デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
2款 東京商工会
■綱文

第18巻 p.179-188(DK180017k) ページ画像

明治17年5月27日(1884年)

是日栄一当会会頭トシテ売掛金及運送賃延滞出訴期限ヲ一ケ年ニ延長センコトヲ農商務卿西郷従道ニ建議ス。


■資料

東京商工会議事要件録 第五号・第二八―四〇頁 明治一七年六月七日刊(DK180017k-0001)
第18巻 p.179-182 ページ画像

東京商工会議事要件録  第五号・第二八―四〇頁 明治一七年六月七日刊
  第二定式会
         (明治十七年五月十七日午後五時三十分開会)
  第五臨時会
    会員出席スル者 ○五十五名
○上略
次ニ会長 ○渋沢栄一ハ引続キ前会未決ニ係ル第四号議案ヲ議スベキ旨ヲ告ゲ書記ヲシテ之ヲ朗読セシム
○第四号議案
    売掛金出訴期限ノ改正ヲ要スル義ニ付建議
謹テ明治六年十一月五日太政官第三百六十二号御布告ニ係ル出訴期限御規則ヲ案スルニ、商人互ノ売掛金ハ学芸授業料・旅籠料・運送賃・飲食料・手附金・職人ノ手間代金・旦雇人給料・請負金・芝居ノ木戸銭又ハ桟敷銭等、男女芸者ノ揚代金ノ十項ト同ジク其第一条中ニ有之其期限ハ共ニ六ケ月ニ有之候処、元来商人互ノ売買タル他ノ各項ト全ク格別ニシテ遠ク土地ヲ隔テヽ取引致候事最モ多ク、随テ一方ノ負債主其義務ヲ怠ル事アル時ハ債主ニ於テ要求ノ談判ヲ遂クル為メ多分ノ時日ヲ要スル場合少カラズ、例エハ各地方ノ商人カ仕入ノ為メ京坂エ出府シテ問屋ヨリ商品ヲ買附クル時ノ如キ多クハ荷物積出後直チニ代金ヲ支払フベキ約束ヲ為シ、或ハ帰国ノ上直チニ之ヲ廻送スベキ約束ヲ為スノ慣例ニ有之候処、中ニハ買主ニ於テ事ニ托シテ此約束ヲ履行セザル事往々有之、甚シキニ至リテハ一旦帰国ノ上何等ノ沙汰モ無ク故意ニ返荅ヲ怠リテ時日ヲ移シ候者不少、而シテ其代金巨額ナル場合ニ於テハ問屋ヨリ態々其地ヘ手代ヲ差向ケ支払方ヲ催促致候事モ有之候得共、其小額ナルモノニ至リテハ特ニ右様ノ手数ヲ煩ハシ候様ノ必要モ無之、且ツ地方ニヨリテハ全ク船都合不便ニシテ陸路ニヨラザレ
 - 第18巻 p.180 -ページ画像 
バ其地ニ達シ難キノミナラズ奥羽・北越地方ノ如キ冬季ニ際シテハ積雪ノ為メ数月間道路壅塞致候事有之、此等ノ場合ニ於テハ不得止郵便ヲ以テ催促致候外無之、然カルニ此等ノ買主ニ於テハ出訴期限ヲ免カレン為メ可成其荅辞ヲ曖昧ニ附シ去リ、問屋カ往復数回ニシテ漸ク其談判ヲ遂ケントスルニ至レバ既ニ六ケ月ノ期限ヲ過去ル事有之、又商売柄ニヨリテハ三ケ月・六ケ月若クハ一ケ年ト期限ヲ定メ延金ニテ問屋ヨリ売渡候場合不少、然ルニ買主中期限ニ至リ僅カニ幾分ノ内金ヲ差入レ残金ノ仕払ヲ延滞致候者有之、偶々問屋ノ催促ヲ受クルニ及テハ曖昧ナル口実ヲ搆ヒ、問屋ヲシテ往復ノ為メ数月ヲ空費セシメ其談判未ダ全ク終結セザル内早クモ出訴期限ヲ免カレ巧ニ弁償ノ義務ヲ逃ガレ候者有之、此等ハ畢竟買主カ出訴期限ノ短縮ヲ好機トシテ施ス所ノ奸計ニシテ、其損害独リ京坂地方ノ問屋ガ受被スル所ナルノミナラス、苟モ全国何レノ地ヲ問ハス商業ヤヽ頻繁ナル土地ニ住スル商人ニ於テハ皆決シテ免カレ難キ所ト存候、以上陳述致候通リ商人互ノ売掛金ハ他ノ各項ト全ク格別ニシテ特ニ出訴期限ノ延長ヲ要スル事情有之ニ付、右売掛金ノ期限ニ限リ是迄六ケ月トアルモノヲ更ニ一年半ニ改正相成度旨本会ヨリ其筋ヘ建議有之度切ニ希望致候、依テ右建議致候間何卒次会ノ議題トシテ御提出相成度、而シテ猶詳細ノ義ハ追テ議場ニ於テ十分陳述可致候也
                    五十八番
  明治十七年三月             川原英次郎
    会頭 渋沢栄一殿
時ニ会長ハ建議者ニ向ヒ、本案ニ記スル所ヲ以テ其主旨稍ヤ明瞭ナリト難トモ、猶右ニ関シ取調ベタル実例アラバ一応之ヲ陳述スベキ旨ヲ告グ
五十八番(川原英次郎)曰ク、売掛金出訴期限短縮ナルガ為メ従来売主ノ損害ヲ蒙リタル実例不少、尤モ我組合ニ於テハ売買法稍ヤ確実ニシテ幸ニ此損害ヲ蒙リタル事ナシト雖トモ現ニ府下米穀問屋中ニハ往々此損害ヲ蒙ル者多シト聞ク、抑モ該問屋ガ小売商ヘ米穀ヲ売渡スニハ多クハ置据ヘト唱ヒ、初メ売渡シタル物品ノ代価ハ其次取引ノ時ニ之ヲ取立テ、此時ニ売渡シタル物品ノ代ハ又其次取引ノ時ニ之ヲ取立テ、斯ノ如ク順次旧債ヲ償却セシムルノ慣例ナルガ、中ニハ買主ニ於テ種々ノ黠策ヲ施シ巧ニ旧債ノ弁償ヲ免ルヽ者不少、又府下西洋小間物問屋甲ナル者ガ昨年五月上旬ニ才鳥乙ナル者ヘ従来取引ノ好ミヲ以テ金額二百余円ニ当ル物品ヲ貸渡シタル事アリシガ、此等ノ取引ニハ通例仕払期限ヲ毎月十四日及三十日ノ両日ト定ムルガ故ニ、即チ同月十四日甲ヨリ乙ニ其仕払方ヲ催促シタルニ、同人不在ニ付同月三十日ニ至リ再ビ之ヲ催促シタルニ同人又不在ナリ、依テ其後重テ之ヲ催促セシニ此度ハ地方ヘ旅行シタリトノ事ニ付不得已時日ヲ経過セシガ、同年八月ニ至リ甲ハ出訴期限ノ経過セン事ヲ恐レテ乙ノ出先、即チ栃木ヘ人ヲ遣ハシ乙ノ所在ヲ探ラセタルニ乙ハ既ニ茨城地方ヘ旅行シタル趣ニテ不得已其人帰京セリ、然ルニ乙ハ五月十四日ヨリ起筭シテ凡ソ七ケ月ヲ経過セシ頃ニ至リ漸ク帰京シタル趣ニ付、早速
 - 第18巻 p.181 -ページ画像 
談判ニ及ビタレトモ最早全ク出訴期限ヲ経過シタルヲ以テ、乙ハ種々ノ口実ヲ搆ヒ遂ニ甲ノ要求ニ応ゼザリシト云フ、又府下西洋小間物商某ガ従来取引シタル各地方ノ買主中約束期限ニ売掛金ヲ仕払ハザル者甚ダ多ク、之ガ為メ遂ニ時日ヲ経過シテ証跡湮滅セン事ヲ恐レ、此問屋ハ不得已己レガ多年来冒用シタル大切ノ屋号ヲ撤シテ之ヲ組合ノ名義ニ改メ、更ニ証券ノ雛形ヲ各買主ニ配布シ在来ノ貸附金ヲ以テ其儘右組合ヘノ入社金ニ仕向クルニ付其総高ヲ券面ニ登記シテ之ヲ郵送セラレタキ旨ヲ申送リ、此証券ヲ以テ他日ノ証拠ニ供セント企テタルニ買主中此要望ニ応ジタル者十中六七ニ過ギズシテ、其他ハ皆之ニ応ゼザリシノミナラス其後遂ニ取引ヲモ中絶スルニ至レリト云フ、以上陳述スル所ハ僅ニ二三ノ業体ニ就テ聞知シタルニ過キザレ共、更ニ之ヲ精査スル時ハ各種商業上ニ於テ同一ノ損害ヲ蒙ル者其数蓋シ少カラザルベシト信ズルナリ
百十番(勝部静男)問テ曰ク、本案中是迄六ケ月トアルモノヲ更ニ一年半云々トアリ、此一年半ハ何ヲ以テ規準トシタルモノナルヤ
五十八番(川原英次郎)荅テ曰ク、別ニ規準ハアラザルナリ、蓋シ仏国法律ノ定ムル所ニ拠レバ商人互ノ売掛金及非商人ヘノ売掛金ハ共ニ其期限一年ナリト云フ、抑モ欧米諸国ノ如キ商売上慈愛ヲ要セザル国柄ニ於テスラ猶一年ナレバ、況ンヤ我国ノ如キ商売上最モ慈愛ヲ要スル国柄ニ於テハ一年半ト定ムル方恰モ適当ナルベシト考ヘタルナリ
二十四番(松木平吉)七十六番(太田次郎)八十七番(浅井幸右衛門)六十一番(脇田久次郎)十八番(来原兼次郎)等共ニ本案ヲ賛成ス
六十四番(宮崎佐平)曰ク、余ハ本案ヲ賛成ス、但シ出訴期限御規則ヲ案ズルニ各項ノ期限ヲ六ケ月・一年・五年ノ三条ニ分テリ、今本案中期限ヲ一年半ト望ムモノハ少シク不都合ナラン歟
五十九番(益田孝)曰ク、余モ本案ヲ賛成スルモノナルガ更ニ一動議ヲ発シテ諸君ノ賛成ヲ請フベキモノアリ、蓋シ我国ノ荷物運送ニ関スル慣習ハ英米諸国ト同ジカラズシテ、某地方問屋ガ他ノ地方買主ヘ荷物ヲ運送スルニ当リ其運賃ハ多クハ先払ニシテ、且ツ荷物差出人ト船主ノ間及船主ト荷物受取人ノ間ニハ常ニ運送問屋ナル者アリテ之ガ受継送達ノ事ヲ周旋スルノ慣習ニシテ、先ツ東京ヨリ名古屋ヘ荷物ヲ運送スルニハ初メ東京運送問屋ノ手ヲ経テ其運送ヲ船主ニ托シ、其荷物ノ名古屋ヘ到着シタル上ハ更ニ同地運送問屋ノ手ヲ経テ之ヲ荷物受取人ヘ送達スルノ手順ナリ、而シテ其運賃ハ名古屋ノ運送問屋ガ荷物ヲ同地受取人ニ渡スノ際直ニ之ヲ受取ルベキ筈ナルニ、中ニハ受取人ニ於テ仮令荷物ヲ受取ルモ直ニ之ヲ仕払ハザル者アリ、而シテ運送問屋ヨリ之ヲ催促スル時ハ種々ノ口実ヲ搆成シテ徒ニ時日ヲ遷延シ以テ巧ニ出訴期限ヲ免カルヽ事往々有之、故ニ余ハ運送賃ノ一項モ売掛金ニ追加シテ共ニ其期限ノ改正ヲ建議セン事ヲ望ム、而シテ其期限ノ如キハ共ニ一ケ年ニテ妨ナカラン
 - 第18巻 p.182 -ページ画像 
本案及五十九番ノ追加説ニ就テハ各員ノ中毫モ異議ヲ唱フル者ナカリシガ、期限ノ長短ニ就キ各員ノ議論一定セス、或ハ一年半トスベシトノ説アリ(五十八番)或ハ別段期限ヲ指定セズシテ只一年以上トスベシトノ説アリ(百十番・十七番・二十四番)或ハ一年ト指定スベシトノ説アリ(五十九番・六十四番・十六番・十一番・六十三番)或ハ二年トスベシトノ説アリ(二十九番・五番・三十八番)シガ会長ハ議論ノ稍々尽キタルヲ見テ、先ツ本案ニ同意者ヲ起立セシメタルニ総起立次ニ五十九番ノ追加説ニ同意者ヲ起立セシメタルニ是亦総起立ナリ、依テ更ニ期限ヲ一年ト指定スルノ説ニ同意者ヲ起立セシメタルニ其数二十三人、次ニ別段期限ヲ指定セズシテ一年以上トスベシトノ説ニ同意者ヲ起立セシメタルニ其数十人ナリ、而シテ自余ノ説ハ無論少数ナルヲ以テ別ニ起立ヲ命ゼズ、即チ多数ニヨリ期限ハ一年ト指定スルニ決ス、次ニ十六番(益田克徳)ヨリ、此建議ニ就テハ別ニ立案委員ヲ撰定スルヲ要セズ、書記ヲシテ議決ノ主旨ニヨリテ五十八番ノ提出シタル議案ヲ修正セシメ直ニ其筋ヘ進達スベシトノ発議アリシガ、全会ノ賛成ヲ得テ遂ニ之ヲ可決ス、於是会長ハ本日ノ議事完結シタル旨ヲ告ゲ一同ニ散会ヲ命ズ、時ニ午後八時三十分ナリ


東京商工会議事要件録 第六号・第四―一四頁 明治一七年九月二二日刊(DK180017k-0002)
第18巻 p.182 ページ画像

東京商工会議事要件録  第六号・第四―一四頁 明治一七年九月二二日刊
  第三定式会
         (明治十七年八月二十二日午後五時四十分開会)
  第六臨時会
    会員出席スル者 ○六十二名
会長 ○渋沢栄一ハ衆員ニ向ヒ本日ハ兼テ通知シタルガ如ク定式・臨時ノ両会ヲ開クベキ筈ナルガ先ヅ定式会ヨリ始ムベキ旨ヲ告ゲ即チ規程第五章第二十条ニ依リ本年一月ヨリ六月ニ至ル半季間事務ノ成跡ヲ報告ス
  ○自明治十七年一月至同六月 半季間事務ノ報告
○中略
    政府ヘ建議   二件
○中略
○売掛金及運送賃出訴期限ノ改正ヲ要スル義ニ付農商務省ヘ建議
  本件ハ五十八番川原英次郎ノ発議ニ起リ其要旨ハ明治六年十一月五日太政官第三百六十二号御布告ニ係ル出訴期限御規則第三条中商人互《(一)》ノ売掛金ハ他ノ十項ト同ジク其期限ハ共ニ六ケ月ナルニ、元来本項ハ他ノ各項ト格別ニシテ特ニ期限ノ延長ヲ要スルニ付、右売掛金ノ期限ニ限リ更ニ一年半ト改正スベシト云フニ在リ、即チ本年五月十七日第五臨時会ノ議題トシテ之ヲ審議シタルニ、総体ニ於テ全会ノ賛成ヲ得タリシガ時ニ五十九番益田孝ヨリ運送賃ノ期限モ亦特ニ延長ヲ要スルニ付共ニ其改正ヲ建議スベシトノ議ヲ発シ、此説全会ノ可決スル所トナリ猶審議ノ末遂ニ其期限ハ共ニ一ケ年ニ改正スベシト云フニ決シ、其建議案ハ発議者川原英次郎之ヲ調成シ五月二十七日附ヲ以テ之ヲ農商務省ニ進達シタリ


東京商工会議事要件録 第六号・第五九―六五頁 明治一七年九月二二日刊(DK180017k-0003)
第18巻 p.182-184 ページ画像

東京商工会議事要件録  第六号・第五九―六五頁 明治一七年九月二二日刊
 ○参考部
 - 第18巻 p.183 -ページ画像 
    ○売掛金及運送賃出訴期限ノ御改正ヲ要スル義ニ付建議
謹デ明治六年十一月五日太政官第三百六十二号御布告ニ係ル出訴期限御規則ヲ案ズルニ、商人互ノ売掛金及運送賃ノ二項ハ学芸授業料・旅籠料・飲食料・手附金・職人ノ手間代金・日雇人給料・請負金・芝居ノ木戸銭又ハ桟敷銭等、男女芸者ノ揚代金ノ九項ト同ジク第一条中ニアリテ、其期限ハ共ニ六ケ月ニ有之候処元来商人互ノ売掛金及運送賃ノ二項ハ他ノ九項ト全ク別種ニシテ其貸借遠隔ノ土地ニ関ハリ候事最モ多ク、随テ一方ノ負債主其義務ヲ怠ル事アル時ハ債主ニ於テ要求ノ談判ヲ遂グル為メ特ニ多分ノ時日ヲ要スル場合不少、之ガ為メ従来商業社会ニ於テ大ニ不便相感居候間、今本会ニ於テハ其実例ヲ左ニ開陳シテ右二項出訴期限ノ御改正ヲ切望仕候
従来各地方ノ商人ガ仕入ノ為メ京坂ヘ出府シテ問屋ヨリ物品ヲ買附候時ニ当リ、多クハ荷物積出後直チニ代金ヲ仕払フベキ約束ヲ為シ、或ハ帰国ノ上直チニ之ヲ廻送スベキ約束ヲ為スノ慣例ニ御座候処、中ニハ買主ニ於テ事ニ托シテ此約束ヲ履行セザル事往々有之、甚シキニ至リテハ一且帰国《(旦)》ノ上何等ノ沙汰モ無ク故意ニ時日ヲ移シ候者不少、而シテ其代金巨額ナル場合ニ於テハ問屋ヨリ態々其地ヘ手代ヲ差向ケ仕払方ヲ催促致候事モ有之候ヘ共、其小額ナル者ニ至リテハ時ニ右様ノ手数ヲ煩ハシ候モ亦其費途ヲ要スル少カラズ、且ツ地方ニヨリテハ全ク船都合不便ニシテ陸路ニヨラザレバ其地ニ達シ難キノミナラズ、奥羽・北越地方ノ如キ冬季ニ際シテハ積雪ノ為メ数月間道路壅塞致候事有之、此等ノ場合ニ於テハ不得已郵便ヲ以テ催促致候外無之、然ルニ此等ノ買主ニ於テハ出訴期限ヲ免カレン為メ可成其荅辞ヲ曖昧ニ附シ去リ、問屋ガ往復数回ニシテ遂ニ出訴ニ至ラントスルトキニハ既ニ六ケ月ノ期限ヲ過去候事有之、又商売柄ニヨリテハ三ケ月・六ケ月若クハ一ケ年ト期限ヲ定メ延金ニテ問屋ヨリ物品ヲ売渡候事有之、此等ノ取扱方ハ置据ヘト唱ヒ、例ヘバ地方ノ買主ガ毎年春秋両季ヲ仕入時ト定メ問屋ヨリ物品ヲ買附候時ノ如キ春季ニ仕入レタル物品ノ代金ハ秋季仕入ノ節ニ之ヲ仕払ヒ、秋季ニ仕入レタル物品ノ代金ハ翌年春季仕入ノ節ニ之ヲ仕払ヒ、斯クノ如ク其売掛金ハ順次一季ヲ後レテ償却致候慣例ニ御座候処、中ニハ買主種々ノ黠策ヲ逞クシテ巧ニ此売掛金ノ弁償ヲ免カレ候者有之、此等ノ為メ従来問屋ノ受被スル損害実ニ不少事ニ御座候
又我国ノ荷物運送ニ関スル慣習ハ英米諸国ト同ジカラズ、某地方問屋ガ他ノ地方買主ヘ荷物ヲ運送スルニ当リ其運賃ハ多クハ先払ニシテ、且ツ荷物差出人ト船主ノ間及船主ト荷物受取人ノ間ニハ常ニ運送問屋ナルモノアリテ之ガ受継送達ノ事ヲ周旋スルノ慣例ニ有之、而シテ例ヘバ名古屋ノ荷物差出人(甲)ガ東京荷物受取人(乙)ヘ荷物ヲ輸送スル場合ノ如キ、初メ先ツ名古屋運送問屋(丙)ノ手ヲ経テ其運送ヲ船主(丁)ニ托シ追テ其荷物ノ東京ヘ到着シタル上ハ、更ニ同地運送問屋(戊)ノ手ヲ経テ之ヲ荷物受取人(乙)ヘ送達スルノ手順ニシテ此場合ニ於テ船主(丁)ノ受取ルベキ運賃ハ先ツ運送問屋(戊)ニ於テ之ヲ立替ヘ置キ更ニ之ヲ荷物受取人(乙)ヨリ直チニ是ヲ取立候筈ニ御座候処、此荷物受取人(乙)ニ於テ仮令荷物ヲ受取候モ直チニ其
 - 第18巻 p.184 -ページ画像 
運賃ヲ仕払ハザル事往々有之、依テ運送問屋(戊)ヨリ之ヲ催促スル時ハ荷物受取人(乙)ハ事ヲ左右ニ託シテ其要求ニ応ゼズ、或ハ其送品ノ個数、入日記ト齟齬スルニ付更ニ名古屋荷物差出人(甲)ヘ照会シタル上ナラデハ之ヲ仕払ヒ難シト云ヒ、或ハ其送品濡荷アルヲ以テ一応船主(丁)ニ談判ヲ遂ゲタル後ニ非ザレバ之ヲ仕払ヒ難シト云ヒ其他猶種々ノ口実ヲ搆成シテ時日ヲ遷引シ以テ巧ニ出訴期限ヲ免カレ候者有之、之ガ為メ従来運送問屋(戊)ノ地位ニ立チ候者ノ損害亦実ニ不少事ニ御座候、以上陳述仕候所ハ畢竟負債主ガ出訴期限ノ短縮ヲ奇貨トシテ債主ヲ苦シメ候実例ニシテ、其損害ヲ蒙ル者独リ京坂地方ノ商人ノミニ止ラズ、苟クモ全国何レノ地ヲ問ハズ商業取引上ニ於テ債主ノ地位ニ立チ候者ハ皆決シテ之ヲ免カレ難キ義ト奉存候、殊ニ売掛金ノ如キハ是迄出訴期限ノ短縮ナルヨリ商業社会ニ於テハ取引ノ際前陳ノ損害ヲ恐レテ不得已現金売ニセントスルノ情念モ有之、之ガ為メ啻ニ商業上自ラ不融通ヲ来シ候ノミナラス又幾分カ信用売買ノ進歩ヲ渋滞スルノ傾向無之トモ難申ニ付、何卒商人互ノ売掛金及運送賃ノ二項ハ更ニ出訴期限御規則第二条中ヘ御編入ノ上、其期限ハ共ニ一ケ年ト御改正御成候様仕度、此段建議仕候也
                  東京商工会々頭
  明治十七年五月二十七日
                      渋沢栄一
    農商務卿 西郷従道殿


東京商工会議事要件録 第二三号・第三〇―三四頁 明治二〇年三月二二日刊(DK180017k-0004)
第18巻 p.184 ページ画像

東京商工会議事要件録  第二三号・第三〇―三四頁 明治二〇年三月二二日刊

第十二定式会  (明治二十年二月廿六日午後四時三十分開会)
    会員出席スル者 ○五十六名
○上略
次ニ会長(渋沢栄一)ハ是迄本会ヨリ諸官衙ヘ建議又ハ復申シタル事項ニ就キ特別ニ其成跡ヲ報告ス
    ○東京商工会建議又ハ復申事項ノ成跡
明治十六年十一月本会創立以来今日ニ至ルマデ各官署ヘ建議又ハ復申シタル事項中、其筋ニ於テ既ニ本会ノ意見ヲ採用セラレタルモノ又ハ現今特ニ審査中ノモノハ左ノ如シ
○中略
○売掛金及運送賃出訴期限ノ改正ヲ要スル義ニ付農商務卿ヘ建議
 明治十七年五月廿七日左ノ趣旨ヲ以テ西郷農商務卿閣下ヘ建議シタリ
   現行ノ出訴期限規則ニヨレバ商人互ノ売掛金及運送賃ノ二項ハ第一条中ニアリテ其期限ハ共ニ六ケ月ナレトモ、斯ノ如クニテハ商業上ノ不便不少ニ付此二項ハ更ニ第二条中ヘ編入シ其期限ハ共ニ一ケ年ト改正セラレタシ
  右建議ノ成跡ニ就テハ明治十九年十月中其筋ヘ伺出デタルニ、右ハ現今内閣ヘ伺中ノ趣明治二十年一月中高橋商務局長閣下ヨリ内示アリタリ
○下略
 - 第18巻 p.185 -ページ画像 


〔参考〕法令全書 明治六年 内閣官報局編 明治二二年五月刊 ○第三百六十二号(十一月五日)○太政官布告(DK180017k-0005)
第18巻 p.185 ページ画像

法令全書 明治六年 内閣官報局編  明治二二年五月刊
○第三百六十二号(十一月五日)○太政官布告
金穀貸借ヲ始メトシ物品売買ヨリ其外種々ノ取引等ニ至ルマテ、双方ノ者互ニ受取渡ノ期限ヲ定メ条約ヲ結ヒ置キタルニ、一方ノ者其条約ヲ破リタル時ハ早速裁判所ヘ出訴イタシ不苦候処、延期ノ勘弁ヲ加ヘ出訴ヲ見合候者モ有之、是亦タ慈愛ノ人情ニテ尤ノ事ニ付早速出訴イタシ候トモ又ハ勘弁ヲ加ヘ候トモ人民ノ自由ニ任セ出訴期限ノ法則不相定候処、右延期勘弁中数多ノ歳月ヲ過去リ出訴致シ候時ハ貸方借方請人証人ノ内死亡又ハ転住又ハ失踪等ノ者モ有之、事理曖昧ニ立至リ裁判上不都合不少候ニ付、訴訟ノ事柄ニ因リ夫々出訴ノ期限ヲ定候条来明治七年一月一日ヨリ後ニ結ヒタル条約期限ニテ、右出訴期限ヲ過去リ出訴セサル者ハ自分条約ヲ取消シタル者ト看做シ、受取ルヘキ者ハ受取ヘキ権利ヲ失ヒ引渡スヘキ者ハ引渡スヘキ義務ヲ免レ候事ト相定メ候ニ付、若シ出訴致シ候トモ取上不致候、此旨布告候事
  出訴期限規則
   第一条
一学芸ノ授業料
一旅籠料
一運送賃
一飲食料
一手附金
一商人互ノ売掛金
一職人ノ手間代金
一日雇人ノ給料
一請負金
一芝居等ノ木戸銭又ハ桟敷銭等
一男女芸者ノ揚代金
右ハ六箇月限
○下略



〔参考〕第二次勧業会商務部日誌 勧業諮問会編 第二―二五頁 明治一七年一一月刊(DK180017k-0006)
第18巻 p.185 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕第二次勧業会商務部日誌 勧業諮問会編 第二―二五一頁 明治一七年一一年刊(DK180017k-0007)
第18巻 p.185-186 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕第二次勧業会商務部日誌 勧業諮問会編 第二―二五八頁 明治一七年一一月刊(DK180017k-0008)
第18巻 p.186 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕明治前期 財政経済史料集成 第一八巻・第八二頁 昭和六年八月刊(DK180017k-0009)
第18巻 p.186-187 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕明治前期 財政経済史料集成 第一八巻・第八九頁 昭和六年八月刊(DK180017k-0010)
第18巻 p.187 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕明治前期 財政経済史料集成 第一八巻・第四四一頁 昭和六年八月刊(DK180017k-0011)
第18巻 p.187 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕明治前期 財政経済史料集成 第二〇巻・第六八一頁 昭和八年一一月(DK180017k-0012)
第18巻 p.187-188 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。