デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
3款 東京商業会議所
■綱文

第20巻 p.566(DK200062k) ページ画像

明治28年3月30日(1895年)

是日栄一当会議所会頭トシテ、大清国頭等欽差全権大臣伯爵李鴻章ニ対シ遭難慰問ノ電文ヲ発ス。


■資料

東京商業会議所月報 第三二号・第一五頁 明治二八年四月 【○同月 ○三月二十九…】(DK200062k-0001)
第20巻 p.566 ページ画像

東京商業会議所月報  第三二号・第一五頁 明治二八年四月
○同月 ○三月二十九日、本会議所事務所ニ於テ第四十二回臨時会議ヲ開ク、当日ノ出席者ハ前記セル同日開会第六回定期会議ノ出席者ト同一ナルヲ以テ玆ニ之ヲ省略ス
午後五時十七分開議、会頭渋沢栄一君議長席ニ着キ、左ノ件々ヲ議事ニ附シ、午後五時四十分閉会ス
○中略
 一、清国欽差頭等全権大臣李伯遭難慰問ノ件(会員山中隣之助君外十名提出)
本件ハ会員一致ヲ以テ電報ニ依リ慰問ノ意ヲ表スルコトトシ、且ツ其文案等ハ之ヲ会頭ニ一任スルコトニ決ス


東京商業会議所月報 第三二号・第一七頁 明治二八年四月 【○同月 ○三月三十日…】(DK200062k-0002)
第20巻 p.566 ページ画像

東京商業会議所月報  第三二号・第一七頁 明治二八年四月
○同月 ○三月三十日、第四十二回臨時会議ノ決議ニ基キ、清国欽差頭等全権大臣李伯ヘ宛テ遭難慰問ノ電文ヲ発ス(電報ノ全文ハ参照ノ部第七号ニ掲載ス)


東京商業会議所月報 第三二号・第二二頁 明治二八年四月 【○参照第七号 三月三十日清国欽差…】(DK200062k-0003)
第20巻 p.566 ページ画像

東京商業会議所月報  第三二号・第二二頁 明治二八年四月
○参照第七号
 三月三十日清国欽差頭等全権大臣李伯ヘ宛テ発シタル遭難慰問ノ電文ハ左ノ如シ
大日本国東京商業会議所ハ閣下遭難ノ報ニ接シ痛恨ニ堪ヘス、玆ニ全会一致ノ決議ヲ以テ謹テ慰問ノ意ヲ表シ、併セテ速ニ全癒アランコトヲ祈ル
  明治二十八年三月三十日
        大日本国東京商業会議所会頭 渋沢栄一
    大清国頭等欽差全権大臣 伯爵 李鴻章閣下
   ○李鴻章ハ日清戦争講和会議ノ清国側全権大使トシテ明治二十八年三月二十日我国ニ来朝セシガ、同月二十四日馬関ニ於テ遭難セリ。犯人ハ群馬県人小山六之助。李鴻章ノ負傷ハ二週間前後ニシテ快癒シ、四月十日ニハ遭難後最初ノ講和会議開カレタリ。(「新聞集成明治編年史」第九巻)