デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
2款 東京商工会
■綱文

第18巻 p.380-396(DK180035k) ページ画像

明治18年9月21日(1885年)

是ヨリ先当会、浅野彦兵衛・吉田幸作ノ建案ニヨリ質屋取締法ノ改正ニ関シ審議セシガ、是日栄一当会会頭トシテ質屋取締条例第四条並ニ第六条ヲ改正サレタキ旨内務卿伯爵山県有朋ニ建議ス。


■資料

渋沢栄一書翰 萩原源太郎宛 (明治一八年)五月二一日(DK180035k-0001)
第18巻 p.381 ページ画像

渋沢栄一書翰  萩原源太郎宛 (明治一八年)五月二一日   (萩原英一氏所蔵)
○上略
今日浅野彦兵衛銀行へ被来候処生憎小生出勤時刻延引いたし実ニ不都合を極申候、就而ハ別紙貴兄より吉田・浅野へ御届被下、今日小生御待合不致候謝詞可然御申入被下且可成ハ此建議ハ調査ハ出来候得共御見合被成、別ニ質屋業困難之件々を保護いたし候様相願候建議案を調成候而ハ如何と小生之詞を以程能御説得可被下候、尤明日も午後一時迄ハ銀行ニ詰合候積ニ候得共、約束いたし候而又留守と相成候而ハ如何ニ付、貴兄小生之名代ニて両人へ可然御伝言可被下候、依而別紙封入此段申上候 匆々
  五月廿一日              渋沢栄一
    萩原源太郎様


東京商工会議事要件録 第一三号・第二一―六八頁 明治一八年七月一三日刊(DK180035k-0002)
第18巻 p.381-391 ページ画像

東京商工会議事要件録  第一三号・第二一―六八頁 明治一八年七月一三日刊
  第十二臨時会  (明治十八年六月廿二日午後六時四十五分開会)
    会員出席スル者 ○五十一名
○上略
会長(渋沢栄一)ハ是ヨリ第二号議案即チ質屋取締法ニ改正ヲ要スル建議案ヲ議スベキ旨ヲ告ゲ、書記ヲシテ之ヲ朗読セシム
第二号議案
    質屋取締方法御改正ヲ要スル儀ニ付建議
 別紙ノ要項何卒本会ノ意見トシテ其筋ヘ建議相成候様致度此段及建議候也
  明治十八年五月     九十九番会員  浅野彦兵衛
              九十八番会員  吉田幸作
  東京商工会々頭
    渋沢栄一殿
(別紙)
 明治十七年三月廿五日太政官第九号御布告ヲ以御発布相成候質屋取締条例ノ義ハ畢竟贓物ノ捜査ヲ便ニスルノ目的ヲ以テ御制定相成候者ニシテ、決シテ質屋ノ営業ヲ縮メ細民ノ融通ヲ杜クノ御趣意ニ無之ハ本員等ノ確信スル所ニ御座候得ドモ、今退テ熟々実際ノ情況ヲ観察仕候ニ、其御取締ノ方法厳密ニ過グルカ為メ啻ニ其目的充分相達シ難キノミナラズ却テ意外ノ結果ヲ発現シタルノ事実相見ヘ候、現ニ府下質屋ニ於テハ右条例御実施以来偏ニ之ニ違背セン事ヲ恐レテ可成質物ヲ謝断スルノ傾向有之中ニハ不得已シテ廃業致候者モ其数不少、之ヲ要スルニ近来質屋ノ困弊其極ニ達シ今ニシテ之ヲ救護セザレバ此上一日モ其営業ヲ持続スル事能ハザルノ情況有之候、抑モ現時民間ノ融通大ニ壅塞シ細民ノ困厄実ニ甚タシキ者ハ蓋シ他ニ之ヲ助成スルノ原因アリテ生シタルノ結果ナルベシト雖トモ質屋ガ其営業ヲ縮小シタル者実ニ之カ一大原因ナリト考察仕候、夫レ現今府下質屋ノ戸数ハ凡千六百戸有之、今毎戸各百人ノ得意ヲ有スル者
 - 第18巻 p.382 -ページ画像 
トスル時ハ其典主ノ総数十六万戸ニシテ、府下ノ戸数ヲ二十五万戸ト仮定スル時ハ殆ンド其全数三分ノ二ニ達スベシ、而シテ毎戸平均金三千円ヲ貸付クル者トスル時ハ其総額五百万円ニ達スベシ、由是観之質屋ノ営業ハ民間ノ融通ヲ便スル至要ノ機関ニシテ実ニ細民ニ取リテハ一日モ欠ク可ラザル者ト奉存候、然ルニ今此機関ニシテ一朝其運転ヲ中止スルニ至ラバ其禍害ノ及ブ所決シテ少々ナラザルベシ、是本員等ノ黙止スルニ忍ビズシテ玆ニ本議ヲ提出スル所以ニ御坐候、今差向質屋御取締向ニ御改正ヲ要スル件々ヲ列記スルバ即チ左ノ如シ
第一条 質屋取締条例中身元ノ二字ヲ総テ住所姓名ノ四字ニ御改正相成度候事
  質屋取締条例ヲ案ズルニ其第四条ヲ以テ身元詳ナラザル者ヨリ質物ヲ取ル事ヲ得ズト有之、抑モ本条中身元詳ナラザル者トハ如何ナル定議ニ有之候哉、今本員等ノ熟々推考スル所ニ拠レバ右ハ住所姓名等ノ詳カナラザルヲ指定シタル者ト奉存候処、嘗テ京橋警察署詰ノ警官ガ同区質屋某ニ説明セラレタル所ニ拠レバ、右身元詳ナラザル者トハ典主ノ生国如何ハ勿論、妻ヲ何ト称スルヤ小供ハ何人アリヤ何職業ヲ営ムヤ幾何ノ家産ヲ有スルヤ幾何ノ資力アルヤ等ノ数項詳ナラザル者ヲ指定スルトノ事(別紙甲号ヲ見ルベシ)ニシテ、現ニ府下質屋中同様ノ趣旨ヲ以テ処分セラレタル者其実例不少、然ルニ元来質屋中ニハ人手ノ少キ者甚ダ多ク其取引繁雑ヲ極ムルガ上ニ諸帳簿ノ調整等細則ニ定ムル所ノ手続ヲ執行セザルヲ得ズ、之ヲ要スルニ最モ繁細ノ手数ヲ要スル営業ナルガ故ニ若シ前記ノ数項詳ナラザル者ト全ク取引スルヲ得ザルモノトスル時ハ府下質屋ニ於テハ蓋シ一日モ其営業ヲ持続スルヲ得ザルベシ、殊ニ右数項ノ中家産資力等ノ事ニ至リテハ親戚朋友間ト雖トモ恐ラクハ之ヲ詳知シ難キモノナレバ、今若シ此等ノ事項ヲ知ラザル者ト取引スルヲ以テ犯則ト定ムル時ハ現今府下ノ質屋千六百戸中其処分ヲ免カレ得ベキ者ハ蓋シ一人モ有之間敷思考仕候、是本条ノ趣旨ヲ建議スル所以ニ御座候
第二条 質屋取締条例第六条中「盗罪詐偽取財ノ罪又ハ刑法第三百九十九条第四百一条ノ処断ヲ受ケ」ノ下タルノ二字ヲ監視特別監視又ハ特別取締中ノノ十四字ニ御改正相成度候事
  質屋取締条例第六条中、盗罪詐偽取財ノ罪又ハ刑法第三百九十九条第四百一条ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ物品ヲ質ニ取リ又ハ寄蔵シタル時ハ直チニ所轄警察署ニ届出ツベシト有之、右ハ畢竟不正品ヲ質取スルノ弊ヲ御制止相成候御趣意ニシテ御取締上頗ル緊要ノ御施設トハ奉存候得共、従来其処断ヲ受ケタル者ノ住所姓名等ハ別段其筋ヨリ質屋ニ通告セラルヽ事無之ヲ以テ取引ノ際全ク之ヲ撿定スルノ道無之、良シヤ此等ノ者ノ住所姓名等ヲ通告セラルヽモノトスルモ元来質屋営莱ノ手数ヲ要スル事実ハ前条ニ説明致候通リナレバ実際之ヲ撿定シ難クト奉存候、現ニ警視庁ノ口達ニヨレバ其処断ヲ受ケタル者トハ新律綱領御発布以来ノ分ヲ指示スルトノ事ナレトモ、抑モ該綱領御発布以来今日ニ至ル迄既ニ此等ノ
 - 第18巻 p.383 -ページ画像 
処断ヲ受ケタル者府下ニ於テ無慮七万人アリトノ事ナレバ今後猶年ヲ重ヌルニ従ヒ漸次其数ヲ増加スベキハ必然ナラン、然ルニ今実際取引ニ臨ミ逸々此等ノ多数ノ人名ヲ詳査スルヲ必要トスル時ハ府下質屋ニ於テハ蓋シ一日モ其業務ヲ営ム事ヲ得ザルベシ、左レバ今此等ノ事情ニヨリテ之ヲ推考スルニ右第六条ノ精神タル全ク其処断ヲ受ケタル者ト知ラズシテ取引致候者ハ固ヨリ条例違犯ヲ以テ御処分不相成ノ御趣旨ト奉存候処、抑モ是迄質屋ガ第六条違犯ノ御処分ヲ蒙リタル事跡ニ就テ之ヲ見ルニ、仮令本人ニ於テ全ク之ヲ知ラズシテ取引シタル旨ヲ陳弁スルモ之ヲ知リテ取引シタル者ト認定セラルヽノ実例不少、而シテ若シ万一陳弁ノ末全ク之ヲ知ラズシテ取引シタル事ヲ証明シ得ル事アルモ法官ニ於テハ抑モ其処断ヲ受ケタル事ヲ知ラザル程ノ者ナラバ所謂其身元ヲ詳知スル者ニアラズトシテ更ニ第四条違犯ヲ以テ処分セラルヽ事アリ、斯ノ如ク其違犯ト否トハ一ニ法官ノ認定次第ナルガ故ニ無智ノ質屋ニ於テハ斯ク厳重ナル御処分アルヲ見テ是或ハ犯罪ノ捜査ニ任ズル末流ノ警吏ガ賄賂ヲ収受セン為メ特ニ被告人ヲ陥害スルニ因ル者ナラント妄想致候者モ有之哉ノ趣、此等ノ事ハ方今ノ時世ニアリテ固ヨリ有之間敷義ニシテ其必無ハ本員等ノ確信スル所ニ御座候ヘドモ、往時幕府ノ時代ニ在リテハ所謂「オカツピキ」ト称スル者賄賂ヲ収受シテ奸人ヲ曲庇シ、或ハ私怨ニヨリテ良民ヲ陥害スルノ弊盛ニ行ハレ候趣ナレバ、今質屋ガ如此キ妄想ヲ抱クモ亦一概ニ無理ナラズト奉存候、畢竟スルニ質屋ガ取引ノ際其処断ヲ受ケタルヤ否ヤヲ撿定スルハ実際決シテ為シ能ハサル義ニ有之候ニ付、今第六条中「盗罪詐偽取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ」トアルヲ更ニ「盗罪詐偽取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケ監視特別監視又ハ特別取締中ノ者ヨリ」ト改正セラレ、而シテ別ニ細則中ニ前条ノ処断ヲ受ケ監視特別監視又ハ特別取締ニ附セラレタル者ハ起算満期ヲ詳記シテ其住所姓名ヲ質屋ニ通告セラルベキ旨ヲ明示セラレ度希望仕候、果シテ然ル時ハ質屋ニ於テハ其撿定ノ道ヲ得且ツ其区域ヤヽ縮小スルガ故ニ充分之ヲ実行スルヲ得御取締上却テ御便宜可有之奉存候、是本条ノ趣旨ヲ建議スル所以ニ御座候
第三条 質屋ニ於テ若シ質物中品触類似品ヲ発見シタル時、又ハ典主ガ贓物ノ疑アル物品又ハ身柄不相応ト認メタル物品ヲ持来ル時直ニ密告シ、他日其不正品タル事顕然シテ之ガ為メ特ニ犯人就縛シタル時ハ其賞トシテ質屋ニ元金丈ヲ御給与相成度、若シ此方法ニシテ御施設相成難キ事情有之候ハヾ責メテハ此等ノ場合ニ於テ、被害者ヨリ其元金ヲ払フニ非ザレバ其物品ヲ還給スルニ及バザル様特別ノ方法御施設相成度候事
  質屋取締条例ヲ案ズルニ其第七条ニ、贓物ノ疑アル物品又ハ身柄不相応ト認メタル物品ヲ持来ル者アル時ハ直チニ所轄警察署又ハ巡行ノ警察官巡査ニ密告スベシト有之、又其第十一条ニ、品触到達以後一年内ニ類似ノ物品ヲ質ニ取リ又ハ寄蔵シタル時、若クハ其以前ノ質物及寄蔵品中ニ類似ノ物品ヲ発見シタル時ハ直チニ所
 - 第18巻 p.384 -ページ画像 
轄警察署ニ届出ヅベシト有之、此両条ハ蓋シ本条例ノ眼目ニシテ御取締上実ニ欠クベカラザルノ御施設ト奉存候得共、今熟々裏面ニ立入リテ深ク実際ノ情況ヲ観察仕候ニ充分其目的ヲ達シ難キモノ有之候、抑モ刑法附則第五章第五十六条ニ贓物ヲ受ケ又ハ典物トシテ受取リタル者其贓物現存スル時ハ還給ヲ拒ム事ヲ得ズ、但シ典物トシテ受取リタル者ハ典主ニ対シ転償ヲ求ムル事ヲ得ト有之、左レバ現ニ質屋ガ典物トシテ受取リタル物品偶々贓物ナル時ニ当リテハ質屋ハ此附則ニ従ヒ被害者ニ現在ノ贓物ヲ還給セザルヲ得ズ、而シテ本条ノ末文ニ拠レハ質屋カ此場合ニ於テ典主ニ対シ転償ヲ得ルハ勿論ニ有之候得共、元来典主タル者ハ薄資無産ノ徒多クシテ殊ニ其典主自ラ犯人タル場合ノ如キ仮令質屋カ転償ヲ求ムルモ能ク実地ノ損害ヲ償フ事ヲ得ス、夫レ贓物ヲ発見シ犯人ノ踪跡ヲ知ルハ蓋シ質屋ヨリ便利ナル者無之、然ルニ斯ノ如ク質屋ガ贓物ヲ発見シテ其筋ヘ密告スルニ当リ不得已損害ヲ蒙ラザルヲ得ザルガ故ニ質屋ニ於テハ只管此損害ヲ恐レテ自ラ贓物ヲ隠秘スルノ情念有之、之ヲ要スルニ此御施設タル表面ニ於テハ贓物ノ捜査頗ル其道ヲ尽スガ如シト雖トモ裏面ニ於テハ却テ贓物ノ発現ヲ阻ムノ勢ナシトセズ、是此御施設ノ甚ダ大切ナルニモ拘ラズ充分其目的ヲ達シ難キ所以ニシテ本員等ノ深ク遺憾トスル所ナリ、蓋シ旧八《(マヽ)》品商取締規則第二十二条ニ不正品ト心附品触ヲ待タズ速ニ訴出ヅル者ハ他日不正品タル事顕然タル節ハ其賞トシテ金五円以下ヲ給ス、品触アリテ速ニ訴出デ右同断ノ者ハ金三円以下ヲ給与スベキ事ト有之、右ハ畢竟質屋ヲシテ可成贓品ヲ発見セシムルノ御趣意ニシテ至極便宜ノ御施設ト奉存候得共、何分此規則ニヨリテ御給与可相成賞金額ハ甚ダ僅小ニシテ能ク質屋ガ実地ノ損害ヲ償フニ足ラザルカ為メ遂ニ充分其目的ヲ達スルニ至ラザリシハ本員等ノ私ニ遺憾トシタル所ニ御座候、依テ今更ニ一層此御趣意ヲ拡充シテ質屋ニ於テ若シ品触類似又ハ贓物ノ疑アル物品等ヲ認知シテ直チニ其筋ヘ密告シ、之ガ為メ特ニ犯人就縛シタル時ハ其賞トシテ元金丈ヲ御給与相成候様ノ方法御施設相成度、若シ万一此方法ニシテ御施設難相成事情モ有之候ハヾ責メテハ此等ノ場合ニ於テ被害者ヨリ其元金ヲ償フニ非ザレハ其物品ヲ還給スルニ及バザル様特別ノ方法御施設相成度希望仕候、若シ果シテ此方法御施設相成候時ハ質屋ニ於テハ全ク其実地ノ損害ヲ償フノ道ヲ得ルガ故ニ可成贓物ヲ発見セン事ヲ勉メ、苟クモ不正ノ疑アル物品ハ令セズシテ之ヲ届出デ結局御取締上ノ便宜不過之奉存候、是本条ノ趣旨ヲ建議スル所以ニ御座候
第四条 質屋取締条例違犯ノ御嫌疑ヲ蒙リタル者、其警察管内正副取締二名ノ保証アル時ハ御審問ヲ蒙ル迄ノ間宅預ノ義御許容相成度候事
  従来質屋ニ於テ品触類似品ニ届洩等ノ為メ質屋取締条例第七条又ハ第十一条違犯ノ御嫌疑@蒙リ候時ハ直チニ其筋ヘ御拘留相成候慣例ニシテ、時トシテハ一回ノ御審問モ無之数日ノ間空シク留檻セラレタル後僅ニ違警罪ニ問ハレ又ハ無罪放免ノ言渡シヲ蒙リ候
 - 第18巻 p.385 -ページ画像 
事往々其実例有之(別紙乙号ヲ見ルベシ)抑モ犯罪ノ御嫌疑ヲ蒙リ御拘留相成候義ハ固ヨリ不得已義ニシテ時ニ未決囚ノ多少其他ノ御都合ニヨリテハ数日間御留檻セラルヽモ是亦不得已義トハ奉存候得共、元来質屋ハ取締条例第十七条ニ明示セラルヽガ如ク営業者ニ於テ自ラ営業上一切ノ責任ヲ有スルモノナルガ故ニ仮令傭人ノ所為ニ係ル瑣末ノ事件タルモ苟クモ御訊問ヲ要スル時ニハ必ズ主人自ラ出頭シテ其陳弁ノ責ニ当ラザルヲ得ズ、殊ニ府下質屋ニ於テハ営業ノ規模狭小ナル者甚ダ多クシテ此等ノ輩ハ概ネ主人ニシテ主管手代等ノ職務ヲ兼ヌル者ナルガ故ニ、若シ其主人ニシテ斯ク数旬ノ間御拘留相成候時ハ其間全ク営業ヲ中止セサルヲ得ザルハ勿論之ガ為メ結局典主タル細民ノ難渋ヲ来ス事亦実ニ不少蓋シ故意ニ条例ニ違背シタル者ノ如キハ仮令如何ナル御取扱ヲ相蒙候トモ是所謂自業自得ナレハ固ヨリ不得已義ニハ御座候得共、中ニハ全ク条例ノ御趣旨ヲ詳知セザルガ為メ不知不識此御嫌疑ヲ蒙リ候者不少、此等ノ輩ニシテ前条ノ御取扱ヲ蒙リ候義ハ其情況実ニ忍ヒ難ク奉存候、就テハ今後相当ノ方法御施設ノ上前条ノ御嫌疑ヲ蒙リ候者ハ其警察管内正副取締二名ニ於テ何時ニテモ御審問ニ応セシムベキ旨ヲ保証致候時ニ限リ御審問ヲ蒙リ候迄ノ間宅預ノ義御許容相成候様仕度、而シテ若シ此等ノ取締ニ於テ其保証ノ責ヲ怠リ候時ハ相当ニ御処分可相成ハ勿論万一取締自身ニ於テ此御嫌疑ヲ蒙リ候時ハ更ニ他管内正副取締二名ノ保証ニヨリテ前条ノ義同様御許容相成候様仕度希望仕候、果シテ然ル時ハ実際御取締上聊カ不都合ノ義無之シテ御保護ノ盛意一層貫徹可仕奉存候是本条ノ趣旨ヲ建議スル所以ニ御坐候
(別紙甲号)
    ○京橋区質商岡本善兵衛氏ノ談話写
 扨私ハ過日京橋警察署ヘ引合ヒヲ喰ヒマシタ処、思ハザリキ警官ヨリ犯則ノ旨ヲ以テ懇々説諭ヲ蒙リマシタガ、若シ警官ノ言フ処ヲシテ犯則ナラシメバ府下一般ノ同業者ハ皆犯則ニシテ罰金ヲ蒙ルノ不幸ニ逢ヒ営業禁止停止ヲ蒙ルハ必然ナリ、随分共ニ骨ノ折レタル危険ノ商業ナラズヤ、夫レ故諸君ヘ御注意ノ為メ長文ヲ顧ミズ事実ヲ鈔録シテ御覧ニ入レ申候、諸君事実ノ錯雑文ノ拙キヲ笑ヒ給ハズ御一覧クダサラバ生ノ幸甚何ゾ之ニ如カンヤ
 扨是ヨリ御話シニ取掛リマス、私ハ京橋区飯田町四番地ニ住スル梅原吉五郎ト申者ヨリ質物ヲ取リテ居リマシタル処、同人ハ少シク不審ノ所為モ有之様認メ注目致シ居マシタル折カラ、水上警察署刑事巡査某ガ幸ニ店頭ヘ来ラレマシタカラ其不審ノ旨ヲ御話シ申候処、刑事巡査某ハ翌日来ラレ申サレ候ニハ、彼ノ梅原吉五郎ハ全ク窃盗ナレバ此方ニ於テ処分致スベシ、依テ質取品ヲ悉皆差出セヨトノ命ニヨリ直ニ書面ニ致シ相渡シタルニ刑事巡査某ハ直ニ帰署致サレタリ、夫ヨリ私ハ今ヤ水上警察署ヨリ召喚状ノ来ル事カト思ヒ居候処一向音沙汰ノナキマヽ六七日ヲ経過シ、又然ル処彼ノ梅原吉五郎ナル者私方ヘ質品持参シ来リタル故私又候不審ヲ抱キ実ニ怪訝ニ堪ヘズ候ニ付、其日ハ躰ヨク質取ヲ断ハリテ帰シヤリ、跡ニテ種々聞キ
 - 第18巻 p.386 -ページ画像 
合セタル処梅原吉五郎ハ全ク窃盗犯人ニ非ザルヲ以テ警察署ニ於テ放免セシナリト確ナル処ヨリ聞得シマヽ、私モ先キニハ彼ノ行為ニ付不審怪訝セシモ此一挙ヲ以テ彼レガ不正ナラザルヲ認メ、爾来安心ヲナシ依然旧ノ如ク質取引ヲ致シ居タリ、然ルニ本年二月京橋警察署ヨリ直ニ出頭スヘキ旨ヲ以テ召喚状ヲ達セラル故ニ、私同警察署ニ伺候シ刑事部屋ニ至ル時ニ主任ノ刑事巡査某私ニ問フテ曰ク、汝梅原吉五郎ヨリ質取居ル哉ト、私答フルニ取引致シ居ル旨ヲ以テス、刑事巡査某又曰ク然レバ速ニ在質ヲ持参セヨト、私承服シテ去リ須臾ニシテ質品ヲ持参シ同署ニ至ル、夫レヨリ待コト半日余午后四時頃漸ク刑事部屋ヘ呼込マレ、次テ被告人梅原吉五郎並ニ同人妻モ召喚ニ依リ列坐ス、時ニ刑事掛官彼ノ被告人ヲ引致シ、爰ニ来ラレ、各々列ベ坐サセ刑事官私ガ持来タリタル処ノ品物ヲ一々梅原吉五郎妻ニ示シ自分ノ所有品ナルヤ否ヤヲ尋ネ、而シテ后チ犯人梅原吉五郎ニ就テ何処ニ於テ窃取シタルヤヲ糺問シ、其不正品ト然カラザル品トヲ分チ事終テ後チ私ニ対シ謂テ曰ク、其方モ聞キ居ル通リ是ハ正シク窃取品ニ付キ左様心得ヲレヨト、而シテ書面ヲ差出セト私承服シ去ラントスル折カラ掛官ト思ボシキ警部出デ来ラレ私ニ謂テ曰ク、其方梅原吉五郎トハ熟知ナルヤ且ツ証人ヲ取リ置キタルヤ如何、私答テ曰ク、夫レ犯人梅原吉五郎トハ熱知ニシテ身元モ知リ居ル故敢テ証人ヲ取ルノ必要ナキ義ト心得証人ハ取リ置カザリキ、刑官又曰ク、熟知ニシテ身元詳ナレバ証人ヲ取置カザルモ敢テ不都合ナシト雖トモ、其方ガ云フ処ハ身元詳ナリト云フト雖トモ其行為ニ付テ見ル時ハ身元詳ナリトハ考ヘラレズ、如何トナレバ其方ガ云フ如ク身元モ詳ナルガ為メ証人スラ取置カザル程ノ熟知ナレバ必ズ彼ガ生国ハ勿論妻ヲ何ト呼ビ小供ハ幾人アリ何職業ヲナシ幾何ノ家産ヲ有シ幾何ノ資力アル者トハ定メテ知リ居ルベシ、試ニ見ヨ彼ノ梅原ハ貸長屋ニ住シ家人ノ着スル衣服ハ皆襤褸ヲ以テセシニ非ズヤ然ラバ此一点ヲ推テモ其貧困ニシテ家産ナク資力ナキハ知ルベキナリ、況ンヤ其職業タル車挽ニアラズヤ、然ルニ身柄不相応ニモ毛布五六枚併セテ羽織綿入〆十余品ヲ所持スル訳ナキニ之ヲ質ニ取ルガ如キハ即チ其身元詳ナラザルノ致ス所ニアラズヤ、良シヤ又身元ヲ能ク知リ居ル者トスルモ其身柄ト質品ト不相当ナルハ其方既ニ認メテ以テ質ニ取リタル者ト云ハザルヲ得ズ、然ラバ果シテ不正品ト知リナガラ質ニ取タル者ニシテ亦犯則ト云ハザルヲ得ズ、併シナカラ此度ハ罪トセズ許容シ遣スナリト、私平身シテ謹聴シ居タリ、然ルニ警官又曰ク、思フニ其方ハ条例(同条例第四条ヲ指シタル者ト存ス)ヲ誤解シ居ル者ノ如シ、何トナレバ其方ハ単ニ質置主ノ住所ト名義サヘ知リ居レバ他ハ一切知ラザルモ身元詳ト思ヒ居ル様考ヘラルレ共夫ハ大ニ相違ノ様ナリ、条例ニモ住所詳ナラサル者ヨリトハ致シテハナク身元詳云々ト致シアリ、然ラバ住所ト名義ノミ知リタレバトテ豈身元詳ナリト云フ次第ナランヤ、身元詳ナリト云フハ余ガ先ニ述ベタルガ如ク悉シク知ラサレバ身元詳トハ言ヒ難タシ、然ルヲ質屋ニシテ此等ヲ解セズ単ニ住所ト名義サヘ知ラバ身元詳ノ正条ニ適ヒタリト思考シ証人ヲ取リ置カザル者不少、此等ハ皆犯則タ
 - 第18巻 p.387 -ページ画像 
ルヲ免レズ、故ニ向後如斯事ナキ様篤ト注意ヲ加ヘヨ、私曰ク然ラバ住所姓名職業等ヲ知リ居レバトテ身元詳ニハ非ズ矢張不詳ナル部分ニテ候カ、警官曰ク其方ハ未ダ解セザルカ、若シ其方ノ云フ如ク住所姓名職業ヲ知リ得ルトテ身元詳トハ云フ訳ナシ、住所職業ヲ知ルヲ以テ身元詳ナル者トセバ条例第六条ノ明文ハ如何ニシテ奉ズルノ意カ、恐ラクハ此明文ヲ守ル事ヲ得ザルベシ、元来上ニテハ某ハ生国何処・職業何誰ノ何男ニシテ何年何々ノ処刑ヲ受ケタル等委シク知ラルヽヲ以テ身元詳トコソハ是ナスナリ、夫レ故ニ盗罪詐偽云云ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ云々ノ時ハ所轄警察署ヘ届ケ出ヅベシトノ規則モアルデハナイカ、モシ其方ノ云フガ如ク只住所姓名ノ知レタル者ヲ以テ身元詳ナル者トスル時ハ如何ニシテ此等ノ処断ヲ受ケタルヤ否ヲ知ル事ヲ得ベキヤ、是ニ付テ考フルモ先ニ述ベタル如ク悉ク知ラザレバ身元詳トハ云ハザルベシ、故ニ必ヤ証人ヲ取リ置キ可成注意ヲナシ犯則ナカラン事ヲ務メヨ、併シナガラ何等ノ所断ヲ受ケ或ハ家産幾何アルモ少シモ差支ナク答弁シ得ル時ハ即チ熟知ニシテ身元詳ナル故敢テ証人ハ要セザル義ニ付此等ヲ誤マラサル様注意致スベシト懇々説諭ヲ蒙リタル故、承服頓首シテ室内ヲ去リ夫ヨリ始末書ヲ呈シ御用済ニ相成候ニ付帰宅致候
 扨是迄ニテ概略御話シモ申シ終リタレバ、諸君モ其旨意(警官説諭ノ意ヲ云フ)ハ御解リナサレシナラン、抑モ警官ノ御説ハ誠ニ御尤千万一言答弁モ致シ難キ次第ナリトハ云ヘトモ、若シ果シテ警官ノ申サレタルガ如ク斯ク詳細ノ事項ヲ知ルニ非ザレバ身元詳ト云フ事ヲ得ズトセバ、府下ノ同業諸君ガ今日是ハ熟知ナリ、身元詳ナリト安心致シ居ラルヽモノモ皆犯則ト云ハザルヲ得ス(但シ全ク身元詳ナルガ如キハ此ノ限ニ非ス)随分気骨ノ折レタル次第ニシテ此後一層ノ注意ヲ加ヘサルベカラス、諸君ハ果シテ如何ナル御感覚ヲ引キ起サルヽヤ、右ハ我々営業上ニ大切ナル関係ヲ有スル事項ナレバ記シテ以テ御注意ノ為メ御一覧ニ供ス
 (別紙乙号)
    ○下谷区質商吉田丹左衛門出店主辻卯兵衛談話ノ写
 小生事幼主吉田丹左衛門未丁年ニ付営業上万端委任相受居候処、本年二月中贓物故買ノ嫌疑ニヨリ埼玉県浦和軽罪裁判所ヘ召喚セラレタル事有之、其顛末ハ左ノ通リニ有之候
  明治十六年頃ヨリ浅草区永住町南部勇ト申ス人ト取引致来リ候処豈料ランヤ同人義ハ窃盗罪ヲ犯シタル者ノ由ニテ本年一月三十日浦和軽罪裁判所ヨリ突然召喚状相達シ、同人ヨリ質取シタル物品及通帳携帯二月二日出頭可致旨申参リ候ニ付、右通帳ヲ同人ノ妻ヨリ取寄セ出入等ヲ詳査シ質品並ニ通帳ヲ持参シ同日出頭致候処判事小林義夫氏ヨリ本件ニ関シ種々訊問アリタル末、更ニ南部勇如キ者ノ斯ル物品ヲ所持スル謂ナキ事ハ其方心付カザル事アルマジ、然ルニ是迄訴出デサルハ不正品ト知リテ取引シタルモノナラントノ旨ヲ尋問セラレタルニ付、小生ハ決シテ然ラザル旨ヲ陳弁シタルガ其後暫ク小生ヲ扣所ニ待タセ置キ午後ニ至リ左ノ拘留状ヲ発セラレタリ
 - 第18巻 p.388 -ページ画像 
   贓物ニ関スル被告事件ニ付調中浦和監獄ニ留置スルモノ也
  二月二日拘留状ヲ発セラレ其儘浦和監獄ニ留置セラレテヨリ更ニ一回ノ訊問モ無之、其後十三日ヲ経同月十六日ニ至リ左ノ収監状ヲ発セラレタリ
   贓物故買被告事件ニ付浦和監獄署ノ監倉ニ留置スルモノナリ
  二月五日以来数回保釈願書ヲ差出シタレトモ遂ニ許可セラレザリキ
  二月十九日法庭ニ於テ訊問ヲ蒙リタルニ付、最初ノ如ク陳弁シタリ
  二月廿一日法庭ニ於テ責付ノ言渡ヲ蒙リタリ
  其後殆ド八十日ヲ過ギ五月廿一日ニ至リ犯人南部勇ノ予審終結シタル趣ニテ同日免訴トナリ、漸ク帰京スルヲ得タリ
 抑モ前陳ノ如ク小生ノ浦和裁判所ヘ召喚セラレタルモノハ別段ノ判跡アルニアラズシテ只通常一般贓物ノ引合ニ過ギザレトモ、判事ハ刑法第三百九十九条(強窃盗ノ贓物ナル事ヲ知リテ之ヲ受ケ、又ハ寄蔵故買シ、若クハ牙保ヲ為シタル者ハ一月以上三年以下ノ重禁錮ニ処シ二円以上三十円以下ノ罰金ヲ附加ス)ノ罪ト見做シ、治罪法第百二十六条(拘留状ハ被告人逃亡シ又ハ第百二十三条ノ場合ヲ除クノ外被告人ヲ訊問シタル後禁錮以上ノ刑ニ該ル可キ者ト思料スルニ非ザレバ之ヲ発スル事ヲ得ズ)ニ照シテ拘留状ヲ発セラレタルモノト存候、右ハ畢竟判事ノ職権ヲ以テ執行セラレタル事ナレバ其損害ヲ訴フルノ道無之、只々災難ニ罹リタルモノト諦ラメ居候
会長(渋沢栄一)ハ本案ノ要旨ヲ略説シ且ツ曰ク、前会ニ於テ既ニ各員ニ報道シタルガ如ク今般九十九番ハ九十八番ト共ニ此建議ヲ提出スルニ当リ曩ニ提出シタル利息制限法ニ加則ヲ要スル建議ヲ引タリシガ、其要旨彼此固ヨリ同ジカラズト雖トモ要スルニ質屋ノ困難ヲ救ハントスルノ精神ニ至リテハ即チ一ナリ、而シテ各員若シ本案ニ就テ不審ノ廉アラバ建議者ニ質問セラレヨ
八番(大塚藤平)曰ク、余ハ大ニ本案ヲ賛成ス、抑モ曩ニ九十九番ガ利息制限法ニ加則ヲ要スル建議ヲ提出シタル時ニ当リ余ハ私ニ質屋ノ困難ヲ救ハントナラバ寧ロ他ノ趣意ニ依リテ建議スルニ如カズト思フタル程ナレバ今此建議ノ出デタルハ余ノ大ニ満足スル所ナリ
百九番(森嶋松兵衛)問テ曰ク、建議者ハ如何ナル官衙ニ向テ之ヲ建議スルノ見込ナルヤ
九十八番(吉田幸作)荅テ曰ク、会頭ノ見込ニヨリテ可ナリ
百九番(森嶋松兵衛)曰ク、質屋同業者中ニハ故意ニ不正品ヲ質取スル者アリト思フヤ如何
九十八番(吉田幸作)荅テ曰ク、質屋ハ質物ヲ直チニ売買セズ、数月ノ期限ヲ定メテ之ヲ保管スベキモノナレバ故意ニ不正品ヲ質取スル者ハアルマジト思考ス、蓋シ質屋ニシテ古着商ヲ兼ヌル者ノ如キハ容易ニ不正品ヲ買得ベキ機会ヲ有スルガ故ニ此分ニ就テハ敢テ絶無ヲ明言スル能ハズ
百九番(森嶋松兵衛)問テ曰ク、不正品ヲ質取シタル廉ヲ以テ処分セ
 - 第18巻 p.389 -ページ画像 
ラレタル者アリヤ
九十八番(吉田幸作)荅テ曰ク、処分ヲ受ケタル者アリ、蓋シ此等ノ中ニハ全ク無智ニシテ不知不識条例ニ違犯シタル者多シ
百九番(森嶋松兵衛)問テ曰ク、質屋ハ此条例ヲ以テ全ク不要ト思惟スルヤ如何
九十八番(吉田幸作)荅テ曰ク、否建議者ハ決シテ条例ヲ不要ナリトハ思ハズ、只其取締法ヲ実行シ得ル程度マデニ止メン事ヲ希フノミ、夫レ条例第四条ニ身元詳カナラザル者ヨリ質物ヲ取ルヲ得ズトアレトモ、抑モ東京ハ隣人ト雖トモ其姓名ヲ知ラザル者多キ程ニシテ質屋ガ典主ノ身元如何ヲ撿スルニハ其者ノ表札ニヨリテ住所姓名ヲ知ルニ止リ、其資産如何等ニ就テハ到底之ヲ詳知スルノ道ナシ、又条例第六条ニ盗罪詐偽取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ物品ヲ質ニ取リ又ハ寄蔵シタル時ハ直チニ所轄警察署ニ届出ヅベシトアレトモ是亦其処断ヲ受ケタル者ヲ撿定スルノ道ナシ、尤質屋ガ区役所ニ就テ逸々典主ノ戸籍ヲ調査スル時ハ稍ヤ撿定ノ道ヲ得ベキガ如シト雖トモ実際ニ於テハ決シテ然ラザルモノアリ、例ヘバ神田区内ニ本籍ヲ有スル者ガ一時本所区内ニ寓居スル場合ノ如キ仮令其者ヨリ本所区役所ニ向テ寄留届ヲ出スモ、同区役所ヨリ神田区役所ヘ照会スル事ナシ、故ニ若シ此場合ニ於テ其者ガ本所区内ノ質屋ト取引スル時ニハ質屋ハ決シテ其処断ヲ受ケタリヤ否ヤヲ撿定スル事能ハザルベシ、是レ条例ニ改正ヲ請フテ其取締法ヲ実行シ得ル程度迄ニ止メン事ヲ希フ所以ナリ
百九番(森嶋松兵衛)曰ク、兎ニ角之ヲ議題トスベシ
六十六番(柴原武雄)曰ク、余ハ曩ニ九十九番ガ利息制限法ニ加則ヲ要スル建議ヲ提出シタル時ニ当リ全ク反対論ヲ主張セシガ、今建議者ガ自ラ此建議ヲ引キタルハ余ノ私ニ喜ブ所ナリ、而シテ今本案ヲ熟読スルニ其文中往々利己主義ニ基クモノアリ、凡ソ事ヲ議スルニ当リ弊害ノ在ル所ヲ顧ミズシテ単ニ利ノ在ル所ノミヲ述ブル時ハ到底公平ノ意見タルヲ得ズ、故ニ本案ハ先ヅ委員ヲ撰ミテ充分其得失ヲ調査セシメン事ヲ要ス
二十番(大倉喜八郎)曰ク、余ハ利息制限法ニ加則ヲ要スル建議ニ対シテハ不同意ヲ表シタレトモ本案ノ要旨ニ就テハ頗ル適実ヲ覚フルニ付兎ニ角之ヲ議題トセン事ヲ望ム、而シテ余ハ過日質屋営業改良ノ義ニ付意見書ヲ会頭ニ呈シ置キタレバ之ヲ本会ノ記録ニ存シ、且ツ当業者ノ参考ニ供セン事ヲ望ム
会長(渋沢栄一)曰ク、其意見書ハ既ニ当業者ノ参考ニ供シタリ、蓋シ我国ノ質屋ヲシテ慈善心ニ依リテ営業セシムルハ到底実施シ難カルヘシト雖トモ、追々適当ノ改良ヲ加ヘ遂ニ堅固ナル営業ヲ組織セシメン事ハ深ク切望スル所ナリ
九十八番(吉田幸作)曰ク、六十六番ハ本案ノ文中往々利己主義ニ基クモノアリト云ヘトモ本案ハ質屋営業上困難ノ余リ提出シタル迄ニシテ決シテ利己害他ノ意ヲ挿マザルナリ、而シテ其困難ノ実況ハ調査ノ上自ラ判然スベキガ故ニ先ヅ委員ヲ撰ンテ之ヲ調査セシメン事建議者ノ大ニ希望スル所ナリ
 - 第18巻 p.390 -ページ画像 
八十三番(阿部泰蔵)曰ク、余ハ逐条ニ異見アリト雖トモ大体ニ就テハ異論ナシ、而シテ其実況ハ各条ノ詿釈ニテ既ニ明白ナレバ別ニ委員ヲ選ムヲ要セズ直ニ逐条議ヲ開クベシ
七十三番(青木庄太郎)之ヲ賛成ス
四十五番(渡辺治右衛門)曰ク、余モ大体ニ異論ナシト雖トモ六十六番ノ説ノ如ク、先ヅ委員ヲ撰ンデ充分其得失ヲ調査セシメン事ヲ望ム
六十六番(柴原武雄)曰ク、余モ大体ニ於テハ固ヨリ異論アルニ非サルナリ
於是会長(渋沢栄一)ハ先ヅ本案ヲ議題トスベシト云フノ説ニ起立ヲ命ジタルニ多数ニ付之ニ可決セシガ、八番(大塚藤平)八十四番(荘田平五郎)二十四番(松木平吉)ハ共ニ委員ヲ撰ムヲ要セズ直チニ逐条議ヲ開クベシトノ説ヲ主張シ、六十六番(柴原武雄)百九番(森島松兵衛)九十八番(吉田幸作)ハ共ニ委員ヲ撰ンデ調査セシムベシトノ説ヲ主張シ、議論帰着セザリシニ付会長ハ更ニ直チニ逐条議ヲ開クベシトノ説ニ起立ヲ命ジタルニ多数ニ付之ニ可決ス
会長(渋沢栄一)ハ是ヨリ逐条議ヲ開クベキ旨ヲ告ゲ、書記ヲシテ順次議案ヲ朗読セシム
   ○議案前文「明治十七年三月廿五日太政官第九号御布告ヲ以テ」以下「御改正ヲ要スル件々ヲ列記スレバ即チ左ノ如シ」迄ヲ議ス。議案前掲ニツキ略ス。
本項ニ就テハ七十三番(青木庄太郎)及二十番(大倉喜八郎)ハ主意ハ原案ニ据ヘ置キ字句ハ理事本員ヲシテ修正セシムベシト云ヒ、八十四番(荘田平五郎)ハ本文中縷々質屋ノ効能ヲ説ケトモ斯クスル時ハ其弊害ヲモ亦詳説セザルヲ得ズ、故ニ本文中ニ寧ロ単純ニ条例中実施シ難キ箇条ノ改正ヲ要望スル旨ヲ述ブルニ止メ、要スルニ本会ニ於テハ質屋営業ノ得失ニ就キ総テ其責任ヲ免カレタシトノ意ヲ切論シ、二十番(大倉喜八郎)及四十三番(梅浦精一)ハ質屋ノ効能ヲ述ベザレバ改正ノ希望ヲ弱ムベキニ付是非其効能ヲ述ベザル可ラズトノ説ヲ主張シ、十一番(犬塚駒吉)ハ主意ハ原案ニテ可ナリ、但シ本文中府下ノ戸数二十五万戸ニシテ典主ノ数其三分ノ二ニ達ストアルハ甚ダ漠然ナル調査ナレバ此等ノ字句ハ寧ロ之ヲ刪除スベシトノ説ヲ発シ、其他猶多少ノ論議モアリシガ遂ニ会長ハ本文大体ノ主意ニ同意スル者ニ起立ヲ命ジタルニ多数ニ付之ニ可決ス
 第一条 ○前掲(第三八二頁)ニツキ略ス
本条ハ各員異議ナク原案ニ可決ス
 第二条 ○前掲(第三八二頁)ニツキ略ス
本条ハ各員異議ナク原案ニ可決ス
 第三条 ○前掲(第三八三頁)ニツキ略ス
本条ニ就テハ八十三番(阿部泰蔵)ハ本条ノ希望点ハ二段アリテ其前段ハ恰モ質屋ニ於テ二重ノ利益ヲ収メントスルノ者アリ、殊ニ後段ニ至リテハ刑法ニ抵触スルノ望ナレバ本条ハ総テ之ヲ刪除スベシトノ説ヲ発シ、八十四番(荘田平五郎)ハ之ヲ賛成シ、九十九番(浅野彦兵衛)ハ切ニ原案ヲ維持シ、四十三番(梅浦精一)ハ全ク本条ヲ刪除ス
 - 第18巻 p.391 -ページ画像 
ル時ハ贓物捜査ニ不便ナシトセズ故ニ後段ヲ削リテ前段丈ヲ存スヘシトノ説ヲ発シ、其他一二ノ議論アリシカ遂ニ会長ハ先ツ八十三番ノ削除説ニ起立ヲ命ジタルニ多数ニ付本条ハ全ク之ヲ削除スルニ決ス
 第四条 ○前掲(第三八四頁)ニツキ略ス
本条ハ各員異論ナク原案ニ可決ス
於是会長(渋沢栄一)ハ本案ハ衆議ニヨリ第三条ヲ除クノ外尽ク原案ニ可決セシガ熟々其全文ヲ通読スルニ往々字句ノ不穏当ナルモノアルニ付、本案ハ更ニ理事本員ニ於テ充分審査ヲ遂ゲ不穏当ノ廉ハ之ヲ削正シテ其筋ヘ進達スベキ旨ヲ告ゲ、且ツ引続キ第三号議案即チ倉庫条例諮問ノ復申案並ニ貸倉営業ノ義ニ付其筋ヘ建議案ヲ議スベキ筈ナレトモ既ニ定例ノ時刻ヲ過ギタルヲ以テ本案ハ次会ニ譲ルベキ旨ヲ告ゲ一同ニ退散ヲ命ズ、時ニ午後十時三十分ナリ


東京商工会議事要件録 第一五号・第四一―七一頁 明治一八年九月五日刊(DK180035k-0003)
第18巻 p.391 ページ画像

東京商工会議事要件録  第一五号・第四一―七一頁 明治一八年九月五日刊
  第十四臨時会
          (明治十八年八月十四日午後六時四十五分開会)
  第七定式会
    会員出席スル者 ○三十三名
○上略
次ニ会長(渋沢栄一)ハ是ヨリ定式会ヲ開クベキ旨ヲ告ゲ本年一月ヨリ六月迄半季間事務ノ成跡ヲ報告ス、即チ左ノ如シ
  自明治十八年一月至同六月 半季間事務ノ報告
○中略
    雑事    六件
○中略
○質屋取締法ニ改正ヲ要スル義ニ付キ建議
  本件ハ九十八番吉田幸作及九十九番浅野彦兵衛ノ発議ニ起リ、其要旨ハ質屋取締条例中身元詳ナラザルノ文字ヲ住所姓名ノ文字ニ改ムベシ(第一項)、同条例第六条中「盗罪詐偽取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケタル者」トアルヲ「監視特別監視又ハ特別取締中ノ者」ト改ムヘシ(第二項)、質屋ニ於テ若シ質物中品触類似品ヲ発見シタル等ノ場合ニ於テ直ニ其筋ヘ密告シ、他日不正品タル事顕然シテ之ガ為メ特ニ犯人就縛シタル時ハ其賞トシテ質屋ニ元金丈ヲ給与スベシ(第三項)、質屋取締条例違犯ノ嫌疑ヲ蒙リタル者其警察管内正副取締二名ノ保証アル時ハ宅預ケヲ許容スベシ(第四項)、ト云フニ在リ、即チ六月廿二日第十二臨時会ニ於テ之ヲ審議シタルニ第三項ヲ除クノ外尽ク原案ニ可決シ猶本案ハ更ニ理事本員ニ於テ充分ニ之ヲ審査シ不穏当ノ廉ハ之ヲ削正シテ其筋ヘ進達スベキニ決セシガ其文案ハ目下審査中ナルヲ以テ其顛末ハ追テ次季ヲ待テ報告スヘシ
○下略


渋沢栄一書翰 萩原源太郎宛 (明治一八年九月カ)一七日(DK180035k-0004)
第18巻 p.391-392 ページ画像

渋沢栄一書翰  萩原源太郎宛 (明治一八年九月カ)一七日  (萩原英一氏所蔵)
兼而御引受之質屋取締条例ニ付建議之義ハ漸く警視総監ニ面会之上事情丁寧申述置候ニ付、早々内務卿宛ニて右建議書進達いたし候様仕度
 - 第18巻 p.392 -ページ画像 
ニ付其御手配可被成下候
  十七日                  栄一
    萩原源太郎様


東京商工会議事要件録 第一六号・第三頁 明治一八年一二月刊(DK180035k-0005)
第18巻 p.392 ページ画像

東京商工会議事要件録  第一六号・第三頁 明治一八年一二月刊
  第八定式会
          (明治十八年十一月十二日午後六時三十分開会)
  第十五臨時会
    会員出席スル者 ○三十六名
会長(渋沢栄一)ハ開会ノ趣旨ヲ報ジ、先ヅ規程第五章第十七条ニ拠リ定式会ヲ開クベキ旨ヲ告ゲ左ノ件々ヲ報告ス
一質屋取締条例ニ改正ヲ要スル義ニ付建議ノ件
  是ハ去ル六月廿二日ノ臨時会ニ於テ議決シタル趣旨ニ基キ其後理事本員ニ於テ審議ヲ遂ゲ、不穏当ノ廉ヲ削正シ、猶内務卿及警視総監閣下ニ面謁シテ実際ノ情況ヲ内陳シタル上終ニ去ル九月廿一日附ヲ以テ之ヲ内務卿閣下ニ進達シタリ ○中略 (其全文ハ本号要件録ノ参考部ニ附ス)


東京商工会議事要件録 第一六号・第三三―三八頁 明治一八年一二月刊(DK180035k-0006)
第18巻 p.392-393 ページ画像

東京商工会議事要件録  第一六号・第三三―三八頁 明治一八年一二月刊
 ○参考部
    ○質屋取締条例ニ御改正ヲ要スル儀ニ付建議
質屋営業ノ儀ハ細民ノ融通ヲ便スル為メ頗ル緊要ノ業務ニ御座候処近来其御取締向厳密ナルガ為メ大ニ其営業上ニ不安心ヲ抱キ候者多ク中ニハ之ガ為メ廃業致候者亦不少、是本会ノ私ニ遺憾トスル所ニ御座候依テ今質屋取締条例ニ御改正ヲ要スル件々左ニ開陳仕候
一謹デ質屋取締条例ヲ案スルニ、其第四条ニ身元詳ナラザル者ヨリ質物ヲ取ル事ヲ得ズト有之、之ガ為メ質屋ニ於テ大ニ其営業上ニ不安心ヲ抱キ候者不少趣ニ候、蓋シ此身元詳ナラザルノ文字ハ重ニ住所姓名ノ詳ナラザル者ヲ指定セラルヽノ精神ナランカト奉存候得共、其見解ニヨリテハ独リ住所姓名ノミニ止マラズ質置主ノ生国如何ハ勿論其妻ヲ何ト称スルヤ小供ハ何人アルヤ何職業ヲ営ムヤ幾何ノ家産ヲ有スルヤ等ノ数項詳ナラザル者ヲ総テ指定セラルヽモノヽ如クニモ相成、実際ノ情状ヲ聞知スル所モ亦斯ノ如ク見解ヲ附セラレタル例モ有之趣ニ候、然ルニ此家産等ノ事ニ至リテハ親戚朋友間ト雖トモ之ヲ詳知シ難キモノニシテ殊ニ当府下ノ如キハ人民ノ居住常ナク随テ隣人ト雖トモ其姓名ヲ知ラザル者多ク有之候程ナレバ、質屋ガ質置主ノ身元如何ヲ撿定スルニハ先ヅ其者ノ居宅ニ就テ其住所姓名ヲ知リ其家屋ノ結搆服装ノ美悪ニヨリテ僅ニ其貧富ノ程度ヲ推想スルニ過ギズシテ、其実際資産ノ厚薄等ニ至リテハ実ニ之ヲ撿定スルノ道ニ苦ミ候ハ事実尤ノ事ト奉存候、然ルニ若シ果シテ質屋ガ此等ノ数項詳ナラザル者ト取引スルニ当リ、直チニ条例違背ノ行為ナリトシ処分セラルヽモノトスル時ハ質屋営業ノ困難此上モ無之義ト奉存候、依テ何卒右取締条例中身元詳ナラザル者トアルヲ今一段ニ了解シ易キ文字ニ改正セラレ、且ツ其区域ヲ相当ニ縮小セラレ度希望仕候、蓋シ此改正ニヨリ其区域ヲ縮小セラルヽ時ハ或ハ質屋ガ不正品ヲ質取スルノ弊害ヲ防止スルノ御趣意相立申間敷トノ懸念モ可
 - 第18巻 p.393 -ページ画像 
有之奉存候得共、抑モ強窃盗ノ贓物ナル事ヲ知リテ取扱フ者ノ処分法ニ就テハ刑法第六節ノ正条モ有之、殊ニ質屋取締条例第七条ノ明文モ有之候義ニ付、仮令此改正ニヨリ其区域ヲ縮小セラルヽモ決シテ御取締上ノ不都合無之ト確信仕候
@又謹デ該条例ヲ案ズルニ其第六条ニ盗罪詐偽取財ノ罪又ハ刑法第三百九十九条第四百一条ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ物品ヲ質ニ取リ又ハ寄蔵シタル時ハ直チニ所轄警察署ニ届出ズベシト有之、右ハ畢竟不正品ヲ質取スルノ弊ヲ御防止相成候御趣意ニシテ御取締上頗ル緊要ノ御施設ト奉存候得共、此等ノ処断ヲ受ケタル者ハ何年間ト申スガ如ク其時期限界ナクシテ嘗テ一度ビ此等ノ処断ヲ受ケタル者ハ其年月ノ遠近ニ拘ラズ皆尽ク此中ニ包含スベキニ付、其区域甚ダ広キニ過ギ質屋ニ於テハ何分之ヲ知ルノ道無之趣ニ候、蓋シ質屋ガ取引ノ際逸々其本籍ニ就キ質置主ノ戸籍ヲ詳査仕候時ハ之ヲ知リ得ベキ筈ニ御座候得共、実際ニ於テハ決シテ否ラザルモノ有之候、例ヘバ神田区内ニ本籍ヲ有スル者ガ一時本所区内ニ寄留スル場合ノ如キ、仮令其者ヨリ本所区役所ニ向テ寄留届ヲ出スモ同区役所ヨリ神田区役所ヘ照会スル事ナキガ故ニ若シ其者ガ本所区内ノ質屋ト取引スル時ニハ嘗テ此御処断ヲ受ケタルヤ否ヤヲ知ル事能ハズ、殊ニ他府県下ヨリ当府下ニ寄留スル者ノ如キハ固ヨリ本籍ヨリ寄留先ヘ此等ノ事ヲ通知セザルノ例ナルガ故ニ質屋ガ取引ノ際如何程心配仕候モ到底之ヲ知ルノ道無之候、依テ右条例第六条ニ示サルヽ所ノ区域ヲ一層縮小シ即チ本条中「盗罪詐偽取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ」トアルヲ「盗罪詐偽取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケ現ニ監視特別監視又ハ特別取締中ノ者ヨリ」ト御改正相成度希望仕候、果シテ然ル時ハ此監視特別監視又ハ特別取締中ノ者ノ如キハ各々其期限ノ定メモ有之、且ツ其期限中兼テ治罪法ニ御明示有之候通リ別段ノ御取締向モ有之候義ニ付、質屋ニ於テハ実際大ニ之ヲ知ルノ便宜ヲ得御取締ノ実効充分ニ可相立奉存候
以上陳述ノ要旨幸ニ御採択被下候得ハ其幸慶決シテ質屋営業ノミニ止ラズ自ラ細民ノ流通円滑ナルヲ得詰リ一般ノ便益ト相成可申奉存候、此段建議仕候也
  明治十八年九月廿一日
                 東京商工会々頭
                      渋沢栄一


東京商工会議事要件録 第一七号・第六―二二頁 明治一九年三月二〇日刊(DK180035k-0007)
第18巻 p.393-394 ページ画像

東京商工会議事要件録  第一七号・第六―二二頁 明治一九年三月二〇日刊
  第九定式会
          (明治十九年二月廿八日午後四時開会)
  第十六臨時会
    会員出席スル者 ○六十六名
○上略
次ニ会長(渋沢栄一)ハ規程第五章第廿二条ニヨリ明治十八年下半季定式事務ノ成跡ヲ報告ス
  自明治十八年七月至同年十二月 半季間事務報告
○中略
 - 第18巻 p.394 -ページ画像 
    雑事    八件
○中略
○質屋取締条例ニ改正ヲ要スル義ニ付建議ノ件
  本件ハ前季既ニ報告シタル如ク九十八番吉田幸作・九十九番浅野彦兵衛ノ発議ニ係ルモノニシテ、明治十八年六月二十二日第十二臨時会ニ於テ之ヲ審議シタルニ本案ノ総体ヲ可決シタルニ付、其後理事本員ニ於テ猶審議ヲ遂ゲ不穏当ノ字句ヲ削正シ九月廿一日附ヲ以テ之ヲ内務卿閣下ヘ進達シタリ
○下略


渋沢栄一書翰 萩原源太郎宛 (明治一九年)二月二九日(DK180035k-0008)
第18巻 p.394 ページ画像

渋沢栄一書翰  萩原源太郎宛 (明治一九年)二月二九日    (萩原英一所蔵)
○上略
別紙質屋組合より来書有之候間其返書ハ露封ニてさし上候、御一覧之上吉田方ヘ御届可被下候、且大蔵省浦書記官ヘ別紙相添更ニ申遣候方可然ニ付、其趣旨ハ先日ハ両説之申出ニ付其儘開陳仕候処更ニ一同衆議之上一説ニ帰し候段、別紙之如く申出候間前説ハ取消し此度申上候処を以て府下質屋之輿論と御看做し被下度と申事ニて宜敷候、草案出来候ハヽ一寸御廻し可被下候、右回答旁申上候 匆々
  二月廿九日
                       栄一
    萩原様


東京商工会議事要件録 第二三号・第三〇―四七頁 明治二〇年三月二二日刊(DK180035k-0009)
第18巻 p.394-395 ページ画像

東京商工会議事要件録  第二三号・第三〇―四七頁 明治二〇年三月二二日刊
  第十二定式会  (明治二十年二月廿六日午後四時三十分開会)
    会員出席スル者 ○五十六名
○上略
次ニ会長(渋沢栄一)ハ是迄本会ヨリ諸官衙ヘ建議又ハ復申シタル事項ニ就キ特別ニ其成跡ヲ報告ス
    ○東京商工会建議又ハ復申事項ノ成跡
明治十六年十一月本会創立以来今日ニ至ルマデ各官署ヘ建議又ハ復申シタル事項中、其筋ニ於テ既ニ本会ノ意見ヲ採用セラレタルモノ又ハ現今特ニ審査中ノモノハ左ノ如シ
○中略
○質屋取締条例ニ改正ヲ要スル義ニ付内務卿ヘ建議
  明治十八年九月二十一日左ノ趣旨ヲ以テ山県内務卿閣下ヘ建議シタリ
   質屋取締条例第四条中身元ノ文字ハ財産ノ多寡等ヲモ含ムモノノ如クナルガ、果シテ然ル時ハ実際之ヲ詳知スルノ道ナク当業者ノ困難甚シキニ付、今少シク其文字ヲ了解シ易キ様ニ改正シ其ノ区域ヲ縮少セラレタシ云々
   又同条例第六条ニ「盗罪詐偽取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ」トアルガ、右ノ如クニテハ其区域広キニ過キ実際調査ノ道ナク是亦営業者ノ困難スル所ナルガ故ニ之ヲ「盗罪詐偽
 - 第18巻 p.395 -ページ画像 
取財ノ罪又ハ云々ノ処断ヲ受ケ現ニ監視特別監視又ハ特別取締中ノ者ヨリ」ト改正セラレタシ云々
  右建議ノ成跡ニ就テハ明治十九年十月中其筋ヘ伺出デタルニ内務省ヨリ農商務省ヘ左ノ趣旨ヲ回答セラレタル旨、明治二十年一月中高橋商務局長閣下ヨリ内示アリタリ
   身元ノ文字ハ要スルニ住所姓名職業等ヲ指スモノニシテ建議書ニ云フ如ク財産ノ多寡迄モ包含スルノ意ニアラズ、尤此解釈方ニ就テハ既ニ其向ヘ通知セシメタル事アリ云々
   又第六条ニ示ス所ハ質屋ニ於テ可及的取調ヲナスベキ事勿論ナレトモ若シ質入主欺罔ニ係ルカ或ハ取調ヲ得ズシテ実際其処断ヲ受ケタル者ナル事ヲ知悉スルニ由ナキ場合ハ敢テ該条ノ違背者トシテ処罰スルノ限ニアラズ、此義ニ就テハ既ニ指示シタル例モアリ云々 ○下略



〔参考〕法令全書 明治十七年 内閣官報局編 明治二四年三月刊 ○第九号(三月二十五日内務卿連署)(DK180035k-0010)
第18巻 p.395 ページ画像

法令全書 明治十七年 内閣官報局編  明治二四年三月刊
○第九号(三月二十五日内務卿連署)
質屋取締条例別冊ノ通制定シ明治十七年五月十五日ヨリ施行ス
右奉 勅旨布告候事
(別冊)
    質屋取締条例
○上略
第四条 身元詳ナラサル者ヨリ質物ヲ取ルコトヲ得ス
 但身元詳ナル者証人タルトキハ此限ニアラス
○中略
第六条 盗罪詐欺取財ノ罪又ハ刑法第三百九十九条・第四百一条ノ処断ヲ受ケタル者ヨリ物品ヲ質ニ取リ又ハ寄蔵シタルトキハ直ニ所轄警察署ニ届出ヘシ
○下略



〔参考〕法令全書 明治二八年 内閣官報局編 刊 法律第十四号(官報三月十三日)質屋取締法(DK180035k-0011)
第18巻 p.395 ページ画像

法令全書 明治二八年  内閣官報局編 刊
法律第十四号(官報三月十三日)
    質屋取締法
○上略
第四条 住所・氏名ノ詳カナラサル者ヨリ物品ヲ質ニ取ルコトヲ得ス但シ住所・氏名ノ詳カナル者其ノ証人タルトキ又ハ警察官ノ認可ヲ受ケタルトキハ此ノ限ニ在ラス
○中略
第二十九条 明治十七年第九号布告質屋取締条例ハ此ノ法律施行ノ日ヨリ廃止ス



〔参考〕農商工公報 第一四号・第五三九―五四〇頁 明治一九年四月一五日 質屋営業表(DK180035k-0012)
第18巻 p.395-396 ページ画像

農商工公報  第一四号・第五三九―五四〇頁 明治一九年四月一五日
    ○質屋営業表
本表ハ明治十二年ヨリ十七年ニ至ル六ケ年間東京府下質物営業店ノ増減ヲ示スニアリ、店数ハ十二年ヨリ十五年マテ漸次増加シテ千六百九
 - 第18巻 p.396 -ページ画像 
十九店ニ至リシガ十六年ニハ降テ四十一店ヲ減シ十七年ニ至リテハ更ニ降テ二百四十店ヲ減スルニ至レリ、而シテ貸出金・流レ金等ハ店数ノ増減ニ随ヒ浮沈スルハ自然ノ理ナルヘキヲ十七年ニ至リテハ店数甚シク減シタルニモ拘ハラス流レ金ノ著ルシク増加ヲ示スハ抑何ソヤ、其理由種々アルヘシト雖主トシテ物価低落ニ原因スルモノヽ如シ、試ミニ十六年ヲ以テ十五年ニ比スレハ貸出金ハ十三万七千余円ヲ減スルモ、口数ハ四万八千余個ヲ増加セシニ於テ明カナリ、サレバ十五年以前ノ預リ物品ハ受戻スモノ少シニシテ、概ネ流レ品ニ属セシモノ多キガ故ニ当業者ハ益損失多ク為ニ十七年ニ至リ店数ノ減少ヲ見ルニ至リシナラン

図表を画像で表示--

 区郡       店数                                 壱年間                 貸出金            口数         受戻金            口数         流レ金            口数                             厘                         厘                         厘  東京府十五区  一、〇二五  四、六八九、七一七、四九二  三、五〇三、一〇五  四、〇〇二、三六二、六七八  二、九〇〇、五一九  一、五三一、七六一、一八一  一、〇八一、五三六 内  東京府六郡     三九三    三九一、一七〇、一八七    三七三、二三二    三〇七、〇四一、九六四    二八〇、〇七二     八四、二八七、二四四      八四、二〇三  十七年     一、四一八  五、〇五〇、八八七、六七九  三、八七六、三三七  四、三〇九、四〇四、六四二  三、一八〇、五九一  一、六一六、〇四八、四二五  一、一六五、七三九  十六年     一、六五八  六、七八二、三四七、〇〇〇  四、六〇二、九九四  五、六一六、六九九、〇〇〇  三、四七四、〇五八    九〇六、八七四、〇〇〇    九一七、四二〇  十五年     一、六九九  六、九一九、四三七、〇〇〇  四、五五四、八三九  六、〇五四、八〇八、〇〇〇  四、〇三四、五三六    五四五、一一三、〇〇〇    四八四、二五八  十四年     一、五三五  六、一八一、二二七、〇〇〇  四、〇四六、〇二九  五、四七六、三三八、〇〇〇  三、四四八、八五八    四三五、五〇六、〇〇〇    三九六、一六〇  十三年     一、四六八  五、四一九、三五八、〇〇〇  三、七六〇、三三八  四、五三四、四一一、〇〇〇  三、一七二、五四二    五六四、九二七、〇〇〇    三八〇、八七〇  十二年     一、四一一  四、七〇七、〇九二、〇〇〇  三、四七三、〇二二  三、七六二、七八七、〇〇〇  二、六九一、八一七    四八七、四七六、〇〇〇    三九七、八二五 



図表を画像で表示--

 区郡      年末貸金           現在口数       店一個貸出金平均   年中一口貸金平均  年末一口貸金平均 受戻一口金額平均  流レ一口金額平均  毎区郡ノ戸数ト質店数トノ割合千戸ニ付                     厘                     厘      厘         厘        厘         厘     単位  東京府十五区 三、〇四八、八九六、八九五  二、一八三、九四三  四、五七五、三三四  一、三三九     一、三九六    一、三八〇     一、四一六     四、三一 内  東京府六郡    二九〇、八七四、〇三八    二九八、六八九  三、六二一、九四六  一、〇四八     〇、九七四    一、〇九六     一、〇〇六     六、七九  十七年    三、三三九、七七〇、九三三  二、四八二、六三二  三、五六一、九八〇  一、三〇二     一、三四五    一、五一五     一、三八六     四、八〇  十六年    五、〇九四、〇三二、〇〇〇  二、五八一、八八九  三、〇七二、〇〇〇  一、四七三     一、九七三    一、六一七     〇、九八九     六、〇〇  十五年    四、八三五、二五八、〇〇〇  二、三七〇、三七三  二、八四六、〇〇〇  一、五一九     二、〇四〇    一、五〇一     一、一二六     六、〇〇  十四年    四、五一五、七四二、〇〇〇  二、三三四、三二八  二、九四二、〇〇〇  一、五二五     一、九三五    一、五八八     一、〇九九     不詳  十三年    四、〇三〇、二八一、〇〇〇  二、〇二六、九二九  二、七四五、〇〇〇  一、四四一     一、九八八    一、四二九     一、四八三     同  十二年    三、七一〇、二六一、〇〇〇  一、八二〇、〇〇三  二、六三〇、〇〇〇  一、三五五     二、〇三九    一、三九八     一、二二五     同