デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
2款 東京商工会
■綱文

第19巻 p.160-162(DK190024k) ページ画像

明治22年5月6日(1889年)

是日栄一当会会頭トシテ、明治十五年十二月、十六年十二月及二十一年十二月ニ於ケル銀行信用貸
 - 第19巻 p.161 -ページ画像 
利息割合ヲ外務省通商局次長河上謹一ニ回答ス。


■資料

東京商工会議事要件録 第三八号・第四六―四七頁 (明治二二年六月)刊(DK190024k-0001)
第19巻 p.161 ページ画像

東京商工会議事要件録  第三八号・第四六―四七頁 (明治二二年六月)刊
 ○参考部
○本年四月二十四日附ヲ以テ河上通商局次長ヨリ明治十五年十二月、十六年十二月及二十一年十二月ニ於ケル東京銀行信用貸ノ利息ヲ承知シタキ旨ヲ以テ別紙甲号ノ通リ照会アリタルニ付、其後調査ヲ逐《(遂)》ゲ五月六日附ヲ以テ別紙乙号ノ通リ回荅書ヲ送リタリ
(甲号)
明治十五年十二月、十六年十二月及廿一年十二月ニ於テ金高壱万円以上ニ対スル東京金利(銀行信用貸ノ分)取調度候ニ付乍御手数可成速ニ御回報有之度此段及御依頼候也
  明治二十二年四月廿四日
             外務省通商局次長 河上謹一
    東京商工会々頭 渋沢栄一殿
(乙号)
去月廿四日附ヲ以テ御問合有之候明治十五年十二月、十六年十二月及廿一年十二月ニ於ケル銀行信用貸利息割合ノ義其後当業者ニ就テ取調候処、別表ノ通ニ御座候間此段御回報申上候也
                 東京商工会々頭
  二十二年五月六日
                      渋沢栄一
    外務省通商局次長 河上謹一殿
  金額壱万円以上東京銀行信用貸利息 (但シ一ケ年ノ割合)

              最高        最低        平均
             割         割         割
 明治十五年十二月    ・八一〇      ・七二〇      ・七六五
 同十六年十二月     ・八一〇      ・七二〇      ・七六五
 同廿一年十二月     ・九〇〇      ・九〇〇      ・九〇〇



東京商工会議事要件録 第四〇号・第二―五頁 (明治二二年九月)刊(DK190024k-0002)
第19巻 p.161-162 ページ画像

東京商工会議事要件録  第四〇号・第二―五頁 (明治二二年九月)刊
  第廿一定式会
          (明治廿二年八月九日開会)
  第卅六臨時会
    会員出席スル者 ○二十五名
会長(渋沢栄一)ハ開会ノ趣旨ヲ報ジ先ツ定式会ヲ開クベキ旨ヲ告ゲ規程第五章第二十二条ニ拠リ明治二十二年上半季間定式事務ノ成蹟ヲ報告ス
  自明治廿二年一月至同六月 半季間事務ノ報告
○中略
    其筋ヨリ諮問   五件
○中略
○東京銀行信用貸ノ利息取調ノ義ニ付通商局次長ヨリ問合ノ件
  明治二十二年四月二十四日附ヲ以テ河上通商局次長ヨリ、明治十五年十二月、十六年十二月及二十一年十二月ニ於ケル東京銀行信用貸ノ利息割合ニ就キ問合セアリタルニ付、其後銀行集会所ニ就キ調査ヲ遂ゲ五月六日附ヲ以テ之ヲ同局次長ニ回報シタリ
 - 第19巻 p.162 -ページ画像 
○下略