リテ乙者ニ於テ年季ノ契約ヲ結ビ或ハ之ヲ傭役スル時ハ、其弟子ノ甲者ニ対シテ弁償スベキ責ハ乙者之ヲ負担スベキ事
  以上四条ノ中第一及第四ノ両条ハ傭主被傭者間取締法要領第一・第二・第三ノ三条ニ就キ説明シタル趣意ニ基キ候モノニ有之候、蓋シ師弟ノ関係タル傭主被傭者ノ関係ト同シカラズ、其契約モ彼此自ラ其趣ヲ異ニスルモノ有之、例ヘハ傭主被傭者間契約ノ要旨ヲ約言スレバ只被傭者ハ傭主ノ為メニ或ル時ノ間労役シ、傭主ハ之ニ向テ相当ノ代銀ヲ払フト云フニ過キスシテ双方同等ノ地位ニ立テ契約スルモノナレトモ、師弟ノ関係タル恰モ父ノ子ニ於ケルガ如クシテ同等ノ地位ニ立テ契約スルモノニ非ズ、殊ニ師ガ年季中弟子ニ給与スル食料又ハ給料ニ於テ費ヤス所ハ、弟子ヤヽ職業ニ習熟スルニ及ビ之ガ熟練ヲ利用シテ始メテ之ヲ償フノ姿ナレバ弟子若シ中途ニシテ解約シ或ハ逃走スル場合ニ於テハ、師ノ蒙ルベキ損害傭主ノ被傭者ニ於ケル場合ヨリ更ニ甚シキノ理ナリトス是第三条ニ於テ双方契約ノ有無ニ拘ラズ年季中弟子解約シ或ハ逃走スル場合ニ於テハ、特ニ弟子ヲシテ其時迄ノ食料及給料弁償ノ義務ヲ負ハシメン事ヲ要スル所以ニ御坐候
  又農工業習熟ノ年限ハ、明治五年十月太政官第二百九十五号ノ御布告ヲ以満七年ニ過グベカラズト制定セラレタリト云トモ、抑モ蒔絵・彫刻其他美術ニ関スル工業ニシテ特ニ精工熟練ヲ要スルモノニ於テハ之ヲ習熟スルニ七年以上ヲ要スルモノ多ク有之、現ニ蒔絵・銅器製造職等ニ於テハ其習熟年限少クモ十年ヲ要スルト云トモ右御布告ニ抵触セン事ヲ恐レ不得已師ガ弟子ヲ引受クルニ際シ初三年間ハ年季ヲ定メズシテ己レノ職業ヲ見習ハシメ然シテ後
 - 第18巻 p.115 -ページ画像 
初テ七年ノ年季ヲ契約スル者モ有之候、是第二条ニ於テ更ニ其年限ヲ十年迄ト定メラレン事ヲ要スル所以ニ御坐候、但シ本条ハ特定ノ弊害ヲ防グノ趣意ニ無之候得共、従来工業者ニシテ右御布告ノ制限ヲ不便トスル者不少ニ付玆ニ併テ其改定ヲ要スルモノニ御坐候
第五左ノ場合ニ於テハ弟子ニ於テ解約スルヲ得ベキ事
  一 師ノ死去シタル場合
  一 弟子ノ身体ニ異変ヲ生シ其職ニ堪ヘザル場合
  一 師弟子ヲ職業上ニ使役セズシテ専ラ家事上ニ使役シ、又ハ之ヲ虐使スル場合
  一 師不法ノ所業ニ誘フ場合
  一 師窃盗若クバ重罪ノ刑ニ処セラレタル場合
第六師ハ自己ノ都合ニヨリテ解約スルヲ得、但シ此場合ニ於テハ弟子ヲシテ食料及給料ヲ弁償セシムルヲ得ザル事
  右両条ニ就テハ特ニ説明ヲ要スルモノ無之、但シ師弟間ノ契約ハ前陳ノ如ク傭主被傭者間ノ契約ト異ニシテ之ヲ解約スル場合ニ於テハ師ハ最モ損害ヲ蒙リ、弟子ハ毫モ不利ヲ感セザルノ傾向有之是第六条ニ於テ特ニ師ヲシテ随意ニ解約スルヲ得セシメ、以テ双方ノ権衡ヲ保持セン事ヲ要スル所以ニ御坐候
第七年季結約ヨリ三ケ月間ハ師又ハ弟子ノ中一方ノ望ニ依リテ解約スルヲ得ベキ事
  師弟間ニ於テ苟クモ年季ヲ以テ契約スルニ当リテハ師ハ予メ弟子ノ能力能ク其職業ヲ習熟スルニ堪フルヤ否ヲ撿セザルベカラス、又弟子ハ予メ其師ノ伎倆能ク其ノ職業ヲ教授スルニ足ルヤ否ヲ察セザルベカラズ、若シ否ラズシテ双方軽忽ニ契約ヲ結ブ時ハ到底双方ノ利益ヲ保全スル能ハズ、是本条ニ於テ結約ヨリ三ケ月間ハ一方ノ望ニ依テ解約スルヲ得セシメ、以テ充分双方ニ余地ヲ与ヘン事ヲ要スル所以ニ御坐候

会長曰ク、此復申書案ハ是迄委員ガ数回ノ会議ヲ開キ審按熟議シテ漸ク調成シタルモノニシテ、即チ先ヅ第一ニ傭主被傭者間及師弟間ニ存スル弊害ノ著シキモノヲ掲ケ、次ニ之ヲ防グノ方法ヲ示シ、其主意トスル所ハ専ラ当面ノ弊ヲ防グヲ精神ト為シタレバ前会議決ノ主旨ト毫モ矛盾スル所ナキヲ信ズルナリ、而シテ本案ニ就キ不審アラバ調査委員タル十六番(益田克徳)ニ質議セラレタシ
百十番(勝部静男)曰ク、少々質疑スベキ事アリ、(第一問)乙号傭主被傭者間及師弟間取締法要領中、傭主被傭者間並ニ師弟間ノ契約書ニ記スベキ条項ヲ記載セラレタルガ、此条項ハ単ニ契約ノ大要ヲ示シタルモノナルヤ、将タ此条項以外ノ事ハ一切契約書ニ記セシメザルノ見込ナルヤ、(第二問)乙号第四条ニ被傭者身体異変ヲ生ジ云々トアルハ単ニ癈疾不具等ニテ其職ニ堪ヘザル場合ノミヲ指示シタルモノナルヤ、将タ契約期限中偶々己レ一家ノ相続人トナリテ其年季ヲ卒フル能ハザル場合ノ如キモ此中ニ包含スルノ意ナルヤ、(第三問)甲号ニ於テ被傭者ガ傭主ノ秘法ヲ他ニ伝フルノ
 - 第18巻 p.116 -ページ画像 
弊害及弟子ガ師ノ秘法ヲ奪フノ弊害ヲ特記シ、乙号ニ於テハ之ヲ防グノ法ヲ示サザルハ何故ナルヤ
十六番(益田克徳)荅テ曰ク、(第一問)契約書ニ記スベキ項目ハ只ダ其大要ヲ掲ゲシニ過ギズ、若シ契約ノ場合ニ際シ双方必要ト認ムル条項アラバ適宜ニ之ヲ添加シテ可ナルノ見込ナリ、(第二問)身体異変云々ハ癈疾不具者トナリテ其職ニ堪ヘザル場合ノミヲ云フナリ、契約期限中相続人トナリテ就職シ難キ場合ノ如キハ特別ノ契約アルニ非ザレバ決シテ解約セシメザル見込ナリ、(第三問)秘法ニ関スル弊害ヲ防グノ法案ハ委員之ヲ顧慮セザルニ非ザレトモ凡ソ傭主被傭者間及師弟間ニ存スル最モ著大ナル弊害ハ、傭主被傭者間弊害第一第二ノ両条及師弟間弊害第一条ニシテ、若シ此等ノ大弊ヲ防グノ道ヲ得ル時ハ前記秘法ニ関スル弊害ノ如キハ自ラ熄ムニ至ルノ見込ナリ、是レ此弊ヲ防グノ法ヲ掲ケザル所以ナリ
二十六番(柴崎守三)問フテ曰ク、甲傭主ニ借越シアル職工タルヲ知ラズシテ乙傭主之ヲ傭役セル場合ニ於テハ之ヲ如何スベキ見込ナルヤ
十六番(益田克徳)荅テ曰ク、甲傭主ヨリ其貸越シアル職工タル事ヲ乙傭主ニ通知シ、乙傭主猶之ヲ傭役セントスル時ハ始テ弁償ノ責ニ任ゼシムルノ見込ナリ
百十番(勝部静男)問フテ曰ク、然ラバ貸越アル職工タルヲ知ラズシテ傭役シタルトキハ乙傭主ニ其責任ナシトスルカ
十六番(益田克徳)荅テ曰ク、然リ
一番(足助房太郎)問フテ曰ク、甲号傭主被傭者間弊害第五条ニ官立ノ工場ト民有ノ工場云々ノ事アリ、此取締法ハ官民ノ工場ヲ通ジテ汎ク実行セントスル見込ナルヤ
十六番(益田克徳)荅テ曰ク、然リ
二十四番(松木平吉)問フテ曰ク、甲号中師弟間弊害第四条ニ記スル師タル伎倆ナキ者漫ニ第子ヲ引受クルノ弊ハ何分之ヲ防グノ道ナカルベシト思考ス、委員ノ考案果シテ如何ン
十六番(益田克徳)荅テ曰ク、此条ハ只ダ其弊ヲ示シタルニ過ギズ、委員ニ於テハ到底此弊害ヲ防グノ方法ヲ案出スル能ハザルナリ
八十七番(浅井幸右衛門)問フテ曰ク、傭主被傭者間契約ノ場合ニハ身元引請人アリテ師弟間契約ノ場合ニ之ナキハ如何ン
十六番(益田克徳)荅テ曰ク、師弟間契約ノ場合ニハ父母若クバ後見人アルヲ以テナリ
於是会長ハ各員ノ質疑全ク尽キタルヲ以テ是ヨリ更ニ逐条審議ニ取掛ルベキ旨ヲ告ゲ、先ヅ書記ヲシテ甲号書面ヲ逐条朗読セシメタルニ、傭主被傭者間弊害第三条ニ至リ五十八番(川原英次郎)ヨリ輸入品模造ニ就テモ秘法ヲ他ニ伝フルノ弊害甚ダ多キヲ以テ本条説明中「薬剤ノ製煉」ノ下ヘ「輸入品模造」ノ五字ヲ挿入スベシトノ動議ヲ発シ、四十三番(梅浦精一)ノ駁論モアリシガ終ニ十六番(益田克徳)ノ発議ニヨリ本条説明中「薬剤ノ製煉」ノ下等ノ一字ヲ其他諸製造ノノ文字ニ改メ「苟モ秘法ヲ要スル」ノ下工業ノ二字ヲモノノ二字ニ改ムルニ決シ、其他ハ尽ク原案ニ可決シタリ
 - 第18巻 p.117 -ページ画像 
次ニ会長ハ書記ヲシテ乙号書面並ニ復申書案ヲ逐条朗読セシメタルニ乙号師弟間取締法要領第四条ニ至リ百十番(勝部静男)ノ発議ヲ以テ其説明中「其年限ヲ十年迄ト定メラレン事ヲ要スル所以ニ」ノ下御坐候但シ本条ハ特定ノノ十一字ヲシテ特ニノ四字ニ改ムルニ決シ、同第五条ニ至リ百十番(勝部静男)ノ発議ヲ以テ弟子兵役ニ就ク場合ト云フノ一項ヲ添加スルニ決シ、即チ之ヲ第三項ト為シタリ、而シテ同第七条ニ至リ百六番(辻粂吉)ヨリ前条ニ於テ師ハ自己ノ都合ニヨリテ解約スルヲ得ト定ムル上ハ、本条ニ於テ師ノ解約シ得ル旨ヲ特記スルニ及バズトノ発議アリシガ、猶衆議ノ上乙号ニ掲グル各条ハ本来法律ノ草案トシテ開陳スルモノニ非ザレバ原案ノ儘ニテ妨ゲナシト云フニ決シ、其他ノ各条並ニ復申書案ニ至リテハ各員異議ナク総テ原案ニ可決シタリ
○下略


東京商工会議事要件録 第五号・第四一―四四頁 明治一七年六月七日刊(DK180014k-0006)
第18巻 p.117-118 ページ画像

東京商工会議事要件録  第五号・第四一―四四頁 明治一七年六月七日刊
 ○参考部 傭主被傭者間取締規則ノ義ニ付農商務卿ヘ復申書
    ○第二問目復申書
昨年十二月廿七日附ヲ以テ御諮問有之候第二問目工業上傭主被傭者間及師弟間取締法ノ制定ヲ要望スルヤ否ヤノ義ニ就テハ、其後数回ノ会議ヲ開キ篤ト審案討議ノ末、先ツ府下重立候工業即チ製紙業・時計製造・石工・地本錦絵製造・筆墨硯製造・団扇製造・造船業・畳職・蒔絵職・銅器製造・陶器製造・摺附木製造・染工・西洋仕立職・活版印刷職・鼈甲職・大工職・左官職・指物職・塗師職・石板職・銅板職・経師職・硝子製造等ノ各種ニ就キ、従来傭主被傭者間及師弟間ニ行ハレ候弊害ヲ調査仕候処、固ヨリ其類不少候得共、重要ナルモノヲ挙グレバ即チ別紙甲号ニ記載仕候通リニ有之、而シテ其中形跡ノ最モ著シク且ツ各種工業上ノ通弊トモ称スヘキモノハ傭主被傭者間弊害第一第二ノ両条及師弟間弊害第一条ニシテ其詳細ハ以上三条ノ末ニ説明致候通ニ御坐候、尤往時幕府ノ治下ニ在リテハ工業ノ種類ニ依リ同業者相連合シテ所謂講中若クハ仲間組合ナルモノヲ組成シ、職工不正ノ所為アル時ハ講中若クハ仲間組合ヘ報告シテ互ニ之ヲ傭役セザル等、其他種々ノ慣習アリテ幾分カ此等ノ弊害ヲ防キ候事モ有之候得共、近来百事改進ノ風潮ニ制セラレ右等ノ慣習漸ク消滅シ他ニ全ク撿束ノ途無之ヨリ現今ニ至リテハ此等ノ弊害益々増長ノ勢ヲ呈シ、今ニシテ之ヲ救済セザレバ将来我国ノ工業上大ニ衰頽ヲ来シ候恐モ可有之奉存候、以上陳述仕候通リノ次第ニ付政府ニ於テ前陳ノ諸弊ヲ防グノ法律御制定相成候義ハ今日府下工業者ガ素ヨリ切望スル所ニ御座候、今本会熟々此等ノ弊害ヲ防グノ方案ヲ考フルニ特ニ精細ノ条例ヲ御制定相成候迄モ無之、只別紙乙号ニ記載仕候趣意ヲ以テ簡単ナル法令ヲ御制定相成候ハヽ此目的ヲ達スルニ充分ノ効力可有之確信仕候、蓋シ欧米諸国ニ於テハ傭主被傭者間及師弟間取締ノ為メ現ニ厳密ナル法律ヲ設ケ候向モ有之趣ニ承知仕候得共、元来我国工業ノ進度ハ欧米諸国ト同シカラス一工場ニシテ数十百人ノ職工ヲ傭役仕候者ハ全国ノ首府タル東京府下ト雖トモ僅ニ指ヲ屈スル程ニ過ギズ、随テ其弊害モ未ダ欧米諸国ノ
 - 第18巻 p.118 -ページ画像 
如ク甚シキニ至ラザルノ状況ニ御座候得バ、其法令ハ単ニ当面ノ弊害ヲ防グヲ目的トシテ御制定相成、細目ニ至リテハ可成人民相対ノ自由ニ御放任相成候方却テ今日ノ実際ニ適応シ、之ガ為メ傭主被傭者間及師弟間ニ於テ充分ノ取締相立可申ト奉存候、依テ此段別紙甲乙両号相添復申仕候也
  明治十七年五月二日        東京商工会々頭
                       渋沢栄一
    農商務卿 西郷従道殿
  ○甲号乙号トモ前掲第四臨時会ニテ修正可決セルモノト同一ナル故略ス。


東京商工会議事要件録 第二三号・第三〇―三一頁 明治二〇年三月二二日刊(DK180014k-0007)
第18巻 p.118 ページ画像

東京商工会議事要件録  第二三号・第三〇―三一頁 明治二〇年三月二二日刊
  第十二定式会 (明治二十年二月廿六日午後四時三十分開会)
    会員出席スル者 ○五十六名
○上略
次ニ会長(渋沢栄一)ハ是迄本会ヨリ諸官衙ヘ建議又ハ復申シタル事項ニ就キ特別ニ其成跡ヲ報告ス
    ○東京商工会建議又ハ復申事項ノ成跡
明治十六年十一月本会創立以来今日ニ至ルマデ各官署ヘ建議又ハ復申シタル事項中、其筋ニ於テ既ニ本会ノ意見ヲ採用セラレタルモノ又ハ現今特ニ審査中ノモノハ左ノ如シ
○傭主被傭者間取締規則ノ義ニ付農商務卿ヘ復申ノ件
  明治十六年十二月廿七日附ヲ以テ西郷農商務卿閣下ヨリ従来工業上傭主被傭者間ニハ種々ノ弊害アリ今府下ノ工業者ニ於テハ此等ノ弊害ヲ防ク為メ取締法ノ制定ヲ望ムヤ如何ノ旨諮問セラレタルニ付其後本会ニ於テハ各種工業上実地ノ弊害ヲ調査シ且ツ傭主被傭者間取締法要領六項師弟間取締法要領七項ヲ審案シ、翌十七年五月二日附ヲ以テ答申案ヲ上呈シタルガ、明治十九年十月中本会ヨリ其成跡ニ就キ其筋ヘ伺出デタルニ右ハ現今農商務省ニ於テ審査中ノ趣、明治二十年一月中高橋商務局長閣下ヨリ内示アリタリ
○下略



〔参考〕工場法論 岡実著 改訂版・第一―九頁 大正二年刊(DK180014k-0008)
第18巻 p.118-121 ページ画像

工場法論 岡実著  改訂版・第一―九頁 大正二年刊
  第一編 日本工場法
    第一章 工場法制定ノ沿革
 明治四十四年三月二十八日ヲ以テ制定公布セラレタル工場法ハ「其ノ条文僅ニ二十五箇条、大正五年八月二日ヲ以テ公布セラレタル施行令(四十二箇条)及施行規則(三十一箇条)ヲ合スルモ、其ノ法条僅ニ九十八条ニ過キス。然レトモ此等ノ法規カ制定セラルル迄ニハ実ニ約三十箇年ノ星霜ヲ積ミ、此ノ間主務大臣ノ交迭ヲ重ヌルコト二十三回、工務局長又ハ商工局長トシテ主任者ヲ換フルコト十五人、稿ヲ更ムルコト亦実ニ百数十回ニ及ヒタルモノナリ、以下其ノ沿革ノ大要ヲ述フヘシ。
     第一節 第一期(自明治十四年至明治三十一年)
 農商務省ノ内務省ヨリ分離シタルハ実ニ明治十四年四月ニシテ、翌
 - 第18巻 p.119 -ページ画像 
年工務局内ニ調査課ヲ設ケ、労役法及工場条例ニ関スル材料ヲ集輯センカ為メ、各府県ニ移牒シテ職工及工場ニ係ル現在ノ状態及慣習等ヲ調査報告セシム、翌十六年ニ至リ諸般ノ参考材料ニ依リ労役法・師弟契約法及工場規則ノ立案ニ着手スルト共ニ、之ニ関スル意見ヲ東京商工会ニ諮問シタルニ、工業上傭主被傭者間及師弟間ノ取締ヲ必要ト認ムルヲ以テ速カニ適当ノ法律ヲ制定セラレンコトヲ希望ストノ答申ニ接シタリ。
 翌十七年ニ至リ当時農商務省ノ諮問機関トシテ特設セラレタル勧業諮問会ノ第一次会合ニ際シ、更ニ工業上傭主被傭者間並師弟間ノ取締法制定ノ可否ニ付意見ヲ諮問シタルニ、同諮問会ハ各地ノ慣習同シカラスト雖、近来種々ノ弊害ヲ生シタルヲ認ムルヲ以テ各地旧来ノ慣習ニ基キ完全ナル取締法ヲ発布セラレタシト答申セリ。
 明治十八年ハ労役法・師弟契約法・職工並徒弟条例ニ関スル大体調査ヲ継続シ、翌十九年二月第三次勧業諮問会ヲ開キ、工業上傭主被傭者間並師弟間ノ権利義務ノ規定及傭役ノ制限等ニ関スル事項ヲ諮詢スルト共ニ、各地方ノ状態慣例ヲ詳カニスルコトヲ努メタリ。
 明治二十年六月ニ至リ職工条例及職工徒弟条例案一ト先ツ脱稿ス、前案ハ総則・未丁年ノ職工・徒弟・工場製造所及罰則ノ五章四十六条ヨリ成リ、後案ハ総則・職工・徒弟及罰則ノ四章三十一条ヨリ成ル、左ニ其ノ要領ヲ掲ケン。
 職工条例案規定事項ノ要領
      第一章 総則
  一職工ト工業製造人ノ関係ハ合意契約ニ依リ定マルコト
  一此等二者ノ人権及物権ニ関スル契約ノ条件ヲ制限セサル場合ハ民法ノ規定若ハ地方ノ慣例ニ依ルコト
  一工業製造人及職工ノ定義
  一水火力ヲ用フル生産所、礦物ノ分析淘汰、礦坑、普請場及造船所等ハ工場製造所トシテ本条例ヲ適用スルコト
  一雇傭契約ノ解除ニ関スルコト
  一工業製造人ノ職工ニ対スル契約ノ不履行、及職工ノ工業製造人ニ対スル契約違反ニ因ル損害賠償ノコト
  一工場製造人ハ職工ノ解職ニ際シ、其ノ請求ニ応シ無報酬ニテ勤務証書ヲ交附スルコト、又修業ヲ目的トスル者ニハ卒業証書ヲ交附スルコト
  一工業製造人ト職工トノ間ノ紛争ハ商業会議所ニ於テ仲裁スルコト
  一工業製造人ハ職工ニ物品ヲ売渡シ、物品又ハ金銭ヲ貸付ケ利益ヲ収ムルコトヲ得サルコト
  一職工ノ賃銀ハ帝国ノ通貨ヲ以テ払渡スコト
      第二章 未丁年ノ職工
  一未丁年ノ職工ハ日曜日及大祭日ニ労役セシメサルコト
  一公権ヲ剥奪セラレタル者ハ未丁年ノ職工ヲ使用スルコトヲ得サルコト
  一履歴書ヲ所持セサル未丁年者ヲ職工トシテ使用スルコトヲ得サ
 - 第18巻 p.120 -ページ画像 
ルコト
  一工業製造人ハ未丁年職工カ違約行為ヲ以テ退業スルトキハ其ノ履歴書ヲ留置スル権ヲ有スルコト
  一就学義務ヲ了ヘサル者、又ハ就学猶予ヲ得サル児童ヲ職工ニ使用スルトキハ工業製造人ハ一定ノ時間ヲ設ケテ通学セシムル義務アルコト
      第三章 徒弟
  一徒弟ハ工業製造人ノ家族ニ附属シ、其ノ業法ノ伝習ヲ受ケン為メニ使用セラルル職工ナルコト
  一徒弟ト工業製造人ノ契約ニハ通例一箇月以上三箇月以内ノ試験期間ヲ設クルコト
  一工業製造人カ徒弟ノ承諾ヲ得スシテ解約シ得ル場合ノ規定(七項)
  一徒弟カ工業製造人ノ承諾ヲ得ルヲ要セスシテ其ノ契約ヲ解キ得ル場合ノ規定(五項)
  一徒弟ノ契約ハ徒弟又ハ父母、後見人ヨリ其ノ営業ヲ変更スルノ事由ヲ以テ解除ヲ求メタル日ヨリ、三十日間ノ経過ニ由テ消滅スルコト、又此ノ事由ヲ以テ解約シタルトキハ其ノ解約後一箇年間ハ前契約者タル工業製造人ノ承諾ヲ得スシテ同一ノ営業ニ使用セラルヽコトヲ得サルコト
  一徒弟又ハ徒弟ノ父母、後見人ヲ勧誘シテ退業セシメタル者、及他ノ徒弟タルコトヲ知テ之ヲ使用シタル者ハ徒弟ト連帯ニテ損害賠償ノ義務アルコト
      第四章 工場製造所
  一工場・製造所ニ於テハ年齢十歳未満ノ児童ヲ職工トシテ使用スルコトヲ得サルコト、但シ徒弟ハ此ノ限リニ在サルコト
  一年齢十四歳未満ノ者ハ一日六時間、十七歳未満ノ者ハ一日十時間以上使役スルコトヲ得サルコト
  一幼年職工ニハ毎日喫食時間ノ外二回以上一定ノ休憩時間ヲ与フヘキコト
  一婦女及十四歳未満ノ職工ヲ夜間使用スルコトヲ得サルコト
  一工場・製造所職工ノ賃金ハ日給トスルコト、日給金ハ前渡又ハ後払ヲ為シ得ヘシト雖、前渡ハ三十日分、後払ハ十日分ノ賃金額ヲ越エシメサルコト
  一工場・製造所ノ便宜ノ為メ職工ノ住居及其ノ日用品買取場ヲ指定スルコトヲ得ス、職工ノ便宜ノ為ニスル場合ニハ其ノ管理規則ヲ定メ、地方長官ヲ経テ農商務大臣ノ認可ヲ受クヘキコト
  一農商務大臣ハ職工ノ使用方法カ健康又ハ品行其ノ他経済ノ発達ヲ害スト認ムルトキハ特別ノ制限ヲ加ヘ又ハ職工ノ使用ヲ禁シ得ルコト
 職工徒弟条例案規定事項ノ要領
      第一章 総則
  一傭主・職工及徒弟ノ定義
  一八歳未満ノ者ハ職工徒弟トシテ使役スルコトヲ得サルコト
 - 第18巻 p.121 -ページ画像 
      第二章 職工
  一傭役契約ハ書面又ハ口上ヲ以テスルコト、口約ノトキハ立合証人アルヲ要スルコト
  一傭役書ニハ傭主、職工及職工カ未丁年者ナルトキハ其ノ監督権ヲ有スル者ノ族籍・住所・氏名・年齢、傭役ノ職業・期限・賃銭及其ノ仕払方法、解約予告ノ日限、職工カ疾病ニ罹リタルトキノ約定等ヲ記スヘキコト
  一解約予告日限ノ約定ナキトキハ三十日前タルヘキコト
  一傭主又ハ職工ノ一方ヨリ他方ニ対シ解約ヲ求メ得ル事由ノ規定
  一解約ニ当リ職工ノ結約並解約ノ年月日、使役ノ職業ヲ記載シタル証明書ヲ与フルコト
  一職工ガ傭主ノ職業上ノ秘訣ヲ漏洩シタル場合、其ノ他不法ノ退職、及他人ノ雇傭中ノ職工ノ誘拐ニ対スル賠償ノ規定
      第三章 徒弟
  一徒弟修業約定ハ一期十年ヲ超ユルコトヲ得サルコト
  一二十八歳ニ満サル者、又ハ破廉恥罪ノ刑ニ処セラレタル者ハ刑期満限後五年間徒弟ヲ養フコトヲ得サルコト
  一修業約定書ニ記載スヘキ事項ノ規定
  一十六歳未満ノ徒弟ニハ授業者ヲシテ読書・習字及算術ヲ授ケシムルコト
  一解約ノ予告ハ三ケ月前トスルコト、授業者又ハ徒弟ノ一方ノ申出ニ依リテ解約シ得ル事由ノ規定
  一徒弟解約後二年間ハ前工芸者ノ承諾ヲ得スシテ同職業ニ従事シ得サルコト、又他人情ヲ知テ其ノ徒弟ヲ傭入ルヽコトヲ得サルコト
 前記二法案中、前者ハ職工及工場ニ関スル一般規定ニシテ、後者ハ職工及徒弟ヲ主トシテ規定シ、試ミニ二様ニ立案シタルモノナリ。此等両種ノ法案ハ遂ニ発表スルニ至ラサリシモ、以テ当時ノ立案者ノ意志ノ那辺ニ在リシヤヲ窺フニ足ルヘシ。而シテ職工徒弟条例案ハ参事官会議ニ於テ修正ノ後、関係各局ニ合議シタルニ、此ノ法案タル民業ノ消長、慣習ノ存廃ニ関スルコト大ナルヲ以テ各局ノ意見一致セス、遂ニ廃案ニ帰シタルモノヽ如シ。
○下略



〔参考〕勧業会工務部日誌 勧業諮問会編 第一―八三頁 明治一七年刊(DK180014k-0009)
第18巻 p.121-134 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕農商務卿第二回報告 明治一五年 第六三頁 刊(DK180014k-0010)
第18巻 p.134 ページ画像

農商務卿第二回報告 明治一五年  第六三頁 刊
  工務局
    事務大要
○上略 又労役法及ヒ工場条例ヲ集牒シテ之ヲ調査セシメ、既ニ其回答ヲ得ルモノ過半ニ及ベリ○下略
 - 第18巻 p.135 -ページ画像 



〔参考〕農商務卿第三回報告 明治一六年 第八三頁 刊(DK180014k-0011)
第18巻 p.135 ページ画像

農商務卿第三回報告 明治一六年  第八三頁 刊
  工務局
    事務大要
○上略 又職工及工場ノ慣習ヲ調査シ、且参考諸件概ネ備ルヲ以テ已ニ労役法・師弟契約法・工場規則及同業組合条例ノ編纂ニ著手シ ○下略



〔参考〕農商務卿第四回報告 明治一七年 第一三三頁 刊(DK180014k-0012)
第18巻 p.135 ページ画像

農商務卿第四回報告 明治一七年  第一三三頁 刊
  工務局
    事務大要
○上略 而シテ労役法・師弟契約法ハ既ニ昨年編纂ニ着手セシト雖モ、此洗案タル精細各地方ノ慣習ヲ調査セサル可カラサルヲ以テ客歳ハ専ラ其調査ニ従事シ未タ編成ニ至ラス ○下略



〔参考〕農商務省第五回報告 明治一八年 第一八七頁 刊(DK180014k-0013)
第18巻 p.135 ページ画像

農商務省第五回報告 明治一八年  第一八七頁 刊
  工務局
    事務大要
○上略 其他諸規則ニ就テハ労役法・師弟契約法・職工並ニ徒弟条例等、孰レモ其調査ヲ了セリ ○下略



〔参考〕農商務省第六回報告 明治一九年 第二二七―二三四頁 刊(DK180014k-0014)
第18巻 p.135-136 ページ画像

農商務省第六回報告 明治一九年  第二二七―二三四頁 刊
  工務局
    沿革及事務大要
○上略 而テ局務ノ成績ニ係ルモノヲ挙クレハ、二月第三次勧業諮問会ヲ開キ工業上傭主被傭者間並師弟間ノ権理義務ノ規程及傭役ノ制限等ニ関スル事項ヲ諮詢シ、以テ各地方ノ状態慣例ヲ詳ニセリ
○中略
    勧業諮問会
明治十九年二月第三次勧業諮問会ヲ開設シ、工業上傭主被傭者間並師弟間ノ権理義務ノ規定及傭役ノ制限等ニ関スル事項ヲ諮問セリ、其問題ノ要領左ノ如シ
 第一 傭主被傭者間及師弟間ニハ契約書ヲ要セシムヘキヤ
 第二 卒業証書又ハ解傭証書ノ制ヲ設クヘキヤ
 第三 約定期限中解約ノ予告日限ヲ定ムヘキヤ
 第四 約定期限ニ拘ハラス双方直ニ解約スルヲ得ヘキ場合如何
 第五 徒弟ヲ抱入ルヽ者ノ制限如何
 第六 職工又ハ徒弟年齢ノ制限如何
 第七 職工徒弟ノ其傭主授業者ノ職業上ノ秘訣ヲ他ニ漏スコトヲ禁スルノ可否
 第八 約定期限中ニ退去シタル者ノ義務
 第九 約定期限中ノ職工徒弟ヲ退去セシメタル者及情ヲ知テ之ヲ傭入レ抱入レタル者ノ義務
   ○第三次勧業諮問会ニ於ケル傭主被傭者間及ビ師弟間ノ取締ニ関スル諮問記
 - 第18巻 p.136 -ページ画像 
事ハ「第三次勧業会工務部日誌」(明治一九年三月刊・第一―二六八頁)ニ記載セラル。



〔参考〕明治前期 財政経済史料集成 第一八巻・第九二―九三頁 昭和六年八月刊(DK180014k-0015)
第18巻 p.136 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕明治前期 財政経済史料集成 第一八巻・第四四二頁 昭和六年八月刊(DK180014k-0016)
第18巻 p.136 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕明治前期 財政経済史料集成 第二〇巻・第六九一―六九二頁 昭和八年一一月刊(DK180014k-0017)
第18巻 p.136-138 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。