デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
2款 東京商工会
■綱文

第19巻 p.401-402(DK190050k) ページ画像

明治23年8月26日(1890年)

是日開カレタル第二十五定式会ニ於テ内国商業・外国商業・金融・工業・運輸ノ五部門ニ調査委員設置ノ儀ヲ審議ス。栄一会頭トシテ之ニ与ル。


■資料

東京商工会議事要件録 第四六号・第二九―三一頁 (明治二三年九月)刊(DK190050k-0001)
第19巻 p.401-402 ページ画像

東京商工会議事要件録  第四六号・第二九―三一頁 (明治二三年九月)刊
  第二十五定式会
           (明治二十三年八月二十六日開)
  第四十二臨時会
    会員出席スル者 ○二十八名
○上略
次ニ会長(渋沢栄一)ハ是ヨリ第三号議案ヲ議スベキ旨ヲ告ゲ書記ヲシテ之ヲ朗読セシム
 第三号議案
 一本会ニ於テ臨時調査委員ヲ設クル事
   是迄本会ニ於テハ議事ノ模様ニヨリ臨時調査ヲ要スル時ハ一事項ニ就キ其時々特ニ調査委員ヲ撰ンデ調査ヲ托シ来リタルガ、近来商業社会ノ事情漸ク複雑トナルニ従ヒ国家経済上ノ問題ニシテ常ニ調査ヲ要スベキ事項亦漸ク多キヲ加ヘリ、故ニ此際会員ヨリ投票ヲ以テ数名ノ臨時調査委員ヲ撰ビ此等ノ調査ヲ委托セントス
会長(渋沢栄一)ハ本案臨時調査委員ヲ設クルノ説ハ元来金融逼迫調査委員ノ意見ニシテ、理事本員ノ之ニ同意シタルモノナルニ付今其説明ニ代ヘ金融逼迫委員ヨリ提出シタル報告書ヲ報告スベキ旨ヲ告ゲ自ラ其大意ヲ演述ス(金融逼迫調査委員ノ提出シタル報告書ノ全文ハ本号要件録ノ附録ニ掲グルヲ以テ重複ヲ厭ヒ玆ニ之ヲ略ス)本案ニ就テハ単ニ調査委員ト云フ時ハ広漠ニ失スルニ付部類ヲ分チテ之ヲ撰定スベシ(以上二番阿部泰蔵及三十二番吉田幸作ノ説)商業会議所条例モ不日ニ発布セラレントスルノ際ナレバ、此調査委員ノ事ハ暫ク之ヲ延引スベシ(以上七番笠井鉦太郎ノ説)別ニ調査委員ヲ設クルヲ要セズ此等ノ調査ハ従来ノ幹事ニ托シ他ノ会員ハ何時ニモ幹事ヨリ依頼スル
 - 第19巻 p.402 -ページ画像 
ニ於テハ其調査ヲ幇助スル事トスベシ(以上四十五番米林乾吉ノ説)臨時ノ文字ヲ削除シ単ニ調査委員トスベシ(以上七十六番北村英一郎ノ説)等ノ議論アリシガ遂ニ衆議ノ末左ノ如ク決ス
  一調査委員ハ内国商業・外国商業・金融・工業及運輸ノ五部ニ分チ各部ニ三人ツヽヲ置ク事
  一臨時ノ文字ハ之ヲ削去シ単ニ調査委員ト称スル事
  一調査委員ハ会頭之ヲ指名スル事
又金融逼迫調査委員ヨリ提出シタル報告書ハ一同之ヲ承認シ、且ツ之ヲ印刷シテ商工局長・各新聞社及各地商業会議所ヘ一部ヅヽ之ヲ寄送スベシト云フニ決ス


東京商工会残務整理報告 第二―一二頁 (明治二五年)刊(DK190050k-0002)
第19巻 p.402 ページ画像

東京商工会残務整理報告  第二―一二頁 (明治二五年)刊
○明治二十四年八月二十五日日本橋区坂本町東京銀行集会所ニ於テ東京商工会最終ノ臨時会ヲ開ク、当日出席シタル会員左ノ如シ ○二十名氏名略当日午後四時開議、会頭渋沢栄一君ハ開会ノ趣旨ヲ告ゲ、先ヅ明治二十三年七月ヨリ同二十四年七月ニ至ル定式事務ノ成蹟及明治二十三年二月ヨリ同二十四年七月ニ至ル会計収支ノ決算ヲ報告ス
  自明治二十三年七月至同二十四年七月 東京商工会事務報告
○中略
    雑事   十二件
○中略
○臨時調査委員撰定ノ件
  本件ハ理事本員ノ発案ニ係リ其要旨ハ是迄本会ニ於テハ臨時調査ヲ要スル場合ニハ其都度調査委員ヲ撰ンデ調査ヲ托シ来リタルガ近来経済上ノ問題ニシテ常ニ調査ヲ要スベキ事項漸次多キヲ加ヘシニ付、此際会員ノ投票ヲ以テ臨時調査委員若干名ヲ常設シ置キ之ニ諸般ノ調査ヲ托シタシト云フニ在リ、即チ明治廿三年八月二十六日第四十二臨時会ニ於テ之ヲ審議シタルニ衆議ノ末其大体ヲ可決シ部門ヲ五部内国商業・外国商業金融・工業・運輸ニ分チ各部ニ三人ツヽノ調査委員ヲ置クモノトシ、其委員ハ会頭之ヲ指名スル事ニ決シタリ、然ルニ其後商業会議所条例ノ発布アリタル為メ本会ハ遠カラズ新設商業会議所ノ成立ヲ期シ之ヲ閉鎖スル事トナリタレバ、前陳議決ノ趣旨ハ遂ニ其施行ヲ見合ハセタリ
○下略