デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
2款 東京商工会
■綱文

第18巻 p.287-289(DK180028k) ページ画像

明治18年5月26日(1885年)

栄一当会会頭トシテ是日ノ定式会ニ於テ明治十七年度ノ収支決算ヲ報告ス。


■資料

東京商工会議事要件録 第一一号・第三―一〇頁 明治一八年六月二二日刊(DK180028k-0001)
第18巻 p.287-289 ページ画像

東京商工会議事要件録  第一一号・第三―一〇頁 明治一八年六月二二日刊
  第六定式会
         (明治十八年五月廿六日午後六時開会)
  第十臨時会
    会員出席スル者 ○五十一名
会長(渋沢栄一)ハ先ヅ定式会ヲ開ク旨ヲ告ゲ、即チ規程第六章第三十条ニ拠リ、明治十七年二月ヨリ同十八年一月ニ至ル一年間会計収支ノ決筭ヲ報告ス
  自明治十七年二月至同十八年一月 東京商工会々計収支決筭報告
 明治十七年二月ヨリ同十八年一月ニ至ル一年間会計収支ノ決筭ハ本会規程第六章第三十条ニ拠リテ本月ノ定式会ニ於テ報道スベキモノナルニ付、今其科目ヲ左ニ列記シテ出入ノ次第ヲ明示スル事左ノ如シ


図表を画像で表示--

 収入                          支出 摘要           金額          摘要          金額                      円                      円 明治十七年一月ヨリ繰越     三六・七二四   明治十七年二月中仕払   一九九・九五五 賦課金徴収高百十三名分  三、六三〇・〇一二   同年三月中同       一八八・三一五 同新入会員四名分        六一・五七一   同年四月中同       一五九・三四二 雑入              七九・九九〇   同年五月中同       一五九・八二七                    ………   同年六月中同       三二四・〇四四                    ………   同年七月中同       一四七・四八六                    ………   同年八月中同       一二四・三三六                    ………   同年九月中同       二五七・〇九三                    ………   同年十月中同       二三〇・五八九  以下p.288 ページ画像                     ………   同年十一月中同      一六二・七四八                    ………   同年十二月中同      二五七・八八三                    ………   明治十八年一月中同    一五六・二一〇                    ………   残金………      一、四四〇・四六九 合計………        三、八〇八・二九七   合計………      三、八〇八・二九七 毎月収入ノ平均        三一七・三五八   毎月支出ノ平均      一九七・三一九 




前表ニ就テ之ヲ見ルニ此一年間本会ノ収入ハ明治十七年一月ヨリ繰越金三十六円七拾弐銭四厘。同年二月十七日ノ定式会ニ於テ議定シタル予算ニ従ヒ、会員百十三名ヨリ各金三拾弐円拾弐銭四厘ツヽヲ徴収シタル賦課金三千六百三拾円〇〇壱銭弐厘。 (予筭合計ハ金三千六百三拾円ナリシガ、之ヲ課収スルニ当リ四捨五入ノ筭法ヲ用ヘタルガ為メ実際ノ徴収高ニ於テ金壱銭弐厘ヲ増ス)同年二月以後新ニ入会シタル者四名(内十七年五月入会二名同年十月同一名十八年一月同一名)ヨリ徴収シタル金六拾壱円五拾七銭壱厘。及雑入金七拾九円九拾九銭ノ四口ニシテ合計金三千八百〇八円弐


図表を画像で表示--

 月次        十七年二月   同三月     同四月     同五月     同六月     同七月     同八月     同九月     同十月     同十一月   同十二月    十八年一月   合計         予算高       予算ト比較増減 科目             円       円       円       円       円       円       円       円       円       円       円       円         円         円           円 書記以下給料    九二・五〇〇  九二・五〇〇  九二・五〇〇  九二・五〇〇  九二・五〇〇  九二・五〇〇  九二・五〇〇  九五・五〇〇  九五・五〇〇  九五・五〇〇 一〇三・〇〇〇 一一〇・五〇〇 一、一四七・五〇〇 二、〇一六・〇〇〇  減  八六八・五〇〇 筆墨用紙       三・二六一   二・四九〇   一・六八五   一・三五〇   一・八七五      ……    ・九六〇   四・三一〇   二・八九〇   三・一七五   一・九六五   四・〇八〇    二八・〇四一    四八・〇〇〇  減   一九・九五九 瓦斯         七・一八〇   二・四〇〇   二・七〇〇   一・一六〇   一・二〇〇      ……      ……   一・二〇〇    ・六〇〇      ……    ・九〇〇   一・二〇〇    一八・五四〇    四八・〇〇〇  減   二九・四六〇 薪炭石油       九・六六七   七・六七一   四・一一〇   二・四五〇   一・四四〇   一・四三〇   一・六八一   一・六八三   一・一七〇   二・三九五   七・〇八〇   九・五〇〇    五〇・二七七    九六・〇〇〇  減   四五・七二三 茶          一・五〇〇   一・〇〇〇   一・五〇〇   一・〇〇〇    ・七五〇      ……   一・〇〇〇    ・五〇〇    ・五〇〇    ・七五〇    ・七五〇    ・七五〇    一〇・〇〇〇        ……  増   一〇・〇〇〇 印刷代       三九・九一〇  二五・四〇九  四五・四七七  一四・八七二  一七・五八八  四一・〇一九      ……  七二・八六〇  九四・四五〇  二八・二一八  二八・八八三      ……   四〇八・六八六   六〇〇・〇〇〇  減  一九一・三一四 郵便税        五・〇〇〇   三・五〇〇   一・五〇〇   四・〇〇〇   四・〇〇〇   一・五〇〇   四・五〇〇   七・〇〇〇   五・〇〇〇   四・〇〇〇   七・〇〇〇   五・〇五〇    五二・〇五〇   一八〇・〇〇〇  減  一二七・九五〇 弁当代           ……  四二・五〇〇      ……  三三・〇一五 一八〇・八五〇      ……      ……  四〇・〇〇〇  一三・一〇〇   六・三〇〇  一一・〇〇〇   一・五〇〇   三二八・二六五   一八〇・〇〇〇  増  一四八・二六五 人力車代並雇人足賃  六・九八〇   四・五八〇   二・七二〇   五・一五〇   五・八三〇   二・一〇〇   三・六九〇   七・〇一〇   七・一五〇   五・三三〇   七・五八〇   五・七八〇    六三・九〇〇        ……  増   六三・九〇〇 営繕費       二三・二三〇      ……      ……      ……      ……      ……      ……  一七・三二三      ……   三・五四五  一〇・六〇〇    ・四七〇    五五・一六八   二四〇・〇〇〇  減  一八四・八三二 什器買入代       ・七九七   二・二三五      ……   一・一三〇   六・二五〇      ……   五・二〇〇      ……      ……   五・八三五    ・九五〇      ……    二二・三九七        ……  増   二二・三九七 書籍新聞          ……   二・九三〇   三・四五〇   一・三〇〇   一・六五〇   三・一〇〇   一・〇〇〇   一・六五〇   三・六六〇   一・二〇〇   二・四二〇   二・八五〇    二五・二一〇   一〇二・〇〇〇  減   七六・七九〇 臨時雇給並手当    一・九〇〇    ・九〇〇   三・五〇〇   一・五〇〇   三・九〇〇   三・〇〇〇   八・五五〇   五・〇六七   三・一五〇   三・〇〇〇  七一・〇〇〇   三・〇〇〇   一〇八・四六七        ……  増  一〇八・四六七 雑費         八・〇三〇    ・二〇〇    ・二〇〇    ・四〇〇   六・二一一   二・八三七   五・二五五   二・九九〇   三・四一九   三・五〇〇   四・七五五  一一・五三〇    四九・三二七   一二〇・〇〇〇  減   七〇・六七三 計        一九九・九五五 一八八・三一五 一五九・三四二 一五九・八二七 三二四・〇四四 一四七・四八六 一二四・三三六 二五七・〇九三 二三〇・五八九 一六二・七四八 二五七・八八三 一五六・二一〇 二、三六七・八二八 三、六三〇・〇〇〇  減一、二六二・一七二 




 - 第18巻 p.289 -ページ画像 
拾九銭七厘ナリ、而シテ其支出ハ明治十七年二月ヨリ同十八年一月迄合計金弐千三百六拾七円八拾弐銭八厘ニシテ、差引金壱千四百四拾円〇四拾六銭九厘ハ即チ本年二月廿七日ノ定式会ニ於テ議決シタル趣旨ニヨリ、本会維持元資トシテ積立ツベキ金高ナリトス、今更ニ此一年間支出ノ内訳ヲ細示シ、以テ予筭ニ比シ増減ノ理由ヲ説明スル事左ノ如シ○第二八八頁表
 一前表 ○第二八八頁表中茶。人力車代並人足雇賃。什器買入代。臨時諸雇給並手当ノ四項ハ予筭ニ其費目ナシト雖ドモ内訳ヲ明示セン為メ更ニ細別シテ之ヲ掲記ス、又予筭ニハ書記給料。庶務筆生給料。商況探訪人給料。小使給料ノ四項ヲ置ケトモ本表ニハ之ヲ合筭シテ書記以下給料ノ一項トス
 一書記以下給料ノ一項ニ於テ予筭ニ比シ金八百六十八円余ヲ減ジタルモノハ此一年間ハ常務繁忙ナラザリシニ付キ勉メテ節制ヲ加ヒ予定ノ人員ヲ置カズ、且ツ予定ノ給料額ヲ給セザリシニヨル
 一筆墨用紙。瓦斯。薪炭石油。印刷代。郵便税及雑費ノ六項ニ於テ予筭ニ比シ各々多少ノ減額ヲ呈シタルモノハ要スルニ此一年間ハ常務繁忙ナラズ、特ニ開会ノ度数極メテ少カリシニヨル
 一茶。人力車代並人足雇賃。什器買入代。及臨時諸雇給並手当ノ四項ニ於テ各々増加シタルモノハ、只予筭ニ其費目ヲ掲ケザリシニヨル、而シテ此中臨時諸雇給並手当ノ一項ニ於テ特ニヤヽ多額ヲ増シタルモノハ、書記以下定員ヲ置カザル為メ事務ノ都合ニヨリ臨時雇給ヲ支出シ、且ツ書記以下ニ臨時手当ヲ給与シタルニヨル
 一営繕費ノ一項ニ於テ予筭ニ比シ金百八拾円余ヲ減ジタルモノハ、前年議場増築以来日尚浅ク別段ノ工事ヲ要セザリシニヨル、又書籍新聞買入代ノ一項ニ於テ金七十六円余ヲ減ジタルモノハ特ニ節制ヲ加ヒ予定ノ金額ヲ支出セザリシニヨル
 一此一年間会議ノ度数極メテ少カリシニモ拘ラズ弁当代ノ一項ニ於テ予筭ニ比シ金百四十八円余ヲ増加シタルモノハ、明治十七年六月中東京府庁ノ指図ニヨリ、兼テ本会創立ノ際同庁ニ於テ支出セラレタル諸費ノ中明治十六年十二月八日発会式ノ節晩餐費金百八拾円〇八十五銭ヲ一時同庁ヘ上納シタルニヨル
会長(渋沢栄一)曰ク、兼ネテ予算ヲ立ツルニ当リ収入中ニ諸官衙ヨリ下付セラルベキ調査費ヲ多少見込ミタレトモ、此一年間ニハ都合ニ依リ未ダ其調査費ノ下付ヲ求メザリシガ為メ予算ノ如ク充分ノ収入ヲ得ルニ至ラザリシガ、只今説明シタルガ如ク書記以下ニ予定ノ給料ヲ給セザリシ等其他支出ニ非常ノ節制ヲ加ヘタルガ為メ斯ク千四百余円ノ余剰ヲ生ズルニ至リタリ、各員幸ニ之ヲ諒セラレタシ
○中略
時ニ八十二番(山中隣之助)ハ会長ノ許可ヲ得、本会規程第六章第三十条ニ本会々計収支ノ決筭ハ毎年五月ノ定式会議ニ於テ之ヲ報告ストアレトモ、斯クスル時ハ予筭ヲ議定スルニ当リ不都合ナキニ非ザレバ本条中五月ヲ二月ト改メタシトノ旨ヲ建議セシガ衆員異議ナク直チニ之ヲ可決ス