デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第20巻 p.528-529(DK200055k) ページ画像

明治27年10月13日(1894年)

是日栄一当会議所及ビ関東銀行会総代トシテ東京ヲ発シ、十六日広島大本営ニ伺候シテ天機ヲ奉伺シ、陸海ノ戦捷ヲ奉祝ス。


■資料

東京商業会議所月報 第二七号・第一頁 明治二七年一一月 【○同月 ○十月二日午…】(DK200055k-0001)
第20巻 p.528 ページ画像

東京商業会議所月報  第二七号・第一頁 明治二七年一一月
○同月 ○十月二日午後六時二十分、本会議所事務所ニ於テ役員会議ヲ開キ、天機奉伺及ヒ海陸戦捷奉祝ノ件ニ付審議シ午後六時四十分閉会ス


東京商業会議所月報 第二七号・第一頁 明治二七年一一月 【十月五日午前九時…】(DK200055k-0002)
第20巻 p.528 ページ画像

東京商業会議所月報  第二七号・第一頁 明治二七年一一月
○十月五日午前九時、本会議所事務所ニ於テ臨時会議ヲ開ク、当日出席者ハ三十一人ニシテ左ノ件ヲ審議シ、午前九時十八分閉会ス
 天機ヲ奉伺シ海陸戦捷ヲ奉祝スル為メ委員ヲ広島ニ派遣スル件(役員会議提出)
本件ハ全会一致ヲ以テ原案ニ可決シ、会頭其任ニ当リ大本営ニ到ルコトニ決ス


渋沢栄一書翰 萩原源太郎宛 (明治二七年)一〇月五日(DK200055k-0003)
第20巻 p.528 ページ画像

渋沢栄一書翰  萩原源太郎宛 (明治二七年)一〇月五日   (萩原英一氏所蔵)
拝啓然者今日之総会ニハ是非罷出候心得之処、頃日申上候口中之痛所何分平愈無之、既ニ昨夜も深更迄安眠致兼候仕合ニて、不得己本日ハ欠席仕候、御一同ヘ宜敷御伝声可被下候
奥君出席ニ候ハヽ会頭御依頼被下度候而して
天機伺之為もし小生罷出候様との議決ニ候ハヽ、此両三日ハ無覚束と存候ニ付其辺御含可被下候、併小生も精々早く快方自身ニ罷越申度と企望仕候義ニ候
○中略
  十月五日                渋沢栄一
    萩原源太郎様


東京商業会議所月報 第二七号・第一頁 明治二七年一一月 【同月 ○十月五日臨…】(DK200055k-0004)
第20巻 p.528 ページ画像

東京商業会議所月報  第二七号・第一頁 明治二七年一一月
○同月 ○十月五日臨時会議ノ決議ニ基キ、会頭渋沢栄一君ハ書記長萩原源太郎氏ヲ随ヘ十三日広島市ヘ向ケ出発、十六日大本営ニ到リ、股野内事課長ノ執奏ニ依リテ天機奉伺及ヒ海陸戦捷奉祝ノ手続ヲ了シ、二十三日帰京ス
 - 第20巻 p.529 -ページ画像 

銀行通信録 第一〇八号・第三九―四〇頁 明治二七年一一月 東京同盟銀行定式会録事(DK200055k-0005)
第20巻 p.529 ページ画像

銀行通信録  第一〇八号・第三九―四〇頁 明治二七年一一月
東京同盟銀行定式会録事 十月十一日午後四時ヨリ同盟銀行第百四十六回定式会議ヲ開キ、来会シタルモノ二十三名ナリ、渋沢委員長ハ会長席ニ着キ、本月定式会議ヲ本日ニ繰上ケ殊ニ諸君ノ会同ヲ要シタルハ他ノ儀ニアラス、我同盟銀行ヨリ広島大本営ヘ総代一名ヲ特派シ
大元帥陛下ノ天機ヲ奉伺シ、併セテ陸海戦捷ヲ奉祝セント欲スルニ在リトシテ之ヲ衆議ニ問ヒタルニ、山本直成氏ハ之ヲ東京同盟銀行ヨリト為サスシテ寧ロ関東銀行会総代ノ資格ト為シ而シテ其総代人ヲ二名派遣シタシト望ミタルニ皆同意ヲ表シ、山本氏ノ動議ニ決シ乃チ関東銀行会幹事銀行ヨリ総代二名ヲ特派スヘキ事ト為シ、渋沢栄一・山本直成ノ両氏其選ニ当リテ之ヲ肯諾セリ、依テ本日欠席シタル関東組合銀行ヘハ以上決議ノ要領ヲ通牒スヘキ事ニ決シ晩餐ノ後七時退会セリ
    追録
右決議ニ基キ両氏ハ其十八日大本営《(マヽ)》ニ到リ、股野内事課長ノ執奏ニ依リテ
天機奉伺並海陸戦捷奉祝ノ手続ヲ了シタリ


竜門雑誌 第七七号・第二七頁 明治二七年一〇月 【○青淵先生 は東京商業…】(DK200055k-0006)
第20巻 p.529 ページ画像

竜門雑誌  第七七号・第二七頁 明治二七年一〇月
○青淵先生 は東京商業会議所会頭の資格と関東銀行会幹事の資格にて、両者の総代として 天機奉伺並に陸海戦捷奉祝の為め、本月十三日午後九時四十五分出発、広島へ赴かれたり


竜門雑誌 第七八号・第三五頁 明治二七年一一月 【○青淵先生 は曩に天機…】(DK200055k-0007)
第20巻 p.529 ページ画像

竜門雑誌  第七八号・第三五頁 明治二七年一一月
○青淵先生 は曩に天機伺の為広島へ旅行中なりしに、去月二十六日午後五時新橋着にて帰京せられたり、此行先生に随行したる萩原源太郎君は、之より先き廿三日に帰京せられたるよし


第四回東京商業会議所事務報告 第一頁 明治二八年四月刊(DK200055k-0008)
第20巻 p.529 ページ画像

第四回東京商業会議所事務報告  第一頁 明治二八年四月刊
一天機奉伺及海陸戦捷奉祝ノ件
 本件ハ役員会議ノ提案ニ係リ、其要旨ハ 天機ヲ奉伺シ、海陸戦捷ヲ奉祝スル為メ委員ヲ広島ニ派遣ス可シト云フニ在リ、依テ明治二十七年十月五日第三十九回ノ臨時会議ニ附シタルニ之ヲ可決シ、且ツ右ハ会頭職分ヲ以テ其任ニ当ルコトニ決シタルニ付、会頭渋沢栄一君ハ同月十六日ヲ以テ大本営ニ到リ、股野内事課長ノ執奏ニ依リ
  天機奉伺及ヒ海陸戦捷奉祝ノ手続ヲ了シタリ