デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
2款 東京商工会
■綱文

第19巻 p.276-278(DK190041k) ページ画像

明治23年4月17日(1890年)

是日栄一、当会会頭トシテ東京府下米其他七種商品ノ明治十年ヨリ二十二年ニ至ル毎年平均相場ヲ大蔵省出納局長松尾臣善ニ回報ス。


■資料

東京商工会議事要件録 第四四号・第三―四頁 (明治二三年六月)刊(DK190041k-0001)
第19巻 p.276 ページ画像

東京商工会議事要件録  第四四号・第三―四頁 (明治二三年六月)刊
  第二十四定式会
           (明治二十三年五月二十四日開)
  第四十臨時会
    会員出席スル者 ○三十八名
会長(渋沢栄一)ハ開会ノ趣旨ヲ報ジ ○中略 本議ニ先ダチ為念左ノ件々ヲ報告ス
○中略
一本年 ○明治二三年二月十七日附ヲ以テ大蔵省出納局長ヨリ明治十年以来二十二年ニ至ル十三年間当府下ニ於ケル米外七種ノ毎年ノ平均相場ヲ取調ブル様依頼アリ、依テ其後各当業者ニ就キ調査ヲ遂ゲ四月十七日附ヲ以テ荅申シタリ(往復ノ書面ハ参考部第一号及第二号ニ掲グ)
○下略


東京商工会議事要件録 第四四号・第二一―二四頁 (明治二三年六月)刊(DK190041k-0002)
第19巻 p.276-277 ページ画像

東京商工会議事要件録  第四四号・第二一―二四頁 (明治二三年六月)刊
 ○参考部
(第一号)○(十三年間米外七種ノ平均相場取調方ノ義ニ付大蔵省出納局長ヨリ問合書)
当省於テ東京物価表参考ニ供シ度義有之候処、当省於テモ既ニ取調タルモノ有之候得共、明治十年ヨリ昨廿二年迄同種ノ物品同一手ニ取調タルモノ無之ニ付其高低通観ノ便ヲ欠キ参考上不都合不尠候条、甚御手数ノ義ニハ候得共左ノ物価別紙雛形ニ準シ御取調可成速ニ御報道在之度此段御依頼申進候也
  明治二十三年      大蔵省 出納局長 松尾臣善
    二月十七日
    東京商法会議所長《(マヽ)》
      渋沢栄一殿
 一米一石相場 塩一石 薪樫十貫目 炭堅炭十貫目 繰綿六貫目 酒一石 醤油一石 水油一石
 一右総テ中等品ノ相場ヲ要ス
 一物品ノ産地商標等記入ヲ要ス
 - 第19巻 p.277 -ページ画像 
 一別紙雛形中平均価格ハ一ケ年ノ総平均ヲ要シ候得共若シ取調困難ニ候ハヽ最高最低ヲ平均シタル分ニテモ宜シ
 一物価々格ハ右品名ノ下ニ記シタル数量ニ付テノ価位記入ヲ要ス
(第二号) ○(右ニ付回答書)
先般明治十年ヨリ二十二年迄十三年間当府下ニ於ケル米其他七種ノ平均相場御問合有之候ニ付其後各当業者ニ就キ遂調査候処別紙ノ通リニ有之候間此段別紙相添答申仕候也
  廿三年四月十七日
                    東京商工会々頭
                        渋沢栄一
    大蔵省出納局長 松尾臣善殿

(別紙)
    自明治十年至同廿二年 府下日用品平均相場

図表を画像で表示府下日用品平均相場

 年次   玄米中等米壱石ニ付   赤穂塩中等一円ニ付   大阪大入繰綿壱円ニ付   下リ酒中等品一駄ニ付   醤油並物一円ニ付   伊勢水油中等十樽ニ付   薪樫木中等一円ニ付   常陸産炭中等一円ニ付         円         俵分厘          匁           円            樽分厘毛         円           束分厘        俵分厘 明治十年   五・三三六     四・三三        七五六          六・二五             ―      一一二・二〇       二五・五〇       七・〇〇 同十一年   六・三八五     二・二八        七九九          六・一五             ―      一二三・〇〇       一四・四〇       五・六二 同十二年   七・九五五     一・七一        七五五          五・六五             ―      一〇一・六〇       二〇・二〇       五・一〇 同十三年  一〇・五七一     一・七八        六七三          八・三〇         一・一七四       九九・一五       一六・〇〇       四・四〇 同十四年  一〇・五九三     一・九二        四七五         一一・三五          ・九五五      一四一・九〇       一四・五〇       二・八五 同十五年   八・八一〇     二・〇八        四五二         一〇・二五         一・〇五〇      一四〇・六〇       一四・八〇       三・一〇 同十六年   六・三〇九     二・六三        七七〇          七・六五         一・三六五       九五・一〇       一五・三三       四・六七 同十七年   五・二八八     三・五六        八二二          八・四五         一・八八三       七四・〇五       二一・二五       五・八〇 同十八年   六・六〇九     二・九二        七〇五          七・七〇         一・八三八       七七・一〇       二二・〇〇       五・八〇 同十九年   五・九九〇     三・五五        七八八          八・二〇         一・六八〇       七四・六七       二六・二一       七・一七 同二十年   四・九四〇     三・八一        七九六          九・一〇         一・六六〇       七三・三〇       二三・二五       五・五〇 同廿一年   五・〇二五     四・一七        七一一          八・一〇         一・四五〇       七六・五〇       二一・〇〇       四・九三 同廿二年   五・九九〇     二・三〇        六五三          七・六〇         一・九八〇       八三・九三       二一・〇〇       五・五三 




 - 第19巻 p.278 -ページ画像 


東京商工会議事要件録 第四六号・第二―五頁 (明治二三年九月)刊(DK190041k-0003)
第19巻 p.278 ページ画像

東京商工会議事要件録  第四六号・第二―五頁 (明治二三年九月)刊
  第二十五定式会
           (明治二十三年八月二十六日開)
  第四十二臨時会
    会員出席スル者 ○二十八名
会長(渋沢栄一)ハ開会ノ趣旨ヲ報ジ先ヅ定式会ヲ開クベキ旨ヲ告ゲ規程第五章第二十二条ニ拠リ明治二十三年上半季間定式事務ノ成跡ヲ報告ス
  自明治二十三年一月至同年六月 半季間東京商工会事務報告
○中略
    其筋ヨリ諮問   三件
○米外七種平均相場ノ儀ニ付大蔵省出納局長ヨリ問合ノ件
  明治二十三年二月十七日附ヲ以テ松尾出納局長ヨリ明治十年ヨリ同二十二年マデ十三年間当府下ニ於ケル米外七種ノ平均相場ニ就キ問合セアリタルニ付、其後各当業者ニ就キ逐一調査ヲ遂ゲ四月十七日附ヲ以テ之ヲ同局長ニ回報シタリ
○下略